タグ別アーカイブ: Technical Death Metal

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【PERSEFONE : AATHMA】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CARLOS LOZANO OF PERSEFONE !!

14199744_10154455593499328_2938928792495100548_n

Andorran Prog Metal Titan, Persefone Has Just Released Infinity Technical, Highly Progressive, And Supremacy Spiritual Record “Aathma” !!

DISC REVIEW “AATHMA”

フランスとカタルーニャの狭間に位置する欧州の小国アンドラから示現した、プログメタルの俊傑 PERSEFONE が待望の新作 “Aathma” をリリースしました!!ギターチームの片翼とドラマーを刷新し、音楽性、テーマ、リリック共に陶冶され深みを増したアルバムは、すでに2017年のモダンプログシーンを代表する作品に位置づけられつつあります。
2013年にリリースした前作 “Spiritual Migration” は、技巧とロマンチシズム、幻想とアグレッションを巧妙に対置させた Tech/Prog Death Metal の佳篇であり、バンド史上最良の成功を収めたマスターワークとなりました。奔流となって押し寄せる、過密なまでに濃厚なサウンドの粒子が印象的な作品でしたね。
日本、アジアを含む長期のツアーを経て、4年という熟成期間が宿した結晶 “Aathma” は、”Spiritual Migration” に比べて、よりスピリチュアルで空間的。英俊 Jens Bogren のタクトの下、アートとしての完成度、統一感を精髄まで突き詰めた、ニューフロンティアへと到達しています。
「勇気を持って偽の自己を解放せよ。」 アルバムはスピリチュアルメタルの先駆者、CYNIC の Paul Masvidal が語りかける哲学的なスポークン・ワードで幕を開けます。インタビューにもあるように、”Aathma” とは魂の探求。全てが白か黒に分類される、性急で物質的な現代社会に対するアンチテーゼ。リスナーは Paul の言葉に導かれ、PERSEFONE の深遠なる精神世界へと誘引されて行くのです。
小曲 “One of Many…” でバンドは作品のシンフォニックでメロディアスな世界観を暗示し、ドラマティックな “Prison Skin” へと進行します。ミステリアスで優美なピアノの調べから一転、速急でテクニカルなリフワーク、ダブルギターとキーボードが織り成す濃密なサウンド、複雑で緻密なリズムアプローチ、そして Marc Martins の激烈なガテラルが PERSEFONE の帰還を高らかに告げると、同時に楽曲はバンドの二面性をも明瞭に開示するのです。
今回、キーボーディストでクリーンボーカル、Miguel “Moe” Espinosa のタスク、重要性は確実に過去作を遥かに凌いでいると言えます。ポストロックの影響すら感じさせるアトモスフェリックで幽玄な “Cosmic Walkers” はその象徴でしょう。”Prison Skin” では典型的な PERSEFONE の顔と、Moe が躍動することで生まれる、スペーシーでメロディアスなテリトリーを調和させ、緩急織り交ぜたスリリングなキラーチューンへと昇華しているのです。
再度 Paul Masvidal が登場し、特徴的なボコーダーとリードギターを聴かせる “Living Waves” はアルバムのハイライトだと言えるでしょう。Djenty とも形容出来るモダンで幾何学的なギターリフと、色彩を抑えた淡彩のシンセサウンドが創造するスピリチュアルメタルに、崇高で凛としたメロディーがレイヤーされると、そこには現代社会とは最も離れた場所にある観念的な夢幻世界が広がります。Paul と Moe のボーカルパフォーマンスは傑出していて、リスナーの深層心理に語りかけるような宗教的崇高感すら感じさせますね。
アルバムは4部編成、20分のエピカルなタイトルトラックで幕を閉じます。インタビューにもあるように、レコードの縮図、シネマティックとさえ言える作品を象徴する大曲。作品で最もエクストリーム、デスコア的な質量を纏った “Part III: One With The Light” と女性ボーカルとピアノ、オーケストレーションのみで奏でられる詩情豊かなフィナーレのコントラストはまさにこの傑作の持つ二面性を端的に物語っていると言えるでしょう。
今回弊誌ではギタリスト Carlos Lozano にインタビューを行うことが出来ました。シュラプネル直系の彼独特のシュレッドは、昨今のメタルシーンにおいては逆に強力な武器となっているような気がします。Moe に続いて弊誌2度目の登場。どうぞ!!

16864836_10155005917204328_304908153232995139_n

PERSEFONE “AATHMA” : 10/10

【INTERVIEW WITH CARLOS LOZANO】

4647377364_2d385d9eb8_b

Q1: Hi, Carlos! Thanks a lot for accepting our interview again! First of all, “Spiritual Migration” definitely becames your most successful album to date. How did the album change the band and yourself? Did you have any kind of pressure about making the next record?

