NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【POSSESSED : REVELATIONS OF OBLIVION】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH EMILIO MARQUEZ OF POSSESSED !!

“Seven Churches” Was The Creation Of Death Metal In My Opinion. There Was Never a Band Who Used The Words “DEATH METAL” In Any Song Title Or Claiming That Category When “Seven Churches” Was Released. “Seven Churches” Was Very Raw And Wierd In Structure And Lyrics. Just So Dark For Its Time. Very Unique!”

DISC REVIEW “REVELATIONS OF OBLIVION”

先日、かの Rick Rubin が SLAYER をしてブラックメタルの創案者と呼んだように、ジャンルの朝未きはいつも朧げで、故にそのミステリアスなアルカイックパズルの最適解は常に議論の的となってきました。
1983年に降誕した POSSESSED は “ゴッドファーザー・オブ・デスメタル” の称号を贈られる邪悪の根源。85年にリリースしたデビュー作 “Seven Churches” が、DEATH の “Scream Bloody Gore” をはじめ CANNIBAL CORPSE, DEICIDE, OBITUARY, MORBID ANGEL といったフロリダの魑魅魍魎に少なからず影響を与えたことは想像に難くありません。
実際、今は亡き Chuck Schuldiner は、DEATH の前身バンド MANTAS が当初 VENOM/MOTORHEAD 的な方向性を志向していながら、POSSESSED の登場で全てが変わったことを認めています。
「POSSESSED は当時登場したどんなバンドとも異なっていた。その音楽は純粋なノイズではなく、様々な要素、アイデアを作曲に取り入れていたんだ。彼らの進化は、他のバンドの挑戦や拡大の下敷きとなったんだよ。」
しかし、例え楽曲やデモのタイトルに “デスメタル” の文言を掲げようとも、”Seven Churches” の音楽性は決してデスメタルの完璧な “模範解答” であった訳ではありません。むしろ、スラッシュメタルとデスメタルのダークな架け橋との評価が一般的だと言えるかも知れませんね。ただし、POSSESSED の理念は完璧なまでにデスメタルでした。
「スラッシュはクリーンボーカルで歌われる生々しくファストな音楽だ。決して難しいソングライティングのスタイルではないよ。ブラックメタルも好きだけど、限られた少しのバンドだけだ。なぜならブラックメタルバンドの大半は、サタニックでさえなく、トレンドに追従しているだけだからね。デスメタルはもっともっとチャレンジングな音楽だよ。そしてコンセプチュアルでもある。バラエティー豊かだしね。」
新生 POSSESSED の栄誉あるドラマー職に任命された Emilio Marquez は、ジャンルの交差点に対して鋭い観察眼を発揮します。
確かに、クロスオーバーの禁忌を発動せずとも、デスメタルはスラッシュやブラックメタルと比較してより猟奇でカオスで挑戦的なジャンルであるように思えます。そして、その美学を主導したバンドこそ POSSESSED だったのです。
新生。そう、POSSESSED は不死鳥の如く蘇ったバンドです。後に BLIND ILLUSION, そして PRIMUS を結成する Joe Satriani が一番弟子 Larry LaLonde の絶妙に捻くれ絶妙に知的なギターワークを軸に据え、今では心理学の学位を取得しカウンセラーとなった Mike Sus の奔放で奇々怪界なドラムダンス、Jeff Becerra の狂猛なる咆哮を三位一体の阿鼻叫喚とした10代の POSSESSED は、さながら奇想画のごとくジャンルの脱俗と自我意識を備えた異端でした。
2枚のアルバムと1枚のEPを遺して解散したバンドの復活は2007年。トリビュートアルバムから実現した再起のオリジナルメンバーは Jeff Becerra のみでしたが、それでも車椅子の Jeff が牽引するパフォーマンスはファンの熱狂を呼びました。
そして、それから12年の後に届けられた最新作 “Revelations of Oblivion” には、Emilio の言葉を借りれば “POSSESSED のレガシーをしっかりと受け継いだ” ネクストレベルの無慈悲な倒錯が封じられていたのです。
“Seven Churches” と同様に荘厳な SE で幕を開ける伏魔殿には、確かにあの POSSESSED の背徳が投影されています。GRUESOME や ex-DRAGONLORD でならすシュレッダーをリクルートした効果は絶大で、当時のリフの迷宮はドラマ性とエキサイトメントを充填し迫ります。
もちろんチープだったプロダクションも大きく改善され、Emilio の正確無比なドラムアタックは Sus の異様を懐かしむ暇さえ与えませんし、何より Jeff の鬼気はその迫真を増しています。
特に、スラッシュの疾風とデスメタルの迅雷を共存させた “Demon” の刻々と移りゆくペースチェンジの妙、”Abandoned” や “Shadowcult” の絶妙に捻くれながらもギターハーモニーまで披露するリフドラマは、アップデートされた POSSESSED 2.0 の脅威を見せつけるに充分の攻撃でしょう。
今回弊誌では、Emilio Marquez にインタビューを行うことが出来ました。「僕の考えでは、”Seven Churches” こそがデスメタルを創造したと思うね。実に生々しく、構成や歌詞も風変わりだったよね。あの時代にしてはただ本当にダークだった。とてもユニークだよ!」 偶然にも、近年の KREATOR と非常に近い場所へと着地した可能性もありますね。どうぞ!!

