NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NOVENA : ELEVENTH HOUR】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH HARRISON WHITE OF NOVENA !!

“We Felt That Ross & Gareth, The Two Tones They Created Were Distinct, Rich And Balanced Each Other Out Nicely. It Really Gave Us a Wide Palette Of Colours To Paint With On This Album. We Love Playing With That Duality Of Light/Dark, Fragile/Destructive etc.”

DISC REVIEW “ELEVENTH HOUR”

「僕たちはあらゆる種類の音楽が大好きだからね。どのジャンルが何であるかは僕たちにとってそれほど重要ではないんだよ。すべての音楽に価値があると信じているからね。」
HAKEN, SLICE THE CAKE, THE HAARP MACHINE, RAVENFACE, SLUGDGE, そして BLEEDING OATH。21世紀のプログレッシブ世界において最重要と言える綺羅星の住人が集結した NOVENA は文字通りのスーパーグループです。そうして彼らが創り上げたデビューフル “Eleventh Hour” は、その多様性と劇場感、旋律の煌めきで10年代最高峰のモダンプログ作品となった HAKEN の “The Mountain” と同等のエピックワールドを宿していたのです。
「死は僕たち全員をつなぐものだけど、それについて話すことはしばしば非常に難しいようにも感じられる。ただし、この作品が不健全で悲観的なレコードになることは望んでいなかったんだ。僕たちの本当の目的は、人生で最後の章に入った人々のストーリーを取り上げ、彼らの経験がどのようなものかを探ることだったからね。」
“Eleventh Hour”, 23時とは、人生を24時間に例えたライフクロックにおける残り1時間、まさに終焉の刻。その僅かな時間の光度や色彩、流速はきっと千差万別でしょう。NOVENA はそんな終幕の舞台を73分、10の顔で演じきり、単色に思われた悲壮な死のイメージをカラフルに塗り替えて見せたのです。
「Ross と Gareth、ボーカルの2人が NOVENA で創造した2つのトーンは明確で、豊かで、 互いにバランスが取れていたんだ。このアルバムにペイントする色彩豊かなパレットを提供してくれたんだよ。つまり僕たちは、明/暗、脆弱/破壊といった二重性をプレイするのが大好きなんだ。」
モダンプログ世界において、LEPROUS の Einar Solberg と共にエセリアルを一手に引き受ける Ross Jennings の存在により、たしかに NOVENA と HAKEN の比較は避けがたいものとなっています。しかし、声の片翼に SLICE THE CAKE の鬼才 Gareth Manson を配置することで、NOVENA の可能性はエピックの空高く舞い上がることとなりました。
その NOVENA の独自性を証明するのが、ジャズの深淵を探求した “Sail Away” からシアトリカル極まる “Lucidity” への流れでしょうか。時の流れをしめやかに紡ぐ Ross の美麗の一方で、激烈なグロウルからクリーントーンのコーラス、そして感情を湛えるスポークンワードまで多様に演ずる Gareth の才気は完璧なコントラストを運び、まさに死を眼前に見据える複雑な明と暗、穏と激を見事に描写します。
そうして芽生えたダイナミズムの炎は、”Corazon” でエスニックに燃え上がります。「単なる断片的な音楽じゃなく、物語を語り ‘楽曲’ を書くことは、作曲の過程が常に重要であり、僕はそのストーリーの伝達に最も役立つと思われるあらゆるツールを試して使用したいと思っているんだ。だからキューバの2人のキャラクターを追った “Corazon” のような楽曲の場合、そのストーリーを伝えるにはその国の音を含める必要があると感じたんだよ。」
フラメンコからボレロにルンバ、女声にハンドクラップまで、Harrison の言葉通りあらゆるツールを使用してドラマティックに構成した8分のカリブ劇場は、あまりにエモーショナルで胸を打ちます。
もちろん、”Indestructible” で見せるポップとデスコア、言わば STYX と WHITECHAPEL の共存は実に新鮮ですし、DREAM THEATER と Djent をメズマライズに並列に並べた15分を超えるクローサーの “Prison Walls” も見事の一言。
今回弊誌では、Harrison White にインタビューを行うことが出来ました。「Djent の定義? アートフォームの先駆者が客観的な意味で独自のスタイルを定義することはほとんどないんだから。そういった議論は後に人々が振り返り、その周りで起こった流れの文脈の中でアートを見て、物事を分類し始めるときに起こるんだよ。」 すでにシーンの同胞から絶賛を浴びている本作。プログメタル世界随一の変態ベーシスト Moat にも要注目。どうぞ!!

