NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DILEMMA : RANDOM ACTS OF LIBERATION】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH COLLIN LEIJENAAR OF DILEMMA !!

“I Believe That Prog Music Should Not Only Be Clever And Virtuoso, But Also Moves Your Emotions And Your Heart. And It Should Surprise You, Taking You On a Musical Journey.”

DISC REVIEW “RANDOM ACTS OF LIBERATION”

「オランダ人はいつも交易と開拓を掲げてきたよ。この精神は、音楽にも反映されているんだ。なにせオランダのプログシーンは小さいから、成功を収めたいなら手を広げなければならないんだ。だからこそ、オランダのプログロックバンドはよく世界的な注目を集めるんだろうね。」
オランダに根づく交易と開拓の精神は、文化、芸術の歩みをも伴うこととなりました。そしてそのスピリットは、”交易” と “開拓” を音で体現するプログレッシブロックの海原と無謬にシンクロしているのです。
FOCUS, EARTH & FIRE, TRACE, KAYAK, AYREON, TEXTURES, VUUR。潮風の交差点で脈々と重なるダッチプログの渦潮は、DILEMMA を呑み込み、23年の長い間仄暗き水の底へと沈めました。しかし、90年代に素晴らしき “Imbroccata” でプログシーンに深々と爪痕を残した船乗りたちは甦り、遅れて来た大航海時代 “Random Acts Of Liberation” で文字通り自由を謳歌するのです。
ただし、乗組員は船長の鍵盤奏者 Robin Z を除いて大きく変化を遂げています。特筆すべきは、Neal Morse, KAYAK との仕事でも知られる百戦錬磨のドラマー Collin Leijenaar と、ex-FROST*, DARWIN’S RADIO の Dec Bruke を加えたことでしょう。オランダでプログ雑誌のライターも務める Collin の理想と、FROST* の血脈に繋がる Dec の個性は、バンドを一際カラフルでアクセシブルなプログレッシブポップの海域へと誘うこととなりました。
「プログロックはただクレバーでバーチュオーソ的だけであるべきではないと信じているんだ。同時に感情や心を動かすべきだってね。そうしてそこには驚きや音楽的な旅への誘いがあるべきだってね。人は心の底から音楽と繋がる必要があるんだよ。」
実際、Collin のこの言葉は、”Random Acts Of Liberation” が強固に裏付けています。
DREAM THEATER の “Pull Me Under” を彷彿とさせる緊張感とキャッチーなメロディーラインのコントラストが鮮やかなオープナー “The Space Between The Waves” が、より”自由”なプログロックの風波としてアルバムの趨勢を占えば、14曲72分の DILEMMA シアターの幕開けです。
“Amsterdam (This City)” を聴けば、一番の理解者 Mike Portnoy が 「SPOCK’S BEARED, FROST*, FLYING COLORS, HAKEN, Steven Wilson と並ぶとても味わい深いモダンプログ」 と DILEMMA を評した理由が伝わるはずです。デジタルサウンドとストリングスを効果的に抱擁する多様で甘やかなホームタウンのサウンドスケープは、Steven Wilson や FROST* が提示するプログレッシブポップのイメージと確かにシンクロしているのです。
“Aether” では PINK FLOYD と、”All That Matters” では ELO とのチャネリングでさらにプログポップの海域を探求したバンドは、しかし12分のエピック “The Inner Darkness” でスリリング&メタリックなルーツを再び提示し対比の魔術で魅了します。
“Spiral Ⅱ” からのシアトリカルに、コンセプチュアルに畳み掛ける大円団は、まさに Neal Morse と Mike Portnoy の申し子を証明する津波。中でも、”Intervals”, “Play With Sand” の激しく胸を打つ叙情、音景、エモーションはあまりに尊く、リスナーの心を “音楽” へと繋げるはずです。
今回弊誌では、Collin Leijenaar にインタビューを行うことが出来ました。時にトライバル、時にジャズ、時に Portnoy の影響を組み込んだドラミングの妙は、アルバムのデザインを華麗に彩ります。「このアルバムでは、プログロックをよりオープンで直接的な表現とすることに成功したと思うよ。プログをプログたらしめている興味深い要素を失うことなく、ポップな感覚を加えているね。」 どうぞ!!

DILEMMA “RANDOM ACTS OF LIBERATION” : 9.9/10

INTERVIEW WITH COLLIN LEIJENAAR

Q1: Hello, Collin! First of all, could you tell us about your musical background? What kind of music were you listening to, when you were growing up? What inspired you to start playing drums?

