16265691_1270191603028188_1080635349771226962_n-2

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【FELIX MARTIN : MECHANICAL NATIONS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH FELIX MARTIN!!

13882545_1115699678477382_8982056606592688933_n

Felix Martin’s Twin-Neck 14&16 Strings Guitar And Two Hand Tapping Technique Opens The New Realm Of Instru-metal Music With Incredible New Record “Mechanical Nations” !!

DISC REVIEW “MECHANICAL NATIONS”

南米ベネズエラが生んだギターウィザード Felix Martin が、ラテンの風とモダンな色彩を投影した最高傑作 “Mechanical Nations” をリリースしました!!14&16弦のダブルネックが紡ぐ鮮烈で独創的なその調べは、鸞翔鳳集な昨今の Instru-metal シーンにおいても一際光彩を放っています。
Felix の楽器は独特です。Warr Guitar や Chapman Stick など確かに10弦を超える多弦楽器は存在します。ただ、それらはベースの色合いが濃く、ベースにメロディー用の弦、レンジが付属しているといった考え方を基調としています。
対して、Felix のダブルネックギターは、インタビューにもあるように、同じレンジのギターを2つ合わせただけのある意味シンプルな構造。しかし同じレンジの7、8弦ギターを2本使用するため、既存の多弦楽器 (スケールが長い物もあるので一概には言えませんが) に比較して、よりギターの領域にフォーカスした立体的な演奏を味わうことが出来るのです。
勿論、ギターやベースに比べれば、双方のギターをタッピングで奏でるため両手の自由度は高く、遥かに多くの音を同時にプレイすることが可能。パーカッシブなピアノとも称される彼のテクニック、アプローチは、まさしくモダンギターイノベーションのフロントランナーだと言えますね。
その先鋭的なスタイルに反し、クラシカルなトリオという編成で制作された “Mechanical Nations” は、母親が手がけ、自らのギターをあしらったその芸術的で大胆なアートワークが示すように、南米大陸への深い愛情を包み込んだ芳醇な作品に仕上がりました。南米をツアーし、大陸の多種多様な都市の空気、エネルギー、文化、景観に触れた Felix は、街ごとに受けたインスピレーションを楽曲へと反映して行ったのです。
“Barquisimetal” は彼のホームタウン Barquisimeto を、そして “Canaima” はベネズエラが誇る世界最後の秘境カナイマ国立公園を心象として生まれた楽曲です。そしてアルバムでも最もメタリックかつメカニカルな、タンゴのリズムを纏った前者と、最も穏やかでノスタルジックな、フォークミュージックのイメージを具備した後者のコントラストは、そのままベネズエラの豊かな音楽文化の写し鏡となっているのです。
カリビアン、ネイティブ、 アフリカ系、ヨーロッパ系。 まさに人種のるつぼと言える社会主義国家はレゲトン、サルサ、ホローポ、ガイタ、カラカスのメレンゲなど、ロマンティックから複雑な拍子を持つ音楽までラテンミュージックを象徴する雑多なバックグラウンドを宿しています。そしてそのラテンのルーツは Felix の内面世界にも強く共鳴し、唯一無二の Instru-metal、グローバルフュージョンへと昇華しているのです。
メタル、ジャズ、プログ、ファンク、そしてラテンの雄弁なカクテルと言える “Mechanical Nations”。インタビューで語ってくれた通り、”Santos” にゲスト参加した Angel Vivaldi のリードを除いて作品にはソロパートが存在しません。それでも作品が至上のスリルを常に纏っているのは、バークリーで学んだトリオの傑出した技術と、緩急を巧みに配置したコンポジションの賜物だと言えますね。
つまり、”Eight Moon Headdress” が象徴するように、クリーントーンの詩情豊かなサウンドスケープと、エキサイティングで攻撃的なパーカッシブテクニックが目まぐるしく交互する魅力的な楽曲群は、手数の多いエキゾチックなドラミングとスラップを交えたダイナミックなベースプレイが牽引し、タイトなバンドの推進力となっているのです。
ANIMALS AS LEADERS, KING CRIMSON, PRIMUS, 或いは Stanley Jordan。Felix のマジックタッチと彼のバンドが生み出すドラマティックな芸術は、偉大な先人にも比肩し得るクオリティーと独創性を秘めています。今回弊誌では、Felix Martin にインタビューを行うことが出来ました。日本でライブを行うのか昔からの夢だそう。どうぞ!!

