タグ別アーカイブ: netherlands

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VUUR : IN THIS MOMENT WE ARE FREE – CITIES】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ANNEKE VAN GIERSBERGEN OF VUUR !!

22769627_529966237351836_4958338117661623089_o

An Anthemic Opening Statement From Dutch Progressive Metallers VUUR Is Anneke Van Giersbergen’s Heaviest, Most Ambitious Work To Date !!

DISC REVIEW “IN THIS MOMENT WE ARE FREE – CITIES”

THE GATHERING, THE GENTLE STORM, DEVIN TOWNSEND PROJECT 等で妖艶かつ伸びやかな歌声を披露。欧州で確かな地位を確立するオランダのメタルプリマドンナ Anneke van Giersbergen が鮮烈なるニューバンド VUUR でその瑞々しい創造性の “浄火” を灯します。プログレッシブでヘヴィーな彼女の新たな航海は、コンテンポラリーな風を味方にシーンの先へと舵を取ります。
AYREON のマスターマインド Arjen Anthony Lucassen とタッグを組み、中世のフォルクローレで大航海時代のオランダを壮麗に描いた THE GENTLE STORM は VUUR の壮大な序曲でした。
インタビューにもあるように、GOJIRA, MASTODON, OPETH といったモダンなプログメタルを愛聴する Anneke は、プロジェクトの終焉と同時に THE GENTLE STORM の強靭なライブバンドをスカウトし、オランダ語で”火” “推進力” の名も映える、先鋭の狂熱 VUUR を生み出す決断を下したのです。
“In This Moment We Are Free – Cities” と名付けられたバンドのデビューフルレングスは、文字通り Anneke がこれまでツアーで訪れた世界中の都市をインスピレーションに制作されました。「どの街や都市にも異なるヴァイブやエナジーが存在するの。」 と語る通り、アルバムは実に多様でカラフルなサウンドスケープを誇っているのです。
Anneke と巡る世界旅行は、ベルリンに漂う悲哀と享楽の文化的カオスを反映するかのような “My Champion – Berlin” で幕を開けます。GOJIRA を想起させる有機的で巨大なグルーヴと、Anneke のオペラティックなメランコリーが溶け合うアンセムは、実に壮観であまりに独創的な化学反応だと言えますね。
事実、これまでカルトでディープなプログメタルは大抵男性がボーカルを務めて来ましたし、逆に言えば NIGHTWISH のような女声を前面に配するシンフォニックなアプローチではシンプルなリフワークを貫きバランスを取るケースが殆どでした。つまり、カルトとゴージャスが交差する VUUR のエピックは、前代未聞の野心的な物語だと言えるのです。
“Time – Rotterdam” はまさに “In This Moment We Are Free” のスピリットを体現するトラックでしょう。入り組んだタイムストラクチャーの中、時にハーモニーを創造し、時にポリフォニックなチャレンジを聴かせ、アコースティックの味わいまで司るギターチームのクリエイティビティは群を抜いていますね。経過音を多用する Jord の滑らかなリードプレイも印象的で見事なアクセントになっています。
さらに Anneke の揺らぎと艶は、厳かに巧みにレイヤーを重ねる中でその表情、深みを増して、プログメタルの巧妙なるストラクチャーの中へ驚くほどに溶け入っていますね。
MASTODON の砂漠を内包する “The Martyr and The Saint – Beirut”、Kate Bush のスピリットを受け継ぐ “The Fire – San Francisco” でオプティミスティックな熱気を伝えると、VUUR の旅路はリオの港へと辿り着きます。
PERIPHERY の Mark Holcomb との共作により生まれた “Rio – Freedom” は、繊細なクリーントーンがマスロック、ポストロックのイメージさえ植え付けるコンテンポラリーな楽曲。作中でも最もエモーションを発する Anneke のボーカリゼーションと相まって、極上のモダンプログレッシブワールドを形成しています。
実際、Mark 以外にも ANATHEMA の Daniel Cardoso が “Valley of Diamonds – Mexico City” に、AMORPHIS の Esa Holopainen が “Sail Away – Santiago”, “Save Me – Istanbul” のコンポジションに参加し、”耽美” や “勇壮”、”哀愁” といったそれぞれの “色” を加えたことでアルバムはより豊潤で多様なモダニズムを備えることとなりました。
同時に、AYREON, EPICA との仕事で知られるチャートヒッター Joost van den Broek のセンスも忘れる訳には行きませんね。そして Djent やポストブラックまで経由した VUUR とリスナーの旅路は、Mark Holcomb が手がけたエセリアルで多幸感溢れる “Reunite! – Paris” で鮮やかな余韻を残しつつ幕を閉じるのです。
今回弊誌では、Anneke van Giersbergen にインタビューを行うことが出来ました。「私はいつだって今を生きようとしているのよ。」 アルバムに収録した楽曲すべてに Anneke は “In This Moment We Are Free” の一節を忍ばせています。どうぞ!!

0IO01733_636370958853871175

VUUR “IN THIS MOMENT WE ARE FREE – CITIES” 9.8/10

INTERVIEW WITH ANNEKE VAN GIERSBERGEN

15078904_10155059105604216_664170703519125372_n

Q1: Hi, Anneke! I really love your new band. Vuur means “fire” in Dutch, right? What made you choose the name for your new journey?

