NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CICADA THE BURROWER : CORPSEFLOWER】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CAMERON DAVIS OF CICADA THE BURROWER !!

“I Wanted The Name And Aesthetic Of The Record To Reflect The Duality Of My Personal Experience Being a Transgender Woman. It Seemed Like The Best Way To Do That Was To Combine Something Lifeless, a Corpse, With Something That Represents Life And Femininity, Flowers.”

DISC REVIEW “CORPSEFLOWER”

「私はトランスジェンダーの女性であるという個人的な経験、その二面性をレコードの名前と美学に反映させたいと思ったの。それには、生気のないもの、つまり死体と、生気や女性らしさを表すもの、つまり花を組み合わせるのが一番良い方法だと思ったのよ」
ブラックメタルは痛みを解放し人生を肯定してくれる魔法なのでしょうか。LITURGY の Hunter-Hunt Hendrix がトランスジェンダーの女性であることを公表したと時を同じくして、CICADA THE BURROWER の Cameron Davis も真の自分を世界に解き放ちました。
「このまま世の中には黙って性同一性障害を抱えて生きていくのがいいのか、それともトランスジェンダーであることを明らかにして社会的な影響を受けるのがいいのか。この葛藤を “Corpseflower” がうまく伝えてくれることを心から願っているわ」
美しい花には骨があります。自らのプロジェクトを “穴の中の蝉” と名付け、自らを羽化する前の蝉の幼虫に例えた Cameron にとって、”Corpseflower” は自身の痛み、苦悩、そして一握りの希望の両面を迷いの中から描き出す羽化の葛藤。二面性というスティグマは彼女の生にずっと宿っていて、死体と花は彼女の化身である音楽にも当然のように憑依していきます。
「ALCEST や DEAFHEAVEN のようなバンドは、私が “peak and valley” “山と谷” と呼んでいる優れた曲構成を実践している。彼らは、曲の激しい部分(山)を強調するために、繊細な部分(谷)を使用するの。私が “Corpseflower” で行ったことは、同じような考え方に基づいているんだけど、その方法論へのアプローチの仕方は、より抽象的で矛盾した感情を表現している可能性が高いと思うわ」
ラウンジ・ジャズやアダルト・コンテンポラリーがブラックメタルとまぐわう日をいったい誰が想像したでしょうか。Cameron はブラックゲイズの先駆者 ALCEST や DEAFHEAVEN の培った”山と谷” の方法論を、より高低差の大きい相反する二極での実験へと進化させました。自分が何者かを学び、未来の自分に折り合いをつけるため、彼女は映画のサウンドトラックのような眩くもキャッチーなジャズの煌めきと、暗闇に蠢くブラックメタルの牙をためらいなく混ぜ合わせ、美と暴力の混沌の中で自分自身を遂に見つけたのです。
そのシンプルで複雑な、ヒプノティックで没入感に満ち、即興的で筋書きのある光と闇のドラマは、そうしていつしかリスナーの人生まで抱きしめて、すべてを肯定していくのです。
「今日のブラックメタル・アーティストが生み出すサウンドにとって非常に重要な存在だよ。彼らが歩いたから、私たちは走ることができた。当時、音楽に許されていた限界を超えようとした彼らの意欲に、私は心から感謝しているのよ。彼らは、それまで探求されていなかったエクストリーム・ミュージックの隠れた可能性を明らかにしてくれたんだからね」
皮肉なことに、かつて最もプログレッシブから遠い世界と思われたブラックメタルは激しく変化し、今では最も進歩的なメタルサウンドを響かせています。DEAFHEAVEN や ALCEST のシューゲイザー、ZEAL & ARDOR のゴスペルとソウル、IMPERIAL TRIUMPHANT や KRALLICE, LITURGY のジャズ/現代音楽。そんな混乱するほど魅力的で複雑なブラックメタルの枝葉において、CICADA THE BURROWER はむしろダークウェーブやブラックゲイズを取り入れたジャズともいえる前衛的世界観で稀有な果実を実らせました。
リスクを冒す価値はありました。ここには、存在の本質的な寂しさ、選択の自由という野蛮な牢獄、そして心の季節の移り変わりが崇高なまでに如実に描かれているのですから。そうして蝉の幼虫は、暗い穴からゆっくりと、ゆっくりと木の幹を登っていきます。
今回弊誌では、Cameron Davis にインタビューを行うことができました。「セミは、一生の大半を地中に潜って過ごし、死ぬ数週間前に地上に出てきて、空を飛ぶ大きな生き物に変身する魅力的な虫。私はいつもこの生き物に共感していて、自分自身もまだ地下に潜っている人間だと思っているの。だから、私はこのプロジェクトを “Cicada the Burrower” “穴の中の蝉” と呼ぶことにしたんだよね」どうぞ!!

