NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THE ARISTOCRATS : YOU KNOW WHAT…?】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH MARCO MINNEMANN OF THE ARISTOCRATS !!

“All I Can Say In Retrospect Is That We Had a Great Chemistry And I Guess It Shows And After All I’m Still In Touch With DT And Collaborate With Jordan On Many Projects And Also Was Planning To Do Something With John Petrucci For a While. I Was Just Personally The Right Fit. I Listened To Completely Different Kind Of Music And Never Heard DT Songs Or Owned Their Albums. That Was The Biggest Deal For Them.”

DISC REVIEW “YOU KNOW WHAT…?”

「”You Know What…?” で僕らはソングライター、ミュージシャンとして互いにインスパイアし、バンドとして未踏の領域を目指したよ。バンドはその親密さを増し、互いを深く知ることが作品の限界を広げる結果に繋がったね。それでもこれは完全に THE ARISTOCRATS のアルバムだよ。だからこそ、これまでの作品で最高にクールなんだ。」
プレスリリースにも示された通り、”You Know What…?” は THE ARISTOCRATS が追求する “ミュージシャンシップの民主主義” が結実したインストライアングルの金字塔です。
Guthrie Govan, Bryan Beller, Marco Minnemann。ギター、ベース、ドラムスの “特権階級” “最高級品” が集結した THE ARISTOCRATS は、その圧倒的な三頭ヒドラの無軌道な外観に反してデモクラシーをバンドの旨としています。実際、これまでのレコードでも彼らは、それぞれが各自の特色を内包した3曲づつを持ち寄り、全9曲の和平的 “カルチャークラッシュ” を巻き起こしてきたのですから。
「僕たちは全員が異なるスタイルを持っているね。だけどその互いの相性が THE ARISTOCRATS を形成しているんだ。」Marco の言葉はその事実を裏付けますが、ただし “You Know What…?” を聴けば、バンドのコンビネーションやシンクロニシティー、共有するビジョンが互いの個性を損なうことなく未知なる宇宙へ到達していることに気づくはずです。
オープナー “D-Grade F**k Movie Jam” は彼らが基盤とするジャズロック/フュージョンの本質であるスポンティニュアスな奇跡、瞬間の創造性を体現した THE ARISTOCRATS ワールドへの招待状。
眼前に広がるは真のジャムセッション。徐々に熱量を増していく新鮮な Guthrie のワウアタック、極上のグルーヴとメロディーを融合させる Bryan のフレットレスベース、そしてソリッドかつアグレッシブな手数の王 Marco。時に絡み合い、時に距離を置き、ブレイクで自在に沸騰する三者の温度は Beck, Bogert & Appice をも想起させ、ただゲームのように正確に譜面をなぞる昨今のミュージシャンシップに疑問を呈します。
トリッキーな6/8の魔法と両手タッピングからマカロニウエスタンの世界へと進出する “Spanish Eddie”、サーフロックとホーダウンをキャッチー&テクニカルにミックスした “When We All Come Together” はまさに THE ARISTOCRATS の真骨頂。ただし、70年代のヴァイブに根ざした刹那のイマジネーション、インプロの美学は以前よりも明らかに楽曲の表層へと浮き出てきているのです。
KING CRIMSON のモンスターを宿す “Terrible Lizard”、オリエンタルな風景を描写する “Spiritus Cactus” と機知とバラエティーに富んだアルバムはそうして美しの “Last Orders” でその幕を閉じます。Steve Vai の “Tender Surrender” はギミックに頼らず、トーンの陰影、楽曲全体のアトモスフィアでインストの世界に新たな風を吹き込んだマイルストーンでしたが、”Last Orders” で彼らが成し得たのは同様の革命でした。
それはインタープレイとサウンドスケープ、そしてエモーションのトライアングル、未知なる邂逅。さて、音楽というアートはそれでも正しいポジション、正しいリズムを追求するゲームの延長線上にあるのでしょうか?
今回弊誌では、Marco Minnemann にインタビューを行うことが出来ました。DREAM THEATER のドラムオーディションには惜しくも落選したものの、マルチプレイヤーとしてソロ作品もコンスタントにリリースし、近年では Jordan Rudess, Steven Wilson, RUSH の Alex Lifeson とのコラボレートも注目されています。
「個人的には完璧に DREAM THEATER にフィットしていたと思うよ。ただ僕は彼らとは完全に違う感じの音楽を好んでいるし、DREAM THEATER の楽曲を聴いたこともなければアルバムも持っていなかったからね。それがオーディションの中で彼らにとって大きな意味を持ったんじゃないかな。」日本のサブカルチャーを反映したTシャツコレクションも必見。二度目の登場です。どうぞ!!