【ANNEKE】: Hello Sin!! Thanks so much!! Yes, after Agua de Annique I again wanted a band name with one of the elements, but the word fire in English is already used so many times in band names that I wanted to see if there was another way to use it. To me VUUR had a great twist. In Dutch VUUR also means spirit and drive, and that is exactly the energy I wanted to put in this band.

Q1: あなたの新しい旅路は、VUUR、オランダ語で火を意味するバンド名で始まりましたね?本当に気に入っています。

【ANNEKE】: ありがとう!そうね、AGUA DE ANNIQUE の後、水を使ったから次もまた四元素の一つを新しいバンド名にしたかったのよ。だけど、英語の “Fire” はすでに何度もバンド名に使われているから、他の方法を模索した訳なの。
“Vuur” は捻りが効いていてとても気に入っているわ。オランダ語で “Vuur” には他にも、”スピリット” とか “ドライブ” といった意味もあるから、私がこのバンドに注ぎたいエナジーを見事に表現していると思うわ。

Q2: Except for Jord Otto, You played with all members of Vuur in the recording or live of The Gentle Storm. I know it’s not a project but real band. How did Vuur come to be?

【ANNEKE】: Indeed, VUUR is here to stay! Arjen and I formed a live band for TGS to start touring after we had finished the album, and these guys, this band turned out to be so good.
When the time came for Arjen and I to go and create our own albums after TGS, I knew I had to ask the band if they wanted to join me for VUUR. They are also working with Arjen on his future live projects. Jorg is our newest member, he used to play in Revamp with Floor Jansen. He is a great guy and a fantastic solo guitarist. Our band is now the best it can be!

Q2: Jord Otto を除いて、バンドのメンバーは全員が THE GENTLE STORM のアルバムやライブに参加し、経験を共にして来ました。VUUR はプロジェクトと言うよりは、よりタイトなバンドだと感じます。

【ANNEKE】: その通りよ。VUUR はパーマネントなバンドなの!Arjen と私は、THE GENTLE STORM のアルバムを完成させた後、ライブバンドを編成しツアーを始めたわ。そして、そのバンドの感触がとても良かったのよ。
THE GENTLE STORM が一段落し、Arjen と私はそれぞれ自分の作品を作る時が来たんだけど、私はぜひとも THE GENTLE STORM のツアーメンバーに VUUR に参加する気がないか確かめなければと思っていたの。彼らは Arjen の将来のライブプロジェクトにも関わっているの。
Jord はバンドで一番新しいメンバーね。彼は Floor Jansen の REVAMP でプレイしていたのよ。素晴らしい人間で偉大なリードプレイヤーよ。これで私たちのバンドは、考えられるベストのラインナップが揃ったの!

Q3: Vuur seems to be more of a metal or progressive metal sound compared with The Gentle Storm, The Gathering, and your solo works. Sometimes, I remind Devin Townsend or Gojira or even Meshuggah’s mood from Vuur’s music. But, what inspired you to aim the direction?

【ANNEKE】: Yes, I wanted to create a heavy album with all the elements that I love to listen to myself. Metal with progressive influences. A dark sound with beautiful melodies. I love artists and bands like Devin Townsend, Gojira, Mastodon, Opeth etc. They inspire me a great deal.

Q3: VUUR のサウンドは、THE GENTLE STORM, THE GATHERING に比べてよりプログメタルの領域に近い気がします。Devin Townsend や GOJIRA を想起するファンも多いでしょう。

【ANNEKE】: そうね。私は自分が普段聴いているような愛する音楽全ての要素を含んだ、ヘヴィーなアルバムを作りたかったの。つまりプログレッシブな影響のあるメタル、美しいメロディーを携えたダークなサウンドね。
私は Devin Townsend, GOJIRA, MASTODON, OPETH といったバンドやアーティストが大好きなの。本当に大きくインスパイアされているわ。

Q4: Also, Vuur’s creative direction is so modern. Mark Holcomb (PERIPHERY), Esa Holopainen (AMORPHIS), Daniel Cardoso (ANATHEMA) was involved in the writing process, and I think their diverse colors gave flesh energy to the record. Do you agree that?

【ANNEKE】: Absolutely!! It is such a great pleasure to write with these wonderful artists. They all three come from a different background in metal so the sound of the album is very diverse and they inspired me to create something new.

Q4: 実際、VUUR のクリエイティビティは実にモダンです。Mark Holcomb (PERIPHERY), Esa Holopainen (AMORPHIS), Daniel Cardoso (ANATHEMA) がライティングプロセスへ関与したことが、アルバムにフレッシュで多様なエナジーを与えていますね?

【ANNEKE】: 間違いないわね!!彼らのような素晴らしいアーティストたちと作曲を行えて、本当に幸せだったわ。
3人ともメタルの中でも異なるバックグラウンドを持っているから、アルバムのサウンドは実に多様になったわね。それに私が新たなサウンドを作るためのインスピレーションにもなったのよ。

18765565_460231594325301_9042647239846152222_n

Q5: Anyway, even if the record doesn’t have a Japanese city name, I am not disappointed, haha. Why did you arrange the names of cities around the world on the album? What’s the meaning behind the title “In This Moment We Are Free”?

