タグ別アーカイブ: Xoth

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【XOTH : INTERDIMENSIONAL INVOCATIONS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH XOTH !!

“We All Were Highly Influenced By Video Game Soundtracks Growing Up. Those Are Some Of The Best Compositions Ever Created In My Opinion.”

DISC REVIEW “INTERDIMENSIONAL INVOCATIONS”

「全ての偉大なメタルのサブジャンルは明らかだけど、それ以外にもプログ、映画やゲームのサウンドトラック、古き良きロックンロールにパンク、ジャズフュージョン、カントリーのチキンピッキングでさえね!ただ愛する、様々な音楽をミックスしているんだよ。」
HORRENDOUS, TOMB MOLD, GATECREEPER を中心とする OSDM、オールドスクールデスメタル復興の波。REVOCATION, RIVERS OF NIHIL, VEKTOR が牽引するモダンな Tech-death の潮流。
デスメタルの世界は現在、2つの新興勢力が切磋琢磨を重ねつつネクストステージへとジャンルを誘っています。彼らに共通する理念は、偉大な過去の遺産へユニークな独自のフレイバーを注ぎ込み、創造性のレコンキスタを果たしている点でしょう。
そういった観点からシアトルの新鋭 XOTH を眺めれば、彼らが両軍の長所を御旗に掲げる勇敢な十字軍にも見えてきます。
「DEATH は間違いなく、僕たちに多大な影響をもたらしているね。彼らは耳と精神を等しく惹きつけるバンドの素晴らしい例だと思うんだ。」
オープナー “Casting the Sigil” が示すように、XOTH の最新作 “Interdimensional Invocations” には、知性とテクニック、そしてイヤーキャンディーに残虐性を併せ持った DEATH のレガシーが確かに眠っています。
ウルトラメロディックで、ジャズの波動を享受するエクストリームメタル。同時に VOIVOD や CYNIC にも滞留する “耳と精神を惹きつける” 飽くなき SF への挑戦、音楽のフラスコにしても間違いなく XOTH の血肉であるはずです。
「僕の意見だけど、ゲーム音楽の中には、これまでの音楽でも最高のコンポジションを誇るものがあるよ。全員気に入っているのは、オールドスクールなゲームのサントラさ。例えば、魂斗羅、悪魔城ドラキュラ、ロックマン、忍者龍剣伝、ソニック、マザー、スーパードンキーコング、ゼルダの伝説なんかだね。」
とは言え、XOTH の中にも他の新興勢力と同様に際立ったユニークスキルが備わっています。ゲーム/映画音楽のサウンドトラックからのインスピレーションはその筆頭格でしょう。
“Mountain Machines” のファストでファンタジックな未来志向のギターハーモニーは、”F-Zero metal” と称される XOTH の真骨頂。”Plague Revival 20XX” のディストピアな世界観ももちろん、忍者龍剣伝や魂斗羅のイメージとも繋がります。
同時に、”シュレッド” をバンドの心臓に据えた理由にも思えるミュージシャンシップの最高峰 “Back to the Jungle”、VOIVOD のカオスとメロデスのパトスを抱きしめる宇宙誘拐譚 “Unsenn Abductor”、THIN LIZZY のデスメタル “Haruspex”、トレモロやブラストを引き連れた “The Ghost Hand of God” のブラッケンドなアグレッション、そして7分のプログエピック “Melted Face of the Soul” まで、メタル/ノンメタル入り乱れた配合の妙に構築されるコズミックかつミステリアス、マルチディメンショナルで時をかける SF ワールドは XOTH をデスメタルのニューフロンティアへ導くに充分のインパクトを備えているのです。
SUFFOCATION, OBITUARY から THE BLACK DAHLIA MURDER まで手がける Joe Cincotta のスタジオも、過去と未来を繋ぐデスメタルのタイムリープに相応しき地の利となりました。
今回弊誌では、XOTH のメンバー全員にインタビューを行うことが出来ました。「特定のスタイルにきちんと収まらないバンドは最初、リスナーを見つけるのが難しいんだ。だけどね、その時期を超えれば、ユニークな方法論を創造し多くのリスナーを獲得するチャンスが巡ってくるんだよ。」 この曲者感。次の MASTODON を狙える逸材に違いありません。どうぞ!!

XOTH “INTERDIMENSIONAL INVOCATIONS” : 9.9/10

INTERVIEW WITH XOTH

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about the band and yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【XOTH】: Even though we formed in Seattle, we all grew up in different places: Tyler is from Boise Idaho, Woody is from Salt Lake City Utah, Jeremy is from Long Island New York, and Ben grew up in London, Connecticut, and California. We all grew up listening to metal, but also other genres including punk, progressive, jazz, 80s, and video game music.

Q1: 本誌初登場です!まずはバンドの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【XOTH】: バンドはシアトルで結成されたんだけど、全員が別々の場所で育ったんだ。Tyler はアイダホのボイシ、Woody はユタのソルトレイクシティー、Jeremy はニューヨークのロングアイランド、Ben はロンドンとコネチカットとカリフォルニア。
みんなメタルを聴いて育ったけど、パンクやプログレッシブ、ジャズ、80’s それにゲーム音楽といった他のジャンルも聴いていたね。

Q2: How did Xoth come to be? What was the initial musical plan of the band?

