1710Lovebites_AwakeningFromAbyss_cover_mid

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【LOVEBITES : AWAKENING FROM ABYSS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH midori OF LOVEBITES !!

LOVEBITES_pic_ALBUM_mid

Female Power Metal Band From Japan,  LOVEBITES Make Their Mark On The Heavy Metal Scene, With Bigger, Louder Debut Full-length “Awakening From Abyss”!! Are You Ready For “Muse Metal”? 

DISC REVIEW “AWAKENING FROM ABYSS”

荒廃した”世界”に舞い降りた凛々しくも美しき女神たち。ミューズメタルの使者 LOVEBITES が下す怒りと希望の鉄槌 “Awakening From Abyss” は、文字通り世界を深淵から “覚醒” へと導きます!
欧州、米国、そして日本の香りが入り交じるオーセンティックかつダイナミックなメタルを、卓越した技術と豊潤なるエモーションで具現化したデビューEP “The Lovebites EP” から約6ヵ月。早くも届けられたバンド初のフルレングス “Awakening From Abyss” は、ギター/キーボード、さらに作曲でもバンドを支える mi-ya をオフィシャルメンバーとして加え、楽曲の幅、サウンド、メロディー共に全てがスケールアップを果たしたまさに “ネクストレベル” の黙示録です。
女神の “ネクストレベル” が世界を見据えていることは、その制作環境からも充分に伝わります。NIGHTWISH, CHILDREN OF BODOM で知られる Mikko KarmilaとMika Jussila のフィンランドチームがサウンドを司り、アートワークを HELLOWEEN の “Sweet Seductions” などを手がけたスペインチームが制作。さらに全てのリリックを英語詞に拘り、ヨーロッパ、北米、メキシコなど海外でのリリース及び、ロンドンでの初ライブに至る道程は既に世界基準と呼ぶに相応しいスケールです。
荘厳なるストリングスのタペストリー、序曲 “The Awakening” がバンドの強固なアンサンブルを導くと、アルバムは IRON MAIDEN を思わせるオリエンタルなテーマが印象的な “The Hammers of Wrath” で幕を開けます。
TESTAMENT の鋭角で迫り来るファストでシャープなリフワーク、メロディックヒステリックな本能のボーカル、タイトでラウドなリズムの息吹は、バンドがリアルなエクストリーム領域に在ることの確かなる証です。
リードトラック “Shadowmaker” を聴けば、必ずやメタルファンの血は湧き肉も躍るはずです。より複雑さと繊細さ、そしてダイナミズムを増した素晴らしき新たなバンドのアンセムは、あまりに扇情的かつドラマティック。細かなギミックを織り込んだ捻りの効いたプログレッシブなリフや、シンフォニックなシンセワーク、中盤のテクニカルなツインリードは、明らかに ANGRA の遺伝子を宿しつつリスナーにエキサイトメントを運びます。
R&B やブルーズの表情を垣間見せるスリージーな “Warning Shot”, “Scream For Me”、さらにストリングスやキーボードを効果的に使用しバラード的な感覚を内包させた “Liar” “Inspire” といった楽曲たちはバンドの持つ多様性、引き出しの多さをまざまざと見せつけています。元々、R&B やソウルを主戦場としていたボーカル asami の黒く眩いエモーションが、メタルの持つ重厚なアグレッションと融合し、想像以上の化学反応をもたらしているとも言えますね。
そして LIGHT BRINGER の Mao が作曲を担当した “Edge of the World” はバンドの未来を象徴する楽曲かも知れません。アコースティックギターとピアノの麗しき調べで幕を開ける世界の果ての物語は、さながら SYMPHONY X の如く、耽美な響きとプログレッシブな展開美でリスナーのイマジネーションを掻き立てます。切なく、甘く、そして激情をも孕んだ魅力的なメロディーの洪水は、リスナーを叙情の海へと沈降させるに充分のメランコリーを湛えているのです。
midori はインタビューで 「残念ながら、LOVEBITES も見た目のせいで “聴かない” “メタルじゃない” という意見があることは知っています。ですが喜ばしいことに、それ以上に、私たちの音楽を正当に評価してくれる人が増えてきていることも知っています。私たちには、”最高のヘヴィ・メタルをやる” という強い信念があるのです。」 と語ってくれました。実際、その想いに一点の曇もないことは、”Awakening From Abyss” のミューズメタルを聴けば伝わるはずです。
アルバムは、文字通りバンド全員の “勇敢な心” を乗せた “Bravehearted” で、闘い続けることを誓いながら勇壮に幕を閉じました。
今回弊誌では、バンドのギタリスト midori さんにインタビューを行うことが出来ました!PERIPHERY, ANIMALS AS LEADERS, そして abstracts という名前まで飛び出す、弊誌読者の皆さまにも非常に共感、シンクロする内容だと思います。どうぞ!!

