12115909_1091839704174642_737445773108559745_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【POMEGRANATE TIGER : BOUNDLESS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MARTIN ANDRES OF POMEGRANATE TIGER !!

69076_10151578640960874_33690544_n

“Instru-Metal” New Hero, POMEGRANATE TIGER has just released Djenty&Mathy Masterpiece “Boundless”!!

カナダの新鋭、NEXT AAL とも評される “Instru-Metal” の至宝 POMEGRANATE TIGER が素晴らしい新作 “Boundless” をリリースしました!!
前作 “Entities” では4人組のバンド形態だった POMEGRANATE TIGER ですが、今回は創設メンバーでギターとドラムスをプレイする Martin Andres 1人が正式メンバーという形になっています。事の経緯はインタビューを読んでいただくとして、新作 “Boundless” は Djent シーンに衝撃を与え、DIY のアーティストとしては破格のセールスを上げたデビュー作 “Entities” とは一線を画す作品となっていますね。
特筆すべきはリズミックでヘヴィーなグルーヴ重視のアプローチ。前作はクラシカルなプレイが光る、ストレートでコズミックな Djent / Modern Prog アルバムでした。しかし、今回はオープニングトラック “Manifesto” やタイトルトラック “Boundless” に象徴されるように、 GOJIRA や TOOL を想起させるような Mathy でミニマルなパートが格段に増えています。”Entities” の “Too Much” な部分をキレイに削ぎ落とし、新たな可能性を切り開いたといった感じでしょうか?
同時に “Stomp The Haunted Crown”, “With Knives As Teeth” のような楽曲では、同郷の PROTEST THE HERO を彷彿とさせるようなテクニカルで Math-Metal の要素を含んだチャレンジングなリフの数々でエキサイトさせてくれますね。
勿論、Martin のアイデンティティーとも言える、クラッシック音楽の影響は今作でも健在。映画のサントラ、ジャズからの影響も伺えるオーケストレーションが見事な “Papaer Hammer”, ゲストプレイヤーのストリングスが光る “Ovation” ではクラッシック音楽を学んだ者でなければ作り得ない、美しさや構成の妙を味わう事が出来ます。
モダンプログ界隈の重要人物、PERIPHERY の Adam “Nolly” Getgood, THE HUMAN ABSTRACT の AJ Minette も才能を認め、制作に参加した “Boundless” はまさに “Instru-Metal” の限界を突破した作品と言えるでしょう。
今回、弊誌では Martin Andres にインタビューを行うことが出来ました。言葉の端々から、音楽に対する造詣の深さが表れていますね。どうぞ!!

12115909_1091839704174642_737445773108559745_n

MMM RATING IS…

POMEGRANATE TIGER “BOUNDLESS” : 9,5/10

INTERVIEW WITH MARTIN ANDRES

12359925_1125395637485715_2983486894505325600_n

Q1: This is the first Interview with you. So, at first, could you tell us about yourself? What inspired you to play the guitar and drums?

【Martin】: I have been a musician almost all of my life. I first started playing music when I was 6 years old. It was mandatory at my school to play a musical instrument and so my father told me whatever instrument I picked I would have to play for the next 12 years without changing. I think he wanted me to be great at 1 thing and not change every course every couple of years. My father forced me to play 1 hour of disciplined practice every day until I was about 13 years old. I really didn’t enjoy classical guitar during this time. When I was 12 I started playing drums and began to create my own music with all the skills I was learning. By the end of high school I had hundreds of songs written on my computer and began to love it because I was doing what I wanted with the music. I am 27 years now, I have been studying guitar for 21 years and drums for 14 years.

Q1: 初インタビューです。まずはあなた自身について聞かせてください。ギターとドラムスを始めたきっかけは何だったのでしょう?