NOVENA “ELEVENTH HOUR” : 10/10

INTERVIEW WITH HARRISON WHITE

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about the band and yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【HARRISON】: Thanks for having us, it’s lovely to meet you, if only through the confines of an email. We’re fans of all sorts of music in Novena, which I think is part of why we like to experiment with lots of different sounds in our songwriting. Growing up, I personally had a lot of Stevie Wonder, Jackson 5, Status Quo, The Eagles, and ABBA in my life. Later came Led Zeppelin, Iron Maiden, Black Sabbath etc, which I discovered in my teenage years! I know Moat listened to mostly 2000s HipHop when he was younger before getting into a lot of Indie. Ross loved a lot of 80s and 90s pop and Arena Rock amongst other things. We’re a varied bunch!

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【HARRISON】: インタビューをありがとう。僕たちは NOVENA に存在するありとあらゆる種類の音楽のファンなんだ。それがこのバンドがソングライティングでさまざまなサウンドを実験するのを愛する理由の一つだと思う。
個人的には、Stevie Wonder, JACKSON 5, STATUS QUO, THE EAGLES, ABBA を聴いて育ったね。その後、LED ZEPPELIN, IRON MAIDEN, BLACK SABBATH などを10代で発見することになったんだ!
Moat はインディーにハマる前、若き日はほとんど2000年代の HipHop を聴いていたね。Rossは80年代と90年代のポップスやアリーナロックが特に気にいっていたんだ。つまり、僕たちは実に多種多様なんだよ!

Q2: You are multi-player, played guitar and keybord in Novena, right? What inspired you to play such instruments? Who was musical hero at that time?

【HARRISON】: I play guitar and keys in Novena, correct! I had a few piano lessons when I was about 5 years old, and continued for a few years – but I have to admin I found them quite boring and practising became a chore. When I was about 10 I got my first guitar and immediately fell in love. I originally idolised Status Quo, then Jimmy Page of Led Zeppelin, and then John Petrucci of Dream Theater, and final Guthrie Govan. When I got to about the age of 16, I picked up the piano again, this time teaching myself. I very quickly got deep into music theory and songwriting, and found the piano to be the most amazing compositional instrument – I write more or less everything at the piano now, rarely the guitar!.

Q2: あなたは NOVENA ではギターとキーボードをマルチにプレイしていますね?

【HARRISON】: その通りだよ!僕は5歳の時にピアノのレッスンを受けて、それから何年か続けていたんだ。だけど管理されていてかなり退屈で、練習が仕事のようになってしまい面倒になったんだよ。
10歳の頃、最初のギターを手に入れてすぐに恋に落ちたね。そもそもは STATUS QUO, 次に LED ZEPPELIN の Jimmy Page、そして DREAM THEATER の John Petrucci、そして最後に Guthrie Govan が僕のアイドルとなった。
16歳くらいになった時、僕は再びピアノを手に取り、今度は自分自身で学んだんだ。するとすぐに音楽理論と作詞作曲に深くのめり込み、ピアノが最も驚くべき作曲楽器であることに気づいたわけさ。今ではピアノでほとんどすべてを書いているね。ギターは作曲にはめったに使わないんだ。

Q3: Novena is definitely progressive super band. Haken, Slice the Cake, The Haarp Machine, Ravenface, Bleeding Oath and Slugdge get together! How did it come to be?

【HARRISON】: Novena started with Moat and myself. We were members of a previous band, Bleeding Oath, and when that band died, we carried the ideas for the music we’d been writing there forward. We developed it further, and that became the ‘Secondary Genesis’ EP. We found Cameron and Dan at University (long before either of them were in any of those bands!), and Ross and Gareth came to us a few years later. Interestingly, Novena has actually existed in the background longer than many of the other bands the members have been in, primarily with the exception of Haken. We just worked away quietly in the background whilst everyone was busy doing awesome things elsewhere! We always loved that our members had so many places to go and keep busy and express themselves, though. You should definitely check out their other bands!

