タグ別アーカイブ: Mayhem

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【MAYHEM : DAEMON】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH GHUL OF MAYHEM !!

“We Definitely Had In Mind That We Wanted Daemon To Be Some Sort Of Return To a Certain Mood From a Certain Era. Of Course Playing De Mysteriis So Many Times Over The Past Years Means It Bled Into The Creative Process For Sure.”

DISC REVIEW “DAEMON”

「俺もじきに Euronymous を殺ってやろうと思っていた。だからあの朝新聞であのニュースを読んで、家に帰って武器やドラッグを隠さねーとと思ったんだ。おそらく俺が第一容疑者だったはずだから。」
Necrobutcher が今年発したこの言葉は、ブラックメタルを司るノルウェーの闇司祭 MAYHEM に刻まれた、逃れられぬ呪われし過去の暗影を再び浮かび上がらせることとなりました。
MAYHEM 初期の歴史には死と犯罪の禍々しき臭気が立ち込めています。教会への放火は連鎖の序幕。オリジナルボーカル Dead は自らでその命を断ち、バンドの中心人物 Euronymous は Dead の死体写真を撮影し、彼の “死” をある種利用して MAYHEM の神秘性を高めました。ただしその宿悪は、1993年、MAYHEM でベースをプレイしていた BURZUM の Varg による Euronymous 殺害という狂気の終着駅を導く結果となったのです。
しかし一方で、その凄惨と背教、サタニズムに根差す闇の神秘が、異端に焦がれる数多の使徒を惹きつけ、今日の巨大で邪悪なメイヘム像を建築する下地となったのも確かでしょう。
「間違いなく、俺らの中には “Daemon” である特定の時代の、特定のムードへといくらか回帰したいという気持ちが存在したんだ。もちろん、ここ何年にも渡って “De Mysteriis Dom Sathanas” を何度もプレイしたことは、今回のクリエイティブプロセスに影響を与えたよ。それは確かだね。」
BEHEMOTH の Nergal をして “エクストリームメタルのマグナムオーパス” と言わしめる “De Mysteriis Dom Sathanas”。完全再現ツアーを続ける中で、MAYHEM は自身のマイルストーンを再発見し、拡散する音楽の進路を原点へと向かわせる決断を下したと Ghul は語ってくれました。
ただし5年ぶりとなる最新作 “Daemon” は、単純に “De Mysteriis Dom Sathanas” PT.2 を目論んだレコードではありません。何より、古典のインテグラルパートであった Euronymous と 歌詞を残した Dead は世界から失われて久しいのですから。
“De Mysteriis” は例えるならば悲愴と熾烈を意図的に掛け合わせたキメラ獣でした。ハンガリーのアクセントでさながら病んだ司祭のように歌い紡ぐ Attlia のシアトリカルでオペラ的なパフォーマンス、Euronymous のアイデアを基にしたエコーとリヴァーブ、マルチトラックの音の壁、Hellhammer の恐怖と抑制のドラミング。
圧倒的に悪意が貫かれたアルバムはブラックメタルのスタンダードでありながら、決してジャンルへの入り口となるようなアクセシブルな作品ではなく、むしろ部外者を拒絶し謝罪も譲歩も受けつけない唯一無二の無慈悲な威厳を纏っていました。
もちろん、旅路の果てに “Daemon” で取り払った装飾と実験性、そして時代を超えたプリミティブな獰猛と邪悪はオールドスクールな MAYHEM の姿を投影しています。しかし究極的には、”Daemon” で受け継いだと言われる “De Mysteriis” の遺産とは、原始的なピースとしての楽曲が、集合体として底知れない深み、知性を得る “De Mysteriis” のスピリット、構造そのものだと言えるのかもしれませんね。
そうして可能となった、内なる “悪魔” とのチャネリング。 Necrobutcher は “Daemon” こそがここ15年で MAYHEM の最高傑作だと断言します。
「2004年に “Chimera” をリリースしてから最も誇れる作品だ。ここ15年で最高のものだよ。おそらくそれは… “ライブフレンドリー” な仕上がりになったからだ。”Esoteric Warfare” や “Ordo Ad Chao” にはそこが決定的に欠けていたからね。
その2作も良いアルバムだったけど、ライブで再創造するのが難しかった。”Daemon” はそうじゃない。半数の楽曲はこれからライブでプレイする予定だよ。だから前2作とは全く関連がないとも言えるね。現行のメンバーで9, 10年は続けている。そうして成熟した成果なんだ。」
「俺らはこのレコードで全てを取り払い、”本質” へと戻したのさ。」”Daemon” に求めたものはブラックメタルの “本質”。ライブの原衝動は確かに本質の一部でしょう。では細分化、複雑化を極める現代のブラックメタル世界で Ghul の語る本質とは何を意味するのでしょう。初期の禍々しき “メイヘム” な記憶?
「俺にとってブラックメタルとは、いつだって精神を別の世界、領域へと誘う音楽なんだ。だから様々な表現方法があって然るべきだと思う。」
そう、彼らにとってサタニックテロリストの過激な姿はそれでも過ぎ去りし過去。それは Necrobutcher がかの “Lord Of Chaos” ムービーに放った 「全部でたらめだ。映画を見たけどただ悲しくなったね。良い映画じゃないよ。」 の言葉に投影されているようにも思えます。ブラックメタルの “本質” とは思想、信条にかかわらずリスナーを非日常の別世界、精神領域へと誘うパスポートだと言えるのかもしれませんね。
今回弊誌では、ギタープレイヤー Ghul にインタビューを行うことが出来ました。「彼らにとって大きな意味を持つ作品なんだと痛感したよ。だから、”De Mysteriis Dom Sathanas” を可能な限り忠実に、俺たちがライブで再創造することが重要だったんだ。」 どうぞ!!

