NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【JASON KUI : NAKA】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JASON KUI !!

“Maybe I Am a Working Guitar Man, So I Always Get To Play Different Kinds Of Music, That Really Influences Me So Much, So That’s Why My Music Is More Diverse.”

DISC REVIEW “NAKA”

「このタイトルは日本語の “中” から取ったんだ。中とは中間とか間っていう意味だよね。それって僕のライフスタイルなんだ。僕は最近の生活の中で、全てにおいて良いバランスを探し求めているんだ。
例えば、人生と仕事、ソロ活動とお金のための音楽、テクニックとメロディーといった二律背反の中でね。全ては正しいバランスが必要に思えるね。」
tfvsjs が統べるマスロックキングダム、香港でメタリックなシュレッドを響かせる Jason Kui の魅力は日本語の “中” に集約されています。
“仕事” であるセッションミュージシャンの経験で得た卓越した技巧と音楽眼を、”人生” であるソロ作品に落とし込む。偏りすぎた天秤は、いつしか障壁を生み出すのかも知れません。つまり技巧と旋律、ロックとアウトサイドロックの絶妙なバランスは、Jason のしなやかなライフスタイルに端を発しているのです。
言い換えれば、”Naka” とはギターアルバムに付き物のエゴを一切排除した水平な天秤。Jason のニュートラルな好奇心は、楽曲全てが別の顔を持つ虹のようなレコードを完成へと導いたのです。
「僕は80年代後半に生まれたから、オリジナルのゲームボーイで育った。だから8bitは僕にとって大きな意味があるんだよ。 そして、賑やかな渋谷のホテルで書いたリフと、8bitのレトロな雰囲気を一緒にするのはクールなアイデアだと思ったんだ。」
レトロなゲームボーイとモダンなプログレッシブサウンドがクラシカルに溶け合う “Pixel Invasion” は Jason Kui に透徹する多様性の象徴でしょう。アートワークに描かれた砂漠と海、天と地、光と影のコントラストは、そのまま作品に浸透する過去と未来、技巧と旋律、優美と重厚の音狭間を反映しているはずです。
“Splash!” で ARCH ECHO や INTERVALS の血を引く近代的でポップな “Fu-djent” を披露しながら、より硬質で伝統的なフュージョン “Mean Bird” を織り込むタイムマシーンの装い。DREAM THEATER にポルカやマカロニウエスタンを移植する “Dance of Awakening The Spirit Part II, The Ballad of The Headless Horseman” の大胆不敵。さらにダンサブルなソウル/ファンク “Games Brown (Hey!)” から、フォーキーでノスタルジックな “Then and Now” へ移行する感情の津波。これほど色彩豊かなインストゥルメンタルレコードが存在するでしょうか?
フレーズの宝石箱 Andy Timmons, シュレッドの百面相 Andy James, 複雑怪奇なフュージョンキング Tom Quayle, プログメタルライジングスター Poh Hock と、モダンギターの綺羅星を適材適所に配する隠し味も見事。料理の仕上げは当然、パン屋でありプログシェフ Anup Sastry。
今回弊誌では、Jason Kui にインタビューを行うことができました。「僕が農家だとしたら、Anup は料理人さ。僕が彼にマテリアルを渡し、彼が組み立てていくんだよ。」 “Guitar Idol” や “I Am a Singer” を追っていたファンなら記憶に残っているはず。どうぞ!!

JASON KUI “NAKA” : 9.9/10

INTERVIEW WITH JASON KUI

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【JASON】: Hi all the Japanese readers. My name is Jason Kui, I was born in Hong Kong, currently living in the US. I have been playing professionally for over 10 years.
Apart from my solo project, I am also a studio session guitarist and tour as a sideman for pop stars from Hong Kong and other Asian countries.
I was always a metal/ shredding kind of guitar player when I was growing up. Until I discovered blues and funk when I was around 17.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【JASON】: やあ、日本の読者のみんな!僕は Jason Kui。香港で生まれて今はアメリカに住んでいるんだ。もう10年以上、プロのギタリストをやっているよ。
ソロプロジェクト以外だと、香港やアジアのポップスターのスタジオギタリストやサイドマンをやっているんだ。
ずっとメタルとシュレッドギターを聴いて育ったね。17歳でブルースやファンクを見つけるまではね。

Q2: What inspired you to start playing guitar? Who was your guitar hero at that time?

【JASON】: Definitely Van Halen. Right Here, Right Now Live video was the reason I started guitar. Probably Paul Gilbert, Paul is always one of my guitar heroes of all time.

Q2: ギターをはじめたきっかけ、当時のヒーローを教えていただけますか?