Q3: HAKEN, SLICE THE CAKE, THE HAARP MACHINE, RAVENFACE, BLEEDING OATH のメンバーが一堂に会した NOVENA は、ましくモダンプログレッシブのスーパーバンドですね?
これだけのメンバーをどのように集めたのでしょう?

【HARRISON】: NOVENA は僕とベーシスト Moat Lowe (SLUGDGE) が始めたんだ。僕たちが所属していた BLEEDING OATH が解散した後、あのバンドで書いていたアイデアを発展させて “Secondary Genesis’ EP を作ったんだよ。
今君が挙げたバンドを始めるよりずっと前にドラムの Cameron Spence (RAVENFACE) とギターの Dan Thornton (ex-THE HAARP MACHINE) を大学で見つけていて、さらにボーカルの Ross Jennings (HAKEN) と Gareth Manson (SLICE THE CAKE) が数年後に加わった。
実は興味深いことに、NOVENA は主に HAKEN を除いて、メンバーが所属している他の多くのバンドよりも長い活動歴を持っているんだ。ただメンバーの誰もが他の場所での素晴らしい活動に忙しかったから、僕たちはバックグラウンドで静かに離れて仕事をしていただけなんだ!
まあだけど僕たちは、メンバーが忙しく自分を表現する場所がたくさんあることをいつも愛していたからね。だから他のバンドもぜひチェックしてみてね!

Q4: I feel Frontiers Music usually contract with more melodic hard, and older bands. But what made you contract with them?

【HARRISON】: It’s true that Frontiers are often thought of for their big Legacy acts (Toto, Journey, Whitesnake etc…), and their amazing roster of AOR acts. However, recently they’ve had a real drive to recruit fresh talent around the world, and we’re proud to be part of that! When we were writing Eleventh Hour, we were keen to give it the best platform it could to succeed. In our conversations with Frontiers Records, which were initiated by Ross, we just felt an Affinity (no pun intended) with their ethos, and liked the interest they showed in our music. We’re looking forward to a productive relationship with them going forward

Q4: レーベルの Frontiers Music は、もう少し年齢が上のメロディックハードなバンドを主に扱うレーベルですが…

【HARRISON】: そうだね、Frontiers は TOTO, JOURNEY, WHITESNAKE といった伝説的バンドと素晴らしい AOR のロースターて知られているよね。だけど近年では、彼らは世界中からフレッシュなタレントをリクルートすることにも実に積極的なんだ。だから彼らと契約できて誇らしいね!
“Eleventh Hour” を書いている時、僕たちはアルバムが成功するために最高のプラットフォームを提供したいと考えていたんだ。Ross によって始められた Frontiers Recores との話し合いで、僕たちは彼らの持続的な親和性(HAKEN の “Affinity” とかけたシャレじゃないよ)を感じ、彼らが僕たちの音楽に示した興味を気に入りったんだ。今後の彼らとの生産的な関係を楽しみにしているよ。

Q5: Ok, let’s talk about your debut-full “Eleventh Hour”. The record starts “2258”, “2259” like countdown to 2300, eleventh hour. What does it mean? Is there any concept behind that?

【HARRISON】: Eleventh Hour is a concept album, for sure. I like to leave some space for people to listen to the album, get to know it and find and apply their own meaning, but I will say that the album is all about questioning our relationship as human beings to death; death is something that connects all of us, but something we often find so difficult to talk about. However, I didn’t want this to be a morbid record through and through, and our real aim was to take stories of people in the last chapter of their lives, and explore what their experiences are like. Each song is either based on a real event, or fictionalised, but follow a character or characters to their end, each one with a different perspective. 22:58 and 22:59 act as a sort of prologue. Have fun guessing the rest!

Q5: “Eleventh Hour” は23:00 へのカウントダウンのように、”22:58″, “22:59” の2曲から幕を開けますね?

