12234872_1052370004787855_5247992572994668687_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SOLUTION .45 : NIGHTMARES IN THE WAKING STATE, PT1】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JANI STEFANOVIC OF SOLUTION .45 !!

Solution-.45_2015-500x333

Outstanding Modern Melodic Death Metal outfit, SOLUTION .45 has just released long-awaited new album “Nightmares in the Waking State, PT1”!! Welcome to the heavy & progressive Nightmare!!

モダン・メロディック・デスメタルの雄、SOLUTION .45 が5年間の沈黙の後、遂に待望の新作 “Nightmares in the Waking State, PT 1” をリリースしました!!
透明感のある美しいクリーンと、アグレッシブなグロウルを使い分ける稀代のボーカリスト Christian Älvestam が SCAR SYMMETRY を脱退した時、彼の才能を惜しむ声が実に多かったことを記憶しています。故に、彼が歴戦の勇者 Jani Stefanovic と結成した新バンド SOLUTION .45 にかかる期待は決して小さくありませんでしたね。デビュー作 “For Aeons Past” はそういったファンの期待に十二分に応えた傑作で、モダンなコンポジション&サウンドとクリーンのメロディー&歌唱がずば抜けて素晴らしい作品でした。
5年の月日を経てリリースされた2ndアルバム “Nightmares in the Waking State, PT 1” は、タイトルからも読み取れるように2部作の1作目に当たります。そしてこの作品において初めて、バンドはその実力を全て発揮したと言えるかもしれません。
前作と比較して、まずこのレコードは明らかによりモダンプログの領域に接近しています。壮絶なギターシュレッドはそのままに、リフやリズムパターンを複雑にグルーヴィーに進化させ、近未来的なアトモスフィアを加えたような楽曲が増えていると感じました。強烈な MESHUGGAH臭を放つ “Perfecting the Void” を筆頭に、”Djentの影響を受けた” などと言ってしまうと Jani さんに怒られそうですが、”Wining Where losing is All” などは PERIPHERY と通じるものさえ感じさせますし、Christian が所属していた SCAR SYMMETRY を想起させる部分も存在します。
同時に、アルバムオープナー “Wanderer from the Fold” に象徴されるように、バンドのストロングポイントだった透明感溢れるクリーンパートが減少し、彼らのルーツであるアグレッシブなデスメタルの部分を強調した作風にもなっていますね。
とはいえ、北欧のバンドらしい透明感の “Bleed Heaven’s Dry”, 美しく切ないバラード “In Moments of Disappear” のような “For Aeon Past” を引き継ぐ要素も充分に存在し、そのコントラストがアルバムをさらに一段上の領域に引き上げています。モダンメロデスの最高峰、SOILWORK が今年リリースした傑作 “The Ride Majestic” にも何ら引けを取らない充実作だと思いますよ。
今回弊誌では、DIVINEFIRE などでも活躍して来た、技巧を誇るギタリストにしてドラムスやベース、キーボードにプロデュースまでこなす才能、Jani Stefanovic にインタビューを行うことが出来ました。どうぞ!!

12234872_1052370004787855_5247992572994668687_n

MMM RATING IS…

SOLUTION .45 “NIGHTMARES IN THE WAKING STATE, PT1” : 9,2/10

【INTERVIEW WITH JANI STEFANOVIC】

14786_artist

Q1: This is our first interview with you. So, at first, could you tell us about the band? How did Solution.45 come to be? And what’s the meaning behind your band name “Solution.45”?

【Jani】: Well Solution .45 is a band that I started together with Christian Älvestam back in 2007. I had a bunch of songs and I needed a good vocalist and so the collaboration began back then. Solution .45 is a melodic death band at its roots combined with a lot of different aspects and emotions. The band is 50/50 Swedish and Finnish. The band name is taken from one of Christian´s song titles he used in Unmoored. It basically suggests that a solution to use is a 45mm gun without any deeper meaning to that. It just sounded cool and different and at the time it was a bit unusual with a number in the band name, so we thought it would stand out a bit.