16265691_1270191603028188_1080635349771226962_n

FELIX MARTIN “MECHANICAL NATIONS” : 9.5/10

【INTERVIEW WITH FELIX MARTIN】

13217443_1069392349774782_3990273090586752481_o

Q1: Hi, Felix! First of all, most of Japanese are not familiar to your home country Venezuela, and it’s music scene. Could you tell us about that?

【FELIX】: Venezuelan music is really rich. It has many changes and complex rhytms (also used in prog rock/metal) It really inspired me to play tapping. Venezuelan folk, I would recomend acts like Ensamble Gurrufio and C4trio. Venezuelan is a country in south america, next to Colombia. It’s where I grew up..

Q1: まず、日本人の多くはあなたの母国ベネズエラや、その音楽シーンについてあまり詳しくありません。教えていただけますか?

【FELIX】: ベネズエラの音楽は非常に豊かだよ。様々な変化や複雑なリズムを内包しているね。プログロックやメタルに通じる点もあるだろう。タッピングを始めたのはその影響が大きいね。ベネズエラのフォークミュージックなら Ensamble Gurrufio と C4trio をオススメしたいな。
南米にある、コロンビアの隣の国で僕は育ったんだ。

Q2: What were you like as kid, student in Venezuela? What made you be into music, technical guitar?

【FELIX】: I was a shy kid at school. I did played a lot of nintendo, then completely switched to guitar at around 12. I always loved music since the very beginning, bands like Korn, Green Day, Metallica where the ones that made me get into music. I just was courius about learning guitar a bit, but then felt in love with it and didn’t stop.

Q2: ベネズエラにいた頃はどんな子供、学生でしたか?Tech-metal にのめり込んだきっかけを教えてください。

【FELIX】: 学校ではシャイな子供だったよ。正直ゲームばっかりしていたね。12歳の時にそれがギターに変わったんだ。
音楽は本当に昔から好きだったな。KORN, GREEN DAY, METALLICA。彼らが僕を音楽の世界に没頭させたんだ。
最初は好奇心からギターを手にしたんだけど、まさに恋に落ちたね。それからはギター一筋さ。

Q3: Then, you decided to go to US, Berklee College of Music. Why did you decide to do so? What did you find there?

【FELIX】: It was like a dream for me to study music theory and berklee is like the most famous music school. I was mainly interested in learning music theory (harmony and ear training) and then I met so many great people there that I’m still working with nowadays. It was a great decision to go to berklee. Very inspiring atmosphere too.

Q3: それからあなたはアメリカに渡り、バークリー音楽院に入学しましたね?

【FELIX】: 音楽理論を学ぶことこそ僕の夢だったんだ。バークリーは最も有名な音楽学校でしょ?
主に興味があったのは、ハーモニーやイヤートレイニングといった音楽理論を学ぶことだったんだ。
バークリーでは、今も共に働いている沢山の偉大な人物に会えたね。バークリーに行ったのは大正解だったよ。素晴らしくインスパイアされる雰囲気があるんだ。

Q4: Double neck guitar is symbolic of you. I’ve interviewed with Colin Marston, Tony Levin. But your instrument seems to be different from Warr guitar and Chapman Stick. Could you please introduce your instrument?

【FELIX】: Yes, is totally different. Mine is just two regular guitars in one, that’s it! Chapman stick and warr guitars are touchstyle instruments, and they are more like a bass than a guitar, but not even a bass, they are their own kind. Longer scale, pickups, playing position, tuning, etc, etc.

Q4: ダブルネックギターはあなたを象徴する楽器です。同じ多弦楽器でも、Warr Guitar や Chapman Stick とは趣向が異なるようですね?

【FELIX】: うん、全く別の楽器だよ。僕のはただ、2つのレギュラーなギターを一つにしただけ。それだけなんだよ!
Chapman Stick や Warr Guitar はタッチスタイルの楽器で、ギターというよりもベースなんだよね。ただ、勿論ベースだけじゃなくて独自の色も持っているよね。ロングスケール、ピックアップ、プレイポジション、チューニングなんかは独特だね。

16388159_1272268272820521_7419096500695053405_n

Q5: What inspired you to play the double neck guitar? How did you learn how to play it?

【FELIX】: I use to play two guitars at the same time while growing up. It was more natural to me than playing fingerstyle and classical guitar. I learned by myself during my teen years, I spent lots of hours just playing tapping on two different guitars (a regular strat and an ibanez) .

Q5: そのダブルネックギターをプレイするきっかけは何だったのでしょう?