THE ARISTOCRATS “YOU KNOW WHAT…?” : 10/10

INTERVIEW WITH MARCO MINNEMANN

Q1: Hi, Marco! First of all, lot’s of Japanese fans loves to see your T-shirts collections, haha. Like Junji Ito, PonPonPon, it seems you are interested in Japanese sub-culture, right? Where did you get these T-shirts?

【MARCO】: Thank you, and yes, I love Japanese culture and some of my best friends are from Japan. I really like the beauty and uniqueness in Japanese art. Especially Junji Ito themes are mesmerizing and leave a lot of things to imagination. It’s surreal and beautiful.

Q1: 日本のファンは、あなたのTシャツコレクションを楽しみにしていますよ(笑)。伊藤潤二、PonPonPon など日本のサブカルチャーに興味をお持ちのようですね?

【MARCO】: ありがとう。うん、僕は日本文化を愛しているし、親友のうち何人かは日本人なんだ。僕は日本が生み出すアートの美しさやユニークさが本当に大好きなんだよ。
特に伊藤潤二のテーマは魅力的で、イマジネーションを喚起してくれるね。シュールで美しい世界だよ。

Q2: When I had interview with Jordan Rudess, he said “We have done 2 albums together with Tony Levin (the LMR albums) which are really cool instrumental albums! When I thought about the music I wanted to write for this album and the parts that are completely over the top crazy rhythmic prog I thought that Marco would be the guy to do it!!!”. It seems you two are really connected musically, right? How was the collaboration with Jordan on “Wired for Madness”?

【MARCO】: Yes, Jordan and I are longtime friends and musical parthers. It’s always fun to work with him and the musical chemistry between us leads always to new adventures. The piece I played on Wired For Madness was a 23+ mins piece and contains a lot of parts and changes.
I’ve recorded it at home….. part by part. It’s a luxury having your music studio at home and being able to operate right from the source. That way allows me to play complex parts and record them until I’m happy, without having to wait for an engineer to punch me in and out.

Q2: 先日、Jordan Rudess にインタビューを行ったのですが、彼はあなたについて「Marco とは、Tony Levin も含めて Levin Minnemann Rudess のアルバムを2枚制作したね。あの2枚は実にクールなインストゥルメンタルアルバムだったんだ!だからこのアルバム (Wired For Madness) のために書く音楽、そして完全に限界を超えたリズミックなプログパートを思えば、Marco こそが適任だと思えたんだ!」と語っていました。
お二人は、音楽的に深く繋がっているようですね?

【MARCO】: そうだね。Jordan と僕は長年の友人で、音楽的パートナーなんだ。彼と製作するのはいつも楽しいし、僕たちの間に存在する音楽のケミストリーはいつも新たな冒険へと誘ってくれるんだよ。彼のソロアルバム “Wired For Madness” で僕がプレイしたのは23分を超える楽曲で、多くのパートと変化を内包していたね。
自分の家でレコーディングを進めたんだ。パートごとにね。家にスタジオがあるって贅沢なことだし、気の済むまで正しくソースを料理することができる。スタジオがあることで、複雑なパートも満足いくまでプレイすることができたんだ。エンジニアを待たせることがないからね。

Q3: Regarding Jordan, I wanted to see you join Dream Theater at that time. I mean, you are drummer but also composer, multi-instrumental player, so If you had joined in the band, maybe something different would’ve happen in Dream Theater, I think. Looking back now, what’s the audition to you?