【COLLIN】: Music was (and still is) everything to me, it was and is my life. From a very young age me and my friends where always listening listening, trading and discussing music. It was our main focus as teenagers. We would save all our allowance and money we made with little jobs here and there, and bought as much LP’s and CD’s as we could. Or empty cassette tapes, so we could tape the music from each other.
We would spend hours and hours listening to anything that was really musical in our ears. Toto, Rush, Genesis, Kansas, Mr. Mister, Phil Collin’s solo work, Living Colour, Giant, Bad English, Extreme, Stryper, Queen, Joe Satriani etc. But I was also into Earth Wind & Fire, The Yellowjackets, Koinonia, Chick Corea’s Electric and Acoustic bands and many, many more. And I also liked regular popmusic that was popular on the radio then, even with things like ‘new swing beat’, early rap/hiphop music, the start of house and dance music. We where into it all. Always listening, trading and discussing music.
Also I was really into audio equipment. Always constantly upgrading my stereo set (for what my budget could hold of course – remember, I was a teenager), new speakers, a better turn table, a Nakamichi cassette deck, all to get an even better sound. And at the church we went to I started doing the live sound, ‘cause every Sunday there was a full band with drums and all playing. Soon I was in charge of the sound, and working as a sound guy even at being just twelve years young. I experimented with recording bands with just a 2-track recorder. It was a fun time.
I had just started learning playing the drums after a few years of trying out a few other instruments like guitars and keyboards. The minute I sat behind the drums, I knew that this instrument was for me. Not long after that, I joined my first rock band. I had a few drumming hero’s that really inspired me all the time: Jeff Porcaro (RIP), Simon Phillips, Phil Collins, Dave Weckl, Neil Peart, Dean Castronovo and Will Calhoun.
And at that young age someone told me to pursue my dream, and if music was that dream, to really go for it. That was 1986, I was twelve years young and I already knew I wanted to end up in the music business. So I made a few very important decisions to completely arrange my life and my future in that way so that I could make my dreams come true. It defined my educational choices, where to live and what to do every day. In the end I studied drums at the conservatory.
After a few years of study drums at the conservatory, I was then about 21 years old, I started my own music business and have been a working music professional ever since. I was working as a session musician and drumming instructor, I played in bands, founded Novae Popschool, a music school and several other music based businesses and I build my own music studio. It took many years of hard work, struggle, successes and failures and Devine interventions, but finally after years and years of hard work, I got some succes in the music industry.
I’m 44 right now and living my dream (although it is not always a dream job). I strongly believe in the fact that we should pursue our dreams, not just a career like the rat race demands in these times we live in. Set life goals based on your dreams and calling, and go for those goals, whatever the costs and what ever age you start. It is probably not an easy road, but very fulfilling. I’m living proof that anyone can do what they love in life. I mean, if I can do it, you can too!

Q1: 本誌初登場です!まずは、あなたの音楽的なバックグラウンドからお話していただけますか?

