NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SATYRICON : DEEP CALLETH UPON DEEP】JAPAN TOUR 2018 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH FROST OF SATYRICON !!

“Black Metal Is All About Attitude, Spirit And Feeling, Pretty Much Like Punk And Blues. It Doesn’t Have To Be Connected To One Very Particular Philosophical Direction. Claiming That Is Has To Be Satanic Is Simply Childish.”

DISC REVIEW “DEEP CALLETH UPON DEEP”

ブラックメタル第二の波として、EMPEROR, DARKTHRONE, ENSLAVED, IMMORTAL, MAYHEM 等と共闘しシーンを確固たるものとしたノルウェーの重鎮 SATYRICON。9年振りに決定した来日公演で、常に進化を続けるバンドのスピリットは鮮明になるはずです。
獰猛でファストな典型的ブラックメタルからは久しく距離を置く SATYRICON。確かに “Now, Diabolical” はゲームチェンジングなブラックメタルレコードでしたが、”Deep Calleth Upon Deep” で辿り着いた境地はまさしく前人未到です。
「僕はね、ブラックメタルにおけるスピードの重要性は過大評価され、大きく誤解されていると思うんだ。スピードは音楽にインテンスと極端さを持ち込む多くの方法の一つに過ぎないんだよ。」と Frost が語るように、SATYRICON の “今” を表現するブラックメタルは究極にダークで不吉なアトモスフィアをただ徹頭徹尾追求する、複合的なアート。
不穏なヴィンテージロック、ゴス、ドゥーム、アバンギャルドをブラックメタルの深淵に落とし込むダイナミックで豊かな表現性のパレットは、ある意味オリジネーター CELTIC FROST の方法論、スピリットにもシンクロしながらリスナーの酩酊を誘い、エクストリームメタルに内包された贖い難い中毒性を再確認させてくれますね。
それは乱歩の世界や百鬼夜行にも通じる複雑怪奇な狂気の乱舞、スロウバーン。
今回弊誌では FROST にインタビューを行うことが出来ました。「ブラックメタルは、パンクやブルースと同様にアティテュード、スピリット、そしてフィーリングが全てなんだよ。だから、必ずしもある特定の哲学と繋がっていなければならない訳ではないんだ。サタニズムに拘る姿勢は、単純に子どもじみているよ。」どうぞ!!

SATYRICON “DEEP CALLETH UPON DEEP” : 9.9/10

INTERVIEW WITH FROST

Q1: Once your Japan Tour was postponed, but you’ll come back to our country next month! It’s first time in 9 years. Actually, I saw your incredible performance at Loud Park 2007, 11 years, wow! How do you feel now? What’s do you like Japan?

【FROST】: We feel very good, and quite exited as well, about going to Japan again. To us Norwegians Japan feels quite exotic in a good sense, given the geographical distance and the huge differences in culture, spirit and mentality. At the same time we will get to have most of the amenities that we’re used to when being in Japan, which is practical when performing shows and wanting good working facilities. Last but not least, Japanese fans have always been responsive and fantastic according to our experience.

Q1: Loud Park 07の素晴らしいパフォーマンスを覚えていますよ。そして延期もありましたが、遂に久しぶりの日本ツアーが開始しますね?

【FROST】: 日本をまた訪れることが出来てとても嬉しいし、エキサイトしているよ。僕たちノルウェー人にとって、日本は良い意味でとてもエキゾチックなんだ。地理的にもとても離れているし、文化、精神、そしてメンタリティーも大きな違いがあるからね。
それに、日本にいる時は本当に快適なんだ。ショウの手際も頗る良いしね。そして何より、日本のファンは僕たちの経験によれば、いつも反応が良いしね。

Q2: Lot’s of Japanese fans worried about Satyr’s brain Tumor. It seems really tough decision to not have surgery, I feel. What’s his current prognosis?

【FROST】: Satyr is doing very well, and seems to be in a better and more spirited place than ever. He has proven to be far stronger than his condition. I do indeed hope that he will continue to stay in good health; I dare say that the signs are good for the time being.

Q2: 日本のファンは Satyr の脳腫瘍を心配しています。手術に踏み切らない決断もなかなかタフだったと思いますが…

【FROST】: Satyr の状態は非常に良いよ。以前より回復して、元気になったように思えるね。彼はこれまでの状態よりもはるかに強くなったと証明してきたね。
僕は本当に彼が健康で居続けるよう願っているんだ。当分の間は良いはずだと言いたいね。

Q3: I was really impressed about your new record “Deep Calleth Upon Deep”. Actually, Satyricon has progressed constantly. But it’s a record of reinvention, another realm. Is it a kind of new beginning for you?

