PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【VERSE VICA】


a4145395154_2

【POST-DJENT】

日本が誇るTechnical progressive quintet 、CYCLAMENHAYATO IMANISHI氏へTHE HBIHが行った2010年のインタヴュー。その冒頭にこんな一文を見つけました。

  “Cyclamen boasts a repertoire featuring both mathcore chaos and technical aggression to the seemingly polar opposite with post-rock atmospheres and calming beauty in a genre I like to call post-djent.”                                                            heavyblogisheavy

CYCLAMENはMATHCOREのカオスとテクニカルな攻撃性、同時にそれとは正反対に思えるPOST-ROCKのアトモスフィアと静かな美しさを兼ね備えている。POST-DJENTとでも呼びたいね” こんな感じだと思います。2010年にこういった文章を書かせたCYCLAMEN、書いたTHBIH、どちらも素晴らしいですね。と言うのもこの4年間でシーンの成長と共にそういった音楽性のバンドが増え、人気も出てきたように感じるからです。先日あのKSCOPEと契約を果たしたTESSERACT然り、FALLUIJAH然り、THE CONTORTIONIST然り。そして今回インタビューを行ったVERSE VICAは彼らに続いてPOST-DJENTの新たなる地平を切り開き2010年代後半のDJOPINION-LEADERとなる可能性を秘めています。デビュー作ENDEAVORで彼らが提示したANIMALS AS LEADERSMONOのハイブリッド的音像は確実にここ日本でも多くのファンを獲得する事でしょう。インタビューです。どうぞ。

vv10462396_735045703220421_6910952909863274013_o

【ABOUT VERSE VICA】

Q1: This is your debut album. So, please introduce yourself (With origin of band name Verse Vica).

【PAUL MEISNER】(guitar): Hello, we’re a progressive metal band from Asheville, NC. We play mainly a blend of modern progressive metal and post-rock, with a few other things thrown in here and there. Our band name ‘Verse Vica’ comes from us taking the meaning of the term ‘Vice Versa’ and applying it to the phrase itself. There’s honestly not much of a deeper meaning beyond that it’s just a fun play on words.

 Q1: デビュー作がリリースされましたね。まずバンドについて教えて下さい。

【PAUL MEISNER】: ハロー。僕達はノース・カロライナはアシュビル出身のプログメタルバンドだよ。主に、モダンなプログメタルとポストロックをブレンドして、それにそこかしこに多種多様な要素を少しづづ加えたような音楽を演奏しているんだ。”VERSE VICA”ってバンド名は”VICE VERSA” (逆も同じ)って用語に由来するんだ。逆も同じって意味をそのフレーズに使ってみたんだよね。正直深い意味なんてなくてただの言葉遊びだよ。

Q2: We want to know your musical upbringing, So please talk about it

【PAUL】: I’ve never taken music lessons or anything like that, but I grew up with my father and older brother playing guitar, so I picked up some stuff from them. I’ve been playing guitar in bands around here for 8 years, so through that time of just messing around and figuring stuff out, I grew to enjoy writing and playing more progressive styles of music.

 Q2: 音楽的な背景を教えて下さい。

【PAUL】: 音楽のレッスンとかそういうのは受けたことがないんだ。ただ父と兄がギターを弾いていたから見よう見まねで習得したって感じかな。8歳くらいからバンドでギターを弾いているんだけど、当時はダラダラとやっていて物事を理解できていなかったね。成長するにつれて作曲を楽しめるようになったし、よりプログレッシブなスタイルで演奏するようになったんだ。

vv無題


Q3: I’m so surprised and impressed. Because you have both Djent/Prog metal and Post-rock aspects. And It’s very natural. Is that kind of music your ideal?


【PAUL】: Thank you, that’s a huge compliment! Ideally, we strive to write music that most importantly is accessible and catchy, but still technical and fun to play. If you listen close and pay attention, you’ll hear a lot of unconventional time signatures and polymeters that might not be obvious the first time you listen.

Q3: Djent/ProgとPost-Rockの要素を併せ持っていることには驚きました。しかもとても自然に。こういった音楽は目指すところだったのですか?

【PAUL】:  ありがとう。最高の賛辞だね!理想として、作曲する時最も気にかけている事はキャッチーである事。同時にテクニカルでプレイして楽しければ最高だね。注意して聴けば、初めに聴いた時には全然気づかなかった慣例に従わない拍子やポリメーターを発見するだろうね。

Q4: What do Between the buried and me, Animals as Leaders, Hammock, If These Trees Could Talk, mean to you?

【PAUL】: They are some of my biggest musical influences, even though each of those 4 bands sound very different from each other. Taking aspects from different music like this and blending it together is very fun and challenging.

 Q4: Between the buried and me, Animals as Leaders, Hammock, If These Trees Could Talk・・・これらのバンドはあなたにとってどういう存在ですか?

