タグ別アーカイブ: Vuur

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VUUR : IN THIS MOMENT WE ARE FREE – CITIES】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ANNEKE VAN GIERSBERGEN OF VUUR !!

22769627_529966237351836_4958338117661623089_o

An Anthemic Opening Statement From Dutch Progressive Metallers VUUR Is Anneke Van Giersbergen’s Heaviest, Most Ambitious Work To Date !!

DISC REVIEW “IN THIS MOMENT WE ARE FREE – CITIES”

THE GATHERING, THE GENTLE STORM, DEVIN TOWNSEND PROJECT 等で妖艶かつ伸びやかな歌声を披露。欧州で確かな地位を確立するオランダのメタルプリマドンナ Anneke van Giersbergen が鮮烈なるニューバンド VUUR でその瑞々しい創造性の “浄火” を灯します。プログレッシブでヘヴィーな彼女の新たな航海は、コンテンポラリーな風を味方にシーンの先へと舵を取ります。
AYREON のマスターマインド Arjen Anthony Lucassen とタッグを組み、中世のフォルクローレで大航海時代のオランダを壮麗に描いた THE GENTLE STORM は VUUR の壮大な序曲でした。
インタビューにもあるように、GOJIRA, MASTODON, OPETH といったモダンなプログメタルを愛聴する Anneke は、プロジェクトの終焉と同時に THE GENTLE STORM の強靭なライブバンドをスカウトし、オランダ語で”火” “推進力” の名も映える、先鋭の狂熱 VUUR を生み出す決断を下したのです。
“In This Moment We Are Free – Cities” と名付けられたバンドのデビューフルレングスは、文字通り Anneke がこれまでツアーで訪れた世界中の都市をインスピレーションに制作されました。「どの街や都市にも異なるヴァイブやエナジーが存在するの。」 と語る通り、アルバムは実に多様でカラフルなサウンドスケープを誇っているのです。
Anneke と巡る世界旅行は、ベルリンに漂う悲哀と享楽の文化的カオスを反映するかのような “My Champion – Berlin” で幕を開けます。GOJIRA を想起させる有機的で巨大なグルーヴと、Anneke のオペラティックなメランコリーが溶け合うアンセムは、実に壮観であまりに独創的な化学反応だと言えますね。
事実、これまでカルトでディープなプログメタルは大抵男性がボーカルを務めて来ましたし、逆に言えば NIGHTWISH のような女声を前面に配するシンフォニックなアプローチではシンプルなリフワークを貫きバランスを取るケースが殆どでした。つまり、カルトとゴージャスが交差する VUUR のエピックは、前代未聞の野心的な物語だと言えるのです。
“Time – Rotterdam” はまさに “In This Moment We Are Free” のスピリットを体現するトラックでしょう。入り組んだタイムストラクチャーの中、時にハーモニーを創造し、時にポリフォニックなチャレンジを聴かせ、アコースティックの味わいまで司るギターチームのクリエイティビティは群を抜いていますね。経過音を多用する Jord の滑らかなリードプレイも印象的で見事なアクセントになっています。
さらに Anneke の揺らぎと艶は、厳かに巧みにレイヤーを重ねる中でその表情、深みを増して、プログメタルの巧妙なるストラクチャーの中へ驚くほどに溶け入っていますね。
MASTODON の砂漠を内包する “The Martyr and The Saint – Beirut”、Kate Bush のスピリットを受け継ぐ “The Fire – San Francisco” でオプティミスティックな熱気を伝えると、VUUR の旅路はリオの港へと辿り着きます。
PERIPHERY の Mark Holcomb との共作により生まれた “Rio – Freedom” は、繊細なクリーントーンがマスロック、ポストロックのイメージさえ植え付けるコンテンポラリーな楽曲。作中でも最もエモーションを発する Anneke のボーカリゼーションと相まって、極上のモダンプログレッシブワールドを形成しています。
実際、Mark 以外にも ANATHEMA の Daniel Cardoso が “Valley of Diamonds – Mexico City” に、AMORPHIS の Esa Holopainen が “Sail Away – Santiago”, “Save Me – Istanbul” のコンポジションに参加し、”耽美” や “勇壮”、”哀愁” といったそれぞれの “色” を加えたことでアルバムはより豊潤で多様なモダニズムを備えることとなりました。
同時に、AYREON, EPICA との仕事で知られるチャートヒッター Joost van den Broek のセンスも忘れる訳には行きませんね。そして Djent やポストブラックまで経由した VUUR とリスナーの旅路は、Mark Holcomb が手がけたエセリアルで多幸感溢れる “Reunite! – Paris” で鮮やかな余韻を残しつつ幕を閉じるのです。
今回弊誌では、Anneke van Giersbergen にインタビューを行うことが出来ました。「私はいつだって今を生きようとしているのよ。」 アルバムに収録した楽曲すべてに Anneke は “In This Moment We Are Free” の一節を忍ばせています。どうぞ!!