Q1: 初インタビューです。まずは SOLUTION.45 結成の経緯とバンド名の由来を教えて下さい。

【Jani】: SOLUTION .45 は僕と Christian Älvestam が2007年に始めたバンドなんだ。僕は沢山の楽曲をストックしていて、優れたボーカリストが必要だった。それでコラボレーションが始まったのさ。SOLUTION .45 はメロディック・デスメタルをルーツとして、多くの異なる要素や感情を併せ持ったバンドなんだよ。半分はスウェーデン人、半分はフィンランド人のね。
バンド名は Christian が UNMOORED で使っていた曲のタイトルから取ったんだ。基本的には、45口径の銃を使って物事を解決することを指しているんだけど、別に深い意味はないんだ。クールな響きだったし、変わっていて、当時バンド名に数字を入れるのは珍しかったんだよ。だから少しは目立つかなと思ったのさ。

Q2: Your newest album “Nightmares in the Waking State, Pt.1” is just out now! How are you feeling now? And how are the reactions so far?

【Jani】: Yes it was released on the 20th Nov and the response have been great. The majority of the reviews have been really good between 8-10/10, just a few weaker grades. The fans on Facebook have been really pleased and for the most part people seems to like what they have heard. We in the band have been very satisfied with the end result and it is always nice to hear that others appreciate it as much as we do.

Q2: 新作 “Nightmares in the Waking State, PT.1” がリリースされましたね。今のお気持ちはいかがですか?またこれまでの反響はどうですか?

【Jani】: うん、11/20にリリースされたんだけど、反響は素晴らしいね。レビューの大半が8から10の間で、良くないものは少ないよ。Facebook のファンは本当に喜んでくれていて、大半の人が気に入ってくれているみたいだね。バンドも結果に満足しているし、他の人が僕たちと同じくらいアルバムに満足しいると聞くのはいつだって嬉しいものだね。

Q3: Your debut album “For Aeons Past” was released at 2010. So, it took five years to release new material. What’s the reason of that?

【Jani】: Yeah it took quite a while, hehe. But there´s actually several reasons to that. I who founded the band left the band for a short period, then we have had other line-up changes. When we started to write this new album in early 2013 we had other setbacks with a few funerals, and then around 2014 and within a year, three members had their first children. Patrick´s daughter was born in Sept 2014, my daughter in Feb 2015 and Christian´s son in Sept 2015. So you can see that a lot of things happened and that is basically the reason why it took so long. The creation of the music in itself was not a long process but then you have all these different things happening around you that affects in some way. Obviously it was never meant to take five years but life happens you know.

Q3: デビュー作、”For Aeons Past” のリリースは2010年でしたので、新作のリリースには5年を要したことになります。

【Jani】: うん、少し時間がかかってしまったね(笑)それにはいくつかの理由があってね。創設者である僕が少しの間バンドを離れていたり、他にもメンバーチェンジがあったりしたんだよ。2013年の初頭にこのアルバムの制作に入ったんだけど、お葬式が何回かあったりしてなかなか上手く運ばなくてね。去年から今年にかけて、3人のメンバーに初めての子どもも出来たし。Patrick の娘は2014年の9月に、僕の娘は今年の2月に、そして Christian の息子は今年の9月にそれぞれ産まれたんだよ。これだけでもいろいろあって遅れたことがわかるでしょ?音楽の制作にはそんなに長くかからなかったんだけど、そういった出来事がいろいろと影響を及ぼしたのさ。勿論、5年もかけたくなかったけど、人生はそういうものだからね。

Q4: Anyway, “Nightmare in the Waking State” is consisted from two parts. Could you tell us about the story? And why did you separate it for two albums?

【Jani】: Well it is a concept album which portrays a person that fights something invisible, a non-existent enemy that you have no tools to fight. Basically takes you through the different stages when you´re suffering and you´re just without tools to fight back against this, there´s really nothing you can do but you still got to keep fighting. You end up reconciling with something you are unwillingly stuck with. We wanted to separate them into two separate releases just so that we could make sure that the fans have something to wait for, since it took a while since the release of our debut. Another reason is also out of own experience with double albums, that they can feel a bit too much to digest at once. And our albums are filled with details and a lot of action going on. It doesn’t matter if the music is really good you get over fed after a while. Your brain just stops to take it in after a while. Because two hours of music is quite a lot to take in at once. So therefor we chose to split them and this gives you proper time to digest both of them.