【PAUL】: 彼らからは音楽的に非常に大きな影響を受けているよ。それら4バンドはそれぞれ全く異なる音楽性だけれどね。そういう風に異なるジャンルの音楽的要素を抽出してブレンドするのはとても楽しいしチャレンジングだね。

【ABOUT ENDEAVOR】

Q1: Please talk about your debut album ‘Endeavor’. (Album title, How long, favorite song, Producer, and more)

【PAUL】: ‘Endeavor’ represents everything we love about modern progressive metal. Our goal when writing the album was to have it be a single cohesive and unbroken piece of music, yet still allow each song to retain their own unique identity. Whether someone wants to listen to it all at once, or if they want to break it up instead, each will be a different experience. Either way, we really hope people enjoy the record and we can’t wait to share it with everyone! It’s 41 minutes long, and we recorded all the music at my studio, and then we sent it off to producer Jamie King for mastering. I can’t say I really have a favorite track right now, I love them all!

Q1: では新作’Endeavor’について話して頂けますか?

【PAUL】: ‘ENDEAVOR’は僕らが愛するモダンプログメタルの全てを反映しているんだ。このアルバムを作っている時に僕らがゴールとして設定したのは、どの曲もユニークな独自性を保ちながら音楽を一つの集積した不可侵な集合体とする事だったんだ。リスナーはアルバムを通して聴くかもしれないし、一箇所だけ聴くかもしれないからね。どちらにしても本当にこのアルバムを楽しんで欲しいし皆にシェアするのが待ちきれないよ!41分のアルバムで全て僕のスタジオで録った。プロデューサーのJamie Kingがマスタリングを行ってくれた。今は一番好きな曲なんて選べないね、全曲好きだよ!!

 Q2: Do you use programing drums in this album?

【PAUL】: While we had a drummer in the band while we were writing most of the music, we parted ways with our drummer before we had a chance to record everything. After we spent some time trying to find a new drummer and nothing worked out, instead of waiting around we decided to program the drums for the album and go on with the release process. We are hoping to find a new drummer soon though, so we can begin to play out live!

Q2: ドラムはプログラミングですか?

【PAUL】:音楽のほとんどを書いているときドラマーは居たんだ。だけど全てのレコーディングを終える前に脱退してしまったんだよね。しばらくは新しいドラマーを探したんだけど上手く行かなくてね。手を拱いているよりもプログラミングしてリリースしようって決めたんだ。早く新しいドラマーが見つかると良いね。そうしたらライブも出来る!

Q3: Do you use Japanese for title of song, like Dojin,Marumari? Why?

【PAUL】: Yeah, our song names are based off of video games, many of which come from Japan. Marumari is a reference to Metroid and Djinn is a reference to Golden Sun, some of our favorite video games.

Q3: 日本語がタイトルの曲がありますね? ’Dojin’ や’Marumari’ は何に由来していますか?

【PAUL】:そうだね、僕らの曲名はビデオゲームに由来していて多くは日本のものだよ。MARUMARIはMETROIDOから、DOJINはGOLDEN SUNから。どちらも大好きなゲームだよ。

Q4: Would you tell us guitar equipment?

【PAUL】: My guitar is an ESP LTD AX-400 FM, and I run it from a Fractal Audio Axe-Fx Ultra, to a Carvin power amp, and then our through a Mesa Boogie 4×12 guitar cabinet. Our other guitarist Greg has a similar rig, but his guitar is a Schecter Hellraiser C-7. We wrote this album on 6-string guitars, but since he just switched to a 7-string that opens up a lot of cool possibilities for us in the future.

GEARS

【PAUL】: ESP LTD AX-400 FM / Axe-Fx Ultra / Carvin power amp / Mesa Boogie 4×12 guitar cabinet

【GREG】: Schecter Hellraiser C-7 / Axe-Fx Ultra / Carvin power amp / Mesa Boogie 4×12 guitar cabinet

vv10703510_792293020829022_6544266904358077197_n

【MESSAGE FOR JAPAN】

Q: Do you like MONO? And do you know other Japanese bands? Message for Japanese fans!!

【PAUL】: Yes, MONO are one of my favorite post-rock bands, and they just announced that they’re about to release 2 albums soon so I’m really excited. I love how they blend in classical elements and put so much emotion in their music. Some other great Japanese bands are the metal band Cyclamen and the math-rock band Toe. They are really fun and creative, and big influences as well.

Q: MONOはお好きですか?他に知っている日本のバンドはありますか?最後に日本のファンにメッセージをお願いします!!

【PAUL】: うん、MONOは大好きなポストロックバンドの一つだよ。彼らはもうすぐ2枚のアルバムをリリースするってアナウンスしたよね。本当に興奮しているよ。彼らの、クラシカルな要素に多くのエモーションを注ぎ込みブレンドした音楽が大好きなんだ。他にはメタルだとCYCLAMEN、マスロックだとTOEが素晴らしいね。彼らは本当に楽しくてクリエイティブ。MONOと同じくらい大きな影響を受けているよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です