MAYHEM “DAEMON” : 9.9/10

INTERVIEW WITH GHUL

Q1: First of all, how was playing whole “De Mysteriis Dom Sathanas” album? Definitely, it’s huge milestone not only for you, but also whole metal scene, right?

【GHUL】: A huge responsibility. So many people know the album so well, and it means so much to them, it was important that we recreated it live as faithfully as possible. We really worked extremely hard to respect the album and give people an authentic experience.

Q1: まずは “De Mysteriis Dom Sathanas” 完全再現ツアーのご感想からお聞かせいただけますか?あの作品はメタルシーンにとっても、MAYHEM にとっても巨大なマイルストーンですよね?

【GHUL】: もの凄い反響だったよ。多くの人があのアルバムについて良く知っていて、それだけ彼らにとって大きな意味を持つ作品なんだと痛感したよ。だから、”De Mysteriis Dom Sathanas” を可能な限り忠実に、俺たちがライブで再創造することが重要だったんだ。
俺らはマジで究極にアルバムをリスペクトすること、そしてオーディエンスに正真正銘の体験を届けることにに努めたんだよ。

Q2: During “De Mysteriis Dom Sathanas”, you stop at Japan and played with Sigh & Defiled. How was the Japan Tour? Did you like our culture and landscape?

【GHUL】: Always. I love Japan, I love the food, the people everything. I feel a sense of familiarity when I am there, I’m not sure why.

Q2: ツアーの一環として、日本でも SIGH, DEFILED と共演し、完全再現も行いました。

【GHUL】: いつだって俺は、日本が大好きなんだよ。食事や人間、その全てがね。日本にいると俺は親しみやすさを感じるんだ。なぜだかは分からないんだけどね。

Q3: I think you went back to the old school stuff somehow in your new record “Daemon”, right? Was it influenced by “De Mysteriis Dom Sathanas” tour?

【GHUL】: We definitely had in mind that we wanted Daemon to be some sort of return to a certain mood from a certain era. Of course playing De Mysteriis so many times over the past years means it bled into the creative process for sure. I think you can hear the spirit of that album in Daemon somehow.

Q3: 最新作 “Daemon” ではいくらかオールドスクールなルーツへと立ち返った感覚がありますね。
“De Mysteriis Dom Sathanas” のツアーを行ったことで、そこから影響を受けた部分はありますか?