【COLLIN】: 音楽は今も昔も僕の全て、僕の人生なんだ。とても若い頃から、僕と友人たちはいつも音楽を聴いて、聴き込んで、貸し借りし、討論をして来たんだ。10代の頃は本当に音楽のことばかり考えていたね。それこそ、小遣いやバイトで稼いだお金を倹約して、出来るだけ沢山の LP や CD を買っていたよ。それに空のカセットテープもね。そこに貸し借りした音源を録音していたんだ。
音楽的だと思えるものは何でも、何時間も聴き込んでいたよ。Toto, Rush, Genesis, Kansas, Mr. Mister, Phil Collins, Living Colour, Giant, Bad English, Extreme, Stryper, Queen, Joe Satriani…ロック以外にも Earth Wind & Fire, The Yellowjackets, Koinonia, Chick Corea’s Electric/Acoustic band なんかに入れ込んでいたね。ラジオで人気のポップミュージックでさえ気に入って聴いていたよ。”New Swing Beat”, 初期のラップ/ヒップホップ、ハウスやダンスミュージックなんかもね。とにかく音楽全てに入れ込んでいたんだ。
同時にオーディオにもハマっていたね。10代だったから資金の許す限りだけど、コンスタントにステレオセットをアップグレードしていたね。新しいスピーカー、より良いターンテーブル、ナカミチのカセットデッキ。そうして、12歳だけど通っていた教会ではサウンドマンとして働くことになったんだ。毎日曜日はドラムスを含めたフルバンドの演奏があったからね。2トラックのレコーダーだったけど、楽しい経験だったね。
ドラムスは、ギターやキーボードを数年トライした後学び始めたんだ。ドラムキットに座った瞬間、僕のための楽器だと分かったね。間もなくして、僕は初めてのロックバンドに加入したんだ。僕に大きなインスピレーションを与えたドラムヒーローは、Jeff Porcaro (RIP), Simon Phillips, Phil Collins, Dave Weckl, Neil Peart, Dean Castronovo, Will Calhoun といった人たちだよ。
若い頃、誰かが言ってくれたんだけど、夢を追いかけるべきだってね。もし音楽がその夢なら諦めちゃだめだって。それが確か1986年だったな。僕が12歳の時だよ。だけどすでに音楽で生きていくって分かっていたんだ。だからそう人生が進んでいくように、いくつか重要な決断を下したんだ。だから夢を実現することが出来たんだよ。その決断とは、教育であったり、住む場所、毎日の行動などなんだけどね。最終的に、コンサバトリーでドラムスを学ぶことになったのさ。
そこでドラムを学んだ数年後、僕は21歳になっていたね。その時から僕は自身の音楽ビジネスを始めて、以来プロのドラマーとしてやっているんだ。セッションミュージシャンやドラムインストラクターとして働き、バンドでプレイし、音楽や音楽ビジネスを学ぶ Novae Popschool を設立し、自分のスタジオも建てたよ。何年も苦労して、成功、失敗や運命の悪戯もあったね。けど長年のハードワークは遂に報われたね。
僕は今44歳で、夢を叶えながら生きているといえるだろう。いつも夢見たいな仕事という訳ではないにしてもね。僕はね、人は夢を追うべきだと強く信じているんだよ。ただ僕たちの住む世界が求めるラットレースみたいな仕事を続けるだけじゃなくてね。人生の目標を夢へと定め、その目標に向かってひた走るんだ。どんなにコストがかかっても、年齢がいくつであれね。
もちろん、簡単な道ではないだろうけど、きっととても充実しているはずだよ。僕がその生ける証拠さ。僕が出来たんだから、君たちにも出来るはずさ!

Q2: After incredible debut CD “Imbroccata”, it seems you joined Dilemma as a successor of Frank van Essen who joined Iona later, right?

【COLLIN】: Right after the release of Imbroccata, Frank started to play with Iona, and had no time left for Dilemma. I joined Dilemma somewhere late 1995, and in the same period our current guitar player Paul Crezee replaced original guitar player Toll. Two or three years later bass player Case left the band and was replaced with current bass player Erik van der Vlis. So with exception to Dec Burke, this line-up has been together since the late 90ties. Dec Burke joined Dilemma in 2015 during the recordings of Random Acts Of Liberation.

Q2: DILEMMA がデビュー作 “Imbroccata” をリリースした後、あなたは Frank van Essen の後任としてバンドに加わったんですよね?

【COLLIN】: “Imbroccata” をリリースした直後、 Frank van Essen は IONA でプレイし始め DILEMMA に割く時間がなくなったんだ。それで僕が 1995 年の後半辺りにバンドへと加入したんだよ。同時期に、現在のギタープレイヤーである Paul Crezee がオリジナルメンバーの Toll に代わって参加したんだ。そして、その2~3年後にベースプレイヤーの Case がバンドを離れ、現在のベーシスト Erik van der Vlis が加入したんだよ。
だから Dec Burke を除いて、現在のラインナップは90年代後半から一緒にいるんだよ。Dec Burke は2015年、”Random Acts Of Liberation” のレコーディングの最中に参加したんだ。

Q3: “Imbroccata” was released in 1995. And “Random Acts of Liberation” was released in last year 2018. Actually. how was the activity of Dilemma during this 23 years?

