29594613_10156794749481030_8281508778133795329_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【AUGURY : ILLUSIVE GOLDEN AGE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MATHIEU MARCOTTE OF AUGURY !!

26756898_10156548686826030_1455210049241378694_o

Augury Give Proof Why Montreal, Quebec Is The Prog/Tech Capital Of The Western Scene With Long-awaited New Record “Illusive Golden Age” !!

DISC REVIEW “ILLUSIVE GOLDEN AGE”

CYNIC の後には、そして BEYOND CREATION の前には彼らが居た。OBSCURA と共にテクニカルデスメタルのプログレッシブサイドを探求し先導し続けるカナダの SF メタル集団 AUGURY が実に9年振りとなる新作”Illusive Golden Age” をリリースしました!!
“黄金時代” が “幻” ではないことを確かに証明する一枚は、テクデスの燎火を明々と灯す躍動感に満ちています。
カナダが誇るモントリオールとケベックの二大都市は、テクニカルデスメタルのメッカだと言えます。GORGUTS, CRYPTOPSY に端を発するその潮流は、MARTYR, BEYOND CREATION などに引き継がれ、近年の “Stay-Tech” メタルマシーン ARCHSPIRE まで脈々と連なります。
中でも、AUGURY の宿すエモーションと有機的なサウンド、クリエイティビティーはジャンルの無慈悲でメカニカルな特性を超越し、明らかに異彩を放っているのです。
9年の沈黙を破るアルバムオープナー “Illusive Golden Age” は風雲児たるバンドの型破りな一面が存分に示された戦慄。このジャンルの定番であるシンフォニックなイントロダクションや、ファストな音の洪水には脇目も振らず、独特のエスニックなスケールとクリーンギターのアクセント、そしてフレットレスベースの浮遊感が奏でるユニークな三重奏こそ彼らの狼煙。
神秘と孤高のメロディーセンス、空間を残したミッドテンポのリフワークは襲い来るヒステリックで噛みつく牙のボーカルとブラストの狂気を際立たせ、ダーティーに歌うSFの奇妙なワルツへと収束して行きます。失われた文明と知識を探るリスナーの旅は、得体の知れない未知なるエキサイトメントでその幕を開けるのです。
ステレオタイプのテクニカルデスメタルからさらに距離を置いた “Carrion Tide” はバンドの緻密なタクティクスを象徴する楽曲かも知れませんね。メタルリスナーにまるで施しを与えるかの如く付与されたブラッケンドのアグレッションは、AUGURY の持つ個の力によって様々なエモーションへとその形を変えて行きます。
ディープなガテラルからヒステリックなスクリーム、ミドルレンジの雄々しきクリーンまでメタルボーカルのショウケースにも思える Patrick Loisel のワイドな才能は移り行く喜怒哀楽を完璧なまでに表現し、起伏に富んだ楽曲のメインパーソナリティーとして君臨します。
ギタリスト Mathieu Marcotte の DEATH や CYNIC に VOIVOD、さらには OPETH や EMPEROR の遺伝子を受け継ぐ複雑でスリリングなリフの猛攻は、カタストロフィーが眼前に迫るかのような錯覚を引き起こし、ex- BEYOND CREATION の怪物 Dominic “Forest” Lapointe はフレットレスベースの酩酊でサイケデリックな静謐の焼け野原を描くのです。
MESHUGGAH と CYNIC が凌ぎを削る “Mater Dolorosa”、ゲーム音楽の影響を感じさせるサイバーなインストゥルメンタル “Message Sonore” を経て辿り着く、最長8分の “Anchorite” でアルバムはその幕を閉じます。
“Anchorite” とは、抗し難い理由で社会や故郷を離れ一人で暮らす宿命の意。もしかするとそれは、大災害で滅びし失われた文明最後の生き残りだったのかも知れません。焦燥と惜別、そして寂寥感を込めた過去からのメッセージは、メランコリーとアンビエンス、そしてアグレッションが渾然一体となったオデッセイ。
最高のミュージシャンシップで「異なる感覚を持って独自のサウンドを築き上げた」AUGURY の神話は、そうしてさざめく波の音と共に自然の元へと帰って行きました。
今回弊誌ではバンドの中心人物 Mathieu Marcotte にインタビューを行うことが出来ました。「個人的には確かにテクデスを聴いてはいるんだけど、そのスタイルからそんなに多くの影響を受けている訳ではないからね。逆に言えば、そうでなければ同じ様なサウンドになってしまうからね。 」リリースは DARK MATTER SECRET, EQUIPOISE, INFERI 等を抱える超注目株 The Artisan Era から。どうぞ!!