【JEREMY】: Woody and I filled in for the last show of Tyler’s old band (Phalgeron). The show was great and we all worked well together, so we started Xoth. We didn’t have a plan in the beginning and it took us a while to figure out what we wanted to play. We just knew that we were committed musicians who wanted to do something challenging and different. Ben came along shortly after, and the rest is history.

Q2: どういった経緯で XOTH は結成されたのですか?

【JEREMY】: Woody と僕は、Tyler がやっていた PHALGERON ってバンドの最期のライブでヘルプでプレイしたんだ。素晴らしいショウになって、お互い実に良い感じだったから XOTH を始めることにしたのさ。
最初は計画なんてなかったよ。でもしばらくすると、僕たちのやりたい音楽が分かってきたんだ。当初はチャレンジングで普通とは異なる音楽を求めているってことしか分かっていなかったんだけどね。Ben がすぐに加わって体制が整ったね。

Q3: It seems “Shred” is one of the most essential part of Xoth. Regarding shred and technique, what musicians were your “teacher”?
Q3: “シュレッド” という理念は XOTH にとって欠かせない要素の一つですよね?
テクニックの観点から、音楽的な “教師” をそれぞれ挙げていただけますか?

【WOODY】: Michael Romeo, Andy LaRocque, Rick Graham, Mattias IA Eklundh

【TYLER】: Andy LaRocque, Al DiMeola, Shawn Lane, Rick Graham, Bill Steer, Paul Gilbert

【JEREMY】: Pete Sandoval, Gene Hoglan, Richard Christy, Trym Torson

【BEN】: Frank Zappa, Larry Graham, Victor Bailey, Jaco Pastorius, Ice-T

Q4: You are often compared with legendary Death. Actually, when I first listen to Xoth, I reminded them (and a little Voivod). What’s Death and Chuck Schuldiner to you?

【JEREMY】: Death is obviously a huge influence on us. They’re a great example of a band that appeals to the ears and the mind equally. Great songwriting, great playing, technical enough to challenge the listener, catchy enough to be memorable.

Q4: DEATH との比較はよく耳にしますし、実際私も XOTH を初めて聴いた時、彼らの音楽を感じる部分がありました。

【JEREMY】: DEATH は間違いなく、僕たちに多大な影響をもたらしているね。彼らは耳と精神を等しく惹きつけるバンドの素晴らしい例だと思うんだ。
偉大なソングライティング、優れた演奏、リスナーを焚きつけるに充分なテクニック、そして記憶に残るキャッチーさ全てを備えていたね。

Q5: Also, sometimes I remind video game soundtracks from your music. Actually, Japan has one of the biggest video game or animation culture in the world. Are you interested in our culture?

【TYLER】: Very interested! We all were highly influenced by video game soundtracks growing up. Those are some of the best compositions ever created in my opinion. We love all of the old school games and soundtracks. Some of our favorite series/soundtracks are Contra, Castlevania, Mega Man, Ninja Gaiden, Sonic, Mother (Earthbound in the USA), Donkey Kong Country (even though that’s British, can’t leave it out), and The Legend of Zelda. My favorite modern series is Dark Souls by far.

【BEN】: The best manga that I’ve read is definitely REAL and Beck (Mongolian Chop Squad). Those mangas inspired me on a personal level to push past certain challenges I have had in life, and to appreciate the pain that life sometimes gives you. No pain no gain!

Q5: 同時に感じたのは、ゲーム音楽からの影響です。日本は世界でも特有のアニメ/ゲーム文化を有していますが、日本文化に興味はおありですか?

【TYLER】: もちろん!とても興味があるよ!だってバンド全員がゲームのサウンドトラックを聴いて育ったんだからね。僕の意見だけど、ゲーム音楽の中には、これまでの音楽でも最高のコンポジションを誇るものがあるよ。
全員気に入っているのは、オールドスクールなゲームのサントラさ。例えば、魂斗羅、悪魔城ドラキュラ、ロックマン、忍者龍剣伝、ソニック、マザー、スーパードンキーコング、ゼルダの伝説なんかだね。モダンなゲームシリーズだと、ダークソウルがお気に入りさ。

【BEN】: 僕が読んだ中で最高の漫画は、間違いなくリアルと BECK だね。この2つにはとてもインスパイアされているよ。
個人的に、過去の人生においてチャレンジを後押ししてくれたんだ。それに、人生で時に降りかかる苦痛も受け入れられるようになったね。痛みなしで得るものなしさ。

Q6: I really love the artwork of “Interdimensional Invocations”. Does it relate to album concept or lyrical themes?

【TYLER】: I would say that it relates to the album, lyrical themes, and sound as a whole. No one song in particular. We really wanted a combination of ancient earthly structures, horrific god-like extraterrestrial beings, and some alien architecture. Mark Richards of Heavy Hand Illustration really nailed it!