【Martin】: 僕は人生の大部分をミュージシャンとして生きてきたんだ。最初に音楽を始めたのは6歳の時だったね。僕の学校では何か楽器をやるのが義務だったんだよ。その時父が「どんな楽器をやるにしても、学生のうちはその楽器を続けなくてはならないよ。」と言ったんだ。彼は僕に一つのことに優れて欲しかったんだろうね。父は僕が13歳になるまで、毎日クラッシックギターを1日1時間練習することを義務付けたんだ。その時は全然楽しくなかったんだけどね。12歳の時にドラムスもプレイし始めて、学んだスキルを全て活かして自分の楽曲を制作するようになったんだ。高校を卒業する頃には、僕のパソコンには何百もの自作曲が貯まっていたし、自分のやりたいことをやれるようになって音楽を愛し始めたんだよ。僕は今27歳で、ギターを21年、ドラムスを14年プレイしていることになるね。

Q2:How did POMEGRANATE TIGER come to be? And what’s the meaning behind your project name POMEGRANATE TIGER?

【Martin】: Pomegranate Tiger comes from a painting by Salvador Dali, a Surrealist painter from the early 20th century. The painting is called “Dream caused by the flight of a bee around a pomegranate a second before awakening”. Pomegranate Tiger started as a collaboration by myself on guitar and drums and Chase Bryant playing the bass guitar. The Boundless CD was recorded by the idea. Me and Chase.

Q2: POMEGRANATE TIGER はどのようにして始まったのでしょうか?プロジェクト名の由来も教えてください。

【Martin】: POMEGRANATE TIGER という名前は、20世紀初期のシュールレアリズム派の画家 サルバドール・ダリの絵画から名付けたんだ。絵のタイトルは”目覚めの一瞬前に柘榴の周りを蜜蜂が飛びまわったことによって引き起こされた夢”。POMEGRANATE TIGER は僕がギターとドラムス、そして Chase Bryant がベースを担当したコラボレーションとして始まったんだ。”Boundless” はそのアイデアで制作されているよ。僕と Chase でね。

54c86df23e4d160b5340c45f662e1f03

Q3: So, your newest album “Boundless” is just out now! When you named this AWESOME new album as “Boundless”, What was in your mind? Also, the artwork is very impressive. Do you have any concept about “Boundless”?

【Martin】: Boundless is about the philosophical idea that anything is possible, it just might take some time to happen. Anything you want to do or be, or any idea you have is possible to manifest if the correct steps are taken, and enough time are designated to the idea. These can be ideas that span hundreds, thousands of years or a in a single life-time. It can be viewed from anyone’s perspective also. Whether it is an insect building a home, humans pursuing and making a career out of their passions or gods building physical worlds in other realities we can’t understand yet, The possibilities are Boundless!.

Q3: その新作 “Boundless” が遂にリリースされましたね。実に素晴らしい作品ですが、このアルバムを”Boundless”と名付けた理由を教えてください。アートワークも印象的ですが、”Boundless” にコンセプトはありますか?

【Martin】: “Boundless” とは哲学的なアイデアで、時間はかかったとしても何事も可能だっていう意味なんだよ。君がやりたいこと、なりたいものが何であれ、どんなアイデアも正しいステップを踏んで時間をかければ実現可能なんだ。それは何百年、何千年のスパンであるかも知れないし、1度の人生で達成出来るかも知れない。虫が家を作ることであれ、人間が情熱をかけてキャリアを追求することであれ、神が他の現実に世界を創造することであれ、可能性には限りがないんだ!

Q4: Anyway, POMEGRANATE TIGER was four piece outfit. But you decided to go alone. What made you so? And I Interviewed with Aaron of INTERVALS few days ago. Coincidentally, he also did same decision. Do you have a sympathy with him?

【Martin】: Pomegranate Tiger has always been a huge part of my life and initially started as a project between Chase Bryant (who recorded bass for Boundless) and I. Chase and the previous members of PT had other opportunities and projects that they have been working on and so PT went on without them. Chase was able to find some time and so it felt good to return to the original line-up that lead to the creation of Entities and now Boundless also. I’m not sure how Aaron feels about this, but making music by yourself can be gratifying cause you get to do whatever you want to do, but you will never come up with the same results as getting to collaborate with other musicians. As fun as it is making music by myself, I look forward to collaborating with others also!

Q4: 前作をリリースした時、POMEGRANATE TIGER は4人組でしたね?1人でやって行こうと決めたのはなぜですか?また、最近 INTERVALS の Aaron にもインタビューする機会があったのですが、彼も同じような決断を下していました。何か通じるものを感じますか?