【MARCO】: Oh, that was almost 10 years ago…. it’s so far away in the past. All I can say in retrospect is that we had a great chemistry and I guess it shows and after all I’m still in touch with DT and collaborate with Jordan on many projects and also was planning to do something with John Petrucci for a while. I was just personally the right fit. I listened to completely different kind of music and never heard DT songs or owned their albums. That was the biggest deal for them. They wanted someone in the band who is ultimately dedicated and would make time for the band whenever necessary. Makes all sense.

Q3: Jordan と言えば、DREAM THEATER でプレイするあなたを見たかったファンも多いはずです。
なぜならあなたは、ドラムの名手でありながらマルチプレイヤー&コンポーザーで、彼らのマテリアルにまた違った色をもたらすことが出来たはずですから。

【MARCO】: もうあのオーディションからほとんど10年も経つんだね…もうとても昔のことのように思えるよ。僕が言えるのは、僕とバンドに素晴らしいケミストリーが生まれていたこと。そしておそらくその成果によって今でも DREAM THEATER のメンバーとコンタクトを取り続けることができていて、Jordan とは何度もコラボレートできたし、John Petrucci ともしばらくは何かやろうと計画できていたわけさ。
個人的には完璧にフィットしていたと思うよ。ただ僕は彼らとは完全に違う感じの音楽を好んでいるし、DREAM THEATER の楽曲を聴いたこともなければアルバムも持っていなかったからね。それがオーディションの中で彼らにとって大きな意味を持ったんじゃないかな。
それに、彼らはバンドに究極に全てを捧げ、必要な時はいつでもバンドに時間を割ける人物を探していたんだ。そう考えると全て辻褄があうよね。

Q4: Also, it seems a collaboration with Alex Lifeson is the coolest thing to you, right? Of course, he joined your solo record “Borrego” in 2017. But what was co-writing experience with legendary Alex for you? Do you want to continue the project?

【MARCO】: yes, Alex Lifeson is a big influence and I love working with him. He has been played on 4 songs on my album Borrego and it was an amazing musical energy that we’ve created.
We then continued working together on an 8+ mins song called Lovers Calling, which is available as a very limited 12” Vinyl Picture Disc.
The song takes you on a journey I believe and came out really deep and meaningful. It also features the amazing Mohini Dey on Bass and Maiah Wynne On Vocals. For the ones didn’t get a copy of the Picture Disc: The songs will also be released on my forthcoming album called My Sister.

Q4: 最近では、RUSH の Alex Lifeson とのコラボレーションがビッグニュースでしたね?あなたにとって非常に意義深い出来事だったのではないですか?

【MARCO】: うん、Alex Lifeson からは大きな影響を受けているし、彼と仕事をするのが大好きだからね。彼は僕のアルバム “Borrego” で4曲プレイしてくれたね。そして僕たちが創造した音楽のエナジーは実に素晴らしいものがあったんだ。
だから僕たちは共作を続けることにしたんだ。”Love Calling” という8分を超える楽曲でね。これは限定生産のヴァイナルピクチャーディスクとして手に入れることが可能だよ。
まさに旅へ誘うような楽曲になったと信じているんだ。とても意義深いものになったね。それにベーシスト Mohini Dey, ボーカルに Maiah Wynne という最高のミュージシャンを起用している。ピクチャーディスクを手に入れられなかった人のために、次のソロアルバム “My Sister” にも収録する予定だよ。

Q5: OK, let’s talk about The Aristocrats. “You Know What?”…very wired title & wired artwork, right? what’s the meaning behind that?