【COLLIN】: Imbroccata was released through SI Music, a division of Road Runner. After the release of our debut album we did a few tours and then went back into the studio. We where in the middle of recording a new album when SI Music went bankrupt and Road Runner pulled the plug on us, so that music never saw the light. In the years that followed, we tried to keep the band alive, but band members married, got jobs, got children and basically life happened. So slowly Dilemma faded away, and with that the band finally quit. But then in 2012 we got asked by Dutch progressive rock magazine IO Pages if we wanted to do a special one-off reunion concert on their annual music festival at the famous music venue De Boerderij in Zoetermeer (The Netherlands). So we did. And during the preparations for that show we noticed that we still had that Dilemma chemistry and that there where a lot of musical ideas coming up. We where not ready with Dilemma. There was still more music to be made. So we decided to reunite the band not only for that show, but to really revive the band again. So we started writing new songs. But in the midst of recording a new album, our original singer decided to part ways with the band. We then decided to fully re-write the album and hold auditions for a new singer. That took a long time, we auditioned many singers and in the process re-wrote the complete album a few times, ditched other songs, and wrote new ones. Finally I asked my British friend and singer/guitar player Dec Burke (who used to sing in Frost* and Darwin’s Radio), if he was interested in guesting on our album. And during the first recording session it became clear within minutes that Dec was the guy we where looking for, and that there was (and is) this great renewed chemistry between us all. In music and songwriting and also as friends, because Dilemma is not just a bunch of musicians working on great music, we are also grew into being great friends.

Q3: “Random Acts Of Liberation” は “Imbroccata” から23年という長い年月を経てリリースされましたね?

【COLLIN】: “Imbroccata” は Road Runner 傘下の SI Music からリリースされたんだ。デビュー作がリリースされた後、僕たちはいくつかツアーを行い、スタジオに戻ったんだ。そうして次の作品をレコーディングしている最中に、SI Music が経営破綻してしまい、Road Runner は僕たちへの支援を打ち切ったんだ。だからその時制作していたマテリアルが日の目を見ることはなかったんだ。
その後何年かで、僕たちはバンドを生かしていこうとしていたんだけど、メンバーの結婚、仕事、子供といった人生の様々な出来事も絡んできてね。だからゆっくりと DILEMMA は消えていき、最後には解散することになったんだ。
だけど、2012年にオランダのプログマガジン IO Pages が、1度きりの再結成ライブを彼らが毎年行っているフェスティバルで、オランダの Zoetermeer にある有名なライブハウス De Boerderij で行わないかと打診してきたんだ。だからやったんだよ。
そのショウの準備中に、DILEMMA にはまだケミストリーが存在し、アイデアも湧き出て来ることに気づいたんだ。もっと生み出されるべき音楽があるってね。それで1度きりではなく、本当に再度バンドを蘇らせることに決めたんだ。
それで新曲を書き始めたんだけど、レコーディングの最中にオリジナルシンガーがバンドを辞めることになってね。僕たちはアルバムを完全に書き直し、新たなシンガーのオーディションを行ったのさ。そのプロセスには長い時間がかかったよ。最終的には、僕の英国人の友人でシンガー/ギタープレイヤーの Dec Burke (FROST*, DARWIN’S RADIO) にもし興味があるならとゲスト参加を依頼したんだ。
最初のレコーディングセッションで、Dec こそ僕たちの探していた人物だとすぐに分かったね。そして、素晴らしく刷新されたケミストリーが全員の間に生まれたんだ。音楽にも、ソングライティングにも、そして友人としてもね。だって DILEMMA はただ素晴らしい音楽を作るだけが目的じゃなく、友情を育むことも重要だからね。

Q4: During that period, you collaborated with Neal Morse. How was working with one of the icon of prog?

【COLLIN】: That was a dream come true. It started with me writing reviews for that Dutch progressive rock magazine IO Pages and doing an interview with Neal about his first Testimony album. I was a big fan of both him and Mike Portnoy so it was great being able to do an interview. We kept in contact, and when a friend of mine organized a few acoustic concerts here in The Netherlands, I suggested Neal that I joined him on percussion, just to back him up (I knew he had done that before with Nick D’Virgilio due to the ‘Nick ‘n Neal live in Europe – Two Separate Gorillas’ CD I had). Luckily Neal said yes, and in the end we did a few acoustic tours in Europe together. During those tours I asked Neal many times when he would do full band tours again. Mike Portnoy was still in Dream Theater and too busy, and it was hard for Neal getting a band to Europe. So I suggested that I would form a European band with me on drums, and go out and tour. It took Neal a while to think about it, and then said: ‘Yes, let’s do it’! The rest is history. For seven years I was Neal’s live drummer, bandleader, tour manager and concert booker for the European shows and tours. During those tours we recorded several live albums and live DVD’s together. Neal is a musical genius, so it was such an honor to play that great music with him live on stages across Europe and learn from him both on stage and off stage.

Q4: 活動休止期間にあなたは、Neal Morse ともコラボレートしていましたよね?