【CARLOS】: Hi Sin! Thank you so much for having me! Every “Persefone” album has been one step forward in our career, but it’s a fact that “Spiritual Migration” was able to reach to more people than any of the old ones. We feel the band as a continuum, as part of ourselves, so the success of “Spiritual Migration” was added to every experience we have been dealing with in our personal lives all these four years. All that created the reality we were when we started writing “Aathma”. Making a new album is always something really special for us as human beings, since we are able to express ourselves through music and use everything
we have learned since the las one and create something as real and honest as we possibly can. I can say that, when the moment of writing the new material arrived, we just tried to feel the present moment and let everything go out in musical and lyrical form, the only pressure was about being able to choose the right notes and words to express ourselves the right way.

Q1: 前作 “Spiritual Migration” は間違いなく PERSEFONE にとって最も成功を収めた作品となりました。”Spiritual Migration” はバンドやあなた自身をどのように変えましたか?
また、次の作品を作るに当たってプレッシャーはありましたか?

【CARLOS】: 僕たちは全てのアルバムで一歩ずつ歩みを進めて来た訳だけど、事実として “Spiritual Migration” は過去のどの作品よりも多くの人に届いたことは確かだね。
このバンドは連続体であり、僕たち自身の一部だと感じているよ。だから “Spiritual Migration” の成功は、この4年間の生活に加えられて素晴らしい経験となったね。
新しいアルバムを作ることはいつだって特別だよ。というのも、僕たちはそこで音楽を通して自身を表現出来るし、前作以降に学んだことを全て投影し、可能な限りリアルで正直な作品を創造する機会な訳だからね。
新たなマテリアルを書く時は、”今”を感じて、全てを音楽や歌詞に注ぎ込むようにしているんだ。唯一のプレッシャーは、僕たち自身を表現する正しい音、正しい言葉を正しい方法で選べるかどうかだね。

Q2: During the time, your first Japan tour achieved a great success! Off course, Persefone is Pro-Japanese, “Shin-Ken” was the record about Japan, and Musashi Miyamoto. So, Please let me know how Japan was. What did you find here?

【CARLOS】: We have always felt connected with Japan for many reasons during our lives, and playing in Japan was one of the goals we really wanted to achieve, so when the time arrived we were so pumped up about it and we lived the whole experience with intensity. Japan was everything we expected and much more. We were fascinated about the beauty of the country, but was the Japanese people what made us feel really amazed. Everyone there was so passionate about the music that made us feel really grateful for being able to share all that emotions with
them. We played Tokyo twice in two consecutive days, and the place was full both of them with people smiling, headbanging, singing and enjoying the music. When the second show was over, I couldn’t help but throw my guitar in the backstage and run to the venue’s front door to personally thank everyone that took the time to come to see the show. It was a really lovely and beautiful moment to talk and spend some time with the audience after the show.

Q2: 新作までのインターバルでは、初来日公演も成功させましたね!勿論、PERSEFONE は “Shin-Ken” で宮本武蔵を取り上げるほどの日本通な訳ですが、この国で見つけたものを教えていただけますか?

【CARLOS】: ライブの最中は、多くの理由からいつも日本と繋がっていると感じていたよ。日本でプレイすることは本当に達成したいゴールの一つだったんだからね。だから日本に着いた時はとても気合いが入ったし、全ての経験が強烈なものだったね。
日本は全てが期待した通りかそれ以上だったよ。勿論、日本の美しさには魅力されたけど、本当に感銘を受けたのは日本の人たちからだったね。全員が音楽に対して非常に情熱的なんだ。彼らと全てのエモーションを共有出来て本当に感謝しているんだ。
東京で連続して2回のショウを行った訳だけど、会場は笑顔で、ヘドバンし、歌って音楽を楽しむ人たちで溢れていたね。最後のショウが終わると、僕はギターをバックステージに放り投げて会場のドアへと走っていたよ。時間をとってライブに来てくれた全員に、個人的に感謝を伝えるためにね。観客のみんなと話して過ごせたのは、本当に愛すべき、そして美しい瞬間だったよ。

Q3: In the mean time, Marc & Jordi left the band, and Filipe & Sergi was in. Could you tell us about the story behind this member change? Please let us introduce two new members!