POSSESSED “REVELATIONS OF OBLIVION” : 10/10

INTERVIEW WITH EMILIO MARQUEZ

Q1: First of all, Possessed will release new record “Revelations of Oblivion” for the first time in 33 years. 33 years! Actually, what made Possessed come back and release new record this timing?

【EMILIO】: Hello Sin Thank you for the interest in Possessed & interview.
Jeff always wanted to continue writing and with this current lineup he could do with ease. We are all on the same page and the fans also had alot to do with Jeff wanting to do a new album. I’ve also wanted to release a new album BUT it had to be done in the POSSESSED LEGACY.

Q1: “Revelations of Oblivion” は POSSESSED にとって実に33年ぶりの新作となりました。このタイミングでリリースに至った経緯からお話ししていただけますか?

【EMILIO】: POSSESSED に興味を持ってくれてありがとう。Jeff はいつも作曲を続けていたかったんだ。そして、現在のラインナップが整ったことで作曲に向き合いやすくなったんだよ。
というのも、僕たちは全員が考えを共有しているからね。それに、ファンの存在も Jeff の新作を作りたいという思いを後押ししたんだよ。
僕ももちろん新しいアルバムをリリースしたかった。だけど、その新作は POSSESSED のレガシーをしっかりと受け継いだものでなければならないと思っていたね。

Q2: Of course, Jeff Becerra is only remaining original member of Possessed. How did you meet him and become playing together?

【EMILIO】: SEVEN GATES OF HORROR is the Tribute album for Possessed and at the time I was playing in a LA CA based band. The owner of the label asked us if we were interested in in doing 1 Possessed song with Jeff on vocals. That lead to a show in which the fans went crazy for Jeff and the Possessed songs that we played. The rest is history

Q2: もちろん、Jeff Becerra は唯一のオリジナルメンバーでバンドの魂です。彼と知り合い、バンドに加入することとなったきっかけを教えていただけますか?

【EMILIO】: 2004年に僕が参加してリリースした “The Seven Gates Of Horror – A Tribute To Possessed” は POSSESSED のトリビュートアルバムだったね。
あの時僕は、カリフォルニアのバンド (SADISTIC INTENT) でプレイしていたんだけど、レーベルのオーナーがそのアルバムのために POSSESSED の楽曲を Jeff と一曲だけ収録してみないかとオファーをくれてね。その縁でショウを行ったら、ファンは Jeff と POSSESSED の楽曲に狂喜してね。それが全ての始まりだったんだ。

Q3: So, Possessed is definitely “Godfather” of death metal and heavily influential band. How is playing such a legendary band? What’s your thought about the difference between thrash, black and death?

【EMILIO】: I still cant believe I’m in the the band. Jeff could of had any drummer but he chose me. So honored!
Thrash is a raw fast pasted style with cleaner vocals. Not to difficult in the song writing style. Black Metal is more melodic and with chipmunk vocals and funny characters on stage. I do like black metal but only a few bands. Most Black Metal bands are not even satanic just moving along with the trend.
Death Metal is much more challenging music and conceptual wise. There is so much more volume in Death Metal, In my opinion. All 3 styles are amazing but Death Metal just hits me harder that’s why we play Death Metal.

