sv11350653_10153223190940901_3433945352801747355_n

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【SVARTBY】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH GIFTSVAMP AND LINDWURM OF SVARTBY!!

sv10414600_10152445283400901_4495433551372607925_n

RUSSIAN FOLK/FAIRLY-TALE METAL, SVARTBY SET TO RELEASE THEIR NEWEST ALBUMS “SWAMP, MY NEIGHBOUR” IN AUTUMN !!

sv11350653_10153223190940901_3433945352801747355_n

ロシアの妖精フォークメタル、SVARTBY が待望の新作 “SWAMP, MY NEIGHBOUR” を秋にリリースします。フォーキーなメロディーを伴った煌びやかなキーボードとへヴィーなリフワーク。一見パーティメタルのように思えますが、楽曲の構成は見事に考え抜かれていてプログレッシブ。 FINNTROLL や EQUILIBRIUM、果てはCHILDREN OF BODOM を想起させる彼らの音楽はもっと多くの人たちの耳に届くべきだと思います。ロシアの音楽はヨーロッパやアメリカに比べて情報が少なく日本にも上陸しにくい現状ですが、素晴らしい音楽を生み出しているアーティストは多く存在します。弊誌で扱う事でそのギャップが少しでも埋められたらと感じていますし、今回、バンドの創立メンバー GIFTSVAMP と LINDWURM 二人がインタビューに応じてくれた事からもロシアからの熱気が伝わるのではないでしょうか?

YOU CAN LISTEN TO NEW SONG “CLOCK TOWER” HERE !!


【INTERVIEW WITH GIFTSVAMP AND LINDWURM 】

Q1: This is our first Interview with you. At first, how do you pronounce SVARTBY? Lots of Japanese fans are confused about that, haha. And what does it mean?

【 Giftsvamp 】: It’s in Swedish, meaning “Black Village”. That’s the imaginary place where you meet all the magic creatures from our songs – imps, goblins, dwarfes, giants, witches live there. It’s roughly located in forests of Northern Europe. These creatures lay waste to human settlements, playing evil tricks and destroying everything for fun. It’s the concept of all the band’s lyrics. Pronunciation is easy: you read Svartby as it is written. The only tricky letter is “y” -read it like you read “u” in “Shinjuku”.

Q1: まずは日本のファンがとても困惑している事なのですが、SVARTBY とはどのように発音するのでしょう?(笑) その意味も教えてください。

【 Giftsvamp 】: スウェーデン語で”黒い村”という意味なんだ。想像上の場所で、そこでは僕たちの曲に出て来る全ての魔法の生物に出会えるんだ。インプ、ゴブリン、ドワーフ、巨人に魔女たちが住んでいるよ。おおまかに言うと北ヨーロッパの森に位置しているんだ。彼らは人間の住処を蹂躙し、楽しむためにイタズラをしたり全てを破壊したりする。これがバンドの全ての歌詞のコンセプトなんだ。発音だけど簡単だよ。書かれているまま読めば良いのさ。Yだけ変則的で SHINJYUKU のUを読むように読めばいいよ。

Q2: So, how did SVARTBY start? How did you get together as a band?

【 Giftsvamp 】: It was year 2003 when me and Lindwurm were playing in a death metal band Nordlicht, along with the band leader. There were no new songs coming, nothing moved forward, so we two quitted. And I already had a demo of 9 tracks which later became songs of Kom I Min Kittel, our first album. We both worked on these songs, gathered the rest of line-up and then we try to keep up the pace, playing the live shows and recording new albums. Line-up was always changed to different reasons, sometimes people quitted and sometimes we asked someone to quit. The reason is always the same: the guy just stops being interested in the band, starts to miss the rehearsals with no good reason. There is no quarrel, we keep up good relations with all the former band members. Like 10-15 people were playing with us at different times, and each one brought something new. Svartby is always a democracy, we make all the hard decisions by voting, and the minority have to shut up and do what the band decided to do :) When we compose, normally I create a rough song structure in Guitar Pro progam and then send the file to other members to listen. They mince and chop the song and their own parts until everyone is happy with the result. So every song is a product of all Svartby.

Q2: SVARTBY はどのように始まったのでしょう?