Q4: “Nightmares in the Waking State” というコンセプトはアルバム2枚、2章から成るそうですね?

【Jani】: うん、そのコンセプトは、戦う道具も無しに見えない、存在しない敵と戦う人物を描いているんだ。苦しみ、戦う術もない時はどうすることも出来ないだろう。だけど戦い続けなければならない。結局は意思と反して纏わりついていた厄介ごととは上手くやっていくしかないんだ。
アルバム2枚に分けたのは、デビュー作からしばらく待ってくれたファンのために彼らが求めるものを提供したかったからなんだ。同時に、僕自身の経験上、ダブルアルバムは少し量が多すぎて、1度に消化しきれないと感じていたからでもあるね。僕たちのアルバムはディテールに拘っているし、沢山のことが同時に起きるんだ。2時間の音楽は情報量が多すぎて1度に取り込めないからね。しばらくすると脳が受け入れることを止めてしまう。だから僕たちは作品を2枚に分けて、どちらも理解するための時間を設けたんだよ。

12316477_1062102623814593_1714960892079022714_n

Q5: The album opener, “Wanderer from the Fold” is very aggressive and brutal. I think clean voice of Christian is one of the important identity of Solution.45. But “Wanderer from the Fold” doesn’t have clean part. Why did you choose the song as opener?

【Jani】: Our roots are in the more aggressive music scene so I think it is quite clear that we imparted more of those elements on these new albums. You have a darker and a more aggressive feel to it and this was a deliberate move. We also wanted to shake the perception a bit. People expects us to be a typical harsh verse, clean hit vocals on the chorus and to follow that pattern and we wanted to state right away that we don´t follow any expected patterns. We do what we feel is the best layout for the song. If the song feels best with only harsh vocals then we will do it like that, we will not force in clean vocals just because we are a band that do split vocal arrangements. We knew that this would cause reactions and it´s a bit fun to be provocative like this. Good to stir up some reactions and shake people’s expectations. People have a need to categorize bands a label it as a certain type of music so that they can understand what is going on. But we don´t follow these labels, we do what we feel is exciting and fun to do, that way the music becomes true and honest.

Q5: アルバムオープナー “Wanderer from the Fold” はとてもアグレッシブでブルータルな楽曲です。この曲には SOLUTION .45 の特徴でもあるクリーンボイスが入っていませんね。

【Jani】: 僕たちのルーツはもっとアグレッシブな音楽シーンなんだよ。だから、このアルバムにそういった要素をさらに増やしたのは明らかだね。意図的によりダークでアグレッシブにしたんだ。同時に、みんなの知覚を揺さぶりたかったというのもあるね。みんなは僕たちに、荒々しいヴァースからクリーンボイスのコーラスという典型的なパターンを期待しているけど、僕たちはどんなパターンにも従いたくないんだよ。
“Wanderer from the Fold” にクリーンを入れなかったのはそれがベストのレイアウトだったから。グロウルだけの方がベストだと感じたらそうするさ。グロウルとクリーン両方を使用するバンドだからといって、クリーンボーカルを強要される訳じゃないからね。そういったリアクションが起こることは分かっていたし、物議を醸すのも楽しいじゃない?物議を醸して、期待を裏切るのは良いことだよ。リスナーはバンドをカテゴライズして、どの種の音楽なのかラベルを貼りたい欲求がある。そうすることで、どんな音楽か分かるからね。だけど僕たちはどんなラベルにもハマらないよ。自分たちがエキサイティングだと感じる、やっていて楽しい音楽を作るんだ。そうしないと音楽は真実で正直な物にはならないよ。

Q6: On the other hand, “In Moments of Despair” is amazing beautiful ballad. I love your contrast between brutal and beautiful. I think “Nightmare in Waking State” becomes darker and clean part is decreased. Do you agree that? If so, what is the reason of that?

【Jani】: Yes at some extent it is a darker album in all aspects, both lyrics and music. The reason is like I explained. We all have our roots in the death metal scene and have been a part of many bands in the genre so it is a very natural part of our musical thinking. We decided quite early on that we wanted to have a more in your face approach on this album. So what you can hear is that it is a bit more up tempo, more aggressive riffing, darker elements and the overall atmosphere is darker. But is it was very important to us that we honor where we started, we wanted that the listener would be able to hear familiar elements from the debut but we also wanted to offer something new. As a band we want to develop and progress. We have no interest in doing the same album all over again.