【JASON】: 間違いなく VAN HALEN。”Right Here, Right Now” のライブビデオが僕がギターをはじめたきっかけなんだよ。ギターヒーロはたぶん Paul Gilbert だね。彼はずっと僕のヒーローであり続けているよ。

Q3: I had an interview with tfvsjs before, and they said “I guess culturally and politically we would like to identify ourselves to Hong Kong more than China.”. How about you? How is the technical/instrumental scene there?

【JASON】: Tfvsjs guys are my buddies, Anton, one of the drummers, is my drummer for my solo project other than Anup Sastry. I agree with them, as I said, I am from Hong Kong, and it’s very clear.
There are some instrumental bands like Tfvsjs, I think the math rock is very popular in Hong Kong. But not so many metal instrumental bands around.

Q3: 以前、同郷の tfvsjs にインタビューを行ったのですが、彼らは 「文化的にも政治的にも、僕らは中国より香港にアイデンティテイーがあると思うよ。」 と語っていました。あなたはどうですか?

【JASON】: tfvsjs とは仲が良いんだ。ドラマーの Anton は Anup Sastryと別に、僕のソロプロジェクトのドラマーだからね。彼らには同意するよ。僕は香港出身で、それはハッキリしておかなければならないね。
香港に tfvsjs みたいなバンドはいくつか存在するんだよ。香港ではマスロックがとても人気があるからだと思うんだけど。メタルのインストバンドはほとんどいないね 。

Q4: OK, let’s talk about your newest record “Naka”. Actually, “Naka” means “center” in Japanese, haha. But what made you choose it?

【JASON】: Yes, it’s the Japanese word, Naka. 中 means middle, in between… It’s the principle of my living style.
In my recent life, I have been looking for a good balance of everything, life vs work; solo vs paid-work; technical vs melodic. It seems everything needs a right balance.
So, the word, “naka” pretty much describes my ideal life style.

Q4: では最新作 “Naka” について話しましょう。”Naka” とは日本語で中央という意味なんですが、ご存知でしたか?

【JASON】: うん、このタイトルは日本語の “中” から取ったんだ。中とは中間とか間っていう意味だよね。それって僕のライフスタイルなんだ。
僕は最近の生活の中で、全てにおいて良いバランスを探し求めているんだ。例えば、人生と仕事、ソロ活動とお金のための音楽、テクニックとメロディーといった二律背反の中でね。全ては正しいバランスが必要に思えるね。だから、”中” って言葉はライフスタイルにかんする僕のイデアルをとても素晴らしく描写しているんだよ。

Q5: One of the greatest drummer of modern prog scene, Anup Sastry played and mixed this record. What did he bring to this record?

【JASON】: If I am the farmer, Anup will be the cook. I give him materials then he crafts them. We have been great friends since my previous album, Absence of Words, Anup played drums on the entire album. He also came to Hong Kong a few times to play shows with me. We are so close, and I know his taste of sound, plus I wanted to make a heavier album, so I asked him to mixed it as well as recording drums.

Q5: モダンプログ世界最高のドラマーの一人、Anup Sastry がプレイしミキシングも担当していますね?

【JASON】: 僕が農家だとしたら、Anup は料理人さ。僕が彼にマテリアルを渡し、彼が組み立てていくんだよ。前作 “Absence of Words” から彼とは良き友人でね。あの作品でも Anup が全てドラムをプレイしてくれたね。
彼は香港にも何度か来てくれて、僕とライブをやったんだ。とても親しいから、彼のサウンドはよく知っている。それに僕は今回、よりヘヴィーなアルバムを作りたかった。だからドラムだけじゃなく、ミキシングまで依頼したんだ。

Q6: Also, definitely incredible guitar players Joined in record. Andy Timmons, Andy James, Tom Quayle, and Poh Hock. How could you invite them?

【JASON】: It’s pretty crazy to have these incredible guitar stars on board. Many of them are already friends of mine before the recording. I met Andy Timmons couple times through Mesa Boogie’s events. We are the Boogie fellas. Mesa Boogie has been super great to me. Timmons played a beautiful, melodic solo on the title track, “NAKA”.
Then Andy James and I are the artists of a Polish cables/ Cabinets company, David Laboga aka DL Cables. When I was writng “Pixel Invasion”, I was already thinking about getting Andy to play the solo, so I reached out to David and David talked to Andy. Andy responded super fast, super professional! Of course, the solo he played was astonishing!
Then the fusion king, Tom Quayle, we met at Guitar Summit 2018 in North Carolina, USA, and we were roommates. After the Summit, we stay good friends. Tom plays a stunning solo on “Meanbird”.
Last but not least, the prog-metal young beast, Poh Hock. I met Poh Hock on Instagram, I was already a fan of his band, Native Constuct. He did a great job on “The Creator/The Destroyer”, he tastefully shredded the out hell out of it! Love it!

Q6: Andy Timmons, Andy James, Tom Quayle, Poh Hock とゲスト参加したギタープレイヤーたちも実に豪華ですね!