【COLLIN】: まさに夢が叶ったって感じだったね。僕がそのオランダのプログマガジン IO Pages にレビューを書いて、Neal に “Testimony” についてインタビューしたのがきっかけだったんだ。
僕は彼と Mike Portnoy の大ファンだったから、インタビュー出来てとても嬉しくてね。それからコンタクトを取り続けていたんだけど、友人がここオランダでアコースティックのコンサートをオーガナイズすることになった時、Neal を推薦して僕が彼をバックアップするためパーカッションで加わることを提案したんだ。彼が以前 Nick D’Virgilio と ‘Nick ‘n Neal live in Europe – Two Separate Gorillas’ で同様のことをやっていたと知っていたからね。
幸運にも Nick は了承してくれて、最終的にヨーロッパを短期間、アコースティックツアーで回ったんだ。そのツアーの間に、僕は Neal にフルバンドでまたツアーする気がないか何度も尋ねたんだ。当時 Mike Portnoy は DREAM THEATER にいて忙しそうで、Neal とヨーロッパを回るのは無理そうだった。だから、僕がヨーロッパで Neal のためのバンドを作りドラムをプレイすると提案したんだ。Neal はしばらく考えていたけど、よし、やろう!と言ってくれたんだよ。後はみんなが知る通りさ。
7年間、僕は Neal のライブドラマーで、バンドリーダーで、ツアーマネージャー、ヨーロッパのコンサートのブッキングまで手がけていたんだ。そのツアーの間に、僕たちは何枚かライブアルバムとライブ DVD をレコーディングしたね。
Neal は音楽の天才なんだ。だからあんなに素晴らしい音楽をヨーロッパのステージで共にプレイ出来たことはとても光栄だし、ステージ上、ステージを降りても彼から学ぶことは多かったよ。

Q5: On the other hand, collaboration with Kayak was not last long. What was the reason of that?

【COLLIN】: It was an honor to be asked for this and fun when it started. I have played with Kayak for about a year. During that period I learned that the format of Kayak is more like a project of Ton Scherpenzeel rather than being a band so I had a more of a session player role. As the year progressed I noticed that there where growing differences not only in musical approach, but also on a personal and organizational level. It was really just not a good fit, we where totally no match and we both felt it that way. I had already decided to quit after the tour, so when Ton told me early december ’18 that he did not want to continue anymore, I was okay with his decision as it freed me up to fully focus on Dilemma.

Q5: 一方で、KAYAK とのコラボレートは長く続かなかったようですが。

【COLLIN】: 加入を打診された時は光栄だったし、最初は楽しかったんだ。KAYAK とは1年ほどプレイしたかな。その期間で、僕は KAYAK がバンドというよりも、Ton Scherpenzeel のソロプロジェクト的性質が強いことに気づいたんだ。つまり、僕にはセッションプレイヤーとしての役割がより求められた訳さ。
そして1年が経ち、音楽的なアプローチだけではなく、個人的、オーガナイズに関しても齟齬が目立って来たんだよ。ただ上手くフィットしなかっただけさ。僕たちは全く合ってなかったし、両者ともそう感じていたと思うよ。
だからツアーの後にバンドを辞めようと決めていたんだ。だから Tom が2018年の12月にもう僕とは続けられないと言った時も、OK、これで DILEMMA に集中出来るって感じだったね。

Q6: So, I really love a beautiful artwork of “Random Acts of Liberation”. Is there any concept or lyrical theme reflected the artwork in this record?

【COLLIN】: After we wrote all the songs and lyrics we discovered that every song somehow has to do with a form of liberation, freedom, interpersonal connection or the lack of or fear of those things. So without wanting to write a concept album, freedom in all it’s sorts and forms had become a constant theme throughout the album. Although ‘Random Acts Of Liberation’ is not a concept album, the more you’ll listen to it, the more you will discover the subtle connections in between the songs. It can be musically or lyrically. Our keyboard player Robin Z made the artwork and found this photo that really fits this theme.

Q6: “Random Acts of Liberation” はアートワークも極上ですが、作品のコンセプトや歌詞のテーマについて教えていただけますか?

【COLLIN】: 全ての楽曲、歌詞を書き上げた後、僕たちは全ての楽曲が、”解放” “自由” “人間の繋がり” “それらを恐れないこと” という形態を軸にして何らかの繋がりを持つことに気づいたんだ。
だからコンセプトアルバムを書きたかった訳ではなかったんだけど、様々な意味での “自由” がアルバムを通してのテーマとなったね。ただし、”Random Acts Of Liberation’ はコンセプトアルバムではないよ。アルバムを聴き込めば、楽曲間の微妙な繋がりにより気がつくだろうね。音楽的にも歌詞の面でもね。キーボードプレイヤーの Robin Z がアートワークを制作したんだ。この写真はテーマにピッタリだとね。

Q7: Actually, Mike Portnoy was first admirer of “Random Acts of Liberation”. It seems he is really into this record. He said it’s very tasty ‘modern prog’ ala new Spock’s, Frost, Flying Colors, Steven Wilson and Haken. What’s your perspective about his opinion?