Q6: そのアニメ/ゲームのディストピア感が宿る最新作 “Interdimensional Invocations” のアートワークも素晴らしいですね。作品のコンセプトと関連しているのでしょうか?

【TYLER】: そうだね、歌詞のテーマからサウンドまでアルバム全体と関連しているよ。特にこの1曲って訳じゃなくてね。
僕たちは古代の地上構造から、恐ろしい神のような地球外生物、そして異星人が建築したいくつかの遺物までを融合させて扱いたいんだよ。Mark Richards の素晴らしい仕事で実現したアートワークさ。

Q7: Thrash and Death metal is definitely center of your music. But also, Dissection like black metal and King Crimson like progressive aspect becomes great accent in the record. Really eclectic! So, regarding genre, it seems we can’t explain your music by only Thrash or Tech-death label, right?

【JEREMY】: Definitely not! We’re a hybrid of many different styles. Death, Black, Thrash, Prog, and so on.

【TYLER】: We really keep our influences open and do our best to incorporate whatever we are feeling at the time. Obviously all of the great metal subgenres, but also prog, film/game soundtracks, good ol’ fashion rock and roll, punk, jazz fusion, and even some chicken pickin’ country sometimes! We just love music and all the different things it has to offer.

Q7: スラッシュとデスメタルは確かに XOTH のコアとして存在しますが、ゲーム音楽はもちろん、DISSECTION のようなブラックメタルや KING CRIMSON のようなプログロックの要素も混ざり合い実にエクレクティックなメタルを創造していますよね?
ただスラッシュとか、デスメタルの一言で表現するのは難しいように感じます。

【JEREMY】: 間違いないね!デス、ブラック、スラッシュ、プログ、様々な音楽のハイブリッドだからね。

【TYLER】: 僕たちは各自の影響をオープンにしながら、その時々感じていることを取り入れるべくベストを尽くしているんだ。
全ての偉大なメタルのサブジャンルは明らかだけど、それ以外にもプログ、映画やゲームのサウンドトラック、古き良きロックンロールにパンク、ジャズフュージョン、カントリーのチキンピッキングでさえね!ただ愛する、様々な音楽をミックスしているんだよ。

Q8: Recently, lot’s of newcomers of extreme metal like Obscura, Revocation, Vektor, Rivers of Nihil. All of them have wide range of music. Do you feel kind of empathy with them?

【JEREMY】: Yes, definitely. It’s difficult for any band that doesn’t fit neatly into one style to find an audience at first. But beyond that lies the opportunity to create your own way and gain many audiences. All of the bands you mentioned have done that in one way or another, and that is the opportunity we see for ourselves.

Q8: 近年、OBSCURA, REVOCATION, VEKTOR, RIVERS OF NIHIL といったワイドな音楽性を宿すエクストリームメタルの新星が登場しています。XOTH もそういったバンドと共鳴していますよね?

【JEREMY】: 間違いないね。特定のスタイルにきちんと収まらないバンドは最初、リスナーを見つけるのが難しいんだ。だけどね、その時期を超えれば、ユニークな方法論を創造し多くのリスナーを獲得するチャンスが巡ってくるんだよ。
君が言及した全てのバンドは、何らかの形でその儀礼を通過してきたね。だから僕たちにもそのチャンスは巡ってくるんじゃないかな。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED XOTH’S LIFE

Jeremy Salvo (Drums) :
METALLICA “…And Justice for All”
MORBID ANGEL “Formulas Fatal to the Flesh”
DEATH “Symbolic”
STRAPPING YOUNG LAD “City”
EMPEROR “Anthems to the Welkin at Dusk”

Woody Adler (Guitar & Vocal) :
KING CRIMSON “Discipline”
KING DIAMOND “Abigail”
DECAPITATED “Nihility”
SYMPHONY X “The Odyssey”
NECROPHAGIST “Epitaph”

Tyler Splurgis (Guitar & Vocal) :
KING DIAMOND “Conspiracy”
SIGH “Imaginary Sonicscape”
BAL-SAGOTH “The Power Cosmic”
GOBLIN “Roller”
GWAR “Scumdogs of the Universe”

Ben Bennett (Bass) :
Frank Zappa “Joe’s Garage”
Stanley Clarke “School Days”
WEATHER REPORT “Black Market”
AKERCOCKE “Words That Go Unspoken Deeds That Go Undone”
Ice-T “OG Original Gangster”

MESSAGE FOR JAPAN

We dream of playing in Japan one day! It is a place I have wanted to visit my entire life. I have received so much inspiration from your media, art, and culture, it would be amazing to share it with you. Hopefully this day will come soon! Thank you so much for the support, we greatly look forward to connecting even further with your country.

いつか日本でプレイすることを夢見ているんだ!人生でずっと行きたかった場所だからね。日本のアートや文化きら多くのインスピレーションを受けてきたね。それを君たちとシェア出来たら最高さ。すぐにそうなれば良いね!
サポートをありがとう。もっと君たちの国と繋がることを楽しみにしているよ。

TYLER SPLURGIS

XOTH Facebook Page
XOTH Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!