【JASON】: これほど驚異的なギタースターたちを招くことができるなんてちょっとクレイジーだよね。彼らの大半は、レコーディング以前から友人だったんだ。
Andy Timmons とは Mesa Boogie のイベントで何度か会ったことがあった。僕たちは Mesa Boogie の虜だから。それでタイトルトラック “Naka” で美しいメロディックなソロを弾いてくれたんだ。
Andy James とはポーランドの DL Cables を共に使用している。”Pixel Invasion” を書いている時、すでに Andy にソロを弾いてもらいたいと考えていたんだよ。だから DL Cables に連絡して、Andy にお願いしてもらった。最高に早く、最高にプロフェッショナルなレスポンスをくれたよ!!もちろん、ソロは驚異的だったね。
フュージョンキング Tom Quayle とは、2018年のギターサミットでルームメイトだったんだ。それから良い友人なんだよ。”Meanbird” のソロは最高だね。
プログメタルの若きビースト Poh Hock はインスタグラムで出会ったんだ。NATIVE CONSTRUCT の大ファンだったからね。”The Creator/The Destroyer” で素晴らしい仕事を残してくれたね。大好きなシュレッドだよ!

Q7: I feel this is one of the most colorful guitar album to date. Metal, jazz, blues, folk(“Then and Now is really emotional!), classical, etc are mixed together seamlessly. I feel your music and guitar playing is close to Intervals or Plini, but sometimes you are more eclectic. Do you agree that?

【JASON】: I love both Intervals and Plini. They inspired me a lot. Maybe I am a working guitar man, so I always get to play different kinds of music, that really influences me so much, so that’s why my music is more diverse.

Q7: メタルからジャズ、ブルース、フォークにクラッシック。”Naka” は最もカラフルなギターアルバムの一つだと感じます。例えば、INTERVALS や PLINI と比較してもよりエクレクティックですよね?

【JASON】: INTERVALS も PLINI も大好きなんだ。とてもインスパイアされているよ。多様性といえばおそらく、僕がセッションギタリストとしても働いているから、様々なジャンルの音楽をプレイするのが好きになったんだろうな。セッションプレイヤーとしての仕事にとても影響を受けているし、だから僕の音楽はより多様になったんだよ。

Q8: “Pixel Invasion” is typically, sometimes you use 8bit, video game sound in your music, right? Of course. Japan has big Anime, Game culture. Are you interested in these Otaku culture?

【JASON】: I wrote the majority of the song when I was on tour in Japan in late 2017. I was practicing at my hotel room in Shibuya. And you know Shibuya is always bustling and busy and I love it. Maybe that’s why I came up with such upbeat/ high energy riff in the intro. I am not a big anime fan or gamer, but I was young, I played Play Station all day, who doesn’t, right? haha
I was born in late 80’s, so I grew up with the original Game Boy, so the 8 bit thing means a lot to me. And I thought putting the riff I wrote in the hotel in Shibuya and the 8 bit retro vibe together was a cool idea, so I did it, and it seemed it worked! Thank you, Shibuya! hahaha

Q8: “Pixel Invasion” は象徴的ですが、あなたは時折8bitやゲーム音楽的なサウンドを楽曲に取り入れています。日本のゲームミュージックはあなたのルーツの一つなのでしょうか?

【JASON】: というより、2017年後半、日本ツアーに行った時に “Naka” の大半を書いたんだよ。渋谷のホテルの部屋で練習していたね。渋谷はいつもにぎやかで大好きなんだよ。おそらくそれが、イントロにこういった陽気で高エネルギーのリフを思いついた理由かな。アニメの大ファンではないしゲーマーでもないけれど、若いころは一日中プレイステーションをやってたりもしたね。みんなやってたでしょ? (笑)
僕は80年代後半に生まれたから、オリジナルのゲームボーイで育った。だから8bitは僕にとって大きな意味があるんだよ。 そして、渋谷のホテルで書いたリフと8bitのレトロな雰囲気を一緒にするのはクールなアイデアだと思ったんだ。上手くいったみたいだね! ありがとう、渋谷!ははは!

FIVE ALBUMS THAT CHANGED JASON’S LIFE

MR. BIG “LEAN INTO IT”

DREAM THEATER “METROPOLIS PT 2: SCENES FROM A MEMORY”

JEFF BUCKLEY “GRACE”

DEATH CAB FOR CUTIE “PLANS”

JOHN MAYER “CONTINUUM”

MESSAGE FOR JAPAN

I hope to go back to Japan and play my new music for you soon. In the meantime, stay safe! I love you, Japan. Arigatou Gozaimasu!

すぐ日本に戻って新たな音楽をみんなに演奏したいよ。それまで健康でいてね。愛してるよ、日本!ありがとうございます。

JASON KUI

JASON KUI Facebook
JASON KUI Instagram
PROSTHETIC RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です