【ANNEKE】: Haha no sorry, I have to have been in a city to write about it, so of course my next goal is to perform with VUUR in Japan in the near future! It is one of my dreams!
And as you know I travel a lot. We go to so many places every year to tour, and I found that in every town or city there is a different vibe and energy and that these places have a big influence on my state of mind. Which means that in a lot of cases I was inspired to write new music and lyrics. For a long time I wanted to create songs about the actual cities and now, with this heavy band I felt I could actually make this album with this concept.
In This Moment We Are Free, is a phrase that I use in all the songs. I try to be ‘in the moment’ at all times. life consists of duality. Darkness and light, war and peace, black and white etc… If we learn to find the middle every now and then, perhaps we will find the truth, or peace of mind, or the answer. Life is a search for answers right?

Q5: 楽曲のタイトルには世界中の都市の名前が散りばめられていますね。日本の都市は残念ながら入っていませんが(笑)

【ANNEKE】: ふふふ(笑)いえ、ごめんなさいね。これまで滞在したことのある都市について書かなくてはいけなかったのよ。 だから、勿論私の次のゴールはVUUR で近い将来、日本へ行くことになるわね。私の夢の一つなのよ!
あなたも知っているように、私は沢山旅をして来たわ。私たちは毎年ツアーで様々な場所へ赴くの。それで気づいたんだけど、どの街や都市にも異なるヴァイブやエナジーが存在するのよ。そして訪れた場所たちは、私の心に大きなインスピレーションを与えてくれたの。
それはつまり、多くの場合、作曲や歌詞にも影響を与えたということよ。長年、私は実際に存在する都市についての楽曲を書きたいと思っていたの。そして、このヘヴィーなバンドとならそのコンセプトでアルバムを作ることが出来ると感じたのよ。
“In This Moment We Are Free” 「私たちが自由な今この瞬間」 というフレーズは、全ての楽曲で使用しているの。私はいつだって今を生きようとしているのよ。
人生は二面性で成り立っているの。闇と光、争いと平和、白と黒…もし、私たちが時にその中間地点を探すことを学べば、真実、心の平穏、もしくは答えを見つけるかもしれないわね。だって人生は答えの探求でしょ?

Q6: Regarding “cities”, you and your long time collaborator Arjen Anthony Luccassen are one of the most popular Prog/Metal artist in Netherlands. Definitely, there is kind of a point in common between you and Arjen. So, Could you tell us about the influence of the scenery and culture of the Netherlands on your music?

【ANNEKE】: Arjen is indeed on of our most praised musical masterminds and we are proud to work with him. He has influenced many artists around the world. I think there are a number of Dutch prog and metal artists and bands in addition to Arjen that are important for the scene, like Within Temptation, Epica, Floor Jansen of Nightwish, Textures and, if I may say so, The Gathering left it’s mark as well. I am pretty proud of that fact and of our colleagues indeed.

Q6: 都市と言えば、オランダ出身のあなたと Arjen には多くの共通点があるように思えます。やはり、共通する文化や風景、言語的な背景が及ぼす影響は大きいようですね?

【ANNEKE】: Arjen は実際、私たちが最も賞賛する音楽的なマスターマインドよ。彼と仕事が出来て本当に誇らしいわ。何しろ彼は世界中、多くのアーティストに影響を与えて来たわけだから。
私は、彼以外にもシーンにとって重要なプログ/メタルアーティストは沢山存在すると思うわ。WITHIN TEMPTATION, EPICA, Floor Jansen の NIGHTWISH, TEXTURES。自分で言うのも何だけど、THE GATHERING も同様に痕跡を残していると思うわ。私はその事実と仲間たちを本当に誇りに思っているの。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ANNEKE’S LIFE

PINK FLOYD “THE DARK SIDE OF THE MOON”

220px-Dark_Side_of_the_Moon

METALLICA “METALLICA”

Metallica_-_Metallica_cover-4

DEVIN TOWNSEND PROJECT “DECONSTRUCTION”

Deconstruction_(The_Devin_Townsend_Project_album)_cover

MASTODON “THE HUNTER”

Mastodon-The_Hunter

FAITH NO MORE “THE REAL THING”

The_Real_Thing_album_cover

MESSAGE FOR JAPAN

18527404_455934181421709_556857174355308107_o

Thank you for this interview. I truly hope, like I mentioned before, that we will get to perform in Japan with my band VUUR. We will love to meet you and see your beautiful country and culture! Arigatou!! XxX Anneke

インタビューをありがとう。本編でも言ったけど、私は心から、この VUUR というバンドが日本でパフォーマンス出来ることを願っているの。あなたたちと会って、美しい国や文化を堪能したいわ!ありがとう!!

ANNEKE VAN GIERSBERGEN

VUUR Facebook Page
VUUR Official Site
ANNEKE VAN GIERSBERGEN Facebook Page
ANNEKE VAN GIERSBERGEN Official Site
INSIDE OUT MUSIC Facebook Page
INSIDE OUT MUSIC Official Site
日本盤のご購入はこちら。

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【AYREON : THE SOURCE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ARJEN ANTHONY LUCASSEN OF AYREON !!

18121952_1404689356254875_7019070396098332728_o

The Most Gorgeous Metal Opera In The World, Ayreon Are Back To “Forever” Saga With The Newest Record “The Source” !! Beautiful And Wonderful 70’s Vibes Are Here!