【GHUL】: 間違いなく、俺らの中には “Daemon” である特定の時代の、特定のムードへといくらか回帰したいという気持ちが存在したんだ。もちろん、ここ何年にも渡って “De Mysteriis Dom Sathanas” を何度もプレイしたことは、今回のクリエイティブプロセスに影響を与えたよ。それは確かだね。
うん、きっと “Daemon” を聴けば “De Mysteriis Dom Sathanas” のスピリットがいくらかは感じられるはずさ。

Q4: I really love the artwork of “Daemon”. It’s beautiful but evil. And album title is simply “Daemon”. What did you want to tell our dark, ugly society with this Satan’s record?

【GHUL】: For me the title represents the word in many possible forms. Actual demons, personal demons, metaphorical ones. That’s the then that ties the album together.

Q4: タイトルをシンプルに”Daemon” と名付けた新作のアートワークは、とても美しくしかし邪悪です。
このサタンのレコードで現代の暗く濁った社会に伝えたかったことは何でしょう?

【GHUL】: 俺にとっては、この “Daemon” ってタイトルは様々な意味に解釈可能だと思うんだ。実際の悪魔だったり、個人が抱える内なる悪魔だったり、もっと隠喩的な意味だったりね。
そういった様々な解釈がアルバムを結びつけているんだよ。

Q5: So, Black metal becomes more complex, more subdivision, more artistic in a decade. What’s the meaning of this kind of simple, old school but really evil, strong record in this age?

【GHUL】: I think it was necessary. People become obsessed with categories and names and titles. Just create something of worth. Say something, express something. Let fans and journalists worry about categories. We stripped everything back to its essence with this record.

Q5: ブラックメタルというジャンルは、ここ10年ほどでより複雑に、細分化され、アーティスティックになったと言えるかも知れません。
そんな今のシーンにおいて、”Daemon” というある種シンプルでオールドスクール、そして邪悪なレコードはどういった意味を持つのでしょう?

【GHUL】: そういった複雑化、細分化は必要だったと俺は思う。リスナーはカテゴリーやジャンルの名前、タイトルに夢中になるものだからね。
俺らは価値のあるものを創造するだけさ。まあだから、君らも何かを発信し、何かを表現してファンやジャーナリストにジャンル分けについて心配させてやろうじゃないか。俺らはこのレコードで全てを取り払い、”本質” へと戻したのさ。

Q6: So, do you care or check recent Black metal bands? Some newcomers are not into satanism but into spiritualism or nature itself. What’s your perspective about that?

【GHUL】: I think it makes sense. For me Black Metal has always been about transporting the mind to another realm somehow. That could mean many things.

Q6: では、最近のブラックメタルバンドを聴くことはありますか?
サタニズムから離れ、スピリチュアリズムや自然そのものへの憧憬を露わにするバンドも多いですが。

【GHUL】: 理に適ったことだと思うよ。俺にとってブラックメタルとは、いつだって精神を別の世界、領域へと誘う音楽なんだ。だから様々な表現方法があって然るべきだと思う。

Q7: Recently, Necrobutcher said “I was on my way to kill Euronymous myself.” Actually, in the “Inner Circle” at that time, there was lots of “Unrealistic events” there, right? Do you think Mayhem now is different, far from Mayhem at that time?

【GHUL】: For me it’s hard to comment as I was not there at the time.

Q7: 最近では、Necrobutcher が 「俺もじきに Euronymous を殺ってやろうと思っていた。」 と発言して物議を醸しました。実際、当時の “インナーサークル” ではそういった非現実的な事件が起こっていた訳ですよね?
そういった意味で、現在の MAYHEM は当時の MAYHEM と異なる存在だと言えるのでしょうか?

【GHUL】: 俺はあの時バンドにいなかったから、それについてコメントするのは難しいね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED GHUL’S LIFE

EMPEROR “ANTHEMS TO THE WELKIN AT DUSK”

ENSLAVED “FROST”

DEVIL DOLL “SACRILEGE OF FATAL ARMS”

METALLICA “MASTER OF PUPPETS”

THE PRODIGY “MUSIC FOR THE JILTED GENERATION”

MESSAGE FOR JAPAN

I sincerely hope to visit you again soon, and I hope you enjoy Daemon!

心底また日本をすぐに訪れたいよ。”Daemon” を楽しんでくれよな!

GHUL

MAYHEM Facebook Page
MAYHEM Official
CENTURY MEDIA RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!