【Giftsvamp 】: 2003年のことだ。僕と LINDWURM は NORDLICHT というデスメタルバンドでプレイしていたんだ。新曲もなくて全く前に進まなかったから僕たち2人は脱退したんだ。僕にはすでに9曲のデモがあったから(後にファーストアルバム KOM I MIN KITTEL の楽曲になる)、2人でそれらの曲に取り掛かったのさ。残りのメンバーを集めてからはライブやレコーディングのペースを上げたよ。ラインナップはよく変わっていてメンバーが辞めたり辞めてくれと頼んだりいろいろさ。僕たちが首にするのはメンバーがバンドに興味を失ってリハーサルに来なくなる時だね。ただ辞めたメンバー全員と今でもいい関係を保っているんだ。10~15人は入れ代わったかな。どのメンバーもバンドに新しいものを持ち込んでくれたよ。SVARTBY は民主主義的なバンドなんだ。難しい決定は投票によって決められるのさ。作曲は普段僕が GUITAR PRO でラフに制作した構成を他のメンバーに送って聴かせるんだ。その楽曲や各自のパートを全員が満足するまで煮詰めるんだよ。だから全ての楽曲は SVARTBY というバンドが制作していると言えるだろうね。

sv10014580_10152235119160901_766975745_n

Q3: Anyway, your new song “Clock Tower” has just been released! Yeah, just like SVARTBY!! It’s the song from your upcoming album “Swamp, My Neighbour” . Has it finnished yet? And when will it be released ?

【 Lindwurm 】: Yes, we have finished the recording. Now we are busy with booklet and doing some final corrections to the overall sound. We cannot tell the date exactly because we are negotiating with the labels now. We hope to release the album in Autumn. “Swamp, My Neighbour” will be issued in Europe, Russia and probably USA. By the way, could you advise us a Japanese releasing label that could be interested in our music?

Q3: 新曲 “CLOCK TOWER” がリリースされましたね。まさに SVARTBY といった素晴らしい楽曲です!!この曲は新作 “SWAMP, MY NEIGHBOUR” からの楽曲ですがアルバムはもう完成しましたか?リリースはいつ頃になりそうですか?

【 Lindwurm 】: うん、レコーディングは完了しているよ。今はブックレットや最後のミキシングで忙しくしているところだよ。レーベルと交渉しているところだから正確にいつリリースするかは言えないんだ。秋にはリリース出来たらと思っているよ。ヨーロッパとロシア、そしておそらくアメリカでもリリースされるだろう。もし日本で僕たちに興味がありそうなレーベルがあれば教えて欲しいな。

Q4: Would you tell us about “Swamp, My Neighbour” ? How did you separate “Swamp, My Neighbour” and your previous full album “Elemental Tales” musically?

【 Lindwurm 】: It’s hard to separate our albums musically. Some riffs could be in our stocks for years and then they could be used in a new song. For example, the major riff of the song “Dead Boys” wasn’t used for 5-6 years before we built a song upon it. What is new is that all the musicians of the new line-up added some of their vision and ideas to the process.
【 Giftsvamp 】: You see, we had this “Riv, Hugg och Bit” album. It appeared to be very heavy and groovy to listen to, almost progressive metal. So when we came to composing “Elemental Tales”, we deliberately made the very opposite: only fast songs, with few exceptions. That was another extreme edge. So at “Swamp, My Neighbour” we found this balance. All songs are different, annd they feel like part of the whole at the same time. Here and then there’s a drinking song, a party song, some classic Svartby, some very heavy groovy track – the songs are very diverse. What we can promise is the album will be very balanced and as interesting to listen to as possible!

Q4: 新作 “SWAMP, MY NEIGHBOUR” について教えていただけますか?音楽的に前作 “ELEMENTAL TALES” とどのように違っていますか?

【 Lindwurm 】: 僕たちのアルバムを音楽的に区別するのは難しいよ。リフは何年もストックされて新曲に使われたりするからね。例えば “DEAD BOYS” のメジャーリフはこの曲に使うまで5~6年は陽の目を見なかったからね。ただ新メンバーが新しいビジョンやアイデアを加えてくれるよ。
【 Giftsvamp 】: “RIV, HUGG OCH BIT” アルバムを聴けば判るけど、ほとんどプログメタルと言えるほどへヴィーでグルーヴィーなアルバムだったね。だから “ELEMENTAL TALES” に取り掛かった時、いくつかの例外を除いて速い曲だけを集めた真逆のアルバムを作ろうと思ったんだ。だから “SWAMP, MY NEIGHBOUR” ではバランスを取ろうと思ったんだ。全ての曲は異なっていて同時にアルバムの一部だと感じられるよ。酔いどれソングも、パーティーソングも、SVARTBY のクラッシックにへヴィーでグルーヴィーなものまで多様性に富んでいるよ。バランスがとれた興味深いアルバムになると約束しよう。

sv409038_10150658235625901_110515957_n

Q5: “Elemental Tales” was really great conceptual album. So, Is the story of “Swamp, My Neighbour” next to “Elemental Tales” ?

