NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NIGHT VERSES : FROM THE GALLERY OF SLEEP】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH REILLY HERRERA OF NIGHT VERSES !!

“Diversity Is Definitely Key For Us, And We Don’t Ever Want To Overdo Or Repeat Anything More Than Necessary. “

DISC REVIEW “FROM THE GALLERY OF SLEEP”

プログメタルのサルバドール・ダリが草創せし夢幻画廊。ファンタジーとリアリティー、テクニックとアトモスフィア、モダンとオーガニックのダイナミズムを、”夢” という自由な空想世界で交差させる無言の詩聖はインストゥルメンタルミュージックのドラスティックな再構築を試みています。
例えば Tilian Pearson を失った TIDES OF MAN が、故に音に語らせる創意工夫を磨き上げポストロックの妙手となったように、詩人の喪失は時に音楽それ自体の革新を誘います。そして急遽リードボーカル Douglas Robinson がバンドを離れることとなった NIGHT VERSES も同様に、彼の遺した “スペース” を埋めるチャレンジの中で一際精華な創造の翼を得ることとなったのです。
RED HOT CHILI PEPPERS, TOOL, RAGE AGAINST THE MACHINE、そして近年では INTRONAUT とある種独創性を追求したアートの都 L.A. で、NIGHT VERSES の資質が育まれたのは必然なのかも知れませんね。
実際、ポストロックのソニカルな音景とハイパーテクニカルな Djent の相反をオーガニックに融解し、ダウンテンポのエレクトロニカを織り込む前人未到のドリームスケープは、超現実的なダリのシュルレアリスムにも通じる倒錯と魅惑のアートです。
フルブラストで幕を開ける夢への廻廊 “Copper Wasp” こそ “From the Gallery of Sleep” への強烈なインビテーション。多彩なリムショットやハイハットの魔術で複雑怪奇なポリリズムを支配する Aric のドラム劇場は、Nick の雄弁なギターワークと Reilly のアグレッシブなベースサウンドの独壇場。
ANIMALS AS LEADERS を想起させるファストでメカニカルな衝動から、RUSSIAN CIRCLES の重厚荘厳なグルーヴ、そして TYCHO の瑞々しいアンビエントまで自在に操る弦楽隊のテクニック、創造性はあまりに気高く孤高。
さらにサンプリングやエレクトロサウンドを加えて完成に導いたエクレクティックモンスターは、”夢” という自由な空間に花開いた崇高のアート、対比とダイナミズムのエキサイティングな奇跡に違いありませんね。
フレーズ、モチーフの巧みなリピートで、奇抜なテーマを鮮やかに印象付ける独特の手法は “Trading Shadows”, “Vice Wave” でより際立ちます。実際、「異なる音楽的な要素、アートをミックスして僕たちが伝えたい感情を具現化することこそ最も重要なことなんだ。歌詞というガイドがなくなったからね。」とインタビューで語るように、言葉を失った詩人は試行錯誤を経て、その感情を以前よりもビビッドに雄弁にリスナーのスピリットへと届けているのです。
バンドはそこからさらに多様性の扉を開き探求していきます。
パーカッシブでトライバルな “Vantablonde”、ポストロックの壮麗なサウンドスケープを掘り下げた “Lira”、hip-hop のグルーブに照らされた鮮烈のシュレッド “No Moon”、静謐な美しきアコースティックのレリーフ “Harmonic Sleep Engine”。
そうしてその全ての多様性、創造性はギターペダルの可能性を極限まで追求したプログレッシブで trip-hop なエピック “Phoenix IV: Levitation” へと集束していくのです。
アルバムは、幽玄なる白昼夢 “Infinite Beach” で TYCHO や BONOBO の理想とも深くシンクロしながら、メランコリックにノスタルジックにその幕を閉じました。
今回弊誌では、ベースプレイヤー Reilly Herrera にインタビューを行うことが出来ました。ちなみにドラマー Aric は絶賛売り出し中 THE FEVER 333 のメンバーでもあります。
Instru-Metal の最新形こそ彼ら。「”多様性” は間違いなく僕たちにとって鍵だと言えるね。これまでも同じことをやり過ぎたり、必要以上に繰り返したりすることを望んだりはしなかったからね。」どうぞ!!

NIGHT VERSES “FROM THE GALLERY OF SLEEP” : 10/10

INTERVIEW WITH REILLY HERRERA

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about yourself and band itself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【REILLY】: My name is Reilly Herrera and I play bass in Night Verses. We’ve been playing together for over 15 years, but under the name Night Verses since 2012. From The Gallery Of Sleep is our first full length instrumental record and came out earlier this Summer on Equal Vision Records.
Nick, Aric and I all grew up listening to different music to be honest – as kids it varied for each us from Tool to New-Wave to old school Punk. We all had more similar tastes when we were teenagers, and that’s when we started writing music together. It’s still that same way today and I think that helps keep it fresh for each of us – the spot where all our tastes converge into one sound.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドから聞かせていただけますか?