1710Lovebites_AwakeningFromAbyss_cover_mid-2

LOVEBITES “AWAKENING FROM ABYSS” : 9.6/10

INTERVIEW WITH midori

LOVEBITES_4265(midori)

Q1: First of all, what inspired you to start playing guitar?

【midori】: I had been playing the piano and Electone from early childhood, and I had wanted to become a professional player once, but I quit all instruments when I entered a university. But, one day when I was university student, I happened to listen to a certain song and I got into it and the band play that. The more I listened to the songs of the band, the more desires to try new instruments and to play a guitar like them were increased. And finally, I picked up guitar.

Q1: まずは、midori さんがギターを始めたきっかけからお話いただけますか?

【midori】: 幼少期からピアノ、エレクトーンをやってきて、一度はプロになりたいと思ったこともあったのですが、大学進学時に楽器を全て辞めていました。
ですが、大学生のある日偶然聴いた曲が気に入り、そのバンドの曲を聴いていくうち、新しい楽器に挑戦したい、こんな風にギターが弾けたらカッコいいな、という気持ちが膨らみギターを手に取りました。

Q2: You seem to be well versed in modern and technical music, aren’t you? Could you tell me about your musical background and guitar heroes?

【midori】: In the band I was doing before LOVEBITES, I did a kind of music that fusion of J-Rock and Metalcore and there were breakdowns in most songs. I have been listening to djent since then. I used to listened to Periphery and Japanese djent act Abstracts a lot. I also often listened to The Healing and Swallow Your Pride, they seems to be not so widely known though. At that time, I always tried to find a cool bands that have djent elements. So, watching YouTube was my daily routine.
As for the guitarist, I loved the way of Mark Holcomb’s playing. He uses chords really well. I tried to copy his phrases but they were super hard for me. Animals As Leaders also is the band I have been listening since that time. But I got really into them after being overwhelmed seeing the demonstration of Tosin Abasi at NAMM 2016.
Since joining LOVEBITES, there are many opportunities to listen to authentic metal more than a music school student’s age. It’s like a return to my origin point.
My current guitar heroes are Nuno Bettencourt and Kiko Loureiro. Actually, they have different styles. But I like their rhythm of riffs, how to use the notes in their solos, the ways of expression…I’m learning all those wide variety of things from them. Their ways of fusing with other genres are also definitely one of the reason I’m really attracted.
And I was also particularly greatly affected by SYU of GALNERYUS emotional playing style.

Q2: デスコア, djent を聴かれたり、ANIMALS AS LEADERS の来日公演に足を運ばれたりと、モダンでテクニカルな音楽にも造詣が深いそうですね? midori さんの音楽遍歴やギターヒーローについて教えていただけますか?

【midori】: 造詣が深いと言っていいのかは不安ですが…LOVEBITES の前にやっていたバンドが大半の曲にブレイクダウンがある、J-Rock にメタルコアを足したようなバンドで、djent を聴くようになったのはその頃からです。Periphery とか国産 djent の abscracts が好きでよく聴いていましたね。
あとあまりメジャーどころでないかもしれないですが The Healing とか Swallow Your Pride とか、当時は YouTube などで常にカッコいい djent 要素のあるバンドを探すのが日課でした。
ギタリスト的にはマーク・ホルコムのコードをうまく使ったプレイが好きで教則的な映像を見ながら弾いてみてましたがそれはもう挫折の連続でした…。Animals As Leaders もその頃から聴いてたのですが2016年の NAMM で Tosin Abasi のデモを見て圧倒されてからより深みにはまりました。
LOVEBITES に加入してからは原点回帰というか、音楽学校の学生時代以上にオーセンティックなメタルを聴く機会が多くなっています。ギターヒーローという意味では、今は Nuno Bettencourt や Kiko Loureiro が好きですね。
スタイルの違う2人ですが、リフのリズムの感じや、ソロでの音の使い方、表現の仕方など多岐に渡って勉強させていただいています。他ジャンルとの融合がみられるのも間違いなく惹かれる理由の1つです。
それに GALNERYUS の SYU さんのエモーショナルなプレイには特に大きく影響を受けました。

Q3: Could you tell us the background of participating in authentic and dynamic Metal, Hard Rock Act LOVEBITES?

【midori】: I heard the asami’s demo and I wanted to play the guitar with her back. I also assented to the goal of the band that aim to expand its activity internationally. And I felt the possibility. So, I decided to join the band. Before we started making original songs, we covered a variety of metal songs such as Helloween and Metallica in the studio. And there was also Halestorm’s “Love Bites” in it. We took our band name from there. This song fits Asami’s vocal style, too!