【FROST】: Yes, it does actually feel like we have found a new, different and strange way for Satyricon to go. I believe that we managed to find the key to this new musical world as we were creating our previous, self-titled album, and realized how we could incorporate dynamics into our compostions and sound in order to gain a richer and more vital musical palette. Where we did merely scratch the surface with the “Satyricon”-album, we managed to go a lot further and deeper with “Deep calleth upon Deep” and thus truly enter new territory.

Q3: 最新作 “Deep Calleth Upon Deep” には非常に感銘を受けましたよ。
常に進化を続ける SATYRICON ですが、再度新たなスタートラインに立ったような “再発明” のアルバムですね?

【FROST】: そうだね。僕たちは確かに新しく、異なっていて、バンドにとってある意味ストレンジな方向に辿り着いた感じだね。
この新たな音楽世界へなんとか辿り着けたのは、前作のセルフタイトル “Satyricon” の制作が鍵だったと信じているんだ。その作品で僕たちは、ダイナミズムを楽曲に落とし込む方法や、よりリッチで不可欠な音楽のパレットを得る方法を理解した訳さ。
ただし、”Satyricon” では、その発見の上っ面くらいしか落とし込むことが出来なかったんだけど、今回の “Deep calleth upon Deep” ではさらにより深く探求することが出来たんだ。そうして真に新たなテリトリーへと侵入した訳だよ。

Q4: I feel “Deep Calleth Upon Deep” is kind of the record like, Vintage rock, goth, sludge, doom, avant-garde mixed together in your black metal hole, and refined with intensity. In short, it’s really incredible, eclectic art. Do you agree that?

【FROST】: You seem to enjoy the album a lot for its diversity and expressfulness, so I shall not say that I disagree with you. Personally I think of the album as very loaded with spirit, presence, energy, emotions and atmosphere. And it is beyond doubt our darkest and most sinister album to this date.

Q4: 端的に言って、”Deep calleth upon Deep” はヴィンテージロック、ゴス、ドゥーム、アバンギャルドといった多様な要素をブラックメタルの深淵に落とし込んだ、エクレクティックなアートだと感じました。

【FROST】: 君はこのアルバムをとても楽しんでくれたようだね!多様性、豊かな表現性の部分でね。だから君に同意できないなんて言うことは出来ないな。
僕個人としては、この作品は魂、存在、エナジー、感情、そしてアトモスフィアを大量に搭載したアルバムさ。そして疑いようもなく、バンド史上最もダークで不吉なアルバムさ。

Q5: How was the writing process? Actually, you cancelled Japan Tour of 1349 due to the recording schedule of Satyricon, right?

【FROST】: Trying not to be too tedious about it, what I can say is that we put down a lot of effort in order to facilitate a creative and stimulating working environment when making Deep calleth upon Deep. We all gave of ourselves in every way to make the album become the very best it could possibly be.

Q5: タフなライティングプロセスだったのでしょうか?実際あなたは 1349 の日本ツアーをキャンセルしてまでこのアルバムの制作に当たっていましたよね?

【FROST】: ライティングプロセスに関しては、とにかく冗長で飽きてしまわないよう努力したよ。
僕が言えるのは、”Deep calleth upon Deep” を制作する時は、創造的で刺激的な作業環境を促進するために多くの努力を払ったということだね。僕たちは、アルバムを最良のものにするために、あらゆる面で自分たちを捧げたんだよ。

Q6: So, you and Satyr have been playing together very long time now. What is the secret of your relationship?

【FROST】: Respect for each other, our common project and our lives’ work. And a genuine passion for music and black metal.

Q6: あなたと Satyr は本当に長い間共にプレイしています。その蜜月の秘訣はどの辺にあるのでしょう?

【FROST】: お互いを、そして僕たちのプロジェクト、ライブを尊重することだね。そして音楽とブラックメタルへの真なる情熱も。

Q7: Blast beats and tremolo riffs are one of the symbol of black metal. But recently, you have not used them so often. What’s the reason of that?