【 Giftsvamp 】: We can’t say exactly “next”. Each album is conceptual. “Kom I Min Kittel” was about witches, “Riv, Hugg och Bit” was about dwarves, “Elemental Tales” was about kawaii elemental imps. “Swamp, My Neighbour” is about swamp and everything that lives in it. What is new is that previously we destroyed human villages. It became a bit boring. This time it’s a slow penetration to the whole fortified city. Swamp diseases and monsters weaken the town, and then herbal giants and raised zombies break the walls and finish the job with a bloodbath! Published “Clock Tower” is the last track and it exactly tells the final bloodbath part.

Q5: “ELEMENTAL TALES” はコンセプトも素晴らしかったですね。”SWAMP, MY NEIGHBOUR” はその続編なのでしょうか?

【 Giftsvamp 】: 完全な続編とは言えないね。僕たちのアルバムは全てコンセプトがあるんだ。”KOM I MIN KITTEL” は魔女について。”RIV, HUGG OCH BIT” はドワーフについて。”ELEMENTAL TALES” は自然の6大要素のインプについて。そして “SWAMP, MY NEIGHBOUR” は湿地とそこに住む全ての生き物についてだよ。新しいことといえば、以前は人間の村を壊しただけだったよね。ちょっと退屈になってきたんだ。今回は要塞都市にゆっくりと侵攻するんだ。湿地のモンスターが街を弱らせ、巨人とゾンビが壁を破壊する。大虐殺でフィニッシュだ!!公開された “CLOCK TOWER” はアルバム最後の楽曲で、まさに大虐殺のシーンなんだ。

Q6: The artwork of SVARTBY’s albums is always awesome. It’s really magical mysterious, and beautiful. And we can imagine the music of album from them. How do you choose your artworks?

【 Giftsvamp 】: We look for the artists at freelance websites. We ask the candidates to draw a rough sketch of some creature which will be on album, and then pick up the one who suits our vision best. Sadly we don’t have a constant artist: the guys and girls who do great job, lose their interest to drawing or don’t have time when we do our next release.

Q6: SVARTBY のマジカルなアートワークにはいつも魅了されます。

【 Giftsvamp 】: フリーランスのアーティストをサイトで探したんだ。候補者たちにアルバムに登場するクリーチャーのラフスケッチを描いてもらってそこからベストのものを選ぶんだ。残念なことに同じアーティストに頼むことが出来ていないんだよ。素晴らしい仕事をしてくれても、次のアルバムを作る時にはアーティストを辞めていたり時間がなかったりしてね。

sv384751_10150482709520901_216413502_n

Q7: Folk Metal becomes very popular all over the world now a days. Do you think you are involved in the movement? And why do you think Folk Metal attracts lots of Metal fans?

【 Lindwurm 】: frankly speaking, we hear about the popularity of folk metal for the first time. We thought its time has passed. And we can’t tell we are playing folk-metal. We do have some folk fragments, but we don’t want to be authentic folk musicians and just tell the scary and funny fairy-tales in the lyrics. We are influenced by many different music, books, games, movies and even cartoons.
【 Giftsvamp 】: Even anime! I’m speaking Miyazaki here of course, his monsters and creatures are amazing!
【 Lindwurm 】: But if you’re right and folk metal is becoming more popular, it’s cool! We will be glad if many people hear our music.
【 Giftsvamp 】: Actually the boom of folk metal was in 2000s. Most great folk metal bands that have some really great ideas started or bloomed in 2000s: Trollfest, Finntroll, Korpiklaani, Ensiferum, Alestorm and others.

Q7: フォークメタルは世界でも人気のジャンルになりました。あなたたちはこのムーブメントに関わっていると思いますか?またフォークメタルはなぜこれほど人を惹き付けるのでしょう?

【 Lindwurm 】: 率直に言って、フォークメタルが今も人気だという論調は初めて聞いたなあ。もはやブームは過ぎ去ったと考えているよ。僕たちはフォークメタルバンドだとも思わないしね。もちろんその要素はあるんだけどオーセンティックなフォークミュージシャンを目指している訳じゃないし、恐ろしくて楽しいおとぎ話を伝えたいだけなんだ。いろいろな音楽、本、映画、ゲーム、アニメにまで影響されているからね。
【 Giftsvamp 】: アニメにさえね!もちろん宮崎駿さんについては言及しておかなければならないね。彼の生み出すモンスターやクリーチャーは最高だよ!
【 Lindwurm 】: ただ君が正しくてフォークメタルがさらに人気になっているとしたらクールだね!多くの人が僕たちの音楽を聴いてくれたら嬉しいよ。
【 Giftsvamp 】: 実際にはフォークメタルのブームは2000年代だったと思う。ほとんどの偉大なフォークメタルバンドがその素晴らしいアイデアを開花させ始めたのが2000年代だったよね。TROLLFEST, FINNTROLL, KORPIKLAANI, ENSIFERUM, ALESTORM といったバンドたちだよ。

Q8: SVARTBY is Russian band. Do you think SVARTBY has aspect of traditional Russian music? And recently, what is Russian Metal scene like?