29594613_10156794749481030_8281508778133795329_n-2

AUGURY “ILLUSIVE GOLDEN AGE” 9.8/10

INTERVIEW WITH MATHIEU MARCOTTE

30623679_10156824947206030_3164910543714648064_o

PHOTO BY ALICIA MONTAGUE
Q1: This is the first interview with you. So, could you tell us about yourself and band itself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【MATHIEU】: Im one of the guitarist and composer in Augury, I also have a project called Humanoid in which I’m composing and playing different instruments, its instrumental and more on the ambient side. Im a former member of the band “Spasme” (1994 to 2001) which was a death metal band.
I started playing guitar in 1990 and started with bands like Metallica, Anthrax, Slayer, Sacrifice etc, and then moved on to death metal pretty quickly. I have also a lot of roots into prog rock as well. Since I was a kid, listening to bands like Pink Floyd, Supertramp, Led Zeppelin and stuff like that and that i still enjoy today.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話していただけますか?

【MATHIEU】: やあ、僕は Mathieu。AUGURY のギタリストでコンポーザーの一人だよ。他に HUMANOID というプロジェクトもやっているんだけど、そこでは僕が作曲を行い別の楽器もプレイしているんだ。HUMANOID はインストゥルメンタルでよりアンビエントな音楽性なんだ。1994年から2001年までは SPASME というデスメタルバンドのメンバーでもあったんだよ。
ギターを始めたのは 1990年だね。そして METALLICA, SLAYER, ANTHRAX, SACRIFICE のようなバンドを始めたんだ。それからすぐにデスメタルへと移行していったね。
僕はプログロックにも豊富なルーツを持っているんだよ。子供のころは PINK FLOYD, SUPERTRAMP, LED ZEPPELIN といったバンドを聴いていたし、そういった音楽は今でも楽しめるものなんだよ。

Q2: What inspired you to start your instrument? I feel sometimes Chuck Schuldiner’s influence from your guitar playing. Anyway, who was your musical hero at that time?

【MATHIEU】: Chuck is one of them, and theres so much to name them all, but i would say, for Augury (composition-wise) it would be: Chuck Schuldiner, Ihsahn, Mikael Akerfeldt, Jason Gobel, Rob Barrett, Karl Sanders, Dallas Toller Wade, to name a few.
for soloing i like to dig into other types of music like Al di Meola, Pat Metheny, David Gilmour, Strunz and Farah, Michael Hedges etc, and also into metal, like Chuck, Andy LaRocque, and Peter Lake.
For overall musicianship and musical production-wise, I really admire Ihsahn, Peter Tatgren, Dan Swano and Devin Townsend for being geniuses in so many fields.
For Humanoid my influences can range from Tangerine dream, Steve Roach and Pink Floyd to a kind of metal that I’m trying to put in there sometimes, and with lots of film soundtracks composers influences.

Q2: 切れ味鋭いあなたのギタープレイは時に DEATH の Chuck Schuldiner を想起させますね。

【MATHIEU】: Chuck は確かに僕のヒーローの一人だよ。ヒーローは本当に沢山いるんだけど、AUGURY のコンポジションに影響を与えたのは、Chuck, Ihsahn, Mikael Akerfeldt, Jason Gobel, Rob Barrett, Karl Sanders, Dallas Toller Wade といったところだね。
ギターソロに関しては、他のジャンルからも影響を受けているね。Al di Meola, Pat Metheny, David Gilmour, Strunz and Farah, Michael Hedges といった人たちだね。メタルだと Chuck, Andy LaRocque, Peter Lake といったところかな。
全体的なミュージシャンシップやプロダクションの分野では、Ihsahn, Peter Tatgren, Dan Swano, Devin Townsend といった様々なフィールドの天才たちを崇拝しているんだ。
一方で、HUMANOID では TANGERINE DREAM から Steve Roach, PINK FLOYD そしてメタルまで映画のサウンドトラックからの影響と共に幅広く織り込んでいるんだよ。

Q3: So, let’s talk about your newest record “Illusive Golden Age”. It’s definitely one of 2018’s most memorable death metal records! But 9 years have past since you released your previous record “Fragmentary Evidence”. Dominic and Antoine seemed to left the band once and come back, right? What was the reason of this long interval?