【CARLOS】: Marc Mas left the band just after our last Asian tour. Marc is a very talented person and somehow, he was tired of all that involved touring and working with a band so he wanted to pursue others endeavours in life other than playing in “Persefone”. That was a difficult moment for us as a band, but we knew we wanted to keep going, so, after getting some offers from great drummers, we decided to find the right human being to work with rather than focusing everything on the musical skill. With that on mind, we found that our long time friend Sergi
Verdeguer had in him both of the requirements with were looking for and after some time working together, he is now a crucial part of this new era in “Persefone”. About Jordi leaving, he became father of a beautiful girl and asked us for some time to focus on the family life. We asked Filip Baldaia to take his place temporarily since he was a guitar student of mine and I knew he was so capable to play Jordi’s parts. After one year without him, the band continued growing up with more shows and responsabilities so Jordi decided that his time as a musician with “Persefone” was over and wanted to start a new journey as father and husband. After sharing all these years with him, I can say that he will be the best at it, Jordi is one of the best persons I’ve ever met in my life

Q3: バンドにはメンバーチェンジがありましたね?Marc と Jordi がバンドを離れ、Filipe と Sergi が加入しました。

【CARLOS】: Marc Mas はアジアツアーが終わったあとバンドを離れたんだ。とても才能のある人間だから、ツアーやバンドに関わることにいくらか飽きてしまったのさ。PERSEFONE でプレイするよりも、他のことを追い求める人生を選んだんだよ。
バンドとしては困難な時期だったね。ただバンドとして前に進み続けたいことは分かっていたから、何人か素晴らしい候補の中から、ドラマーとしての音楽のスキルよりも共に働くべき正しい人物を選ぶ決断を下したよ。そういった観点から、長年の友人である Sergi Verdeguer を選んだんだ。今では PERSEFONE の新たな時代に欠かせない人物となっているね。
Jordi に関しては、美しい女の子の父親になったから、しばらく家族に時間を注ぎたいと頼んできたんだ。僕たちは一時的な代役を Filip Baldaia にお願いしたよ。彼は僕のギターの生徒だったから、Jordi のパートをプレイ出来ることは知っていたんだ。
Jordi 無しで一年が経ち、バンドはショウを重ね成長を続け、責任も増していたね。だから彼は PERSEFONE でのミュージシャンとしての時間を終えることに決めたんだ。父親、夫として新たな旅を始めたかったんだよ。何年も彼と居たから分かるけど、彼は最高の家庭人になるよ。僕が会った中でも最高の人物の一人だからね。

Q4: Anyway, your newest album “Aathma” is just out now! It’s really masterpiece, and lot’s of medias, fans really well accepted. At first, what was your direction, goal of “Aathma”?

【CARLOS】: Domo arigatou! As I said, in the beginning, there was not an specific direction other than trying to continue with this journey that is “Persefone” for us. We just walked right into this new album with the passion of making new music and write about all the experiences we had on those 4 years. Everything was falling into place in a very smooth way as we were paying attention to every little detail. In the middle of the writing process we started feeling inspired by the music itself and let it to walk in the direction anyone will find by listening the album. I remember that we were so focused on the songwriting trying to not let any note happen without a reason, trying make every second listening worthy.
In the end we feel very satisfied with the way everything worked and fortunately it seems like more peolpe is sharing our musical vision as well

Q4: そういった経過を経て最新作 “Aathma” がリリースされた訳ですが、素晴らしいアルバムですね!メディアやファンからも非常に高い評価を得ています。ます、この作品で目指した方向性、ゴールを教えてください。

【CARLOS】: Domo Arigatou!冒頭でも話したけど、 “PERSEFONE” という旅を続ける以外に特別な方向性というものはないんだ。ただ新たな音楽に情熱を注ぎ、この4年間で得た経験を全て生かすという意気込みで新作に望んだんだ。
僕たちはどんなに小さなディテールにも拘っていたから、全てはとてもスムースに構築されて行ったね。ライティングプロセスの中盤に差しかかると、制作した音楽自体から僕たちがインスパイアされていることを感じ始め、音楽が導く方向性に委ねたんだ。
ソングライティングでは、理由のない音を配置せず、毎秒価値のある音楽を作ることにフォーカスしていたことを覚えているよ。
最終的に、僕たちは全てにとても満足し、幸運なことに、より多くの人が僕たちの音楽的ビジョンをシェアしてくれているように思うね。

persefone004-2016-pic-by-toni-villen

Q5: It seems that “Aathma” is magnificent concept record. Surprisingly, album closer, consisted by four parts, dramatic quadrilogy “Aathma” has about twenty minutes long. So, could you tell us about the title, concept, and artwork of “Aathma”? Why did you post “Aathma” album closer?

【CARLOS】: “Aathma” is a sanskrit word that means “Soul”. With”Spiritual Migration” there was a deep change in the lyric approach of the band as we wanted to use the music we were writing with “Persefone” to share a message with it, an message about the way we live our spiritual lives. We feel that spirituality is something that is sometimes forgotten in this time and era we are living in. We live in a very materialistic way, everything is so fast and we don’t have time
to ask ourselves the important questions, no time to meditate about what is this life about, about just “who am I?”, “what am I?”, “Is there any relation between me and everything else?”, or just, “what does ‘me’ means anyway? We wanted to write about that, about what we feel we are in this world, and give to that message the best music we possibly can. The whole album is about this one concept and I always like to summarize it with some lyrics from the song “Prison Skin”, we start the album by saying to the listener “…. you are not yor face, you are not the name you have been given, break this walls and see the light, transcend your senses, be…” The song “Aahtma” summarize all the journey, so it was really mandatory to close the album with it since the last words on it are the closure to all the lyrical concept.