0IO01733_636370958853871175

VUUR “IN THIS MOMENT WE ARE FREE – CITIES” 9.8/10

INTERVIEW WITH ANNEKE VAN GIERSBERGEN

15078904_10155059105604216_664170703519125372_n

Q1: Hi, Anneke! I really love your new band. Vuur means “fire” in Dutch, right? What made you choose the name for your new journey?

【ANNEKE】: Hello Sin!! Thanks so much!! Yes, after Agua de Annique I again wanted a band name with one of the elements, but the word fire in English is already used so many times in band names that I wanted to see if there was another way to use it. To me VUUR had a great twist. In Dutch VUUR also means spirit and drive, and that is exactly the energy I wanted to put in this band.

Q1: あなたの新しい旅路は、VUUR、オランダ語で火を意味するバンド名で始まりましたね?本当に気に入っています。

【ANNEKE】: ありがとう!そうね、AGUA DE ANNIQUE の後、水を使ったから次もまた四元素の一つを新しいバンド名にしたかったのよ。だけど、英語の “Fire” はすでに何度もバンド名に使われているから、他の方法を模索した訳なの。
“Vuur” は捻りが効いていてとても気に入っているわ。オランダ語で “Vuur” には他にも、”スピリット” とか “ドライブ” といった意味もあるから、私がこのバンドに注ぎたいエナジーを見事に表現していると思うわ。

Q2: Except for Jord Otto, You played with all members of Vuur in the recording or live of The Gentle Storm. I know it’s not a project but real band. How did Vuur come to be?

【ANNEKE】: Indeed, VUUR is here to stay! Arjen and I formed a live band for TGS to start touring after we had finished the album, and these guys, this band turned out to be so good.
When the time came for Arjen and I to go and create our own albums after TGS, I knew I had to ask the band if they wanted to join me for VUUR. They are also working with Arjen on his future live projects. Jorg is our newest member, he used to play in Revamp with Floor Jansen. He is a great guy and a fantastic solo guitarist. Our band is now the best it can be!

Q2: Jord Otto を除いて、バンドのメンバーは全員が THE GENTLE STORM のアルバムやライブに参加し、経験を共にして来ました。VUUR はプロジェクトと言うよりは、よりタイトなバンドだと感じます。

【ANNEKE】: その通りよ。VUUR はパーマネントなバンドなの!Arjen と私は、THE GENTLE STORM のアルバムを完成させた後、ライブバンドを編成しツアーを始めたわ。そして、そのバンドの感触がとても良かったのよ。
THE GENTLE STORM が一段落し、Arjen と私はそれぞれ自分の作品を作る時が来たんだけど、私はぜひとも THE GENTLE STORM のツアーメンバーに VUUR に参加する気がないか確かめなければと思っていたの。彼らは Arjen の将来のライブプロジェクトにも関わっているの。
Jord はバンドで一番新しいメンバーね。彼は Floor Jansen の REVAMP でプレイしていたのよ。素晴らしい人間で偉大なリードプレイヤーよ。これで私たちのバンドは、考えられるベストのラインナップが揃ったの!

