NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DARK QUARTERER : POMPEI】THE ROMAN EMPIRE METAL


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DARK QUARTERER !!

“It Was Thus Natural For Us To Try To Describe a Unique Event In Our History That Has Returned, After Almost Two Thousand Years, The Photograph Of a City That Has Remained Crystallized Over Time, To Reach Us Telling Us Stories Of Our Distant Ancestors”

DISC REVIEW “POMPEI”

「イタリアに住むということは、歴史との共存を意味するんだ。私たちが住んでいる街の起源は非常に古く、私たちが歩いている道は古代ローマ人によって作られ、私たちの周りには数千年前に建てられた建物の痕跡が残っていることがよくあるからね。」
歴史とヘヴィーメタルのマリアージュはいつだって極上の音景色を運びます。ヴァイキングに中世ヨーロッパ、侍から世界大戦まで、メタルは場所や時間を超えて古のロマンを伝え続けています。そんな歴史とメタルの蜜月の中で、ローマ帝国の絵巻物を紡ぐべきは、70年代中盤から続くイタリアの語り部 DARK QUARTERER こそが相応しいと言えるでしょう。
「イタリアのジャーナリスト Claudio Cubito が1987年に私たちを、”プログレッシブエピック” の創始者と呼んだんだ。私はその言葉がこのバンドを定義する一つの鍵だと思う。」
今では巨大で確立されたジャンルとなったエピックメタル。MANILLA ROAD, CIRITH UNGOL と並んで、DARK QUARTERER はその領域の先駆者です。ただし、彼らの異端はそこに多様な音の葉、プログレッシブなスピリットを落とし込んでいる点にあります。
「融合を達成するための最も親和性の高い方法は、すべての音楽的な道を通ることだよ。様々なスタイルの知識があったからこそ、私たちはエピックとプログレッシブを統合することができたんだよね。」
一つの要因は、イタリアというプログレッシブな風土でしょう。クラッシックやオペラの盛んな雅で歴史的街並みには、すでに PFM, BANCO, ARTI, NEW TROLLS, I POOH といったロマンを組曲へと封じる繊細知的な先人が多数存在したのですから。
加えて、メンバー間の歳の差もバンドの異質な存在感に拍車をかけました。ベース/ボーカルの Gianni & ドラムスの Paolo と、ギター、キーボードを操る2人の Francesco の間には20歳もの年齢差が存在します。DEEP PURPLE や GENTLE GIANT を起点に、CANDLEMASS のドゥーム、DIO SABBATH のダーク、FATES WARNING の深層、KING DIAMOND の猟奇, Yngwie の技巧が共存する音故知新な世界地図。世代と世代を掛け合わせることで、DARK QUARTERER はさながらローマ帝国のごとく音楽的な版図を拡大していったのです。
「所謂 “エピック” なサウンドを選択したのは意識的ではなく、むしろエトルリア、そしてローマの領土の起源に関連した自然なインスピレーションによるものだったんだ。」
全ての音はローマに通ず。そうしてあまりにも膨大な音の領土を獲得した皇帝が世界進出に選んだテーマは、ポンペイでした。イタリア南部で繁栄し、ヴェスヴィオ火山噴火の火砕流により一夜にして埋もれ消え去った悲劇の街。
ヴェスヴィオの噴火、そして死の到来を告げるメタルオペラの幕開けから、Gianni の絶唱は埋まり遺跡となった都市の結晶を溶かしていきます。
メタリックなイアン・ギラン、強靭なキング・ダイアモンドとでも形容可能な狂人の喉は、マーティー・フリードマンを想わせる Francesco Sozzi の流麗情緒なソロワーク、Francesco Longhi の古き良きハモンドの魔法と遭遇してプログレッシブエピックの本懐を遂げます。たしかに彼は語り部で、バンドは劇場に巣食っています。
運命の日に抗う個人の物語も出色。ローマの司令官、科学者、作家であった “Plinius the Elder”は、噴火の最中に愛する人を救おうと奮闘し、命を落とします。その8分弱のドラマは、爆発的なプログメタルから、温もりのある繊細なチェンバーピアノのパッセージへと繋がり、愛の強さと自然の無慈悲を殊更に強調するのです。
牧歌的な人生と平和を夢見ていた “Gladiator” もまた、生き残りたいという本質的な衝動に駆られます。噴火で闘いからの甘い解放を享受した闘士は、瞬時に自らの命を守る原始的な戦いへと移行します。その衝動の並置はメタルの叙事詩として完璧なまでのダイナミズムを生み出しました。
終幕は “Forever”。ドラマティシズムが乱れ咲くプログレッシブエピックのコロッセオで、結晶の街は永遠にもにた静かな眠りに落ちるのです。
今回弊誌では、DARK QUARTERER にインタビューを行うことが出来ました。「私たちの歴史のユニークな出来事を作品として表現するのは自然なことだったんだよ。約二千年の時を経て、結晶化したままの都市の姿が、遠い祖先の物語を伝えてくれるようになったんだからね。」 クラッシックメタル再構築の波にも共鳴した傑作。どうぞ!!