【MATHIEU】: Many things happened during that 9 years, Dominic was out of the band for 2 years for personnal reasons, and Antoine for 4 years after Etienne (former drummer) got back in the band, a couple of members changed. We toured intensively in 2009 and 2010 for the release of Fragmentary Evidence, and finally decided to take a brake from that and get back to day jobs at home. We had just bought a new trailer during that time and it was stolen shortly after so bad lucks after bad lucks we took that decision, to take a break, and started to work on that record. Some songs were dismissed, i pre-produced much of the album and we took a lot of time doing it. But also another thing is we like to take our time, it was basically 2 evenings a week ,we were recording and having fun, and thats the spirit of this band. Theres also a lot of experimentation and you need to take your time for doing that in the way we wanted to do it. We want to do our music as timeless as we can, so it doesn’t matter if a song was composed 8 years ago or last year, it just has to all blend together at the end.

Q3: では最新作 “Illusive Golden Age” について話しましょう。前作 “Fragmentary Evidence” から実に9年もの長いインターバルとなりましたね?

【MATHIEU】: この9年の間に多くのことが起こったんだ。Dominic は個人的な理由で2年間バンドを離れていたし、Antoine は前ドラマーの Etienne がバンドに戻った後4年間バンドに居なかったからね。メンバーチェンジが多発したんだ。
2009〜10年は “Fragmentary Evidence” のリリースに伴って精力的にツアーを行なっていたね。その余波で、しばらく休みをとって昼間の仕事に戻る決断を下したんだ。
僕たちはその間に新しいトレイラーを買ったんだけど、すぐに盗まれてしまってね。本当についてなかったんだけど、それでまた休みを取らなければならなかったんだ。そうして新作の制作を始めたんだよ。
いくつかの楽曲は却下されたものの、僕がアルバムの大半を前もって形作っていたから、時間をかけ腰を据えてアルバム製作に取り組むことが出来たね。まあ同時に僕たちは時間をかけるのが好きなんだと思う。基本的は週に二晩だけレコーディングを行って楽しむんだ。それが僕たちのスピリットなんだよ。
アルバムでは多くの実験も行ったんだ。納得の行く形で実験を行うために時間が必要だったというのもあるね。とにかく、時間を気にせず自分たちの音楽を追求したかったから、昨年までで作曲に8年も費やした訳さ。まあそういった理由が全て組み合わさったんだよね。

Q4: I really love mysterious artwork and album title “Illusive Golden Age”. Could you tell us about the concept or lyrical themes of this record?

【MATHIEU】: The theme in the album turns around lost civilizations and their knowledge, how they were destroyed and few fragments remains, telling us a story, often hidden or intentionally removed from our conventional history. The artwork concept was based on that theme. We asked Filip (Illustrator) to have a mummified creature holding an artefact in his hands, with a background where you can’t really tell if its earth or another planet, on which a certain cataclysm would have happened or something of that nature, in a dark environment, so people can use their imagination. As for the relationship between the music and the lyrical concept, I often try (and the other guys are doing it too in their ways) to compose riffs that are sci-fi in a way, that are weird and spacey so it fits the lyrical concept and as a whole.

Q4: アルバムのコンセプトや歌詞のテーマを教えていただけますか?

【MATHIEU】: このアルバムのテーマは、失われた文明とその知識。そしてその文明が破壊された方法とわずかに残る断片が伝えるストーリーさ。その断片は僕たちの伝統的な歴史において隠されているか意図的に取り除かれているんだけどね。
アートワークのコンセプトはそのテーマに基づいているよ。 僕たちは Phillip(イラストレーター)に、手に人工物を持っているミイラ化した生き物を依頼したんだ。その背景には、地球か他の惑星かは分からないけど、ある種の大災害や自然の猛威による暗い環境が提示されているんだよ。だからリスナーは想像力を働かせることが出来るね。
音楽と歌詞のコンセプトの関係については、僕はしばしば(そして他の人たちも同じように彼らの方法でやっていると思うけど)、奇妙でスペイシーなある意味SF的であるリフを作ることで、全体として歌詞のコンセプトにフィットさせているんだよ。

30738153_10156855250771030_6401914497199505408_o

PHOTO BY Chris Greschner Photography
Q5: How did you change or evolve since your previous release? What did you focus on in the record?