【 Giftsvamp 】: Russian metal scene is very diverse. People play every kind of music style now. Whatever style you’re the fan of, you can find any gig you like, and many bands are great. Sadly it refers to music mostly. When I was in Tokyo last year on my vacation, I visited three different rock and metal gigs. I was very surprised how musicians left the club in the morning with SUITCASES, containing their stage outfit. In Russia (and in Europe) only few bands try to think about stage clothes and build a visual image on stage. Most bands wear on stage the same outfit that they wear in town, and many bandmembers think that anything apart black t-shirt/shirt and jeans is gay :) Silly of course. I wish there was more creative approach. As for our music, we tend to blend scandinavian music tradition and fantasy/fairy-tale movie/cartoon soundtracks rather than traditional Russian music. Many pagan bands heavily use true Russian music, we don’t. After all, we’re writing a Scandinavian fairy-tale, not a Russian one.

Q8: SVARTBY はロシアのバンドですが、その音楽にロシアの伝統音楽を取り入れているのでしょうか?またロシアのメタルシーンはどうですか?

【 Giftsvamp 】: ロシアのメタルシーンはとても多様性に富んでいるよ。本当に様々な音楽をプレイしているね。君がどんなジャンルのファンだとしても、必ず気に入るライブがあるだろう。素晴らしいバンドもたくさん存在する。ただ悲しいことにそれは音楽に限った話なんだ。去年僕は旅行で東京に行って3つのロックやメタルのライブを見たんだ。とても驚いたんだけど、ミュージシャンたちは朝方ステージ衣装の入ったスーツケースを持ってクラブから帰るんだよね。ロシアやヨーロッパでステージ衣装やビジュアルイメージについて考えているバンドなんてほとんどないよ。大抵のバンドは街で着ている洋服でステージにも上がる。黒Tとジーパン以外はゲイだと考えているんだ(笑) もちろんバカらしい話さ。もっとクリエイティブなアプローチを取れば良いのに。僕たちの音楽だけど、ロシアの伝統音楽よりはスカンジナビアの伝統音楽とファンタジー映画やアニメのサントラを合わせたような感じかな。ペイガンバンドの多くは真のロシア音楽を取り入れているよね。でも僕たちはそうじゃない。結局、僕たちはスカンジナビアのおとぎ話を描いているんだ。ロシアではなくてね。

sv10580202_10153078825625901_7660689509970151818_n

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED SVARTBY’S LIFE!!

GIFTSVAMP

THE OFFSPRING “GREATEST HITS”

sv41R12K39YHL

Король и Шут “Ели Мясо Мужики”

sv«Ели_мясо_мужики»

SLIPKNOT “S.T.”

svSlipknot_-_Slipknot2

THERION “VOVIN”

svVovin

FINNTROLL “JAKTENS TID”

svFinntroll-Jaktens_Tid

LINDWURM

IRON MAIDEN “SEVENTH SON OF THE SEVENTH SON”

svIron_Maiden_-_Seventh_Son_Of_A_Seventh_Son

METALLICA “MASTER OF PUPPETS”

svMetallica_-_Master_of_Puppets_cover

SATYRICON “NEMESIS DIVINA”

sv61FMEJ289ZL

SAVATAGE “HANDFUL OF RAIN”

sv724_savatage_handful_of_rain

PINK FLOYD “THE DIVISION BELL”

sv5182VSyGE6L._SY300_

【MESSAGE FOR JAPAN】

sv10176228_10152312077865901_6408755492442461409_n

When I was in Japan last year, I liked the country, the people, the food and the gigs that I visited very much! It would be just an amazing chance to play a live show there, so we hope our fan base grows big enough to make someone bring us to Japan :) We do our job of trying to deliver the best music, so it depends on you! :) Please enjoy and spread the word about us!

去年日本を訪ねてみて、国も、人も、食べ物も、ライブも大好きになったよ!もし日本でライブが出来たら最高だね。だから日本に呼ばれるくらいファンを増やしたいんだ。僕たちは僕たちの仕事、つまり最高の音楽を届けるから後は君たち次第さ!僕たちの音楽を楽しんでどんどん広めて欲しいな!

GIFTSVAMP

SVARTBY FACEBOOK PAGE

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です