DARK QUARTERER “POMPEI” : 10/10

INTERVIEW WITH DARK QUARTERER

Q1: Dark Quarterer was formed in 1974, almost half a century ago! Can you start by telling us about the situation back then?

【GIANNI】: Since 1968 in Italy young people start to listen to Rock music from England and the United States. A strong, rebellious music, free from patterns, times, structures. In those years new musical styles, new social ideas were born.. a revolution that involved all of us.
In a country where light music dominated (Italy) young people had discovered something electrifying. Many bands have formed making covers. We also started this way. Playing songs of the great rockers of the time: Black Sabbath, Cream, Grand Funk Railroad, Deep Purple. For 6 years we played in the rehearsal room in front of our friends. Never a concert (there were no spaces in our small town of Piombino). It was only in 1980 that we began to compose original songs.

Q1: DARK QUARTERER は驚くべきことにほぼ半世紀も前、1974年に結成されていますね!まずは、当時の状況からお話ししていただけますか?

【GIANNI】: イタリアでは1968年くらいから若者がイギリスやアメリカのロック音楽を聴くようになった。パターンや時代、構造にとらわれない、強くて反抗的な音楽だよ。あの時代、新しい音楽スタイル、新しい社会的なアイデアが生まれ、私たち全員を巻き込んだ革命が起こったんだ。
軽快な音楽が支配していた国(イタリア)で、若者たちは何か衝撃的なものを発見していた。多くのバンドが英米のカバーをやっていたね。私たちもそうやって始めたんだ。当時の偉大なロッカーたちの曲を演奏していたね。BLACK SABBATH, CREAM, GRAND FUNK RAILROAD, DEEP PURPLE。6年間、リハーサル室で友達の前で演奏していたんだよ。Piombino という私たちの小さな町には演奏を披露する場所がなかったからね。オリジナルの作曲を始めたのは1980年のことだったんだ。

Q2: How has the Italian metal scene changed from then to now?

【GIANNI】: A lot of bands are born. Many of these had more visibility, more opportunities, certainly even more merits than others…originality in their genre, in their show (Death SS, Paul Chain, Sadist, Rapsody, Lacuna Coil). Some even commercial success !! Sometimes compromised to greater marketability, greater catchiness.

Q2: 当時と比較して、イタリアのメタルシーンはどのように変貌を遂げましたか?

【GIANNI】: 単純に、今は多くのバンドが生まれたよね。彼らの多くは、ライブやジャンルの個性が際立っているから、他のバンドより露出も、機会も、メリットだって多いわけさ。DEATH SS, Paul Chain, SADIST, RHAPSODY, LACUNA COIL といったバンドたちだよ。中には商業的な成功まで収めたバンドだっているくらいでね!!時にはより大きな市場性、キャッチーさに妥協することもあるんだよ。

Q3: Nowadays, Epic Metal is an established genre that many bands aspire to, but you are one of the pioneers of the genre alongside CIRITH UNGOL and MANILLA ROAD, right?

【GIANNI】: The choice to go towards “epic” sounds was not a conscious will, if anything a natural inspiration linked to the Etruscan and then Roman origins of our territory. The inclusion of the progressive was determined by the search for musical dynamics linked to both our listening and the need to be able to express ourselves according to our studies, our technical and emotional background.

Q3: 今日、エピックメタルは多くのバンドが志す確立されたジャンルですが、あなたたちは CIRITH UNGOL や MANILLA ROAD と並んでこのジャンルの先駆者だと考えて良いのでしょうか?

【GIANNI】: 所謂 “エピック” なサウンドを選択したのは意識的ではなく、むしろエトルリア、そしてローマの領土の起源に関連した自然なインスピレーションによるものだったんだ。
プログレッシブを取り入れることは、私たちのリスニング体験と、研究や技術的、感情的な背景に応じて自分自身を表現する必要性、その両方に関連した音楽的なダイナミクスの追求から決定されたんだ 。

Q4: Gianni and Paolo are far apart in age from the two Francesco’s, right? Have the two of them influenced you guys to create a more prog-metal sound in recent years?