【MATHIEU】: There wasn’t really an agenda where we had to go a certain direction or evolve a certain way, we just wanted to do some Augury that would follow the previous albums like a logical continuity, each new songs calls for a specific approach but mainly it had to sound like us. Its the first album we do with a clic track so thats probably the biggest change, but even then we recorded often the riffs a second time when they come back so that they don’t sound copy pasted too much and keep it as organic as possible.

Q5: 前作と比較して、特にフォーカスした点や変化を遂げた部分はどの辺でしょうか?

【MATHIEU】: 僕たちの中に特定の方向に進まなければならない、ある種の進化を遂げなければならないといった議論はなかったね。ただ論理的な連続性を持った、以前のアルバムに続く AUGURY をやりたかっただけなんだよ。 新曲はそれぞれが特定のアプローチを要求したけど、大事なのは僕たちのサウンドを維持していることだったね。
クリックを使用した初めての作品だったから、それはおそらく最も大きな変化だと思う。それでも、僕たちはリピートするパートのリフも大抵はプレイしているから、あまりコピー&ペーストなサウンドにはなっていないし、演奏は可能な限りオーガニックに保っているよ 。

Q6: When we think about technical death metal, maybe it’s kind of machinery, cool and metallic image. But “Illusive Golden Age” is very organic, emotional record for me. And that makes Augury unique, separates lot’s of “Tech-death” acts. Do you agree that?

【MATHIEU】: Thank you for saying that, thats definitely our goal to try to be different and have our own sound. We listen to a lot of different types of music, and personally i do listen to tech death bands but not that much influenced by the style (if not it would end up sounding the same), so I’m a lot influenced by different things like movie soundtracks, retro games music, classical, folk, prog and so on. It starts often with a simple melody that we try to make more punishing with the ideas of each other that are added on top.

Q6: テクニカルデスメタルと言えば、やはりマシナリーでメタリックなイメージがあります。
オーガニックという言葉が出ましたが、それに反して “Illusive Golden Age” はとてもオーガニックでエモーションに満ちたレコードだと感じました。ジャンルの他のバンドとは一線を画していますよね?

【MATHIEU】: ありがとう。それこそがまさに僕たちの目指す場所なんだ。異なる感覚を持って独自のサウンドを築き上げるというね。
僕たちは沢山の異なるタイプの音楽を聴いているし、個人的には確かにテクデスを聴いてはいるんだけど、そのスタイルからそんなに多くの影響を受けている訳ではないからね。逆に言えば、そうでなければ同じ様なサウンドになってしまうからね。
だから僕は積極的な様々な異なる影響を取り入れているんだよ。映画のサウンドトラック、レトロゲーム、クラッシック、フォーク、プログといったね。
大抵はシンプルなメロディーから始まるんだ。そこからプッシュし、お互いにアイデアを出し合って最高の形まで持って行くんだよ。

10616628_10152650998526030_3821943765665984523_n

Q7: What’s Dominic “Forest” Lapointe to you? His fretless bass is really unique and impressive. Do you feel sometimes it’s like a “Triple guitar” in the band?

【MATHIEU】: Forest is one of a kind, and also one of my best friends since more than 20 years. The way he visualize and approach the music is different from any other bass player that I know. Rarely he will follow the melody line while other times he will goes around it if i can say, and in a way, chanting a melody over the guitar riffs, so definitely a different approach than a more standard player would do, in supporting the guitar with the low end. His composition style is also quite unique, its prog, complex and simple at the same time and catchy when it needs to be. I wouldn’t say a third guitarist approach because he still does some big low end with open strings and stuff like that, but obviously since theres a lot of higher notes with his playing, our albums have to be mixed a certain way and it shaped the way Augury sounds.

Q7: ユニークにフレットレスベースを操る Dominic “Forest” Lapointe の存在も大きいですよね?