【HARRISON】: “Eleventh Hour” はコンセプトアルバムだよ。もちろんね。個人的にはリスナーがアルバムを聴いて内容を知り、自分自信の意味を見つけて適用するためのスペースを残したいんだけど、このアルバムが人間と死との関係に一石を投じるものだとは言っておこうか。
死は僕たち全員をつなぐものだけど、それについて話すことはしばしば非常に難しいようにも感じられる。ただし、この作品が不健全で悲観的なレコードになることは望んでいなかったんだ。僕たちの本当の目的は、人生で最後の章に入った人々のストーリーを取り上げ、彼らの経験がどのようなものかを探ることだったからね。
各楽曲は、実際の出来事に基づいているか、もしくはフィクション化されているものもあるけど、それぞれ異なる視点を持つキャラクターをフォローしているんだ。”22:58″ と “22:59” は一種のプロローグとして機能しているよ。残りは推測して楽しんでね!

Q6: Actually, “Eleventh Hour” is the most epic modern prog record in decade as well as Haken’s “Mountain”. But with Gareth, Novena gains contrast between heavy and ethereal compared with Haken, right?

【HARRISON】: Well, that’s a massive compliment, so thank you very much! Of course, with Ross’ vocals, we’re always going to draw comparisons to Haken, and there are stylistic overlaps. Gareth has his own, totally unique style, which you can hear in Slice the Cake (I encourage your readers to listen to Odyssey to the West – it’s a masterpiece!), and we felt that the two tones they created were distinct, rich and balanced eachother out nicely. It really gave us a wide palette of colours to paint with on this album. We love playing with that duality of light/dark, fragile/destructive etc..

Q6: 実際、”Eleventh Hour” はここ10年で HAKEN の “Mountain” と並ぶ最もエピカルなモダンプログ作品だと感じました。
もちろん、初期の HAKEN がよりヘヴィーな瞬間を内包していたにせよ、グロウルからスポークンワードまで担当するもう一人のシンガー Gareth の存在が、HAKEN と比較してよりヘヴィーとエセリアルの対比を浮き出させていますよね?

【HARRISON】: それは大きな賛辞だね、どうもありがとう!もちろん、Ross のボーカルが共通しているから、HAKEN との比較は常に存在するし、たしかにスタイルが重複している部分もあるよね。
だけど Gareth には独自の完全にユニークなスタイルがあるんだよ。SLICE THE CAKE を聴けば分かるよね?読者には “Odyssey to the West” をお勧めするよ。傑作だから!
そんな2人が NOVENA で創造した2つのトーンは明確で、豊かで、 互いにバランスが取れていたんだ。このアルバムにペイントする色彩豊かなパレットを提供してくれたんだよ。つまり僕たちは、明/暗、脆弱/破壊といった二重性をプレイするのが大好きなんだ。

Q7: Also, From jazz like “Sail Away” to Flamenco like “Corazon”, diversity of “Eleventh Hour” is incredible! How do you take lot’s of “outside metal” influences?

【HARRISON】: Thank you! As we said earlier, we love all sorts of music. What genre something is isn’t enormously important to us, and we believe there’s something of value In all music. Telling stories and the writing of a ‘song’, rather than just a piece of music, have always been important to be in the compositional process, and I like to try and use whatever tools I think will best serve the delivery of that story. So, for a song like ‘Corazon’, which follows two characters in Cuba, it felt necessary to include that sound to tell that story. Similarly, in something like Prison Walls, where we’re touching on subjects of a splintered psyche, all that chromatic nonsense in the middle felt like the right sound to try and express that distress.

Q7: ジャズを探求した “Sail Away” からエスニックな “Corazon” まで、”Eleventh Hour” の多様性は驚異的です!実際、”アウトサイドメタル” な要素に溢れた作品ですよね?