【PAOLO】: I would say no. Since Francesco Longhi and Francesco Sozzi are member of Dark Quarterer all compositionsare always improved and finished in the rehearsal room. All the arrangements are the result of great team work, there is a great feeling and we are not happy upto every single song satisfies all of us.
Me and Gianni listened to Genesis, Gentle Giant, Italian bands like PFM, Banco del Mutuo Soccorso since 1971. A lot of progressive music was in their compositions so we learned to play their songs but also a lot of hard rock music (Led Zeppelin, black Sabbath, Grand Funk, Deep purple etc. Etc …but in our musical formation there is also jazz, classical music and, above all, an open mind that helped us to become who we are now !!!!

Q4: Gianni と Paulo は後から加入した2人の Francesco と大きな年の差があるそうですね。
あなたたちが近年、よりプログメタル的なサウンドに接近しているのは、彼らからの影響もあるのでしょうか?

【PAOLO】: それは違うと思うよ。2人の Francesco が DARK QUARTERER のメンバーになってからも、全ての曲は常にリハーサルルームで改良され、完成されているからね。全てのアレンジは素晴らしいチームワークの結果なんだ。素晴らしいフィーリングを持っていて、全ての楽曲が全員を満足させないと幸せではないからね。
私と GIANNI は1971年から GENESIS, GENTLE GIANT, PFM、Banco del Mutuo Soccorsoといったイタリアのバンドを聴いていたんだ。彼らの作曲にはプログレッシブな音楽が多く含まれていたから、彼らの曲を演奏し多くを学んだけど、LED ZEPPELIN, BLACK SABBATH, GRAND FUNK, DEEP PURPLE みたいなハードロックもたくさん聴いていたんだ。
最終的に、私たちの音楽的な形成は、ジャズ、クラシック音楽が重要で、そして何よりもオープンマインドであったからこそ、今の私たちがあるんだと思うよ。

Q5: “Pompei” tells the story of the eruption of Mount Vesuvius, the burning rock and ash of which buried the titular city. Why did you choose to focus on the Italian tragedy of AD79? Can you relate to the fact that Italy was the first country to be severely affected by the corona?

【PAOLO】: The choice of making a record talking about the tragedy of Pompei in 79 after Christ, is not linked to the coronavirus. We started working on the Concept album long time before the epidemic so the references cannot be take in consideration. In the Vesuvius story is the nature that decides when and how to strike, the pandemy is generated by humanity mistakes and all consequences too.

Q5: 最新作 “Pompei” は、イタリアに実在した都市ポンペイが、AC.79年のヴェスヴィオ火山噴火による火砕流で街ごと埋まってしまった悲劇を題材にしていますね?
イタリアはコロナによる被害を真っ先に甚大に被った国ですが、ある意味あのパンデミックが作品のきっかけになったのでしょうか?

【PAOLO】: あのポンペイの悲劇について語るレコードを作るという選択は、コロナウイルスとは関係がなかったんだ。私たちはコロナ流行のずっと前からこのコンセプトアルバムに取り組んでいたから、パンデミックを考慮に入れることはできないよ。
それにヴェスヴィオの物語では、いつ、どのように猛威を振るうのか決定するのは自然だったけど、パンデミックは、人類のミスとすべて人の要因によって生成されたんだからね。

Q6: History and metal fit very well together. There are a lot of metal bands that focus on Vikings, Samurai and the European Middle Ages, but it’s rare to find a band like yours that focuses on the Roman Empire, isn’t it?

【FRANCESCO LONGHI】: Living in Italy means having a close coexistence with history. Often the cities in which we live have very ancient origins, the roads we walk have been built by the ancient Romans and we are surrounded by the remains of buildings built millennia ago. It was thus natural for us to try to describe a unique event in our history that has returned, after almost two thousand years, the photograph of a city that has remained crystallized over time, to reach us telling us stories of our distant ancestors.

Q6: 歴史とメタルは素晴らしくフィットしますよね。実際、ヴァイキングや侍、中世ヨーロッパを取り上げたメタルバンドは少なくありませんが、あなたたちのようにローマ帝国に焦点を当てたバンドは珍しいですよね?