Q5: アルバムは壮大なコンセプト作品のように思えます。驚くことに、アルバムクローサー “Aathma” は4部構成、20分の大曲ですね。

【CARLOS】: “Aathma” とはサンスクリット語で “Soul” 魂の意味なんだ。”Spiritual Migration” から、バンドの歌詞に対するアプローチには深い変化があったんだ。PERSEFONE で書いている音楽を、メッセージをシェアするために使いたかったからね。そのメッセージとはいかにしてスピリチュアルな人生を送るかについてだよ。
僕たちの生きている時代は、時としてそういった精神性が忘れられがちだよね。僕たちは非常に物質的な世界に生きていて、全てがとても早く動いている。少し立ち止まって自分自身に重要な問いかけをしたり、人生の意味を瞑想する暇もないほどにね。
「僕は誰?」 「僕は何者?」「僕と世界の関係は?」「そもそも自分ってどういう意味?」とかつまりはそういったことに焦点を当てたかったんだ。僕たちが今、世界に感じていることを、可能な限り最高の音楽に乗せてメッセージとして伝えたかったんだよ。
作品全体はそのコンセプトのもとに作られているんだ。”Prison Skin” の歌詞がそれを要約しているよ。僕たちはアルバムをリスナーにこう語りかけて始めるんだ。「それは本当の君の顔じゃない。与えられた名前も本物じゃない。壁を壊して生まれ変わるんだ。感覚を超えて…」
タイトルトラック “Aathma” は全ての旅を象徴しているね。だからアルバムを締めくくるのはこの曲でなくてはならなかったんだよ。歌詞の最後の言葉は全てのコンセプトを締めくくるものになっているからね。

Q6: Paul Masvidal’s vocoder was impressing guest spot on the album. But off course, Persefone has wonderful clean voice of Moe. What made you need another
vocal in the album? And how did you get in touch with the prog legend and Oysten of Leprous?

【CARLOS】: There is no secret about how deep Paul’s music has inspired us through the years. We met Paul at 2015 Euroblast festival in Germany where we also performed with “Persefone”, and during the writing process of “Aathma”, we felt that Paul’s philosopy about life and spirituality matched with the new music in a very perfect way. Then we approached him with what it would become the very first sentence of the album. A deep and meaningful sentence that we thought we would like, and he did. After that, Paul was really supportive all the time and
his collaboration inspired us a lot to put even more effort on “Aathma”. He also performed a great guitar solo on the song “Living Waves” as well as his amazing voice. About Oystein, “Persefone” and “Leprous” toured Europe together in 2013. On that tour Oystein and I just spent a lot of time just playing guitar together and, by the end of the tour, we really become friends and we kept the contact over the next years. I remember telling him on that tour that I wanted him to play a guitar solo on the new album, and years later, he was kind enough to play a beautiful one and the song “Aathma”. He has an amazing talent.

Q6: アルバムには CYNIC の Paul Masvidal、LEPROUS の Oysten がゲスト参加しています。

【CARLOS】: 何年も、いかに深く Paul の音楽が僕たちをインスパイアしてきたかについては秘密でも何でもないよ。彼とは2015年に、ドイツで行われた Euroblast Festival で会って共演したんだ。
“Aathma” のライティングプロセスの間、僕たちは Paul の人生や精神性に対する哲学が、新しい音楽に完璧にマッチすると感じていたね。そこで、彼にアルバムの幕開けをお願いしたいとアプローチしたんだよ。僕たちは深く意味のある文章を考え、彼が演じてくれたんだ。
その後も Paul は常にとても協力的でね。何より、彼とのコラボレーションによって多くのインスピレーションを受け、それが “Aathma” に注がれたんだよ。彼は “Living Waves” でも素晴らしいボーカルとギターを披露してくれているよ。
Oysten については、2013年に PERSEFONE と LEPROUS が共にヨーロッパをツアーしたんだけど、そのツアーで僕と彼はかなりの時間を共にギターを弾いて過ごしたんだ。ツアーが終わるころには、真の友人になっていてそれからずっと連絡をとっていたんだ。
あのツアーで彼に、新作でギターソロを弾いて欲しいと伝えたことを覚えているよ。何年か経ったけど、親切なことに “Aathma” で美しいソロを弾いてくれたね。驚異的なタレントだよ。

Q7: I feel “Aathma” has more spacey, atmospheric sounds than your past works. That is to say, piano melodies, ethereal synth sounds play very important role in the album. That made the album more spiritual, more symphonic, more beautiful. Why did you choose the direction this time?