Q3: では、オーセンティックかつダイナミックなメタル/ハードロックアクト LOVEBITES に参加した経緯について話していただけますか? バンド名は、例えば DEF LEPPARD や JUDAS PRIEST と関係があるのでしょうか?

【midori】: asami のデモを聴いて、彼女のバックでギターを弾きたいと思ったのがきっかけです。海外進出を見据えたバンドの方向性にも共感したし、可能性を感じたので加入しました。
オリジナルを作り始める前にスタジオで Helloween や Metallica など色々なメタルの曲を合わせていたのですが、その中に Halestorm の “Love Bites” もあって。この曲は asami のボーカルスタイルに合うこともあって、ここからバンド名をつけました。

Q4: Your fantastic debut record “Awakening From Abyss” is just out now! The album starts with a majestic instrumental song called “The Awakening”. Is the word “awakening” a key to this record?

【midori】: I agree. We’d love to change the current metal scene of our country, especially women’s metal scene. So, we put our wish to blow new wind into domestic scenes regardless of gender, into that word.

Q4: そして、圧倒的なクオリティーを誇るデビューフル、”Awakening From Abyss” が遂にリリースとなりますね!アルバムは “The Awakening” という荘厳なインストナンバーで幕を開けますが、”目覚め” “覚醒” という言葉が一つ作品のキーワードとなっているのでしょうか?

【midori】: そうですね。今の国内のメタルシーン、特に女性のメタルシーンに切り込みを入れ、男女問わず国内のシーンに新たな風を吹き込みたいという願いが込められています。

Q5: Your debut work is already perfectly “world specification”. The Finnish team of Mikko Karmila and Mika Jussila, known for NIGHTWISH, CHILDREN OF BODOM, controls the sound, and the artwork is created by the Spanish team who worked on HELLOWEEN and others. It tells that the band already focused on the world, right?

【midori】: Yes. We’ve fixed our eyes on the world since the band has started and have been working towards that. So, I appreciate a lot of people who support us and also appreciate this situation that with those supports we are able to pursue our goal. Our first live in London is to be held in November, so I’d like to make the live a success and continue steadily advance.

Q5: デビュー作にしてすでに風格の漂う作品は、完璧に “世界仕様” だと言えますね。NIGHTWISH, CHILDREN OF BODOM で知られる Mikko KarmilaとMika Jussila のフィンランドチームがサウンドを司り、アートワークは HELLOWEEN などを手がけたスペインチームが制作しています。英語詞への拘り、海外でのリリースからもバンドがすでに世界を見据えていることが伝わりますね?

【midori】: ええ。始動時から世界を見据えた活動をするということが根底にあり、それに向けて進めてきましたが、多くの方々のお力添えもありそれが実践できていることに感謝しています。11月にロンドンでのライブも決まっているので、ライブを成功させて着実に歩みを進めていきたいです。

Q6: By joining mi-ya, the band officially became a twin guitar. The double guitar harmonies, and guitar battle are definitely one of the album’s hi-light. How do you recognize each other’s characteristics and make use of it in your work?

【midori】: Through almost all the solos, we have decided that I focus on speed and aggressiveness, and mi-ya focuses on melodious phrases.
As for the techniques, since Mi-ya often uses Sweeps Picking, Sweep taps Tapping, and Tapping, I mainly use different techniques such as Full picking, Legato, Strings Skipping. Well, I used a lot of diminish sweeps though, haha. Yng-way!
Apart from whether I actually adopt it or not, I always try to play strange scales, weird notes or tricky sounds. Mi-ya tends to plays more catchy phrases which based on pentatonic scale or church modes or which related to the melody of the song.
We wrote the order of the solos in the lyrics, so you can find out which is which.

Q6: mi-ya さんの加入でバンドは正式にツインギターの5人編成となりました。2人のギターハーモニー、そしてバトルは間違いなくアルバムの聴き所の一つです。”Warning Shot” は象徴的ですね。イングヴェイライクなクラシカルなシュレッドと、ペンタトニックを軸としたメロディックなリードプレイ。2人の個性は素晴らしいコントラストを生んでいるように感じます。midori さんはお互いの特徴をどのように認識し、作品に活かしているのでしょう?

【midori】: ほぼ全曲通して、私は緩急の”急”、スピードと勢い重視のソロ、mi-yaが”緩”、メロディー重視のソロを弾くと決めています。奏法的にはmi-yaがスイープやスイープタップ、タッピングを使うことが多いので、被らないようにフルピッキングやレガート、弦飛びを多用することが多いですね。ディミニッシュのスイープはいっぱい使いましたが。(笑)
あと実際に採用するかどうかは別として私は隙があれば何か変なスケールとか音とか突っ込んでぶっ飛んだことできないかな?と考えていることが多いです。mi-yaはペンタやスケールに則したもの、歌メロに関連性のあるものなどメロディアスで印象的なものを弾くイメージです。
歌詞カードにはソロを弾いている順番も書いているのでそちらも是非チェックしてみてください。

Q7: “Edge of the World” is a great song that can be said to be progressive with various elements intertwined, and I imagine that you like such a song in particular. Currently, miho and mi-ya are the main songwriters, but what kind of taste do you imagine if you provide songs to the band?