【REILLY】: 僕は Reilly Herrera。NIGHT VERSES でベースを担当しているよ。僕たちはもう15年も一緒にプレイしているんだ。だけど NIGHT VERSES という名前になったのは 2012年からだね。
“From The Gallery Of Sleep” は僕たちにとって初めてのインストゥルメンタルレコードさ。初夏に Equal Vision Records からリリースされたよ。
正直に言って、Nick, Aric そして僕は子供の頃、全員が異なるタイプの音楽を聴いて育ったね。それこそ TOOL からニューウェーブ、オールドスクールなパンクまで色々だったよ。ただ、10代になるとそれぞれの嗜好が似通ってきて、それで音楽を一緒に作り始めたんだ。
三者三様の音楽のテイストは今日でも変わっていないし、だからお互いに新鮮でいられるんだと思うな。全員のテイストが一つの場所、サウンドへと集束していくんだよ。

Q2: What inspired you to start playing bass guitar? Who was your musical hero at that time?

【REILLY】: I initially started playing guitar but I’ve always been enamored with music in general. I switched to Bass about 10 – 11 years ago out of necessity. We couldn’t find anyone else we wanted to play with us and Nick and I were both playing guitar. The way we started writing then was the beginning of what became Night Verses, and it was a real natural switch. As a bassist – Justin Chancellor, Jeff Caxide, Victor Wooten, and Matt Freeman were the first heavy influences that came to mind.

Q2: ベースを始めたきっかけ、当時のヒーローについて教えてください。

【REILLY】: 僕は最初ギターを始めたんだ。ただ、僕はいつだってテクニックよりも音楽それ自体に魅了されて来たんだよ。ベースにスイッチしたのは10年か11年くらい前かな。必要に迫られてね。
その頃、僕たちはなかなか一緒にプレイしたい人物を見つけられずにいたんだ。Nick と僕が2人ともギターをプレイしていて、だから僕がベースを弾くことにしたんだよ。そうやって作曲を始めたのが NIGHT VERSES の幕開けとなったね。とても自然なスイッチだったよ。
ベーシストとしては、Justin Chancellor, Jeff Caxide, Victor Wooten, Matt Freeman が最初に大きな影響をもたらした人たちだよ。

Q3: The unity of you three seems to be very strong, isn’t it?

【REILLY】: Yes. Essentially we were the only ones left who kept writing music together relentlessly through-out the years. So, influence-wise, I comes from a punk and emo (first wave) background, Nick has this endless obsession with anything heavy and Aric spend most of his time listening to anything from trip-hop to 80s post-punk. I think progressive rock and metal were the only two genres we all shared an interest in throughout the years.

Q3: バンドに残った3人の絆はとても強固なようですね?

【REILLY】: そうだね。重要なのは僕たち3人だけがバンドに残り、何年も徹底的に音楽を作り続けているということだよ。
普段僕はパンクやエモのファーストウェーブ、Nick はヘヴィーなものなら何でも、Aric は大抵トリップホップや80年代のポストパンクを聴いているね。だからプログロックとメタルが唯一僕たちが何年も興味を共有しているジャンルなんだ。

Q4: So, it was big surprise that Douglas left the band, and you decided to become an instrumental band. We think it’s drastic move, but was that change natural for you?

【REILLY】: It was a drastic move from an outside perspective but for all of us it actually was very natural and neutral. Douglas leaving was completely mutual and we had already composed most of our music prior to him writing vocals in the past. It was difficult filling all the space where Douglas would normally be singing, but that was the whole point of deciding to continue on as an instrumental band.

Q4: 仰るように、ボーカリストであった Douglas がバンドを離れましたね。そこからインストゥルメンタルミュージックへの移行はドラスティックにも思えますが、バンドにとっては自然だったのでしょうか?

【REILLY】: 確かにバンドの外から見ればドラスティックな移行だろうけど、僕たち全員にとっては実に自然でニュートラルな変化だったんだよ。
完全にお互いが納得して Douglas はバンドを離れたんだけど、その時点で僕たちはすでに彼がボーカルを入れる事を想定してアルバムの楽曲をほとんど書き終えていたんだ。
通常なら Douglas が歌っているはずのスペースを全て埋めるのは難しかったね。だけどその試みこそが、インストゥルメンタルバンドとして続けることを決めたきっかけになったのさ。

Q5: What made you choose “From the Gallery of Sleep” as a title of your new begging record?

【REILLY】: It’s a kind of written way to represent the albums’ theme – encompassing dream states and the idea of exploring different states of consciousness etc… The title is a example of how we wanted to channel those feelings as any artistic representation of that possible – song titles, album title, samples, and artwork, for example.

Q5: “From the Gallery of Sleep” というタイトルが意味するところを教えていただけますか?

【REILLY】: From the Gallery of Sleep” というタイトルはアルバムのテーマを反映しているんだ。言ってみれは、夢の状態をもたらし、異なる意識を探求するアイデアなんかだね。
このタイトルは、僕たちがそういった感情に、出来るだけアーティスティックな表現方法で繋がろうとした結果の一つを表しているのさ。楽曲のタイトル、楽曲毎に語られるサンプリングボイス、アートワークなどと同様にね。

Q6: Musically, “From the Gallery of Sleep” is perfect art for me. It’s really beautiful, dynamic, intelligent, and eclectic. Definitely, Cult of Luna, Russian Circles, Animals As Leaders, Tool, Brian Eno, and many other elements are mixed very unique your own way. Do you think such a diversity is “Key” of this record?