DISC REVIEW “THE SOURCE”

オランダを代表するコンポーザー、マルチプレイヤー、シンガー、そしてプロデューサー、Arjen Anthony Lucassen のメタルオペラプロジェクト AYREON が2枚組90分の一大スペクタクル “The Source” をリリースしました!!AYREON の宇宙を再び拡大し、過去最高とも思えるクオリティーを備えたよりギターオリエンテッドなレコードは、絶佳なる現代のスペースオペラとしてシーンに君臨するでしょう。
“Forever” サーガと称される AYREON のストーリーは、時代も時空も超越した壮大なるSFファンタジー 。まるで “Star Wars” と “The Lord of the Rings” が共鳴し溶け合ったかのような知的かつファンタジックな物語は、実際ロック史に残るエピックとして海外では絶大な人気を誇るのです。
“Forever” サーガのストーリーラインは、アルバムのリリース順に語られる訳ではありません。

「”Forever” とは技術の進歩により長寿の秘密を発見した “Planet Y” に住む水生知的生命体。感情を失い全てを”マシン”に頼るという生き方に進化してしまった彼らは、種族を再度活性化させるため彗星に自らのDNAを託し地球へと送ります。彗星の衝突は地球を支配していた恐竜を滅亡させ、破壊の灰の中から人類が登場したのです。
当初、”Forever” の実験は成功したように思えました。 “Forever”の遺伝子を有する人類は、”Forever” が “マシン”に頼るようになる以前の感情を有していたのですから。しかし、進化をスピードアップさせた “Forever” は、皮肉にも人類が彼らと同様の問題に直面したことを知ります。それはテクノロジーへの依存と感情の危機でした。人類のモラルは発展の速度に追いついてはいなかったのです。”Forever” は人類を自己破壊から救えるのでしょうか?」

これが前々作 “01011001” のプロットであり “Forever” サーガの”エピソード0″に位置する話です。
そこからストーリーはファーストアルバム “The Final Experiment”、つまりエピソード1” へと繋がります。2084年に最後の世界大戦が起こり、火星へと移住し滅亡する運命の人類。2084年の科学者たちはタイムテレパシーで過去へと警告を発し、さらに人類は “Forever” に導かれ様々な時代、人種が滅亡を回避するための行動を続けて行くのです。
“The Source” は “エピソード-1″ に位置するストーリー。さらに時を遡り”Forever” が “Planet Y” へと辿り着く以前の物語が描かれています。

「人類の大きな祖先とも言える “The Alphans” は、環境問題や政治的混乱により危機を迎えていました。彼らの星を守るため “The Alphans” はグローバルコンピューター “The Frame” に全てを託しますが、コンピューターが星を守るために下した結論は、”The Alphans” の根絶だったのです。星から脱出可能な宇宙船は1台だけ。搭乗が許されたのは技術や能力を備えた一部の “The Alphans” のみでした。そうして彼らがたどり着いた惑星こそ “Planet Y” だったのです。
“The Frame” から解放された “The Alphans” は “Forever” と称するようになりました。それはテクノロジーを進化させ開発した、”マシン” により永遠の命を保証されたからに他なりません。しかし同時に “Forever” はテクノロジーに依存しすぎたがためその感情を失い、より高く構築した建物は太陽の光を全て遮り “Age of Shadows” という暗黒の時代を迎えてしまったのです。そうして彼らは地球に DNA を送ることとなったのです。」

ここまで長きに渡り、しかもスムーズにストーリーが繋がると戦慄すら感じますが、作品を通じてテーマとし警鐘を鳴らし続けるのが、”テクノロジーへの依存” がもたらす危険であることは明らかですね。
音楽的には、インタビューにもあるように、Keith Emerson, Rick Wakeman, Jodan Rudess など鍵盤のレジェンドを起用してプログレッシブかつキーボードオリエンテッドに仕上げた前作 “The Theory of Everything”、そして Anneke van Giersberge とタッグを組んだ “女性的な” GENTLE STORM のリアクション、反動として、”The Source” は非常にキャッチーでヘヴィーなアルバムに昇華されています。
重厚かつ絢爛なアルバムオープナー “The Day That The World Breaking Down” から登場しアルバムの要所で現れる、ハモンドと絡むヘヴィーなメインギターリフが DREAM THEATER の “Erotomania”, “Voices” に極めて酷似している点にはギョッとしますが、James LaBrie が参加しているのでおそらく問題はありません。
実際、オマージュこそが “The Source” のキーワードだと言えるでしょう。 インタビューにもあるように、Arjen は彼のロック/メタル、特に70年代に対する憧憬を隠そうとはしていませんね。例えば “Everybody Dies” “Journey to Forever” が QUEEN への愛情が込められたラブレターだとすれば、”Run! Apocalypse! Run!” “Into The Ocean” は RAINBOW の新作に対する督促状かも知れません。何よりも、Freddie Mercury や Dio の役割を問題なく果たすことの出来る Mike Milles や Russell Allen といった極上のシンガーたちを発見し、適材適所にオペラの “俳優” として重用する Arjen の才覚には脱帽するばかりです。
あなたがもしクラッシックロックのファンならば、アルバムを聴き進めるうちに JETHRO TULL, STYX, PINK FLOYD, Kate Bush, さらには同郷の FOCUS などを想起させる場面に出くわしニヤリとすることでしょう。しかし同時に Arjen の巧みで見事過ぎるコンポジションにも気づくはずです。
多弦ギターやエレクトロニカなどモダンな要素も吸収し、インタビューにもあるようにフォーク、メタル、アトモスフィア全てを調和させメロディーとフック、そしてダイナミズムに捧げたアルバムはまさにエピカルなメタルオペラの金字塔として後世に語り継がれていくはずです。
今回弊誌では、Arjen Anthony Lucassen にインタビューを行うことが出来ました。残念ながらツアーは引退したそうですが、これだけの内容をメンバー集めから全てほぼ1人でを制作し続けているのですから当然という気もします。どうぞ!!