CICADA THE BURROWER “CORPSEFLOWER” : 10/10

INTERVIEW WITH CAMERON DAVIS

Q1: This is the first interview with you. So, at first could you tell us about yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【CAMERON】: Most of the music I listened to as a child was a reflection of my father’s taste. Lots of classic rock, disco, jazz, and funk. Around the advent of the first mp3 players, I got really into Nirvana’s “Nevermind” and Sprung Monkey’s “Get A Taste,” but I didn’t become an especially avid music enthusiast until around 2007. All my high school friends started a band around that time and I felt left out not knowing how to play an instrument so I started learning how to play the guitar.
In 2008 I picked up an issue of Guitar World and learned about black metal. When I listened to that kind of extreme music for the first time, I totally lost it. I thought to myself “Music can do THAT?!” Since then I’ve been pretty obsessed with the genre, playing in a number of now defunct local bands, trying to create music that accurately reflects my thoughts and feelings.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【CAMERON】: 私が子供の頃に聴いていた音楽のほとんどは、父の趣味を反映したものだった。クラシック・ロック、ディスコ、ジャズ、ファンクなどが多かったね。mp3プレーヤーが登場した頃、NIRVANA の “Nevermind” や SPRUNG MONKEY の “Get A Taste” に夢中になったけど、特に熱心に音楽を聴くようになったのは2007年頃だったわ。その頃、高校の友達がみんなバンドを始めていて、楽器が弾けない自分は取り残されているように感じたの。だからギターを習い始めたのよ。
2008年に Guitar World 誌を手に取り、ブラック・メタルの存在を知った。初めてあれほど過激な音楽を聴いて、完全にやられちゃったんだよね。音楽でこんなことができるのか!と思ったわ。それ以来、私はこのジャンルに夢中になって、たくさんの今では廃れてしまった地元のバンドで演奏し、自分の考えや感情を正確に反映した音楽を作ろうとしてきたのよ。

Q2: You seem to be able to play a variety of instruments, how did you learn how to play them?

【CAMERON】: I had a guitar teacher back in the late aughts, but he didn’t really teach me much beyond major, minor, and 9th chords. Aside from that brief education, I’ve learned how to play guitar, bass, drums, and piano largely on my own through consistent practice and systematic trial and error. Over the last month or two I’ve been trying out online courses for drums and piano. Those seem to be helping me improve a lot. I’m definitely learning things that I would not have learned if I continued to struggle through things without any real guidance.

Q2: あなたはさまざまな楽器が演奏できるようですね?

【CAMERON】: 00年代後半にギターの先生に習ったことがあるけど、メジャー、マイナー、9thコード以外はあまり教えてもらえなかった。それ以外のギター、ベース、ドラム、ピアノの演奏方法は、一貫した練習と体系的な試行錯誤を通じて、ほとんど独学で学んできたんだよね。
ここ1、2ヶ月は、ドラムとピアノのオンラインコースを試しているの。どうやらそれは、私の上達に大いに役立っているようね。何の指導も受けずに試行錯誤を続けていたら学べなかったであろうことを、確実に学んでいるわ。

Q3: What inspired you to start Cicada the Burrower by yourself? What’s the meaning behind your band name Cicada the Burrower?

【CAMERON】: I initially started Cicada the Burrower out of convenience. I had a lot of things that I wanted to write about and having a solo project allowed me to have total control over the writing process with the added benefit of not having to wait on anyone else to write and record their parts.
Cicadas are these fascinating bugs that burrow underground for most of their lives, then rise to the surface and metamorphose into flying, loud beasts weeks before they die. I have always related to these creatures and see myself as someone who is still burrowing. Because of this, I decided to call the project Cicada the Burrower.

Q3: CICADA THE BURROWER を一人で始めたきっかけは何だったんですか?

【CAMERON】: 最初に CICADA THE BURROWER を始めたのは、便利さからだった。書きたいことがたくさんあったから、ソロ・プロジェクトにすることで作曲のプロセスを完全にコントロールすることができたし、他の人の作曲や録音を待つ必要がないという利点もあったんだよね。
セミは、一生の大半を地中に潜って過ごし、死ぬ数週間前に地上に出てきて、空を飛ぶ大きな生き物に変身する魅力的な虫。私はいつもこの生き物に共感していて、自分自身もまだ地下に潜っている人間だと思っているの。だから、私はこのプロジェクトを “Cicada the Burrower” “穴の中の蝉” と呼ぶことにしたんだよね。

Q4: The album title “Corpseflower” and the artwork are both very beautiful and project the music of the album perfectly. How did you come up with the combination of Corpse and Flower?