【Martin】: POMEGRANATE TIGER は常に僕の人生の大部分を占めていて、最初に始めたのも Chase と僕だったね。Chase と以前のメンバーたちは他にもプロジェクトを抱えていてね。だから彼ら抜きでやることになったのさ。Chase は時間を作れたから参加してくれたんだけど、”Entities”の制作段階や今回の”Boundless”でオリジナルラインナップに戻れたのは良かったよ。Aaron がどう思っているのかは分からないけど、1人で音楽を作る時はやりたいようにやれるから満足出来るのは確かだね。ただ、他のミュージシャンとコラボレートした時と同じ結果を得ることは出来ないんだ。僕は1人でやるのも楽しいし、同じくらい他のアーティストとコラボレートするのも楽しみにしているよ。

Q5:I think “Boundless” is more rhythmic and heavier album than your first release “Entities”. Opening track “Manifesto” is typically, you added Djenty “Entities” music to Mathy approach of GOJIRA or TOOL. Do you agree that? And what do you think you are compared with ANIMALS AS LEADERS?

【Martin】: Yes that is a good comparison! That’s exactly what the goal with Boundless was. Making “Entities” was a lot of fun, but sometimes it felt like there was just too many ideas happening all the time. I think bands like Tool and Gojira make great songs and limit the amount of ideas to enter per song. New Breed from the last record “Entities” for example may have more notes played between all the instruments in 1 song than Tool has on their entire CD. I tried to create more distinct moods, feels, soundscapes and atmospheres for each song on Boundless. I love all the work of Tosin Abasi’s, Javier Reyes and Matt Garstka from AAL. I think they are all great musicians and there is a lot to learn from everyone. People can compare the music however they would like! I’m very grateful if they like it, and if they don’t then that’s great too. haha.

Q5: “Boundless” はデビュー作 “Entities” よりもリズミックでヘヴィーな作品だと感じました。オープニングトラック”Manifesto” に象徴されるように、Djenty なアプローチに加えて TOOL や GOJIRA のような Mathy な感覚が増えていますよね?また、よく比較される ANIMALS AS LEADERS についてはどう思っていますか?

【Martin】: うん、凄く良い比較だね!それこそが、僕が “Boundless” で目指したゴールなんだよ。”Entities”を制作するのは凄く楽しかったんだけど、アイデアを詰め込み過ぎていると感じる部分があったんだ。TOOL や GOJIRA のようなバンドは、楽曲に注ぐアイデアの量を制限して偉大な曲を作っていると思う。例えば、”Entities” の “New Bleed” なんかは1曲だけで TOOL のアルバム1枚より多くの音が入っているね。”Boundless” で僕はもっと明確なムード、フィーリング、サウンドスケープ、アトモスフィアを楽曲に与えたかったんだ。うん、僕は ANIMALS AS LEADERS の Tosin Abasi, Javier Reyes, Matt Garstka が創作する全てを愛してるよ。彼らは偉大なミュージシャンだし、全員から学ぶべきものが沢山あるね。だから比較したいなら比較すれば良いと思うよ!もしそれで僕の音楽を気に入ってくれたら嬉しいし、そうでなくてもかまわないさ(笑)

Q6: We can listen to tight and challenging Guitar&Drums unison part in the title track “Boundless”. I feel it was archived because of you are splendid guitarist and drumer. Do you think It’s important for guitarists to study playing Drums?

【Martin】: I think there are a lot of similarities between studying guitar and drums, and the more you understand each one separately, the better you can create unison parts. I like to play a lot of the same rhythms between the guitar and drums and so it is important to understand the logic of rhythm and how it works.

Q6: タイトルトラックの “Boundless” ではタイトで挑戦的なギターとドラムスのユニゾンプレイを聴くことが出来ます。ギターとドラムスの名手であるあなただからこそのパートですが、プレイヤーが他の楽器を学ぶことは重要だと思いますか?

【Martin】: ギターを学ぶことと、ドラムスを学ぶことの間には多くの共通点があるね。そして別々に理解を深めることで、より良いユニゾンパートを制作することが出来るんだ。僕はギターとドラムスで同じリズムを刻むのが好きだし、リズムの理論を学びどのように作用するか理解することは重要だよ。

12321164_10206526925386368_8374160953909064194_n

Q7: “Papaer Hammer” and “Ovation” is very beautiful and has definitely classic music effects. Also, we can enjoy great strings guest player’s performance. I heard you studied classic music in University, what is classic music to you?