【CARLOS】: I think that Moe ( Miguel ) was specially inspired on this one! As the songs were shaping up, we welcomed lots of synths and keyboards layers on them since all that big and spacey feeling matched perfectly with the lyrical concept. We always try to keep the balance between agressiveness and melodic content, but it seems like on “Aathma” we took the melodic side further this time.

Q7: “Aathma” は過去作に比べて、よりスペーシーでアトモスフェリックスなサウンドだと感じました。ピアノの調べとシンセサウンドが重要な役割を果たしていますね。スピリチュアルでシンフォニックな美しさを得たように思えます。

【CARLOS】: それについては Moe (Miguel) が特にインスパイアされたと思うよ!楽曲を形作る時に、シンセやキーボードを多くレイヤーすることに僕たちは賛成だったんだ。というのも、ビッグでスペイシーな感覚は、歌詞のコンセプトと完璧にマッチしたからね。
僕たちはいつもアグレッションとメロディーのバランスを保とうと努力しているんだけど、今回の “Aathma” ではメロディーに重点が置かれたように思えるね。

Q8: The last interview, you said you wanted to work with Jakob Hansen next time. But, “Aathma” is mixed and mastered by Jens Bogren. Why did you change the role from Jakob to Jens? What did Jens bring the album?

【CARLOS】: It was all about the music itself again. Jacob Hansen did an amazing work on “Spiritual Migration” and I’m sure we will work with him again in the future. With “Aathma”, we felt that all that spacey sound, all that layers needed another treatment on the mix, and after discussing a lot about it, we decided that Jens Bogren was the best option for this one. We spent three days in Sweden with Jens working on the final touches for the album and Jens was really helpful with all the decisions we had to deal with. He has an amazing experience and
knows perfectly what is the best for the final sound of the album. It was very inspiring to work with him.

Q8: 前回のインタビューで Moe は次作も Jakob Hansen をプロデューサーに起用したいと語っていましたが、蓋を開けて見れば Jens Bogren がタクトを握っていましたね?

【CARLOS】: 全ては音楽が理由なんだ。Jakob Hansen は前作 “Spiritual Migration” で素晴らしい仕事をしてくれたし、将来的には彼とまた仕事をするに違いないね。
“Aathma” はスペイシーなサウンドだと感じたから、その手法にはミキシングで別のテイストが必要だったのさ。何度も話あった結果、Jens Bogren が最高のオプションだという結論に至ったね。
スウェーデンで3日間、Jens とアルバムの最後の詰めを行うために働いたよ。Jens は僕たちの全ての決断に対して実に協力的でね。驚異的な経験を持っているし、完璧にアルバムの最後のタッチに何がベストが完璧に知っていたよ。彼と働いてすごくインスパイアされたね。

a0813971192_10

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED CARLOS’S LIFE!!

CACOPHONY “SPPED METAL SYMPHONY” “GO OFF!”

CacophonySpeedMetalSymphonyCacophony_-_1988_-_Go_Off!

MARTY FRIEDMAN “DRAGON’S KISS”

220px-Dragonskiss

MEGADETH “RUST IN PEACE”

Megadeth-RustInPeace-8

SYMPHONY X “DIVINE WINGS OF TRAGEDY”

3205

TORI AMOS “LITTLE EARTHQUAKES”

220px-Lecover-big

【MESSAGE FOR JAPAN】

Persefone-2016-Andorra

We are happy to think you feel about us as ambassadors of your beautiful country! My message is, to anyone that is reading this interview, be happy, enjoy your life, enjoy music, be kind with everyone, meditate, and never stop learning and improving. We really wish to visit Japan again and play music for all of you very soon. Domo arigatou!

君たちの美しい国のアンドラ親善大使だなんて思ってくれているそうだけど、嬉しいね。
このインタビューを読んでくれた人たちへのメッセージは、幸せであれ、人生を楽しんで、音楽を楽しんで、みんなに優しくしよう。そして学ぶこと、改良することを止めないで。本当にまた日本を訪ねてみんなのためにプレイ出来たらいいな。すぐにね。どうもありがとう!

CARLOS LOZANO

PERSEFONE Facebook Page
PERSEFONE Official Site
PERSEFONE Bandcamp
VICISOLUM RECORDS Official Site

 

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

EXCLUSIVE INTERVIEW 【COLIN MARSTON : KRALLICE, GORGUTS, BEHOLD…THE ARCTOPUS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH COLIN MARSTON OF KRALLICE, GORGUTS, BEHOLD…THE ARCTOPUS, AND MORE !!

ColinMarston

New York’s Own All Around Dynamic Cult Metal Super-Hero, Colin Marston Talks About Krallice, Gorguts, Behold…The Arctopus, And More!!