【FROST】: I disagree that blast beats and tremolo riffs are symbols of black metal. Where are the blast beats in Venom’s music (that band were the originators of the genre, after all), or in Celtic Frost? Not even Bathory had blast beats in a modern sense of the expression. I think that the importance of speed in black metal has become overrated and misunderstood by many. Speed is just one of many ways to bring intensity and extremity into the music, and the way I see it, uncritical use of blastbeats is highly counterproductive. Blast beats don’t really have a more natural place in our music of today than in the songs of Celtic Frost, for instance, and you wouldn’t want a lot of blast beats in Celtic Frost’s music, would you? Then again, we still apply blastbeats in Satyricon, like we do in Midnight Serpent and Black Wings and Withering Gloom, so we don’t rule out the possibility and potency of having fast elements in our songs.

Q7: ブラストビート、トレモロリフはブラックメタルのある意味象徴だと思うのですが、近年 SATYRICON はあまりその2つを多用していませんね?

【FROST】: 僕はブラストビートとトレモロリフがブラックメタルの象徴だとは思わないな。じゃあ、ブラックメタルのオリジネーターである VENOM、そして CELTIC FROST がブラストビートを使用していたの?さらに言えば、BATHORY でさえ、モダンな表現法でのブラストは使用していなかったよね。
僕はね、ブラックメタルにおけるスピードの重要性は過大評価され、大きく誤解されていると思うんだ。スピードは音楽にインテンスと極端さを持ち込む多くの方法の一つに過ぎないんだよ。そして、僕が思うに不要なブラストビートの使用は非常に非生産的なんだ。
ブラストビートは今の僕たちの音楽には、CELTIC FROST の楽曲よりもその居場所がないと言えるね。もちろん、CELTIC FROST にブラストビートは望まないでしょ?
ただ、それでも “Midnight Serpent” や “Black Wings and Withering Gloom” でやったように僕たちのやり方でブラストビートを使用することはあるよ。だからこれからファストな要素を使用する可能性を除外したりはしないんだ。

Q8: Off course, you are kind of legend who came out from Norway in 1991, alongside fellow second-wave giants Emperor, Immortal and Burzum. Recently, like Alcest, Deafheaven have parted ways with satanism and open the door to diversity. Do you think black metal needs to have roots in satanism still now?

【FROST】: Black metal is all about attitude, spirit and feeling, pretty much like punk and blues. It doesn’t have to be connected to one very particular philosophical direction, but the dark dimension has to be present somehow, in one form or the other. Claiming that is has to be satanic is simply childish.

Q8: SATYRICON はノルウェーブラックメタルのレジェンドです。
近年、ALCEST や DEAFHEAVEN といったバンドがサタニズムから離れ多様性へのドアを開けていますが、あなたから見てそういった試みはどう映っていますか?

【FROST】: ブラックメタルは、パンクやブルースと同様にアティテュード、スピリット、そしてフィーリングが全てなんだよ。だから、必ずしもある特定の哲学と繋がっていなければならない訳ではないんだよ。
だけど、ダークな領域はいくらか掘り下げるべきだろうね。サタニズムに拘る姿勢は、単純に子どもじみているよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED FROST’S LIFE

MOTORHEAD “IRON FIST”

The song Iron Fist from the album with the same name was what truly caught my attention first and made me become interested in hard music.

BATHORY “BATHORY”

My first and defining meeting with darkness in combination with hard and intense music.

MAYHEM “DE MYSTERIIS DOM. SATHANAS”

A soulmate in the musical world, nothing less.

THORNS “THE GRYMYRK TAPES”

Actually some demo tracks rather than an album, but still. Without this fantastic collection of dark, cold and sinister musical works, neither I nor the Norwegian black metal movement could have been the same.

DARKTHRONE “UNDER A FUNERAL MOON”

The raw essence of Norwegian black metal.

MESSAGE FOR JAPAN

Come out to one of our shows in Osaka or Tokyo and create and experience live magic with us.

東京か大阪のショウに来て欲しいね。そして僕たちとライブのマジックを創造し体験しようぜ!

FROST

日本ツアーの詳細はこちら。SMASH

9/11 (火) 大阪 / Umeda TRAD
OPEN 18:00 START 19:00
9/12 (水) 東京 / 代官山UNIT
OPEN 18:00 START 19:00

SATYRICON Facebook Page
SATYRICON Official Site
NAPALM RECORDS Facebook Page
NAPALM RECORDS Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です