Q3: POSSESSED はデスメタルのゴッドファーザーと呼ばれ、多くの後続に多大な影響を与えていますね。まさにスラッシュメタル、デスメタル、ブラックメタルの分岐点に存在していた訳ですが。

【EMILIO】: 僕は今でも POSSESSED でプレイしていることが信じられないくらいなんだ。Jeff ならどんなドラマーでも選ぶことが出来たはずだけど、そんな中で僕を選んでくれたんだからね。本当に光栄だよ!
スラッシュはクリーンボーカルで歌われる生々しくファストな音楽だ。決して難しいソングライティングのスタイルではないよ。ブラックメタルはよりメロディックで、シマリスみたいなボーカルで、ステージではファニーなキャラクターで魅了する。ブラックメタルも好きだけど、限られた少しのバンドだけだ。なぜならブラックメタルバンドの大半は、サタニックでさえなく、トレンドに追従しているだけだからね。
デスメタルはもっともっとチャレンジングな音楽だよ。そしてコンセプチュアルでもある。バラエティー豊かだしね。3つのジャンル共に素晴らしいと思うよ。だけど、デスメタルがただ僕を最も駆り立てるんだ。だからこそこのスタイルでプレイしているんだよ。

Q4: Actually, “Seven Churches” is milestone of death metal. It was really unique extreme music, I think. What’s the record to you?

【EMILIO】: Seven Churches was the creation of Death Metal in my opinion. There was never a band who used the words “DEATH METAL” in any song title or claiming that category when Seven churches was released.
Seven Churches was very raw and wierd in structure and lyrics. Just so dark for its time. Very unique!

Q4: “Seven Churches” はデスメタルのマイルストーンにして、実にユニークな性質を持っていましたね。あなたにとってはどんなレコードでしたか?

【EMILIO】: 僕の考えでは、”Seven Churches” こそがデスメタルを創造したと思うね。あのアルバムがリリースされるまで、”デスメタル” という言葉を楽曲のタイトルや音楽のカテゴリーとして主張したバンドはいなかったはずだよ。
音楽的にも、”Seven Churches” は実に生々しく、構成や歌詞も風変わりだったよね。あの時代にしてはただ本当にダークだった。とてもユニークだよ!

Q5: It seems it’s been a long time in the writing process of “Revelations of Oblivion”. What’s the reason of that? How was the writing/recording process?

【EMILIO】: Since late 2016 Jeff and I explored new songs but nothing was engraved in stone. Since Dan’s arrival in 2010 more & more riffs came onto the table. Jeff & band was able to dissect each riff puzzling it together. Jeff and Dan wrote most of the album but of course I wrote my drums parts and 2 songs with Bobby. We all did our tracks fast and were ahead of schedule 1 day each member which gave Jeff plenty of time to do his vocals.
Peter Tagtgren, engineer, was very professional and made it easy and comfortable. Total pro.

Q5: “Revelations of Oblivion” の制作には長い期間を要したようですね?

【EMILIO】: 2016年の終わり頃から Jeff と僕は新たな楽曲に取り掛かったんだけど、結局何も生み出すことが出来なかったね。Dan がバンドに加入してから、リフはどんどん出来上がっていたんだ。それで Jeff と僕たちバンドはそういったリフを分解して、パズルのように繋ぎ合わせていったのさ。
Jeff と Dan がアルバムの大半を書いているよ。だけど僕も自分のドラムパートと、Bobby と作った2曲で貢献しているんだ。バンドのメンバーは全員レコーディングを素早く行ったんだ。どのメンバーも1日くらい早めに終わらせたから、Jeff がボーカルを収録する時間を増やすことが出来たんだよ。
エンジニアの Peter Tagtgren も実にプロフェッショナルで、快適にレコーディングを行えたね。完璧なプロさ!

Q6: Zbigniew Bielak’s artwork is incredibly beautiful. Does it reflect a concept or lyrical themes of “Revelations of Oblivion”?