【MARCO】: hah, that’s exactly how it was intended to be.
I came up with that title, because it was a running joke between Guthrie, Bryan and I. During our recordings for our first album a few years back, I was standing in a lunch line in front of the recording studio and the people in front of me couldn’t make up their minds about what to order. It was taking so long that after that experience I went back to the recording room and said to my band mates in a very angry German inflection that I was displeased with the people in line and wanted to tell them : “You Know What? …. F*** you all”!
We all laughed about it and became a thing.
And then Hajo Müller made these cool sketches describing certain scenes that we thought could be appropriate for that term. Hahahaha.

Q5: では THE ARISTOCRATS の最新作 “You Know What…?” について話しましょう。実に風変わりなタイトル、アートワークですね?

【MARCO】: はは、それこそが僕たちの意図したことだったんだ。僕がタイトルを思いついたんだけど、これは Guthrie, Bryan, そして僕の中で口にしていたジョークから生まれたんだ。
何年か前、ファーストアルバムのレコーディング期間だったんだけど、僕はスタジオの前の店のランチの列に並んでいたんだ。そして僕の前の人が何を注文しようかなかなか決められなかったんだよ。おかげでとても時間がかかって、レコーディングルームに戻るやいなや僕は2人に怒り狂ったドイツ語訛りで彼に対する不快感をぶつけたんだ。「ちょっと聞いてくれ!(You Know What?) あいつらはクソったれだ!」ってね。それで全員が大笑いしてバンドの中で流行ったんだ。
そうして、Hajo Müller がそのセリフに相応しいシーンをスケッチして描写してくれたんだよ (笑)。

Q6: The Aristocrats is “democracy of musicianship” where each album is a perfectly divisible-by-three nine songs, and each band member writes three of the nine. And that contrast is perfect in “You Know What?”! In your perspective, what’s the difference each three members about composing?

【MARCO】: we all write differently in styles, but for each other when it comes to The Aristocrats.
But the difference would probably be: 1. Guthrie writes more from a perspective to give us all lots of freedom on our individual instruments. 2. Bryan comes will very detailed arrangements for the parts and sounds. 3. I like to not shy away from layering and orchestrating parts. So some of the songs are sometimes difficult to translate in a live setting as a trio. But we’ll do our best. Hehe.

Q6: THE ARISTOCRATS は “ミュージシャンシップの民主主義” と形容されるように、3人が3曲づつ持ち寄りアルバムを製作しています。あなたから見て、3人のコンポーザーにはどの様な違いがありますか?

【MARCO】: 僕たちは全員が異なるスタイルを持っているね。だけどその互いの相性が THE ARISTOCRATS を形成しているんだ。
おそらくその違いはこんな感じだろうな。Guthrie は各楽器により自由を与えるような観点で楽曲を書いているね。一方で、Bryan はパートやサウンドのアレンジを詳細まで作りこむんだ。僕はレイヤーしたり、オーケストラのパートが好きだね。だから時にトリオでライブに取り組むには難解な楽曲にもなるんだよ。まあだけど、全員がベストを尽くすよ (笑)。

Q7: I think Marco-Bryan is the best rhythm team in the world. What do you like the combination with Bryan? What’s the important point, when you choose bass player?

【MARCO】: aww, thank you so much. Well, we’ve known each other for quite some time and meanwhile have this sometimes almost telepathic chemistry. We sometimes hit the same fills or accents together and leave space for each other whenever needed.
I think for a bass player it’s very important to have a solid foundation of groove, glue things together and have a nice well rounded bass tone.