Q6: ダークでアグレッシブになったとはいえ、アルバムには “In Moments of Disappear” という美しいバラードも収録されています。激しさと美しさの対比が素晴らしいレコードですね。

【Jani】: うん、ある程度までは歌詞、音楽、全ての面でよりダークなアルバムだよ。さっきも言った通りね。全員のルーツにデスメタルシーンがあるし、そのジャンルのバンドに所属してきた訳だから、そうなるのは自然なことだよね。かなり早い時期から、今度のアルバムは攻撃的なアプローチを取ろうと決めていたんだ。だからよりアップテンポで、アグレッシブなリフの、全体的にダークなアルバムになった訳さ。勿論、ファーストアルバムは大事に思っているし、慣れ親しんだ要素を聴いて欲しいんだけど、同時に新しい要素も加えたかったんだ。バンドとして進化して行きたいんだよ。毎回同じようなアルバムを作ることに興味はないんだ。

Q7: Technical guitar shredding is also your strong point. Who do you respect as a guitarist? And what do you think about recent tech guitar movement as Djent?

【Jani】: I think my so called idols come from my early days. Now today I can appreciate musicians but when I was younger I was totally blown away. I sometimes miss that feeling you know when you were a kid 12, 13 years old and you heard Pantera for the first time with Dimebag, or the first time I heard Yngwie Malmsteen and so on. I was just totally blown away. But anyway yeah my biggest influences or guys that I have liked a lot. Yngwie Malmsteen for sure, there´s only one Yngwie. Sure many that can shred but not like him, he is one of a kind. Yngwie until ‘Facing the animal’ is just great. Steve Vai when I first heard Passion & Warfare, Paul Gilbert, Dimebag Darrel was a game changer he changed my perception, going from these melodic guys he was so aggressive and wrote insanely cool riffs. He was just so cool, hehe. Later on I discovered Fredrik Thordendahl and he again broadened my view even more. Then there´s of course a lot of more guys and different genres as well since I don´t just listen to metal. But these that I mentioned are probably the main milestones from when I was younger.
When it comes to the Djent scene. I can appreciate a lot of the cool rhythms they do, but I don´t like when it becomes too weird and it´s just difficult rhythms because it has to sound difficult. Many of the bands that I have heard, have cool parts but the songs are quite bad and just weird. Many have called some of our new songs as Djent influenced, but personally I would rather say that I am more Meshuggah influenced than these melodic tech djent bands from the United States, hehe. And if you listen to my bands in the past you can find a sort of trade mark to my sound which is that I have always used a lot of intricate double bass patterns or patterns with a minor hint towards polyrhythms way before Djent even became a term. But yeah I have no major problem with the genre. Some people take the Djent term almost as a curse word, hehe. I love the latest Tesseract album for example so yeah not a stranger to that genre.

Q7: テクニカルなギターシュレッドも SOLUTION .45 のストロングポイントですよね?リスペクトしているギタリストを教えてください。また最近のトレンドである Djent についてはどう思いますか?