16114051_10153998466326152_174550645936548581_n-2

15665499_10153929081351152_4843989400406994019_n

AYREON “THE SOURCE” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【AYREON : THE SOURCE】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【EPICA : THE HOLOGRAPHIC PRINCIPLE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MARK JANSEN OF EPICA !!

13765788_10153522311782924_1122178312809472824_o

Dutch Female-Fronted Symphonic Metal Outfit, Epica Issue Seventh Studio Album “The Holographic Principle” On 9/30 !! Let’s Set Off On Another Voyage Of Scientific Discovery !!

“A GUIDE TO THE HOLOGRAPHIC PRINCIPLE”

オランダが誇る Symphonic / Prog Metal の雄、EPICA が9/30に待望の新作 “The Holographic Principle” をリリースします!!
マルチリンガルという高い知性、美しすぎるその容姿、そして幻想的なメゾソプラノ。3拍子揃った紅一点 Simone Simons と、ex-AFTER FOREVER の Mark Jansen を中心として結成されたバンドは、初期の Gothic Metal 路線から徐々にメタリック、シンフォニック度合いを増し、荘厳かつ壮大な独自の Symphonic Metal を具現化しています。地元オランダのみならず、ブラジルでまで自らが主催する Epic Metal Fest を行うほどですから、その人気は最早世界レベルと言えるでしょう。NIGHTWISH, WITHIN TEMPTATION, そして EPICA をシンフォメタルの三本柱と信じるファンも多いはずです。
恐ろしいほどの高い完成度、ストーリー性を誇り、EPICA の集大成とまで評された前作 “The Quantum Enigma” の時点で、過去最高のヘヴィネス、アグレッションを備えていた訳ですが、最新作 “The Holographic Principle” はさらにエクストリームでヘヴィーなレコードです。
前作と同じ Joost Van Den Broek & Jacob Hansen というレコーディングチームを起用して制作されたアルバムは、Issac が「実際、僕達はまずメタルバンドなんだ。」と語る通り、ブルータルで推進力溢れるリフワークがアルバムの根幹に存在します。”Edge Of The Blade”, “Universal Death Squad” は、多くの Symphonic Metal バンドが”キャッチーさ”と引き換えに失いつつある、インテンスや大胆さ、展開美をこれでもかと見せつける強力な楽曲ですね。
とは言え、勿論、荘厳でシンフォニックな要素こそ EPICA のアイデンティティー。インタビューで Mark が語ってくれた通り、今作では何と、全てのオーケストラ楽器がライブでレコーディングされているのです。幻想的で揺らめくような “Once Upon A Nightmare” や、11分にも及ぶ「EPICA を EPICA たらしめる全ての要素を詰め込んだ」という大曲 “The Holographic Principle” を聴けば、豪華で独創的な真のオーケストレーションと共に、彼らの新しいチャレンジがさらに EPICA を一段上のバンドに進化させていることに気づくでしょう。
バーチャルリアリティを題材とした “The Holographic Principle” は、高い知性と豊かなエモーションを乗せた、科学と音楽の新たな旅だと言えますね。
今回弊誌では、Mark Jansen にインタビューを行うことが出来ました。日本のファンにとっては最後のまだ見ぬ巨人とも言える EPICA。遂に来日を約束するような言葉もいただきました。オランダの貴公子の登場です。どうぞ!!

13339580_10153410244817924_775050499040763347_n

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【EPICA : THE HOLOGRAPHIC PRINCIPLE】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【TEXTURES : PHENOTYPE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BART HENNEPHOF OF TEXTURES!!

464883_10151440344958212_640872628_o

One of the greatest pioneer of Modern Metal/Prog band from Netherlands, Textures has just released their conceptual masterpiece “Phenotype !!