【CAMERON】: I wanted the name and aesthetic of the record to reflect the duality of my personal experience being a transgender woman. It seemed like the best way to do that was to combine something lifeless, a corpse, with something that represents life and femininity, flowers. My friend, Sawyer Hildebrandt, did a fantastic job creating album artwork that visually represents the sounds and concepts that dominate “Corpseflower.” I couldn’t be more happy with the end result and am glad that other people feel the same way!

Q4: “Corpseflower” というアルバムタイトル、そしてアートワークは実に美しくそして残酷です。
見事にレコードの内容を反映していますが、死体と花を合わせたのはなぜだったんですか?

【CAMERON】: 私はトランスジェンダーの女性であるという個人的な経験、その二面性をレコードの名前と美学に反映させたいと思ったの。それには、生気のないもの、つまり死体と、生気や女性らしさを表すもの、つまり花を組み合わせるのが一番良い方法だと思ったのよ。
私の友人 Sawyer Hildebrandt は、”Corpseflower” のサウンドとコンセプトを視覚的に表現するアルバムアートワークを素晴らしく仕上げてくれたね。私はこの結果にとても満足しているし、他の人々も同じように感じてくれていることを嬉しく思うわ。

Q5: After you came out as a transgender woman, “Corpseflower” is an attempt to express those feelings that come with being transgender, right? Could you please talk about the suffering, the pain, and the hope?

【CAMERON】: Before I began my medical transition in February 2021, my entire life had been dominated by this ever-worsening sense of internal violation. It felt like my heart was being smothered by harsh static and screaming, if that makes sense.
It’s hard to put into words what it’s like knowing that something is wrong, but not knowing what that thing is. It was total agony and entirely normal to me until I realized that I was transgender in 2017 around the release of “The Great Nothing.” Suddenly there was an explanation for what I had been feeling all my life. There was this solution to the existential problem I had been facing in private.
When I came out to my friends and family in 2018, I experienced a temporary moment of cathartic release, but this was immediately followed by a question I struggled to answer for nearly 3 years. Would I be better off continuing to live with unchallenged gender dysphoria or would it be better to face the societal consquences of being visibly transgender? My sincerest hope is that “Corpseflower” meaningfully conveys this struggle.

Q5: その二面性というのは、トランスジェンダーであることに起因する痛みや悲しみ、一方で希望にもつながっているように思えますが。

【CAMERON】: 2021年2月に女性への医療移行を開始するまで、私の人生は、この悪化し続ける内部侵害の感覚に支配され続けていた。私の心は、過酷な静電気と叫び声に圧迫されているように感じられていたの。
何かが間違っているとわかっていても、それが何なのかわからないというのは、言葉にするのが難しいわね。
2017年、”The Great Nothing” をリリースした頃に自分がトランスジェンダーであることに気づくまで、それは完全に苦悩であり、でも私にとっては全く普通のことだった。突然、私がずっと感じていたことに説明がついたのよ。私がプライベートで直面していた実存的な問題に対する解決策があったのよ。
2018年に友人や家族にカミングアウトしたとき、一時的にはカタルシスのある解放感を味わったんだけど、その直後に3年近く答えられずにいる疑問が浮かんだんだ。このまま世の中には黙って性同一性障害を抱えて生きていくのがいいのか、それともトランスジェンダーであることを明らかにして社会的な影響を受けるのがいいのか。この葛藤を “Corpseflower” がうまく伝えてくれることを心から願っているわ。

Q6: Recently, I had an interview with Hunter Hunt-Hendrix of Liturgy, and she said “The music and ideas I compose come from a female heart”. Do you feel empathy for her words?

【CAMERON】: That is a sentiment that I can empathize with. I personally believe that art is an externalization of our internal experiences. It is the result of that intangible truth. There is a nuanced, feminine quality to the things that trans women create that seems undeniably woman-hearted to me.

Q6: 最近、あなたと同様にトランスジェンダーであることを明かした LITURGY の Hunter-Hunt Hendrix にインタビューを行ったのですが、彼女は “私の音楽やアイデアは女性の心から生まれてくるの” と語ってくれました。

【CAMERON】: これは私にとっても共感できる感情ね。私は個人的に、アートは私たちの内的な経験の外在化であると信じている。それは無形の真実の結果なのよ。トランスジェンダーの女性が作るものには、ニュアンスに富んだ女性らしさがあり、それは紛れもなく女性の心に響くものだと思っているのよ。

Q7: Still, I was surprised that black metal and lounge jazz or adult contemporary could match so well. In a way, it’s a step forward from the methodology of Alcest and Deafheaven, would you agree?