【REILLY】: Thank you so much for such a compliment. The fact that you listened that closely and were able to pull out those references is very flattering and means a lot. Diversity is definitely key for us, and we don’t ever want to overdo or repeat anything more than necessary. We love writing music and constantly getting new influences and finding ways to implement them. Thanks again, and I think the diversity you mentioned is a testament to us constantly looking for different elements to bring into our art in general.

Q6: 音楽的にアルバムは、CULT OF LUNA, RUSSIAN CIRCLES から ANIMALS AS LEADERS, TOOL, TYCHO  に Brian Eno まで内包し融解させたユニークで完璧なアートだと感じます。
“多様性” という単語は一つのキーワードでしょうか?

【REILLY】: ありがとう!君がそうやって熱心に聴いてくれて、影響の一つ一つを発見してくれたのは実に嬉しいし、大きな意味があるよ。
“多様性” は間違いなく僕たちにとって鍵だと言えるね。これまでも同じことをやり過ぎたり、必要以上に繰り返したりすることを望んだりはしなかったからね。
僕たちは音楽を書くこと、そして新たな影響をコンスタントに取り入れながら楽曲に活かしていくのが好きなんだ。
だから君が多様性に触れてくれたのは本当に嬉しいし、僕たちがアートの中にいつも異なる要素を持ち込んでいることの証拠でもあると思う。

Q7: Regarding eclectic, the contrasts between Prog and Post-rock, Tech and Atmosphere, Fast and Slow, Modern and Organic are really stand out in this record. In other words, Djent and Post-rock are really worn-out methods, but once they are mixed, it becomes very new to me. Did you intend that when you were writing the album?

【REILLY】: It’s never our intent to sound like something else, even one genre in particular. I understand how certain parts can lean towards a certain genre but mixing different elements of music, art and general feelings we want to convey is the most important thing to us. That part is definitely intended, especially since we switched to being an instrumental band as there is no exact lyrical guide for anyone to follow.
The hard part about music today is people want to understand you right away. They want to sum you up based off of your name, artwork and the first 30 seconds of the first song they hear. So it’s weird being an instrumental act because there are such specific factions. So we are kinda just floating between right now, excited to see what types of music listeners connect with this new record.

Q7: さらにその “多様性” を掘り下げますが、テクニックとアトモスフィア、ファストとスロウ、モダンとオーガニックなど対比が生み出すダイナミズムも作品では際立っていますね。言い換えれば、Djent や Post-rock といったある種使い古されたメソッドも、融合させることで新鮮に聞こえます。

【REILLY】: 僕たちは意図して何かのようなサウンドを狙うことはないし、特別なジャンルに拘りもないよ。確かにある特定のジャンルのように聴こえるパートがあるのは理解しているんだけど、異なる音楽的な要素、アートをミックスして僕たちが伝えたい感情を具現化することこそ最も重要なことなんだ。
この部分は本当に大事なんだよ。なぜなら僕たちはインストゥルメンタルバンドへ移行し、リスナーがフォローする歌詞というガイドがなくなった訳だからね。
今日の音楽シーンで難しいのは、リスナーがすぐにバンドを理解した気になることだろうね。アートワーク、バンド名、そしてアルバムの最初の楽曲の最初の30秒で要約し理解しようとする訳さ。だから多様な僕たちはある意味捻くれているよね。まあだから、今はどんなタイプのリスナーがこのアルバムと繋がってくれるのか楽しみにしている部分もあるんだけどね。

Q8: Maybe, Trip-hop, Electronic, and movie soundtracks also become inspiration of “From the Gallery of Sleep”. So, how about Japanese video game soundtracks?

【REILLY】: We’d love to! Have them contact us if you know who to talk to, haha.

Q8: Trip-hop やエレクトロニカもアルバムを彩る重要なファクターですが、例えば日本のゲームミュージックなどはインスピレーションになりましたか?

【REILLY】: というかぜひゲームのサントラを作ってみたいね!興味がある人はぜひコンタクトをとってみて!(笑)

FIVE ALBUMS THAT CHANGED REILLY’S LIFE

AT THE DRIVE-IN “RELATIONSHIP OF COMMAND”

THE LAWRENCE ARMS “OH, CALCUTTA”

ELLIOTT SMITH “ROMAN CANDLE”

TOOL “LATERALUS”

FELA KUTI “BEST OF THE BLACK PRESIDENT”

MESSAGE FOR JAPAN

Night Verses loves you, Japan!

NIGHT VERSES は日本が大好きだよ!

REILLY HERRERA

NIGHT VERSES Facebook Page
NIGHT VERSES Official Site
NIGHT VERSES Bandcamp
EQUAL VISION RECORDS Facebook Page
EQUAL VISION RECORDS Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です