ABOUT “COLIN MARSTON”

Colin Marston は34歳にして既にメタル、アヴァンギャルドシーンのカルトヒーローだと言えます。変質的でありながら高い賞賛を浴び続ける、4つの価値あるバンドを牽引する人物であることがその第一の要因でしょう。
盟友 Micc Barr と立ち上げた KRALLICE は NYC の個性的なブラックメタルシーンを代表するバンドです。2011年にリリースした “Diotima” はアトモスフェリックブラックの金字塔として今も語り継がれる名盤ですし、2015年には複雑なリズムやテクニックにフォーカスしたテクニカルデスメタルへと接近し、界隈のトレンドをお膳立てするフラッグシップ的役割、影響力を見せつけましたね。昨年は VAMPILLIA 他日本のバンドたちと共演するジャパンツアーも行い、その高いミュージシャンシップと鬼気迫るパフォーマンスが話題となりました。
BEHOLD…THE ARCTOPUS は実験性を極めた真のカルトインストスリーピース。奇想天外、一見無機質でツギハギのようなカオスの中に、メロディーや叙情味を織り込んで行くそのスタイルはまさしく唯一無二でしょう。”地獄の12弦ハープ”などと称される特異な楽器 Warr Guitar のベースとギターの領域をカバーする広いレンジを駆使し、嵐のようにフレットをタップする Colin の姿はアックスマンの称号に相応しい壮絶なオーラを纏っています。
Colin はカナダの暗黒神、アヴァンデスメタルレジェンド GORGUTS にも参加しています。インタビューにもある通り、ここではベースプレイヤーとして影となり日向となり、奇才 Luc Lemay を支えているようですね。彼らもまた KRALLICE と同様に ULCERATE や PYRRHON といったモダンで深みのある新鋭デスメタルアクトたちに多大な影響を与えたオリジネーターだと言えますね。
DYSRHYTHMIA はその GORGUTS のギタリスト Kevin Hufnagel とタッグを組んだこちらもインストスリーピース。BEHOLD…THE ARCTOPUS とは異なり、リフの迷宮、カオスの魔窟といった風体のよりダークで引き摺るような重さを纏ったバンドです。Kevin がプログレッシブドゥームの英雄 WHILE HEAVEN WEPT に所属していたこともあり、”Thrak” 期の KING CRIMSON をさらに陰鬱で重厚なサウンドに仕上げたような魅力が存在します。
インタビューにもあるように、Colin は昨年この4バンド全てで新作をリリースしただけでなく、他にも4、5プロジェクトに参加し作品を世に送り出しているのです。驚くべきハイペース、創作の鬼、羅刹。
特に近年 Colin の仕事からは音楽は勿論、何者も恐れない崇高な実験精神 まで KING CRIMSON の影を強く感じます。”知恵の館”をテーマとし、イスラムアッバース朝の繁栄から衰退までを描いた33分の大曲のみを収録し、プログレッシブデスメタルの新たな領域を開拓したと各所で絶賛された GORGUTS の “Pleiades’ Dust” をはじめとして、昨年リリースされたレコードは全てが音楽的冒険の末辿り着いた比類なきクオリティーを誇るのですから、そのストイックに研ぎ澄まされた感性や人となりからももはや”現代の Robert Fripp” の称号を得ても何ら不思議ではないですね。
Colin の”ワーカホリック”はとどまる事を知りません。彼がカルトヒーローである第二の理由。それは自身が所持する Menegroth: The Thousand Caves in Queens スタジオで辣腕を振るう優れたプロデューサー/エンジニアであるからに他ならないのです。ARTIFICIAL BRAIN, LITRUGY, KAYO DOT, EAST OF THE WALL, WOE, DEFEATIST, CASTEVET など多様性をアイデンティティーとした NYC の革新的なメタルの波はこのスタジオを起点として生まれたと言っても過言ではないでしょう。
インタビューでも自身がベジタリアンであることを認めていますが、シーンきってのナチュラリストとして知られる Colin のサウンドから生命、人間、感性を捉える能力が界隈のミュージシャンたちに強く信頼されリスペクトを受けていることは間違いないでしょうね。
今回弊誌では、二つの顔を持ち、アンダーグラウンドメタルシーンで今最も多忙かつ尊敬を集める Colin にインタビューを行うことが出来ました。あの Skrillex より先にサイドカットに手を染めた冒険者 Colin Marston 解体新書のようなインタビュー。どうぞ!!

続きを読む EXCLUSIVE INTERVIEW 【COLIN MARSTON : KRALLICE, GORGUTS, BEHOLD…THE ARCTOPUS】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【INFANT ANNIHILATOR : THE ELYSIAN GRANDEVAL GALERIARCH】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH AARON KITCHER OF INFANT ANNIHILATOR !!

13475077_1403108049715908_505120769208203478_o

EggMetal Is Back!! Super Technical Hardcore Abnormal Deathcore Outfit, Infant Annihilator Has Just Released The Most Intense Record “The Elysian Grandeval Galèriarch” !!