Q7: あなたと Bryan のコンビは世界でも屈指のリズムセクションだと思います。彼とのタッグで気に入っている点を教えてください。

【MARCO】: わー、ありがとう。そうだね、僕たちは互いに知り合って長く経つから、時にはテレパシーのようなケミストリーが生まれるんだ。同じフィルやアクセントでプレイすることもあれば、必要なら互いにスペースを残すこともあるね。
ベースプレイヤーにとって重要なのは、ソリッドなグルーヴの基盤を持ち、バンドをしっかりと密着させて、豊満なベーストーンを刻むことさ。

Q8: It seems you are making new solo record “My Sister”. Could you tell us about the record as much as you can?

【MARCO】: thank you, yes. My Sister has a triple meaning: 1. I was seeing once a girl and then after started seeing her sister. Hahahaha. Sorry.
2. There’s an actually quite famous person who shall go nameless, hahaha, who always said that I was like a brother she never had. But then she kissed me. Hahaha. That was weird but funny. This scene is described in the title song My Sister.
3. I had a half sister, who passed away many years ago. And finally I was able to write a song about her called A New Body For Your Soul. That was very satisfying for me and meant closure.
But overall I was writing about the rural areas in Southern California where I explored and experienced many sad but also beautiful stories about people and their lives. Especially in the little towns I found a lot of sadness or sad stories about broken families and drug abuse. And I wrote many of these stories down and wanted to give these people hope.
Especially the songs Arrogance, Start Again and White Sheets (this one is about my stay in Bangladesh) have a very deep meaning for me. I’m also very pleased to have wonderful special guests Alex Lifeson and dUg Pinnick with me on this 2 CD set.

Q8: 先程お話しにも出ましたが、新たなソロアルバム “My Sister” も製作中のようですね?

【MARCO】: ありがとう、そうなんだよ。”My Sister” には3つの意味がかけられていてね。一つ目は、昔ある女の子と付き合っていたんだけど、その後彼女の姉妹と付き合い始めたんだよ。はははは!ごめん!
二つ目は、名前は出せないけどすごく有名な知り合いがいてね。彼女はいつも僕を、実際はいないんだけど兄弟のようだと言っていたんだ。それなのに彼女は僕にキスしてきたんだ!はははは!変わっているけど面白い話でしょ?このシーンがタイトル曲 “My Sister” で描写されているよ。
三つ目は、僕には腹違いの姉妹がいたんだけど、何年も前に亡くなってしまったんだ。それで遂に彼女についての楽曲 “A New Body For Your Soul” を書くことができたんだ。とても満足しているよ。
まあだけど、全体としては南カリフォルニアで僕が経験した悲しくも美しい人々の人生について書いているよ。特にリトルタウンでは、家庭の崩壊、ドラッグ中毒に起因する多くの悲しみを見てきたからね。そういった人たちに希望を与えるためにも、彼らのストーリーを書きたかったんだ。
特に “Arrogance”, “Start Again”, “White Sheets” (この曲はバングラデシュにいた時のことを書いたよ) は僕にとってとても深い意味を持つんだ。それにこの二枚組の CD セットに、Alex Lifeson, dUg Pinnick をゲストとして迎えられてとても嬉しかったね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED MARCO’S LIFE

QUEEN “NEWS OF THE WORLD”

LED ZEPPELIN “HOUSES OF THE HOLY”

THE POLICE “SYNCHRONICITY”

RYUICHI SAKAMOTO “CINEMAGE”

KATE BUSH “HOUNDS OF LOVE”

MESSAGE FOR JAPAN

I love Japan and really could move to your country. Thank you all the wonderful people for liking my art. Never give up, there’s always hope and always believe in yourself and good friendship.
Arigatou Gozaimasu

日本が大好きだし、本当に移住したいと思っているんだ。僕のアートを愛してくれるすべての素晴らしき人たちにありがとう。諦めないで欲しい。いつだって希望はあるよ。自分を信じて、良い友人を作るんだ。ありがとうございます。

MARCO MINNEMANN

THE ARISTOCRATS Facebook Page
THE ARISTOCRATS Official Site
MARCO MINNEMANN Facebook Page
MARCO MINNEMANN Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です