【midori】: Exactly! I feel a story from “Edge of the World”, and there is something attracted to it. If write the songs for LOVEBITES, it would be a HR taste mid-tempo tune, a groovy riff stuff or a strong tune that feels the Viking wind … Well, it might be completely different according to the request from the producer! haha. I’d like to make it strong and heavy anyway.

Q7: LIGHT BRINGER の Mao さんが作曲を手がけた “Edge of the World” は様々な要素が絡み合うプログレッシブとも言える大曲で、midori さんはこういった楽曲が特に好みなのではと想像しています。現在は、miho さんと mi-ya さんがメインソングライターですが、midori さんが楽曲を提供するとしたらどういったテイストをイメージしていますか?

【midori】: そうですね!Edge of the Worldはストーリーを感じるし心惹かれるものがありますね。
楽曲を提供するならミドルテンポのHRテイストのものとかグルーヴィーなリフものとかヴァイキングの風を感じる雄々しいチューンとか…まあプロデューサーから全く違うリクエストが来るかもしれないですけどね!(笑)
何にせよ雄々しい骨太なチューンにしたいと思います。

Q8: Perhaps there are many listeners who call LOVEBITES “Girls Metal”. The fact that everyone in the band is a beautiful woman is strong weapon, but at the same time, some listeners may prejudice the band’s music before they listen to it because of you are feamale. What’s your perspective about that?

【midori】: I think this is a deep problem which also exist in many music scenes around the world. Maybe there are a lot of female artists who are underestimated especially in the scenes there are more men than women.
Unfortunately, LOVEBITES too knows that there are opinions like “not listening” or “not metal” due to our looks. But thankfully, we also know that more and more people are appreciating our music. We have a strong belief that we do the best heavy metal. And there are teams to support us. I believe that to practice hard and keep moving forward in accordance with our belief lead the consequence that increase the number of people who admit that we are real. Anyway, if you listen to the album, you will understand what we are trying to say.

Q8: おそらく、LOVEBITES を “ガールズメタル” と呼ぶリスナーも多いでしょう。全員が美しい女性であることは、武器であると同時に、実力を正当に評価されない偏見の対象にもなり得る両刃の剣かも知れませんね?そのあたりの葛藤についてはどう折り合いをつけていますか?

【midori】: これは世界中の多くの音楽シーンにもある根深い問題だと思います。特に男性の多いシーンでは過小評価されている女性アーティストは大勢いるでしょう。
残念ながら、LOVEBITESも見た目のせいで「聴かない」「メタルじゃない」という意見があることは知っています。ですが喜ばしいことに、それ以上に、私たちの音楽を正当に評価してくれる人が増えてきていることも知っています。
私たちには、最高のヘヴィ・メタルをやる、という強い信念があります。そして、それを支えてくれるチームがいます。その信念に従って更に実力を磨き、活動を進めることで私たちを評価してくれる人は増えると信じています。まずはアルバムを一聴してもらえれば私たちの言おうとしていることは分かってもらえるでしょう。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED midori’s LIFE

ANGRA “TEMPLE OF SHADOWS”

220px-Angra_templeofshadows

EXTREME “PORNOGRAFFITTI”

51GVW5Z5T9L

GALNERYUS “RESURRECTION”

220px-GalneryusResurrectionCover

JOE SATRIANI “SURFING WITH THE ALIEN”

Joe_Satriani_Surfing_With_the_Alien

ANIMALS AS LEADERS “THE JOY OF MOTION”

The_Joy_Of_Motion2014

MESSAGE FOR THE WORLD

love1

Thank you so much for reading! We will continue to pursue the real metal and play it loud to the world, so keep up with us! And we’d like to perform in various countries around the world in the future. So when we have a show in your town or nearby, please come and join us!
Stay Metal!!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!これからもひたすらに熱いメタルを追求して世界に向けて発信していくので、私たちに着いてきてください!今後世界中の色々な国でライブをしたいと思っているので、近くでライブがあるときは是非来てくださいね!
Stay Metal!!

midori

Header03

LOVEBITES “AWAKENING FROM ABYSS” TOUR
LOVEBITES Official Site
LOVEBITES Facebook Page
LOVEBITES Official Twitter
midori Official Twitter
VICTOR ROCKS Official Twitter
VICTOR ROCKS Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です