【COLLIN】: I had sent Mike the album, and on a Friday morning I woke up to loads of emails and messages from people all over the world that they would like to hear our album, as they red Mike’s statement on his socials. We where blown away that he liked the album and he even included our album in his top 10 year list of 2018! So awesome! We are all influenced and inspired by all those bands he described, so it is a big honor that Mike and all the other prog-celebs we asked for a quote think we are up to par with those bands.

Q7: Mike Portnoy はアルバムを早い時期から絶賛していましたね。彼いわく 「SPOCK’S BEARED, FROST*, FLYING COLORS, HAKEN, Steven Wilson と並ぶとても味わい深いモダンプログ」 だそうですが?

【COLLIN】: Mike にアルバムを送ったんだよ。それで金曜日の朝に目覚めたら、世界中の人からアルバムを聴きたいというメールやメッセージが届いていたんだ。彼らは Mike が言及してくれた SNS のポストを読んだんだよ。
彼がアルバムを気に入ってくれて、僕たちは本当に驚いたよ。彼は2018年のアルバムベスト10にまで選出してくれたんだからね!最高だよ!
彼が言及したバンドからは、僕たち全員が影響を受けているよ。だから彼がそういった “プログセレブ” を引き合いに出して同等の評価をくれるなんて大きな栄誉だよ。

Q8: And how was touring with Sons of Apollo?

【COLLIN】: The European tour with Sons Of Apollo was an amazing experience. Eleven shows in six countries throughout Europe. It was our first big tour to promote the new album complete with our own nightliner tour bus and our own crew. It was such an honor to be asked by Mike Portnoy to join Sons Of Apollo on this tour. But then you have to make it happen. The tour happened a month before the release of the album so no-one in the audience knew our music. The audience did not come for us, did not know us and in certain venues they did not even know there was a support act, so every night we had to build it up from zero hoping the audience would dig our music and performance. And with great succes. We got so many awesome responses from the people attending the shows. And how awesome it is when in the middle of the tour you hear Mike say on his Instagram, “These guys are kicking ass every night”! Doing this tour really helped building the name and anticipation for the upcoming release.

Q8: その Mike 率いる SONS OF APOLLO とは、ヨーロッパを共にツアーしましたね?

【COLLIN】: SONS OF APOLLO とのユーロツアーは素晴らしい経験だったね。6ヶ国、11のショウをヨーロッパで行ったんだ。僕たちにとっては、新作をプロモートする最初の大きなツアーで、自分たちのツアーバス、クルーが準備出来たんだ。Mike Portnoy から SONS OF APOLLO に帯同しないかと誘われて光栄だったよ。
だけどそこからが大変だったね。ツアーはアルバムがリリースされる一月前に行われたから、オーディエンスは誰も僕たちの音楽を知らなかったんだ。観客は僕たちが目当てじゃないし、僕たちを知りもしないし、あるライブハウスではサポートが着いていることさえ周知されていなかったんだ。だから毎晩、ゼロから作り上げていく必要があったのさ。オーディエンスが僕たちの音楽やパフォーマンスを気に入ってくれることを願いながらね。そうして大きな成果を得たんだ。ショウに来てくれたオーディエンスからは、本当に大きな素晴らしい反響を得られたよ。
さらに素晴らしかったのは、ツアーの最中に Mike が彼の Instagram で 「DILEMMA は毎晩最高だ!」とポストしてくれたことだね。おかげで、リリースに先駆けて名前を売り、先手を打つことが出来たんだ。

Q9: With joining Dec Burke, musically, it seems Dilemma goes to more “Progressive Pop” direction, I feel. Do you agree that?