【HARRISON】: ありがとう!さっきも言ったけど、僕たちはあらゆる種類の音楽が大好きだからね。どのジャンルが何であるかは僕たちにとってそれほど重要ではないんだよ。すべての音楽に価値があると信じているからね。
単なる断片的な音楽じゃなく、物語を語り ‘楽曲’ を書くことは、作曲の過程が常に重要であり、僕はそのストーリーの伝達に最も役立つと思われるあらゆるツールを試して使用したいと思っているんだ。だからキューバの2人のキャラクターを追った “Corazon” のような楽曲の場合、そのストーリーを伝えるにはその国の音を含める必要があると感じたんだよ。
同様に、”Prison Walls” のような楽曲では、精神分裂のテーマに触れているから、中間部のクロマティックなナンセンスはすべて、その苦痛を表現するのにふさわしい音だって感じたわけさ。

Q8: When I had an interview with Anup Sastry, he said “The entire ‘djent’ idea really just falls under the larger category of progressive metal, in my opinion. Bands have been incorporating small pieces of that style (djent) for years. Progressive metal, by nature, is all about trying to constantly push for new and creative sounds, within metal. So if anything, ‘djent’ to me was just another push for exploration into a bigger umbrella genre.”.
I feel Novena also has djenty aspect somehow. What’s your perspective about Anup’s thought?

【HARRISON】: I haven’t ever thought too deeply on what ‘Djent’ really is, or where the outer borders of it lie. I know that there’s this ongoing conversation of ‘Djent is onomatopoeia’ vs ‘Djent is a genre’, and I often think ‘Well, surely both of those are true?’. That’s the nature of language, and the nature of artforms – they evolve over time. Rarely does the pioneer of an artform get to define their own style in an objective sense; that comes later when people reflect on what they did, view it within the context of other work that happened around it, and begin to categorise things. Even so, I think Djent shares many of the aesthetic qualities of other progressive metal music, and they probably have influenced each other as time has gone by. We definitely love some of those bands that you might describe as Djent – Meshuggah, Tesseract, Vildjharta, Periphery etc – so it’s only natural that some of the elements that make djent djent, end up influencing your songwriting style. Ultimately, it’s all just wiggly air that your ears eat.

Q8: 最近 Anup Sastry にインタビューを行う機会があったのですが、彼は 「”Djent” というジャンルについてだけど、僕は本当にムーブメントが過ぎ去ってしまったようには思えないんだ。Djent の包括的アイデアは、より大きいプログメタルというカテゴリーにしっかりと根付いている。」 と語っていました。
NOVENA の中にも Djent の “残り香” は少なからず感じられますが?

【HARRISON】: “Djent” が実際に何なのか、それの外側の境界線がどこにあるかについてあまり深く考えたことはないんだよ。”Djent はただの擬音” 派対 “Djentはジャンル” 派の進行中の議論があることは知っているけど、僕はしばしば「そうだね、だけど両方とも真実だろうか?」 と考えるんだ。それは言語の性質で、芸術形態の性質で、時間とともに進化するからね。
アートフォームの先駆者が客観的な意味で独自のスタイルを定義することはほとんどないんだから。そういった議論は後に人々が振り返り、その周りで起こった流れの文脈の中でアートを見て、物事を分類し始めるときに起こるんだよ。
それでも、Djent は他のプログレッシブメタルミュージックの美的特性の多くを共有していて、時間の経過とともに互いに影響を与えていると考えられるよね。そして僕たちは、君たちが Djent と呼ぶかもしれないバンドのいくつか、MESHUGGAH, TesseracT, VILDHJARTA, PERIPHERYといったバンドを間違いなく愛しているよ。だから、Djent を Djent たらしめるを要素の一部が僕たちのソングライティングスタイルに影響を与えているのは実に自然なんだ。
まあ究極的には、耳が吸収するのは振動する空気だけなんだから。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED HARRISON’S LIFE

STEVIE WONDER “SONGS IN THE KEY OF LIFE”

THE EAGLES “DESPERADO”

BILLIE EILISH “WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?”

KIRK FRANKLIN “LONG LIVE LOVE”

LED ZEPPELIN “LED ZEPPELIN I”

MESSAGE FOR JAPAN

You guys are amazing! Thanks so much for listening to our music. It might be a little while before we can get out there to meet you all, but we promise we’ll try as soon as we can. See you in the Eleventh Hour! Arigato!

日本のファンは素晴らしいね!僕たちの音楽を聴いてくれて本当にありがとう。君たちみんなに会いに行くにはまだ時間がかかるかもしれないけど、きっと出来るだけ早く実現させるって約束するよ。23時に会おう!ありがとう!

HARRISON WHITE

NOVENA Facebook Page
FRONTIERS MUSIC SRL

 

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です