【FRANCESCO LONGHI】: イタリアに住むということは、歴史との共存を意味するんだ。私たちが住んでいる街の起源は非常に古く、私たちが歩いている道は古代ローマ人によって作られ、私たちの周りには数千年前に建てられた建物の痕跡が残っていることがよくあるからね。
だから、私たちの歴史のユニークな出来事を作品として表現するのは自然なことだったんだよ。約二千年の時を経て、結晶化したままの都市の姿が、遠い祖先の物語を伝えてくれるようになったんだからね。

Q7: The great thing about you guys is that you are both epic and progressive – I’ve never heard King Diamond and Fates Warning, plus Deep Purple and 70’s prog music. How do you guys call and describe your music?

【GIANNI】: The Italian journalist Claudio Cubito in 1987 called us founders of a new genre calling it “progressive Epic”. I think this is the key to defining our music. Very often we have to fight to find the right dynamic solutions because the two genres (epic and progressive) are often very far apart from each other. But slowly during the arrangement we manage to mix everything by adding even jazz and blues veins…every excuse is good to get to describe an emotion. The most congenial way to achieve this is through all these musical paths. So the knowledge of the various styles allowed us to integrate them into our songs.

Q7: エピックでありながらプログレッシブというのも、DARK QUARTERER を構成する重要なファクターです。実際、KING DIAMOND, FATES WARNING, それに DEEP PURPLE が共存する音楽など前代未聞ですよ。

【GIANNI】: イタリアのジャーナリスト Claudio Cubito が1987年に私たちを、”プログレッシブエピック” の創始者と呼んだんだ。私はその言葉がこのバンドを定義する一つの鍵だと思う。
2つのジャンル(エピックとプログレッシブ)は互いに離れた場所にいるから、正しいダイナミズムの解決策を見つけるのに苦労することも多いんだ。だけど、アレンジの間にジャズやブルースの要素を加えることで、ゆっくりとすべてをミックスさせることができたんだよ。すべては感情を表現するためなんだけど。
融合を達成するための最も親和性の高い方法は、すべての音楽的な道を通ることだよ。様々なスタイルの知識があったからこそ、私たちはエピックとプログレッシブを統合することができたんだよね。

Q8: When I listen to your film or opera-like songs, I imagine that you could do great things with Italian lyrics, would you agree?

【FRANCESCO SOZZI】: some of the songs already have lyrics in Italian, and we’ll probably publish these songs with videos. Maybe not all our songs are suitable for an Italian text, also because it has a different sound from the English language. you are not the first to ask !

Q8: それにしても、あなたたちの大作映画、もしくはオペラ的な楽曲を聴いていると、イタリア語が実にハマりそうだと感じるのですが?

【FRANCESCO SOZZI】: じつはすでに、何曲かはイタリア語で書かれているんだ。いつかそういった曲もビデオで公開しようと思っているんだ。すべてがイタリア語にフィットするとは思わないけど、英語とは違う雰囲気を出せるからね。だから君が最初に感じたわけじゃないのさ!(笑)

FIVE ALBUMS THAT CHANGED DARK QUARTERER’S LIFE

DEEP PURPLE “MADE IN JAPAN”, JOE SATRIANI “SURFING WITH THE ALIEN”, PANTERA “VULGAR DISPLAY OF POWER”, STEVE VAI “PASSION AND WARFARE”, DEATH “SYMBOLIC”

(FRANCESCO SOZZI)

STEVIE WONDER “SONGS IN THE KEY OF LIFE”, PINK FLOYD “THE WALL”, HERBIE HANCOCK “HEAD HUNTERS”, KEITH JARRETT “THE KOLN CONCERT”, J.S. BACH “VIOLIN CONCERTS”

(FRANCESCO LONGHI)

GRAND FUNK RAILROAD “ON TIME”, BLACK SABBATH “PARANOID”, GENTLE GIANT “THREE FRIENDS”, CHICAGO “CHICAGO”, JEFF BECK “GUITAR SHOP”

(PAOLO NINCI)

URIAH HEEP “VERY ‘EAVY VERY ‘UMBLE”, GENESIS “FOXTROT”, BLACK SABBATH “PARANOID”, GRAND FUNK RAILROAD “LIVE ALBUM”, SUPERTRAMP “CRIME OF THE CENTURY”

(GIANNI NEPI)

MESSAGE FOR JAPAN

we are on the other side of the world but the music makes us feel close !! It would be great if in the future we could fly to Japan and play in your wonderful country!

日本とイタリアはとても離れているけど、音楽はその距離を取り払ってくれるよね!いつか日本に行ってライブができれば最高だよ!

DARK QUARTERER

DARK QUARTERER Facebook
DARK QUARTERER Official
DARK QUARTERER Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です