オランダが産んだモダンメタル/モダンプログの革命児 TEXTURES が新作 “Phenotype” をリリースしました!この作品は一つのコンセプトのもと制作された2枚組の大作 “Phenotype/Genotype” の前編で、後半の “Genotype” は来年のリリースを予定しています。
ボーカルとキーボードが交代した前作 “Dualism” はキャッチーなメロディー、幾重にもレイヤードされたアトモスフェリックなシンセサウンドを大胆に導入し、シーンに強い影響を与えた一枚でした。今作ではバンドの創立メンバーである、ギタリストの Jochem が脱退し、Joe Tal なる人物が加入。インタビューで自己紹介をしてくれていますが、アルバムを聴く限りかなりの実力者のようですね。結論から言うと、”Phenotype” は “Dualism” で減少したメタリックな要素、リズム面のチャレンジを最高のバランスで復活させつつ、Post-Djent サウンドを一層進化させた素晴らしい1枚に仕上がっていると感じました。
例えば “New Horzon” はまさに “Dualism” サウンドの正統進化形ですし、成熟したシンセサウンド、美しいコーラス、アトモスフェリックな静パートを兼ね備えたプログレッシブな “Illuminate the Trail” などは新たなマイルストーンにも成りうる見事なチャレンジです。
対して、”Shaping A Single Grain of Sand” の MESHUGGAH もしくは GOJIRA を想起させる アグレッション、ヘヴィーなグルーヴは強烈で、後半のメタルコア的なパートも含めて初期 TEXTURES のメタリックな一面を愛するファンを歓喜させるに違いありません。
また今回は、全てのメンバーが作曲に参加しており、ドラムスとアンビエントなノイズで構成される “Meander”、美しいピアノのアルペジオとシンセサイザーが織り成す “Zman” といった短くも印象深いインタルードはまさにバンドメンバー各自の個性が遺憾無く発揮され結実した成果だと思います。そして、その “Zman” に導かれるように始まる “Timeless” は、徐々に DEAFHEAVEN も真っ青な美しい Post-Black 成分を増し行く実に劇的な新機軸。楽曲がピアノのC#で未解決なまま終焉を迎えるのは続編の存在を提示しているのでしょうね。
最後に前作から加入した Daniel de Jongh の変幻自在に進化したボーカルについても記して置かねばならないでしょう。PANTERA? STRAPPING YOUNG LAD? などと例えたくなるようなオープニングトラック “Oceans Collide” ですら、彼のクリーンが切り込むと途端にその雰囲気を変えます。LEPROUS の Einar は勿論モダンプログ界隈の声とも言える存在ですが、”New Horzon” では彼を想起させるほどキャッチーで見事な歌唱を披露していますね。とにかくモダンメタル/プログ界隈にまたしても衝撃を与える作品であることに間違いはありません。今回弊誌ではギタリストで中心メンバーの Bart HENNEPHOF に話を聞くことが出来ました!どうぞ!!

textures-phenotype-650

TEXTURES “PHENOTYPE”: 9.9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【TEXTURES : PHENOTYPE】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【OUR OCEANS : OUR OCEANS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TYMON KRUIDENIER OF OUR OCEANS !!

12088541_946940855371321_8694347093339683011_n

EXIVIOUS, ex-CYNIC, Tymon Kruidenier talks about his new band OUR OCEANS!! Debut album “Our Oceans” has deep, melancholic, nostalgic and dreamy melodies all through the album !!

Jazz, Fusion をメタルと融合させているバンドはいくつかいますが、EXIVIOUS はそのビジョン、テクニックではなく楽曲にフォーカスした方法論がメンバーの CYNIC, TEXTURES といった経歴も相俟って高く評価されているインストゥルメンタルバンドです。
その EXIVIOUS のメンバー3人をフィーチャーした新バンドが今回取り上げる OUR OCEANS です。彼らが新しい名前で挑むのはインストではなく、歌モノのPost-Prog サウンド。CYNIC でグロウルを担当していたとはいえ、ボーカルの Tymon がクリーンボーカルを収録するのはこのアルバムが初。しかし、それを微塵も感じさせないような見事な歌唱がアルバムの核となっています。優雅に、ソフトに、エモーショナルに歌いあげる Tymon のボーカルは確かに彼が敬愛する Jeff Buckley を想起させますね。
また、非常にメランコリックなメロディーラインも素晴らしく、プログレッシブな演奏に極上のメロディーが乗るという点では ANATHEMA や Steven Wilson と比較されるのも頷けます。ただ、OUR OCEANS のより空間を意識したサウンドは SIGUR ROS のような Post-Rock とも通じるものがあり、そのサウンドスケープが彼らの特徴ともなっています。それは実は EXIVIOUS にも感じることですが。
同時に、もう1人の元 CYNIC, Robin のスムースでスイートなフレットレスベースが見事なまでに作品にマッチしており、OUR OCEANS の個性を創造することに強く貢献しています。勿論要所で炸裂するギタリストとしての Tymon のソロワーク、そしてドラマー Jasper のパーカッシブなアプローチも聴き応え充分。歌モノからインスト、プログロックから RADIOHEAD のファンまで幅広くアピールするような作品だと感じました。
今回弊誌では、バンドの要 Tymon Kruidenier に話を聞くことが出来ました。どうぞ!!

12063754_946813898717350_7436393434389983218_n

MMM RATING IS

OUR OCEANS “OUR OCEANS” : 9,1/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【OUR OCEANS : OUR OCEANS】

FULL ALBUM STREAM: “BLOODKVLTS” 【THE MONOLITH DEATHCULT】


FULL ALBUM STREAM !! “BLOODKVLTS” OF THE MONOLITH DEATHCULT !!

WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “HANGMEN ALSO DIE” OF THE MONOLOTH DEATHCULT !!

the-monolith-deathcult-bloodkvlts-2015

WORLD PREMIERE: NEW SONG !! REIGN OF HELL OF THE MONOLITH DEATHCULT !!