【Martin】: Classical music is an understanding the logic and construction of music, like we can any speaking language. With english you have letters, words, sentences, paragraphs, stories….same is for music. I use influences to learn music ranging from classical orchestral music, to jazz, movie sountracks, solo violin, indian tabla drumming, contemporary progressive metal, rap, etc… Studying the construction of previous styles of music to your own and then creating with the new knowledge is the philosophy behind why classical music exists and will be remembered by the many great composers forever.

Q7: “Papaer Hammer” と “Ovation” はとても美しく、間違いなくクラッシック音楽の影響を受けていますね。ストリングスには素晴らしいゲストプレイヤーも参加しています。あなたにとってクラッシック音楽とはどういったものですか?

【Martin】: クラッシック音楽はロジックや音楽の構成を理解するものだよ。僕たちが言語を話すようにね。英語でも、文字、単語、文、パラグラフ、ストーリー、といったものが存在するよね。音楽も同じなんだ。僕は、クラッシックからジャズ、サントラ、ソロヴァイオリン、タブラ、現代的なプログメタル、ラップなど、様々な音楽を学んでその影響を活かしているんだよ。そういった音楽の構成を自分のものにすることで、なぜクラッシック音楽が存在するのかといった背景を考えて創作出来るし、偉大なコンポーザーたちも永遠に忘れられることはないよね。

Q8: “Boundless” was mixed and mastered by Adam “Nolly” Getgood of PERIPHERY, and produced by AJ Minette of THE HUMAN ABSTRACT. They are very important persons in the Modern Prog scene. Could you tell us about the story of their joining?

【Martin】: Yes I’m very happy to have gotten to work with Nolly and AJ. Nolly seemed to have enjoyed Entities, and reached out to me to work on any future Pomegranate Tiger material when it was ready. When Boundless was ready, I emailed Nolly and he gladly accepted to help make it sound even better! I have always loved AJ’s writing for the Human Abstract and his classical approach to modern progressive metal. I approached AJ if we would like to work and help produce Boundless and he too enjoyed Entities and wanted to help make Boundless better. AJ helped with composing additional instruments and sound effects on Boundless.

Q8: “Boundless” は PERIPHERY の Adam “Nolly” Getgood がミックスとマスターを、THE HUMAN ABSTRACT の AJ Minette がプロデュースを行っています。2人共、モダンプログシーンにおいて非常に重要な人物たちですが、なぜ彼らが参加することになったのでしょう?

【Martin】: うん、Nolly と AJ と働けてとても満足しているよ。Nolly は “Entities” を気に入ってくれていたみたいで、POMEGRANATE TIGER の新しいマテリアルの準備ができたら手がけたいと声をかけてくれたんだよ。それで、”Boundless” の制作に取り掛かる時、彼にメールをしたら喜んで引き受けてくれて、サウンドをさらに良くしてくれたんだ!僕はAJが THE HUMAN ABSTRACT でやっていること、クラッシックのアプローチをモダンプログメタルに持ち込むやり方を愛してきた。だから彼にプロデュースしてくれない?って頼んでみたんだ。そうしたら彼も “Entities” を気に入ってくれていて、アルバムをより良くしたいと言ってくれたのさ。AJ はアディショナルな楽器の作曲と、サウンドエフェクトを手がけてくれたよ。

10544364_845733155451966_4844151231539861730_n

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED MARTIN’S LIFE!!

SLIPKNOT “SLIPKNOT”

Slipknot_-_Slipknot2

PROTEST THE HERO “FORTRESS”

Protest_the_Hero_-_Fortress

BETWEEN THE BURIED AND ME “COLORS”

9166_between_the_buried_and_me_colors

ELBOW “THE SELDOM SEEN KID”

The_Seldom_Seen_Kid

MURRAY PERAPIA “24 CHOPIN ETUDES”

MI0001061206

【MESSAGE FOR JAPAN】

0006225573_10

I hope to come and play and meet all of you very nice Japanese people very soon!!!

早く日本に行って最高な君たちの前でプレイしたいね!

MARTIN ANDRES

POMEGRANATE TIGER FACEBOOK PAGE
POMEGRANATE TIGER BANDCAMP

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です