【CAMERON】: Absolutely. Compositionally speaking, bands like Alcest and Deafheaven excel at what I call peak and valley song structures. They use delicate passages (valleys) to accentuate the violent sections of songs (peaks). This style of songwriting makes those visceral parts seem much more powerful and cathartic contextually than they would if those valleys were not present. What they’ve done with black metal is much more emotionally cinematic compared to the songs written by the black metal bands from the 90s and early 2000s. What I’ve done with “Corpseflower” follows a similar line of thinking, but I think the way I approach that methodology has a greater potential for expressing more abstract and contradictory emotions.

Q7: それにしても、ラウンジ・ジャズやアダルト・コンテンポラリーがこれほどブラックメタルとマッチするなんて驚きですよ。
ALCEST や DEAFHEAVEN の方法論を一歩進めた作品にも思えますね?

【CAMERON】: その通りよ。ALCEST や DEAFHEAVEN のようなバンドは、私が “peak and valley” “山と谷” と呼んでいる優れた曲構成を実践している。彼らは、曲の激しい部分(山)を強調するために、繊細な部分(谷)を使用するの。
このスタイルの曲作りは、谷がない場合に比べて、肝心な部分をよりパワフルでカタルシスのある文脈に見せてくれる。彼らがブラックメタルで行ったことは、90年代や2000年代初頭のブラックメタルバンドが作った曲と比べて、より感情的な映画のようなものなのよ。
私が “Corpseflower” で行ったことは、同じような考え方に基づいているんだけど、その方法論へのアプローチの仕方は、より抽象的で矛盾した感情を表現している可能性が高いと思うわ。

Q8: I mean, With the emergence of Alcest and Deafheaven, black metal has continued to spread and diversify. You are one of such a new generation, what does the first generation of Inner Circle and evil legends mean to you? Have you ever seen the movie “Lord of Chaos” ?

【CAMERON】: Those bands and individuals are very important to the sounds black metal artists create today. They walked so we could run. The willingness they had to push the limits of what music was allowed to do at that time is something that I truly appreciate. They really exposed this hidden potential to extreme music that hadn’t been explored until then.
I watched “Lords of Chaos” and found the discourse over the film to be pretty hilarious. 2nd wave black metal was started by a bunch of moody teenagers with really embarrassing ideologies. People tend to get caught up in the power of the music and the violence of the murders and church burnings. I think they forget that these artists were, for the most part, maladjusted edgelords. It’s not the kind of mindset that ages gracefully and it certainly doesn’t look good on film. Mind you, those sentiments do nothing to erase what they did for metal on the whole, but the movie was hard to watch since it focused more on their personal lives than on the music itself.

Q8: つまり、ALCEST や DEAFHEAVEN の登場によって、ブラックメタルはさらなる広がりと多様性を得たと思うんですね。
あなたもそういった新世代の一人ですが、あなたにとってブラックメタル初期のサークルや考え方はどう映っていますか?

【CAMERON】: そういったバンドや人々は、今日のブラックメタル・アーティストが生み出すサウンドにとって非常に重要な存在だよ。彼らが歩いたから、私たちは走ることができた。当時、音楽に許されていた限界を超えようとした彼らの意欲に、私は心から感謝しているのよ。彼らは、それまで探求されていなかったエクストリーム・ミュージックの隠れた可能性を明らかにしてくれたんだからね。
“Lords of Chaos” を見たけど、この映画をめぐる議論はとても面白かったわね。ブラックメタルの第2波は、本当に恥ずかしいイデオロギーを持った気分屋のティーンエイジャーたちが始めたもの。人々は、音楽の力や、殺人や教会の焼き討ちなどの暴力性にとらわれがちだね。
だけど、これらのアーティストたちは、ほとんどの場合、不適応な指導者であったことを忘れていると思う。彼らのような考え方は、優雅に年を重ねるようなものではないし、確かに映画では良くは見えなかったよね。だからといって、彼らがメタルに残した功績が消えるようなことは全くないんだけど。でもこの映画は、音楽そのものよりも彼らの個人的な生活に焦点を当てていたから、見るのがつらかったのが本音よ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED CAMERON’S LIFE

TUUKARIA “RAW TO THE RAPINE”

NACHTMYSTIUM “ADDICTS: BLACK MEDDLE PART 2”

PARLIAMENT “CHOCOLATE CITY”

DEAFHEAVEN “DEMO”

ORANSSI PAZUZU “MUUKALAINEN PUHUU”

MESSAGE FOR JAPAN

Some of my favorite jazz records were made in Japan. The artistry that comes from the country is truly top notch and I am very grateful for the impact Japan has had on art and music world wide!

私の愛するジャズレコードのいくつかは日本で生まれたの。日本の芸術性は最高だし、日本の芸術や音楽が世界に与えるインパクトにとても感謝しているわ!

CAMERON DAVIS

CICADA THE BURROWER Facebook
CICADA THE BURROWER Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です