SUPREME AVANT-GARDE DEATH METAL, THE MONOLITH DEATHCULT SET TO RELEASE AWESOME NEW EP “BLOODKVLTS” ON 3/23 FROM SEASON OF MIST!!

md600917_572919516071371_205707314_n

オランダの最高にアヴァンギャルドなデスメタルバンドが帰ってきます!!THE MONOLITH DEATHCULT。このバンド完全にイカレています。アー写でバットやらチャカやら構えて殺しにきている時点で完全にイカレている訳ですが音楽も完全にイカレています。基本は NILE のような中東、エジプトのオリエンタルな要素を取り入れたブルータルなデスメタル。ただシンフォニックだったりエレクトロニカの要素をなぜかふんだんに取り入れ訳の分からない前衛的なものを作り出しています。訳の分からない前衛的なものですがフックが多くて聴きやすい、リピートしたくなるという所がニクイですね。前作 “TETRAGRAMMATION” は変態音楽史上に残る傑作なのでぜひ聴いて頂きたいところ。そんな彼らですが3/23に新EPをリリースします。タイトルは “BLOODKVLTS”。今回はそこから新曲 “REIGN OF HELL” を世界初公開!!彼らのトレードマークである訳の分からないナレーションから荘厳に、シンフォニックに、そして凶悪凶暴に展開する秀曲です。

md10373492_951854001511252_5213131476221565416_n

THE MONOLITH DEATHCULT strike again! Their new EP ‘Bloodkvlts’ is a brutal demonstration of extreme technical prowess, crushing songwriting, and a sublime dose of the Dutchmen’s reckless humour. The band remains true to their close embrace of deadly 90’s influences with hints of CANNIBAL CORPSE, DEATH, NILE, NAPALM DEATH, ASPHYX, and BEHEMOTH shining through these meat-grinding songs.This album convinced critics and fans alike by delivering destruction with punishing riffs, vicious drum slaughter, and ridiculously brutal vocals. Following up on this success and helping to shorten the waiting time until their highly anticipated next full-length, the band now release ‘Bloodkvlts’. Put on your steel helmet and prepare for an ultra-heavy barrage…

THE MONOLITH DEATHCULT が戻ってきたぜ!次のフルアルバムが待ちきれない欲しがりなクソ豚野郎共にこいつをくれてやる!!”BLOODKVLTS” だ。鋼鉄のヘルメットを被ってウルトラヘヴィーな弾幕に備えろよ!!

md539148_571053579591298_486385348_n


Tracklisting
1. Reign of Hell
2. I Conquistador
3. Der Hexenhammer
4. Doom of the Tawusê Melek
5. Hangmen Also Die
6. GeneSYS
7. Die Waffe Mensch RMX
8. Den Ensomme Nordens Dronning
Line-up
Robin Kok: fretted and fake fanned fretless bass, vox and howling insanity
Michiel Dekker as The Teacher: guitars (untuned & retuned), Kahler misuse, vox and supreme inanity
Carsten Altena aka The Macrobiotic Offline Member: Stalin organ, mammoth orchestral stabs and fiddling vanity

mda3081698506_2

www.facebook.com/monolithdeathcult
www.facebook.com/seasonofmistofficial

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ PUSH LIKE! ON OUR FB PAGE !!

WORLD PREMIERE: FULL STREAM “THIS IS NO FAIRYTALE” 【CARACH ANGREN】


WORLD PREMIERE: FULL STREAM !! “THIS IS NO FAIRYTALE” OF CARCH ANGREN !!

CARACH ANGREN SET TO RELEASE THEIR FORTHCOMING ALBUM “THIS IS NO FAIRYTALE” ON 2/23 !!

ca10730979_10152998028801834_2196343252248437716_n

オランダのシンフォニックでシアトリカルな BLACK METAL, CARACH ANGREN の新作 “THIS IS NO FAIRYTALE” 。2/23のリリースを目前に控え、今回世界初公開でアルバムのフルストリームを行います!!

ca10649526_10152836249436834_7046665200111355703_n

 carach_angren_this_is_no_fariytale_e88986dbe4

www.facebook.com/carachangren

www.facebook.com/seasonofmistofficial

http://shop.season-of-mist.com/predefined-search?id_list=78

WORLD PREMIERE: NEW VIDEO !! “THERE’S NO PLACE LIKE HOME”OF CARACH ANGREN

ca10687146_10152913122891834_2487629023779588226_n

オランダ産 SYMPHONIC BLACK METAL, CARACH ANGREN の新譜タイトルと発売日が決定致しました!タイトルは “THERE IS NO FAIRYTALE”。来年の 2/23 に発売です。今回公開する非常にアーティスティックなPVを見て待ちましょう!!