【MATHIEU】: “Forest” はまさに唯一無二の存在だよ。それに20年以上、僕の親友の一人でもあるんだよ。彼の音楽を視覚的に捉えるアプローチは、僕の知る他のどのベーシストとも異なっているね。
まれに彼はメロディーラインをたどるんだけど、そうかと思えば遊び心を遺憾無く発揮したりする訳さ。ギターリフにメロディーを被せるから、間違いなくローエンドでギターを支える他の標準的なプレイヤーとはアプローチが異なるよね。
彼のコンポジションスタイルも非常にユニークで、プログレッシブかつ複雑なんだけど、同時に必要な時にはシンプルでキャッチーなんだ。
とは言え、彼のアプローチは3番目のギタリストという感覚ではないと思うよ。なぜなら、彼はオープンストリングとかそのようなテクニックを使ってビッグなローエンドもカバーしているからね。
だけど、明らかに彼の演奏によってハイノートが増えているのは確かだし、ミキシングもそれを意識して行っているんだ。それこそが AUGURY の音を形作っているんだからね。

Q8: CRYPTOPSY guitarist Chris Donaldson did mixing and mastering “Illusive Golden Age”. That’s typically, Canada seems to have great Tech-death scene, and strong friendship between bands. Do you agree that?

【MATHIEU】: Yes I think that the bond in the Montreal and Québec metal scene is pretty strong, lots of musicians are collaborating with each others in different bands. All the styles of metal are represented here and thats a very cool thing, as a matter of fact I moved to Montreal in 1997 only because of the metal scene, with my former band Spasme, to make contacts, play more shows and get signed. We came from a small town and Montreal is kinda the capital of metal in Canada.
We knew Chris and worked with him on other projects previously so we knew it would sound big, most of the details and ambiences were pre-mixed at my studio where I produced and record the album. Chris took care of the guitar reamping, mixed (incorporating all those elements together) and also mastered the album.

Q8: CRYPTOPSY のギタリスト Chris Donaldson がアルバムのミキシングとマスタリングを手がけていることからも、カナダの偉大なテクニカルデスメタルシーンの強固な繋がりが伺えますね?

【MATHIEU】: そうだね。確かにモントリオールとケベックにおけるメタルシーンの絆はとても強力だと思う。多くのミュージシャン達が互いに異なるバンドでコラボレートし合っているからね。全てのメタルのスタイルがここでは表現されていて、それってとてもクールなことだと思うな。
実際、僕が1997年にモントリオールへ引っ越してきたのは、メタルシーンだけが理由だったんだからね。前のバンド SPASME と共に契約とライブの機会を求めてね。小さな町から来た僕たちにとって、モントリオールはカナダにおけるメタルの首都のような感じだったんだ。
僕たちは Chris と知り合いだったし、以前に他のプロジェクトで仕事をしたこともあったから、アルバムのサウンドがビッグになることは分かっていたね。細かい部分の大半とアンビエンスは、僕がレコーディングとプロデュースを行った自分のスタジオでプレミックスは終えていたんだけど。
Chris はギターのリアンプや全ての要素を繋げるミキシング、そしてマスタリングを手がけてくれたんだ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED MATHIEU’S LIFE

CYNIC “FOCUS”

220px-CynicFocus-2

MICHAEL HEDGES “AERIAL BOUNDARIES”

Aerial_Boundaries

GORGUTS “EROSION OF SANITY”

The_Erosion_of_Sanity

EMPEROR “ANTHEMS TO THE WELKIN AT DUSK”

220px-AnthemsToTheWelkinAtDusk

OPETH “STILL LIFE”

220px-Opeth_stilllife-2

MESSAGE FOR JAPAN

12919765_10154413121656030_5446180622145317822_n

Thanks a lot to our Japanese fans, we would love to play in your country! Contact us if you can make it happen. Im into japanese food for a long time so that would be a treat for me to experience it for real, haha. cheers to you all and keep it metal!

日本のファンのみんなに大きな感謝を伝えたいね。僕たちは本当に君たちの国でプレイしたいんだ!興味があるプロモーターの方々はぜひコンタクトをとって欲しいね。
僕は長年日本食にハマっていてね。だからぜひとも本場で体験してみたいんだよ(笑)Keep it Metal!!

MATHIEU MARCOTTE

AUGURY Facebook Page
AUGURY Official Site
AUGURY Bandcamp
THE ARTISAN ERA Facebook Page
THE ARTISAN ERA Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です