DISC REVIEW “THE ELYSIAN GRANDEVAL GALERIARCH”

UK が生んだ EGGMETAL のパイオニア INFANT ANNIHILATOR がしばしの沈黙の後、新ボーカル Dickie Allen を得て凶悪な新作 “The Elysian Grandeval Galèriarch” をリリースしました!!
EGGMETAL、則タマキンメタル。長いメタル史においても、タマキンとメタルを融合させたのは間違いなく INFANT ANNIHILATOR が初でしょう。プログ、デス、ブラック、スラッシュなど何もかもがメタルと融合していく中、なぜタマキンだけがメタルと融合出来ないのかと悔しさで枕を濡らし続けたメタルウォーリアーも多いはずです。機は熟しました!!
彼らの魅力は、まず何と言ってもそのMVに集約されています。デビューフル “The Palpable Leprosy of Pollution” に収録されていた “Decapitation Fornication” の MV は、そのオゲレツ具合で他のメタルバンドなど全く寄せ付けることすらありませんでした。楽器などは一切持たず、ただ深い森の中でエアメタルとホモ行為を繰り返すのみ。ズダズダズダズダと流れる凶悪なデスコアサウンドの中、嬉嬉としてホモ行為を繰り返すだけの彼らに狂気を超えた狂気を感じプラウザをそっと閉じたメタルウォーリアーも少しはいたかもしれませんが、視聴回数400万越えという結果と共にシーンには間違いなく衝撃を与えました。
前任ボーカル Dan が脱退し、残念ながら自然消滅かと思われていた INFANT ANNIHILATOR は、突如マイクをチンポのように扱うアー写とともに新ボーカル Dickie Allen の加入をアナウンスし、新作のリリースも発表します。ABIOTIC などで活躍し、その筋では実力が高く評価されていた Dickie ですが、そんなことよりも彼らはまたしてもブチかましてくれました。
新MV “Motherless Miscarriage” は Facebook にアップすると同時に即削除されるような危険極まりない代物。勿論 YouTube でも年齢確認を求められます。究極に進化を遂げたタマキンメタルはもはや完全にただのホモビデオにまで昇華していたのです。
オシリ、黄身、白身、オシリ、黄身、白身がめまぐるしく登場する素晴らしく EGG でエッチな2分13秒。勿論、新作のタイトル “The Elysian Grandeval Galèriarch” の頭文字は The EGG。キ・ン・タ・マ。ここまで徹底している彼らのキンタマ道にはもはやリスペクトしかありませんね!!
とはいえ、実はバンドの創立メンバー Aaron と Eddie は将来を嘱望される UK Hardcore / Deathcore バンド BLACK TONGUE のメンバーで、その実力は折り紙つき。実際、RINGS OF SATURN の作品にもセッション参加した Aaron のドラムパターンは狂気的で人間技を超えており、アルバムの強力な聴き所となっていますね。また、Eddie のダークなアトモスフィア、クラシカルな超高速スイープで畳み掛けるテクニカルなプレイも圧巻です。ストーリーとリンクしたシアトリカルな SE やテンポチェンジ、シンセサイザーを効果的に使用したプログレッシブさも本当に素晴らしいですね。
“心がタマキンなんだよ。” Aaron はインタビューでそう語ってくれました。男ならタマ裏の匂いと共存共栄、いつも心にタマキンを。イケメンすぎる変態、Aaron Kitcher です。どうぞ!!

13342896_1391665080860205_1338242373885308402_n

INFANT ANNIHILATOR “THE ELYSIAN GRANDEVAL GALERIARCH” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【INFANT ANNIHILATOR : THE ELYSIAN GRANDEVAL GALERIARCH】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【HORRENDOUS : ANARETA】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JAMIE KNOX OF HORRENDOUS !!

Horrendous-Ecdysis-03-500x330

Splendid “Post-Death Metal” From Philadelphia !! HORRENDOUS takes Death Metal to the place that never dreamed of going !!