【COLLIN】: Dilemma has always been about crossing the borders between melodic and progressive rock within pop structures and melodies with surprising twists and instrumental challenges. I believe that prog music should not only be clever and virtuoso, but also moves your emotions and your heart. And it should surprise you, taking you on a musical journey. People need to be able to connect from their heart with the music. Also I believe in a continues evolution of music and music styles keep merging. We wanted this album not to sound out-dated, but keep evolving from where we came from into the future. And I think we succeeded in that with this album to create music that combines progressive rock with a more open and straight, more poppy feel without loosing that what makes progressive rock progressive and interesting. As the producer of this album I also deliberately sought for a open sound, still thick and rocking, but also clear, open and accessible. Rich Mouser did such a great job in mixing our album that really helped us sound the way we do. We got loads of great album reviews that said that we successfully merged progressive rock with a more mainstream feel, and I think with this approach we really firmed our Dilemma sound.

Q9: 音楽的には、Dec Burke の加入もあり、よりポップでキャッチー、所謂 “Progressive Pop” の方向性へとシフトしたようにも思えます。

【COLLIN】: DILEMMA はいつだってメロディックとプログレッシブの境界を股にかけているんだ。ポップな構成とメロディーを、驚きの展開や楽器のチャレンジで味付けをしてね。
僕はプログロックはただクレバーでバーチュオーソ的だけであるべきではないと信じているんだ。同時に感情や心を動かすべきだってね。そうしてそこには驚きや音楽的な旅への誘いがあるべきだってね。人は心の底から音楽と繋がる必要があるんだよ。
同時に、僕は継続的な音楽の進化とジャンルの融合も信じているんだ。だからアルバムを時代遅れのものにはしたくなかったんだ。それで、これまで歩んできた道のりから未来へと進化するような作品を志した訳さ。このアルバムでは、プログロックをよりオープンで直接的な表現とすることに成功したと思うよ。プログをプログたらしめている興味深い要素を失うことなく、ポップな感覚を加えているね。
アルバムのプロデューサーとしては、オープンなサウンドを求めたんだ。分厚く、ロックしていながら、クリアーでオープン、そしてアクセシブルなね。 Rich Mouser はミキシングで素晴らしい仕事をしてくれたよ。僕たちが求めるサウンドを実現するためにね。沢山の素晴らしいレビューが届いたんだけど、その中ではプログロックとメインストリームを見事に融合していると書かれていたね。まさにそのアプローチこそ、DILEMMA なんだ。

Q10: From Focus, Kayak to Ayreon, Vuur, Netherlands have been connected with prog rock scene strongly. What’s your thought about Netherlands prog scene?

【COLLIN】: There are quite a bunch of great progressive acts coming out of The Netherlands, as in the rest of Europe. As a small country you always have to adapt to what is going on around you. The Dutch have always been about trading and pioneering. This trading and pioneering mentality reflects upon musicians as well. Because the Dutch prog scene is small (small country), you have to branch out if you want to have succes with your prog band. So bands that make progressive music in The Netherlands often have an international focus. I also think there is a special musical connection between The Netherlands and Japan, ‘cause not only in the progressive rock scene, but also in jazz, blues and pop we see a lot of Dutch bands and artists touring in Japan. Although (unfortunately) I still have not been able to visit Japan, I know that Japan is filled with music lovers.

Q10: FOCUS, KAYAK, AYREON, VUUR など、オランダはプログシーンと強くコネクトしていますね?

【COLLIN】: 本当にオランダからは沢山の偉大なプログバンドが登場しているよね。他のヨーロッパの国々と同じくらいにね。オランダみたいな小さな国だと、大抵は周りで起きていることに適応していくんだ。
オランダ人はいつも交易と開拓を掲げてきたよ。この精神は、音楽にも反映されているんだ。なにせオランダのプログシーンは小さいから、成功を収めたいなら手を広げなければならないんだ。だからこそ、オランダのプログロックバンドはよく世界的な注目を集めるんだろうね。
それに、オランダと日本には特別な音楽的繋がりがあると思っているんだ。だって、プログロックだけじゃなく、ジャズ、ブルース、ポップの分野でも、様々なオランダのバンドが日本をツアーしているでしょ?だけど残念ながら、僕はまだ日本を訪れたことがないんだ。きっと音楽を愛する人たちばかりだと思うな。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED COLLIN’S LIFE

TOTO “THE SEVENTH ONE”

I could easily put every Toto album here, as they all are still a big part of the soundtrack of my life’. That music is timeless, and so inspiring. The groove of Jeff Porcaro, the feel of the complete band, Steve Lukather’s guitar playing, the songwriting. It’s all just so good and magical.