Q3: Vuur seems to be more of a metal or progressive metal sound compared with The Gentle Storm, The Gathering, and your solo works. Sometimes, I remind Devin Townsend or Gojira or even Meshuggah’s mood from Vuur’s music. But, what inspired you to aim the direction?

【ANNEKE】: Yes, I wanted to create a heavy album with all the elements that I love to listen to myself. Metal with progressive influences. A dark sound with beautiful melodies. I love artists and bands like Devin Townsend, Gojira, Mastodon, Opeth etc. They inspire me a great deal.

Q3: VUUR のサウンドは、THE GENTLE STORM, THE GATHERING に比べてよりプログメタルの領域に近い気がします。Devin Townsend や GOJIRA を想起するファンも多いでしょう。

【ANNEKE】: そうね。私は自分が普段聴いているような愛する音楽全ての要素を含んだ、ヘヴィーなアルバムを作りたかったの。つまりプログレッシブな影響のあるメタル、美しいメロディーを携えたダークなサウンドね。
私は Devin Townsend, GOJIRA, MASTODON, OPETH といったバンドやアーティストが大好きなの。本当に大きくインスパイアされているわ。

Q4: Also, Vuur’s creative direction is so modern. Mark Holcomb (PERIPHERY), Esa Holopainen (AMORPHIS), Daniel Cardoso (ANATHEMA) was involved in the writing process, and I think their diverse colors gave flesh energy to the record. Do you agree that?

【ANNEKE】: Absolutely!! It is such a great pleasure to write with these wonderful artists. They all three come from a different background in metal so the sound of the album is very diverse and they inspired me to create something new.

Q4: 実際、VUUR のクリエイティビティは実にモダンです。Mark Holcomb (PERIPHERY), Esa Holopainen (AMORPHIS), Daniel Cardoso (ANATHEMA) がライティングプロセスへ関与したことが、アルバムにフレッシュで多様なエナジーを与えていますね?

【ANNEKE】: 間違いないわね!!彼らのような素晴らしいアーティストたちと作曲を行えて、本当に幸せだったわ。
3人ともメタルの中でも異なるバックグラウンドを持っているから、アルバムのサウンドは実に多様になったわね。それに私が新たなサウンドを作るためのインスピレーションにもなったのよ。

18765565_460231594325301_9042647239846152222_n

Q5: Anyway, even if the record doesn’t have a Japanese city name, I am not disappointed, haha. Why did you arrange the names of cities around the world on the album? What’s the meaning behind the title “In This Moment We Are Free”?

【ANNEKE】: Haha no sorry, I have to have been in a city to write about it, so of course my next goal is to perform with VUUR in Japan in the near future! It is one of my dreams!
And as you know I travel a lot. We go to so many places every year to tour, and I found that in every town or city there is a different vibe and energy and that these places have a big influence on my state of mind. Which means that in a lot of cases I was inspired to write new music and lyrics. For a long time I wanted to create songs about the actual cities and now, with this heavy band I felt I could actually make this album with this concept.
In This Moment We Are Free, is a phrase that I use in all the songs. I try to be ‘in the moment’ at all times. life consists of duality. Darkness and light, war and peace, black and white etc… If we learn to find the middle every now and then, perhaps we will find the truth, or peace of mind, or the answer. Life is a search for answers right?