 

THERE’S NO PLACE LIKE HOME

                    BY CARACH ANGREN

MARUNOUCH MUZIK MAGAZINE PRESENTS WORLD PREMIERE OF CARCH AGREN

オランダのSYMPHONIC BLACK METAL、CARACH ANGREN。SEASON OF MISTから来春発売予定、タイトルすら未定の新作から新曲を世界初公開です!!

ca10623677_10152825605891834_2440197284778996037_o

現在行われている、DEICIDE, SEPTICFLESH, INQUISITION, ABYSMAL DAWNとのツアーをプッシュする為前倒しで公開に至りました。昨年MARDUK, TAAKEとの来日公演でその実力を披露し日本での知名度を大きく高めた彼らの新曲は不穏で美しく、邪悪で荘厳なまさにシンフォブラックかくあるべしといった秀曲に仕上がっていると思います。前述の大御所達と比較しても全く遜色ないですね。

こちらは前作から。この強烈なドラマ性、本当に癖になります。DIMMU BOUGIRのファンはきっと気に入るでしょうね。彼らのFBページもこちらからぜひチェックしてみて下さい。

www.facebook.com/carachangren
www.facebook.com/seasonofmistofficial
http://shop.season-of-mist.com/catalogsearch/result/?q=Carach+Angren

JAPANESE PREMIERE>>>CHRISTMAS DEVIL + SUICIDE PENGUIN BY 【SCHIZOID LLOYD】


CHRISTMAS DEVIL

NEW SONG !! LAUNCHED ON 10/6

SUICIDE PENGUIN

                                                           BY SCHIZOID LLOYD

MARUNOUCHI MUZIK MAGAZINE PRESENTS JAPANESE PREMIERE OF SCHIZOID LLOYD

11/4にBLOOD MUSICからデビューアルバム”The Last Note in God’s Magnum Opus”を発売するオランダの新鋭PROG-METALバンド、SCHIZOID LLOYD。アルバムからのファーストカット、SUICIDE PENGUINを彼らの曲解説、メッセージ付で日本独占公開です!!

【ABOUT SUICIDE PENGUIN】

sp10007424_10152466557209652_3276844924138716681_n

MESSAGE FROM SCHIZOID LLOYD

 “Hello entire Japanese population! Or some nutcase metalheads in it. We are Schizoid Lloyd, six lads from The Netherlands, we make progressive experimental avant-garde rock/metal and we have a crazy new song for you called “Suicide Penguin”, which is the first track of our upcoming debut album “The Last Note In God’s Magnum Opus”, and you should most definitely give it a listen! You might end up with a song you like! Which is always a good thing. The song is not actually about a penguin with suicidal thoughts, or, maybe it is, but metaphorically speaking the suicide penguin symbolises a fatal urge or desire. You should youtube that penguin and you’ll know what I mean. Then there is this stuff going on with reincarnation, love, fear of abandonment, existential loneliness, getting tricked by the devil, gangnam style, and magic mountains, but I’m not going into that or I’ll maybe ruin all potential interpretations that differ from my own, which is already very abstract and vague. The best thing you should do is just listen to the music, enjoy it, or not, then listen to it again, and enjoy it some more, or not, repeat ad nauseum. Thanks a lot!”
“やあ、日本のみんな!メタルヘッズもいるだろうね。僕らはSCHIZOID LLOYD。オランダ出身、6人の若者だよ。PROGRESSIVE/EXPERIENTAL/AVANT-GARDEなロック/メタルをプレイしているんだ。今回君達に聴いてもらうクレイジーな新曲がこのSUICIDE PENGUINだよ。もうすぐ発売される僕らのデビューアルバム“THE LAST NOTE IN GOD’S MAGNUM OPUS”からのファーストカットだ。絶対一度は聴いた方が良いぜ!きっと気に入るはずだから!うん、そうなれば最高だね。
この曲は自殺志願のペンギンについて書いている訳じゃないんだ。自殺ペンギンとは死に対する衝動とか欲求のシンボルで隠喩なのさ。YOU TUBEでペンギンの動画を見ればどういう事か分かると思うよ。
このテーマは輪廻、愛、放棄される恐怖、精神的な喪失、悪魔に騙される、カンナムスタイル、魔法の山、そういったものに関連しているんだけど説明出来ないね。僕が既に持っている抽象的で漠然とした解釈とは異なる全ての潜在的な解釈を破滅させるかもしれないからね。とにかく音楽を聴いて楽しんで。ダメならもう一回聴いて。それでもダメなら嫌になるほど聴いて。ありがとう!

【ABOUT SCHIZOID LLOYD】

sp1900257_10152047839604652_650663355_o

本当にこの曲には度肝を抜かれました。LEPROUSの美しく先鋭的プログメタル、SHININGの荒々しいカオス、QUEENの大仰なコーラスとポップセンス、そういったものが5分30秒に詰め込まれています。このスケール感。傑作の予感がビンビンです。アルバムリリースまで続報もお伝えして行こうと思います。彼らの下記FBページと共に要チェックです!!

The freakish debut album by Schizoid Lloyd – a Dutch progressive metal unit whose incredible musical hodgepodge of interests shine through within moments of the 57-minute release – effortlessly hopping from Queen-fueled vocal harmonies to Mr. Bungle lounging to Leprous progression to short outbursts of lunar insanity and even a dash of singer-songwriter sensitivity and white boy rap (when required). Frank Zappa and Captain Beefheart would be very, very proud.

Schizoid Lloyd’s “The Last Note in God’s Magnum Opus” goes for pre-order on September 17th through Blood Music, with a November 4th release date.

Will be made available on limited edition high-quality vinyl, CD, and digitally through iTunes, Amazon, Google Play, X-Box Music, Spotify, Bandcamp, and every other digital service imaginable.

Coming soon from BLOOD MUSIC (Finland).

https://www.facebook.com/pages/Schizo…
http://www.facebook.com/BlooodMusic