TOTO のアルバム全てを挙げてしまいそうだね。彼らは今も僕の人生のサウンドトラックの大きな部分を占めているよ。タイムレスだしとてもインスパイアされるね。Jeff Porcaro のグルーヴ、バンド全体のムード、Steve Lukather のギタープレイ、ソングライティング。全てが素晴らしく、マジカルだよ。

SIMON PHILLIPS “PROTOCOL”

This first EP of Simon opened my eyes and ears to a mix between jazzrock/fusion and progressive rock. I’ve been a fan ever since, bought all his solo work and lots of other albums he played on and his music and his drumming has been very important in my development. He’s such a master on the drums!

ジャズロック/フュージョンとプログロックのミックスに僕の目と耳を開かせてくれた EP だよ。それからずっとファンで、Simon の全てのソロワーク、そして彼がプレイしている多くのアルバムを買っているよ。彼の音楽とドラミングは僕の革新にとても重要であり続けているよ。まさにドラムマスターさ!

DREAM THEATER “IMAGES AND WORDS”

This album really opened my eyes for a new way of making progressive rock. Still one of my favorite albums. Mike’s drum parts are so an intricate part of the overall composition. Not just ‘wing it’ and improvise but also really dig in and write a great drumpart. Also due to my work with Neal Morse where I really had to study Mike’s parts, it formed me as a player, and I adapted a part of his playing style.

新たなプログロックの方法論に気づかせてくれた作品だよ。今でもフェイバリットの1つさ。Mike のドラムパートは全体の構成の中でもとても複雑だね。ただ即興でプレイするだけじゃなく、非常に作り込んでもいるんだ。Neal との仕事で彼のパートを真剣に学ばなければならなかったんだけど、それが今の自分を形作っているし、彼のプレイスタイルと繋がることにもなったんだ。

LIVING COLOUR “VIVID”

This and all other Living Colour albums gave me much inspiration as a drummer. To hear a drummer that really rocks out and at the same time plays with soul and a swing attitude. For me that opened my eyes to always make rock swing. Not just square and straight, but have feel and groove and let it roll.

LIVING COLOUR 全てのアルバムが、ドラマーとしての僕に大きなインスピレーションを与えてくれたね。ドラマーとして聴くと、とてもロックしているんだけど、同時にソウルがあってスウィングしているんだ。ただ正確にストレートにプレイするんじゃなく、フィーリングやグルーヴを生み出すべきだってね。

RUSH “HOLD YOUR FIRE”

This was my first Rush album, when I was just still a teenager. I loved the songs and the drumming. After this album, I went all in with Rush and bought all the albums.

まだ10代の頃初めて聴いた RUSH のアルバムだよ。楽曲もドラミングも愛していたね。このアルバムを聴いた後、僕は全面的に RUSH にハマって全てのアルバムを買ったんだ。

NEAL MORSE “?”

This album has brought the biggest change in my life and my life as a musician, as it was the first tour I played drums with Neal for and because of working with Neal that made me a name in the progressive rock scene. Without me working with Neal my drumming career would have been so different.

僕の人生、ミュージシャンとしてのキャリアに大きなチャンスをもたらしたアルバムだよ。Neal のために初めてプレイしたツアーの作品だったからね。彼と仕事をすることで、プログシーンに名前を売ることが出来たんだ。彼との仕事がなければ、僕のキャリアはかなり違うものとなっていただろうね。

MESSAGE FOR JAPAN

Yes, I always sought for Japanese versions of albums, as most of the time they had great bonus tracks that where not available anywhere else. So Japan has always been a part of my musical journey. And for years it is my personal dream to come to Japan, to visit and meet the lovely people and tour and make music in your great country! Hopefully this will happen some time soon.
So if everyone in Japan that loves good progressive and melodic rock music will buy Random Acts Of Liberation, we have a chance that this will happen sooner than later! haha.
Thank you for your support, and enjoy Random Acts Of Liberation!

僕はアルバムを購入する時、いつも日本盤を探していたんだ。大抵はそこでしか聴けない素晴らしいボーナストラックが収録されていたからね。だから、日本はいつも僕の音楽の旅の一部だったんだ。そして、何年も日本に行くのが僕の個人的な夢になっているね。素敵な人たちに会って、ツアーし、君たちの素晴らしい国で音楽も作りたいね!近々実現すれば良いんだけど。
日本のプログロックファン、メロディックロックファンのみんながもし “Random Acts Of Liberation” を買ってくれたら、その夢に近づくんだ!(笑) サポートをありがとう、アルバムを楽しんで!

COLLIN LEIJENAAR

DILEMMA Facebook Page
DILEMMA Official Site
BUTLER RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です