【FELIX】: ずっと、2つのギターを同時にプレイして育ったんだ。僕にとっては、フィンガースタイルギターやクラッシックギターをプレイするより、こっちの方がより自然だったんだよ。
10代の間は全て独学だったね。多くの時間を、ストラトとアイバニーズの異なる2本をただタッピングすることに費やしたんだ。

Q6: Anyway, your newest album “Mechanical Nations” is just out now! The South American continent is drawn on the artwork. And song title is often named by Spanish. Could you tell us about the concept of “Mechanical Nations”?

【FELIX】: I just wanted to dedicate something to south america, I feel like it’s a like a whole big country. I love latin american art as well and I think the best way to represent it is with the continent. There’s also lots of latin music influences on this album, so it made sense to have the continent.

Q6: 最新作 “Mechanical Nations” がリリースされましたね!アートワークには南米大陸があしらわれていますし、楽曲にもしばしばスペイン語のタイトルが付けられていますね?

【FELIX】: 僕はただ何かを南米に捧げたかったんだよ。僕は南米が大きな一つの国のように感じていてね。ラテンアメリカのアートも大好きだから、僕の考え方を表現する最高の方法になったと思うよ。
アルバムにもラテンミュージックからの影響を多く取り入れているから、大陸をあしらうのは意味があったんだ。

Q7: Musically, I feel “Mechanical Nations” is more accessible than your previous record. Adding that, “Eight Moon Headdress” is typically, there are influences from Latin music. So, what was your goal, direction of “Mechanical Nations”?

【FELIX】: Yes it is. It felt a little more natural to write. It’s for a broader audience for sure, and always keeping the guitar sound different. I do have lots of latin influences. It’s funny because I didn’t know that song had some latin influences, but it does actually! The goal of the album was to make something that sounds really really different. to make a guitar based album that sounds more like a band, and trying to always sound unique. I also don’t solo nor I play power chords. I wanted to keep it as original as I could.

Q7: 音楽的には、”Eight Moon Headdress” は典型的ですが、確かにラテンミュージックの影響を感じます。同時に過去作よりもキャッチーでフックが増えていますね?

【FELIX】: まさしく。”Mechanical Nations” はより自然に書けたような気がするね。勿論、より幅広いオーディエンスにアピールするためでもあるし、毎回異なるギターサウンドを提示したいとも思っているんだ。
今回はラテンミュージックの影響が多いんだけど、面白いことに “Eight Moon Headdress” がそうだとは気づかなかったんだ。指摘されて分かったけど、本当だね!
アルバムのゴールは全然全く異なるサウンドを生み出すことだったね。よりバンドらしいギターインスト作品で、いつもユニークなサウンドにしたかったんだ。今回はソロもパワーコードもプレイしていないよ。出来るだけオリジナルなものにしたかったからね。

Q8: So, at the head of ANIMALS AS LEADERS, lot’s of instru-metal bands catch a great deal of attention now. Off course, you are one of the most talented artist in the scene.
But have you ever imagined putting some vocals? Regarding singers, who do you want to work with?

【FELIX】: I haven’t thought about putting vocals on my project. Maybe in some other project I will, but not on this one. This is just more focus on the instruments and doing something different with them. Also to make the guitar sound really different.

Q8: あなたを含めて、Instru-metal バンドは現在大きな注目を集めています。ただ、ボーカルを加えることを考えたことはありますか?

【FELIX】: 自分のプロジェクトでは考えたことがないね。ただ、他のプロジェクトでならやってみたいね。
ただこのバンドでは有り得ないよ。なぜならこれは楽器によりフォーカスしていて、ボーカルバンドと異なる何かを生むためにやっているんだから。ギターのサウンドも本当に別次元だと思うな。

14695533_1180114192035930_569497112904153112_n

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED FELIX’S LIFE!!

PLANET X “MOONBABIES”

071a4af67c2afad4d35d30360512d1f6

DREAM THEATER “METROPOLIS PART 2: SCENES FROM A MEMORY”

81PWfsET2xL._SY355_-2

JOE SATRIANI “FIRST 5 ALBUMS”

Joe-Satriani-photo-credit-Larry-Dimarzio_04_014

MARTY FRIEDMAN “ALL ALBUMS”

311_0001

PAT METHENY “THE WAY UP”

41fCTbmMLVL._SX355_

【MESSAGE FOR JAPAN】

12096346_961850417195643_3142396720807143809_n

I really want to tour Japan you guys, I really can’t wait! Hopefully in the near future!

僕は本当に日本ツアーをやりたいんだ。待ちきれないね!近い将来だと良いな!

FELIX MARTIN

FELIX MARTIN Facebook Page
FELIX MARTIN Official Site
FELIX MARTIN Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です