デスメタルの最新型、US産恐怖のスリーピース HORRENDOUS が新作 “Anareta” をリリースしました!!
Jamie (Drums) と Matt (Guitar, Vocal, Bass) の Knox 兄弟と Damian (Guitar, Vocal, Bass)から成るフィラデルフィアの新鋭は海外のメタルシーンで今最も注目を集めている存在でしょう。Dark Descent Records から10月にリリースされた “Anareta” は老舗メタルマガジン Decibel Magazine において “Album of the Year” 1位、Pitchfork 誌で8.2という高評価を獲得。他の大手音楽誌においても軒並み “Best Metal Albums” に選されています。
では、彼らの何がこれほどまで高く評価されているのでしょうか?それはおそらく、デスメタルの”過去と未来”を見事に融合しているからだと思います。
まず”過去”にフォーカスしてみると、彼らがUS産デスメタルとヨーロピアンデスメタル、2つのルーツを併せ持った稀有なバンドであることが分かります。それを象徴するのが “Siderea” から “Polaris” への流れ。”Siderea” は EDGE OF SANITY = Dan Swano が書きそうな哀愁の叙情的インストで、そこに繋がる “Polaris” のリフやボーカルはメカニカルでカミソリのような DEATH = Chuck Schuldiner そのもの。またその2つが共存している “Stillborn Gods” のような楽曲も存在します。どちらかをリスペクトしているバンドは山ほどあると思いますが、フロリダとゴーゼンバーグをまたに掛け、高いレベルで独自に再現しているアーティストは決して多くはないでしょう。余談ですが、フレットレスベースのように聴こえるジャジーなベースラインも CYNIC や DEATH を想起させ実に効果的ですが、実際は普通のベースを使用しているそう。
では”未来”とは何でしょう?キーワードは “Math” と “Atmosphere”。オープニングトラック “The Nihilist” が示すように、アルバムを通して彼らはリフやリズム面で非常に数学的なアプローチにトライしています。KRALLICE や LITURGY が最新作で同様の挑戦を試みたことも記憶に新しいですね。また、”Acolytes” の後半では DEAFHEAVEN を彷彿とさせるようなアトモスフェリックなパートを導入しています。Post-Black 界隈が発信する、現代メタルシーンのトレンドと言えるこの2つの要素をデスメタルに取り入れることで Post-Death Metal とも呼べるような新鮮味を生み出しているように感じました。勿論、難しい話を抜きにしても、好奇心を満たす実験性と、ブルータリティー、そしてキャッチーなメロディーを兼ね備えた実に素晴らしい作品だと思いますよ。
今回弊誌では、ドラムスを担当するバンドのリーダー、Jamie Knox にインタビューを行うことが出来ました。どうぞ!!

11224682_974219802634721_7843292317610162893_n

MMM RATING IS…

HORRENDOUS “ANARETA” : 9.8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【HORRENDOUS : ANARETA】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CRYPTOPSY : THE BOOK OF SUFFERING-TOME 1】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH FLO MOUNIER OF CRYPTOPSY !!

12141592_10153010523761199_5957807306161906730_n

Legendary Technical Brutal Death Metal from Canada, Cryptopsy has just released Ultra Brutal & Super Technical EP “The Book of Suffering Tome Ⅰ” !!

カナダが生んだ、テクニカルデスメタルのレジェンド/オリジネーター CRYPTOPSY が新作EP “The Book of Suffering-Tome 1” をリリースしました!!
結成は1988年、1994年の1stアルバム “Blasphemy Made Flesh” リリースから数えてももう立派な20年選手です。唯一のオリジナルメンバーで、世界最高のテクニックを誇るとも称される Flo Mounier の人間離れしたドラミングを中心として、超絶技巧とブルータリティーをどちらも損なうことなく楽曲に注ぎ込む驚異的なバンドなのです。
メンバーチェンジが多く、今作でも、セルフタイトルの前作 “Cryptopsy” でバンドに復帰し素晴らしい仕事を見せた初期メンバーでリフマイスター Jon Levassur が1作のみで再度脱退しています。2作前の “The Unspoken King” はクリーンボーカルの導入やメタルコア風リフの多用で批判を浴びた作品で、Jon の復帰がバンドを本来有るべき姿に引き戻し “Cryptopsy” を名作にせしめたと感じているファンは、彼が再度脱退したことで不安を感じていたことでしょう。しかし完全にそれは杞憂でした。”The Book of Suffering-Tome 1″ は前作 “Cryptopsy” の路線を引き継ぎさらに凶悪性を強めたような会心のEPに仕上がっています。
今作は “The Book of Suffering” シリーズの1冊目(Tome)という位置づけで、インタビューで判明しましたがトリロジーで完結する予定とのことです。複雑怪奇でブルータリティー溢れる楽曲は彼らの金字塔 “None So Vile” を彷彿とさせます。同時にこの20年で培ったキャッチーさや音楽の素養を惜しみなく詰め込み、非常に濃密な4曲17分間を提供して来ましたね。特に Flo のドラミングには鬼気迫るものがあり、未だに進化を続けているような印象を持ちました。あれだけのテクニック、手数足数を炸裂させながらヘヴィネスを欠片も失っていない点が真の超人たる所以でしょう。
今回弊誌ではその Flo にインタビューを行うことが出来ました!どうぞ!!

12046937_10152954269311199_7729016309325056770_n

MMM RATING⭐️

CRYPTOPSY “THE BOOK OF SUFFERING-TOME 1” : 9,5/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CRYPTOPSY : THE BOOK OF SUFFERING-TOME 1】