【EMILIO】: Yes. Zbigniew originally sent us some artwork and the band felt it didnt fit for what we were looking for. Them he sent another artwork in the realm of Jeff’s Lyrics. So yes you can see Symbals and metaphoric messages stemming from Jeff’s lyrics.

Q6: Zbigniew Bielak の美しくどこか退廃的なアートワークには引き込まれます。作品のコンセプトとも繋がっているのでしょうか?

【EMILIO】: うん。最初に Zbigniew Bielak がアートワークの候補をいくつか送ってくれたんだ。だけど僕たちはそのどれもが求めているアートではないと感じたんだよ。
それで、Zbigniew は Jeff の歌詞を考慮して別のアートワークを送ってくれたんだ。だから、まさしく Jeff のメッセージを根幹とするシンボルとメッセージが描かれているのさ。

Q7: “Revelations of Oblivion” definitely has the trademark Possessed sound, but I feel it is up to date, more strong, more evil, more diabolical. Fantastic! In the technical and diverse recent metal scene, what was the goal of “Revelations of Oblivion”?

【EMILIO】: Well the band wanted to take what Possessed has done in the past and take it to the next level. Every member has amazing talent, I’m ok, so it reflects on our playing and production. When Possessed 1st came out they were kids so I believe they were still fine tuning the Possessed machine. As for the being more evil well todays times inspire Jeff’s lyrics and the bands aggressive style. It’s crazy what’s going on in today’s world.

Q7: お話にも出ましたが、”Revelations of Oblivion” は POSSESSED のトレードマークを引き継ぎながら、ストロングなサウンド、アグレッションの増加など現代的にアップデートされた部分もありますよね?
テクニカルで多様な現代のメタルシーンの中で、この作品が目指したゴールについてお話ししていただけますか?

【EMILIO】: そうだね。僕たちは POSSESSED が過去に成したことを取り入れながら、それをネクストレベルまで導いたんだ。メンバー全員が素晴らしい才能に恵まれている。その事実が、演奏やプロダクションに反映された訳さ。
POSSESSED のファーストアルバムがリリースされた時、彼らはまだ子供だったからね。未熟な部分もあったはずさ。
よりイーヴルになったサウンドについては、今日の社会性が Jeff の歌詞へと反映されて、バンドのアグレッシブなスタイルへ繋がった部分もあるだろうね。本当に今の世界はクレイジーだからね。

Q8: After once Possessed broke up, metal world has been subdivided and become extreme more and more. As one of an originator, what’s your perspective about the scene now?

【EMILIO】: Music and fashion always seems to go to old school. All trends go back to the original after its trend has ended. Hope that make sence.

Q8: POSSESSED がシーンを離れている間に、メタルワールドは随分と細分化され、エクストリームの度合いも増しています。

【EMILIO】: 音楽もファッションも、結局はオールドスクールなものへと回帰するんだ。トレンドが終われば、オリジナルが復興するんだよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED EMILIO’S LIFE

RUSH “2112”

SLAYER “REIGN IN BLOOD”

VAN HALEN “VAN HALEN”

BLACK SABBATH “BLACK SABBATH”

POSSESSED “SEVEN CHURCHES”

MESSAGE FOR JAPAN

Hail to the mighty Japan. I’ve been there 12 times Because I’m married to a Japanese Goddess. Love the culture, people, food, scenery and the respect that is embedded in your souls. We hope to have the honor to play your country once again. Thank you Mikitoshi, TRUE THRASH FEST / ROCK STAKK RECORDS for taking Possessed to Osaka in 2014.

やあ、日本のみんな!実は僕は12回日本に行っているんだ。というのも、日本の女神と結婚しているからね。日本文化、人びと、食事、景色、そして君たちの魂に刻まれたリスペクト精神を愛しているんだ。また日本でプレイする栄誉を得られたらいいね。
最後に、POSSESSED を大阪に招聘してくれた、TRUE THRASH FEST / ROCK STAKK RECORDS の Mikitoshi さんに感謝を。

EMILIO MARQUEZ

POSSESSED Facebook Page
POSSESSED Official Site
NUCLEAR BLAST Facebook Page
NUCLEAR BLAST Official Site
日本盤のご購入はこちら。WARD RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です