Q5: 楽曲のタイトルには世界中の都市の名前が散りばめられていますね。日本の都市は残念ながら入っていませんが(笑)

【ANNEKE】: ふふふ(笑)いえ、ごめんなさいね。これまで滞在したことのある都市について書かなくてはいけなかったのよ。 だから、勿論私の次のゴールはVUUR で近い将来、日本へ行くことになるわね。私の夢の一つなのよ!
あなたも知っているように、私は沢山旅をして来たわ。私たちは毎年ツアーで様々な場所へ赴くの。それで気づいたんだけど、どの街や都市にも異なるヴァイブやエナジーが存在するのよ。そして訪れた場所たちは、私の心に大きなインスピレーションを与えてくれたの。
それはつまり、多くの場合、作曲や歌詞にも影響を与えたということよ。長年、私は実際に存在する都市についての楽曲を書きたいと思っていたの。そして、このヘヴィーなバンドとならそのコンセプトでアルバムを作ることが出来ると感じたのよ。
“In This Moment We Are Free” 「私たちが自由な今この瞬間」 というフレーズは、全ての楽曲で使用しているの。私はいつだって今を生きようとしているのよ。
人生は二面性で成り立っているの。闇と光、争いと平和、白と黒…もし、私たちが時にその中間地点を探すことを学べば、真実、心の平穏、もしくは答えを見つけるかもしれないわね。だって人生は答えの探求でしょ?

Q6: Regarding “cities”, you and your long time collaborator Arjen Anthony Luccassen are one of the most popular Prog/Metal artist in Netherlands. Definitely, there is kind of a point in common between you and Arjen. So, Could you tell us about the influence of the scenery and culture of the Netherlands on your music?

【ANNEKE】: Arjen is indeed on of our most praised musical masterminds and we are proud to work with him. He has influenced many artists around the world. I think there are a number of Dutch prog and metal artists and bands in addition to Arjen that are important for the scene, like Within Temptation, Epica, Floor Jansen of Nightwish, Textures and, if I may say so, The Gathering left it’s mark as well. I am pretty proud of that fact and of our colleagues indeed.

Q6: 都市と言えば、オランダ出身のあなたと Arjen には多くの共通点があるように思えます。やはり、共通する文化や風景、言語的な背景が及ぼす影響は大きいようですね?

【ANNEKE】: Arjen は実際、私たちが最も賞賛する音楽的なマスターマインドよ。彼と仕事が出来て本当に誇らしいわ。何しろ彼は世界中、多くのアーティストに影響を与えて来たわけだから。
私は、彼以外にもシーンにとって重要なプログ/メタルアーティストは沢山存在すると思うわ。WITHIN TEMPTATION, EPICA, Floor Jansen の NIGHTWISH, TEXTURES。自分で言うのも何だけど、THE GATHERING も同様に痕跡を残していると思うわ。私はその事実と仲間たちを本当に誇りに思っているの。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ANNEKE’S LIFE

PINK FLOYD “THE DARK SIDE OF THE MOON”

220px-Dark_Side_of_the_Moon

METALLICA “METALLICA”

Metallica_-_Metallica_cover-4

DEVIN TOWNSEND PROJECT “DECONSTRUCTION”

Deconstruction_(The_Devin_Townsend_Project_album)_cover

MASTODON “THE HUNTER”

Mastodon-The_Hunter

FAITH NO MORE “THE REAL THING”

The_Real_Thing_album_cover

MESSAGE FOR JAPAN

18527404_455934181421709_556857174355308107_o

Thank you for this interview. I truly hope, like I mentioned before, that we will get to perform in Japan with my band VUUR. We will love to meet you and see your beautiful country and culture! Arigatou!! XxX Anneke

インタビューをありがとう。本編でも言ったけど、私は心から、この VUUR というバンドが日本でパフォーマンス出来ることを願っているの。あなたたちと会って、美しい国や文化を堪能したいわ!ありがとう!!

ANNEKE VAN GIERSBERGEN

VUUR Facebook Page
VUUR Official Site
ANNEKE VAN GIERSBERGEN Facebook Page
ANNEKE VAN GIERSBERGEN Official Site
INSIDE OUT MUSIC Facebook Page
INSIDE OUT MUSIC Official Site
日本盤のご購入はこちら。

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!