【Jani】: アイドルと呼べるのはやっぱりギターを始めた頃に聴いていたプレイヤーたちだね。今でもミュージシャンを賞賛することはあるけど、若い頃は心酔仕切っていたからね。12,13歳だったころの感覚を懐かしく思うことがあるよ。Dimebag の PANTERA を、Yngwie Malmsteen を初めて聴いた時の気持ち。完全にぶっ飛んだよね。うん、だけど、そうだね、僕の受けた影響やリスペクトする人だったね。Yngwie Malmsteen は勿論だよね。彼は唯一無二の Yngwie だ。シュレッド出来る人は沢山いるけど、彼に似た人はいない。彼はオンリーワンだから。”Facing the Animal” までは見事の一言だね。Steve Vai, 彼の “Passion and Warfare” を初めて聴いた時、Paul Gilbert, そして Dimebag Darrel は大変革をもたらしたね。彼は僕の認識を一新したよ。先に挙げたようなメロディックなプレイヤーたちに比べてアグレッシブで、狂ったようなクールなリフを書いたよね。彼はもうただクールだよ(笑)後に僕は Fredrik Thordendal を発見するんだけど、彼にもまた視野を広げてもらったんだ。僕はメタルだけを聴く訳じゃないから、勿論他にも沢山のプレイヤー、ジャンルに影響を受けているけど、恐らく彼らには若い頃大きな影響を受けたと思うよ。
Djent シーンの話だけど、彼らのクールなリズムパターンの多くは賞賛出来るよ。だけどちょっと変わり過ぎていてあまり好きではないなあ。難解なリズムしかないから、難解に聴こえるんだよ。僕が聴いたバンドの多くは、クールなパートはあるんだけど、曲が全然ダメでただ変わっているだけだよね。僕たちの新曲の内何曲かは Djent の影響を受けているなんて言う人も多いけど、個人的には US産のそういった Melodic Tech Djent バンド達よりもむしろ MESHUGGAH の影響が大きいと言いたいね(笑)僕の過去所属していたバンドたちを聴いてもらえれば、複雑なダブルベースパターンや、Djent という言葉が生まれる以前にポリリズミックなアプローチを使用し、それが僕のトレードマークになっていたことが分かるだろうね。でもまあ別に嫌っている訳じゃないよ。Djent をまるで呪いの言葉のように感じる人もいるけどね(笑)例えば TesseracT の最新作は大好きだし、Djent を全然知らない訳じゃないよ。

Q8: I think you played Bass guitar on this album. Also, you can play Drums. You are one of the most talented person in Sweden, haha. Anyway, that’s way, you’ve been lots of bands. How many bands you are involve in now? Do you think Solution.45 is primary band for you?

【Jani】: hehe thank you. Yeah I started out playing drums which I don´t do that much anymore unfortunately. I don´t play drums in a band anymore just more for fun. Yeah and the bass part was just because we didn´t have a bass player at the time.
Solution .45 is my main band yes, it is the band that we are focusing on most and wish that it could grow into something bigger. We have just started to work with a booking agency (Loud Noise) and hopefully we´ll get some good touring going on.
I also play in Miseration but that is on hold right now. I don´t have ten bands anymore like I used to in the past, hehe. I am married and have a family now so I don´t have as much time as I used to.

Q8: あなたはこの作品でベースもプレイし、過去所属したバンドではドラムをプレイすることもありました。そのマルチな才能故に、沢山のバンドを経験しています。今は SOLUTION .45 がプライマリーですか?

【Jani】: (笑)ありがとう。うん、残念だけどもうあまりドラムスはやらないと思うんだ。バンドではもうやらないね、楽しむためだけだよ。ベースをプレイしたのはその時バンドにベーシストがいなかったからだよ。うん、SOLUTION .45 が僕のメインバンドだよ。集中してやっていて、大きなバンドになればと思っているんだ。Loud Noise というブッキングエージェンシーと働き初めたし、良いツアーが出来たら良いね。MISERATION でもプレイしているんだけど、今は棚上げ状態なんだ。昔のように10以上のバンドを掛け持ちしたりはしていないんだよ(笑)結婚して家族が出来たから、昔のように時間が持てないのさ。

jani

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED JANI’S LIFE!!

YNGWIE MALMSTEEN “ECLIPSE”

51fmn743HZL

PANTERA “COWBOYS FROM HELL”

61jTdEtYt8L

DREAM THEATER “IMAGES & WORDS”

61rzm599SJL

AT THE GATES “SLAUGHTER OF THE SOUL”

Slaughter_of_the_Soul

MESHUGGAH “DESTROY-ERASE-IMPROVE”

Meshuggah-DestroyErase

【MESSAGE FOR JAPAN】

teaser

Thank you so much for the interest. Hopefully we could come and play live in Japan. I have been there once and it was a very special place and awesome people. Treat each other with love and respect. Stay metttaaallll!!!
Arigatou gozaimasu.

興味を持ってくれてありがとう!日本に行ってプレイしたいよ。1度行ったことがあるんだけど、とても特別な場所で、最高の人たちだったな。愛とリスペクトを大事にしよう。Stay Metttaaalll!!! ありがとうございます!

JANI STEFANOVIC

SOLUTION .45 FACEBOOK PAGE
SOLUTION .45 OFFICIAL SITE

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です