タグ別アーカイブ: Nita Strauss

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NITA STRAUSS : CONTROLLED CHAOS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NITA STRAUSS !!

“I Think DEFINITELY The Time Has Come!! When I Was a Young Guitar Player, There Were Very Few Women Playing Guitar, And The Ones That Were Didn’t Really Play “Shred”.”

DISC REVIEW “CONTROLLED CHAOS”

男性が支配するロック/メタルのコミュニティーにおいて、数少ない女性パフォーマーの存在は、拒絶や差別との戦いを強いられた嵐の航海だったと言えるでしょう。
そして、フロントウーマンはもちろん、Orianthi, Yvette Young, Sarah Longfield などギターヒロインまで台頭し浸透した2010年代になっても、性的なコメントや挑発に対処する必要は未だなくなってはいないのです。
オーストリアのクラッシック音楽家ヨハン・シュトラウス2世の血を引くシュレッダー Nita Strauss は、その高い知性と敏腕で轟天と荒波を潜り抜け、シーンにおける女性の地位確立に大きな貢献を果たして来ました。
「”間違いなく” 遂に女性の時代が来たと感じているのよ!!メタルシーンにとって素晴らしい時代になったのよ。」AS BLOOD RUNS BLACK, THE IRON MAIDENS, FEMME FATAL そして Alice Cooper。女性の存在がまだ極少だった時代から、華麗にキャリアを紡いで来た開拓者の精神はそして実にポジティブです。
「有名な哲学者の言葉に、”幸運とは、しっかりと準備する者の上に舞い降りる” というものがあるわ。そして私は心からその言葉を信じているのよ。私は全ての人生を通して、Alice Cooper のようなレジェンドと共にプレイするため準備を続けて来たの。出来るだけ様々なバンドとツアーをしながらね。」Nita はどんなギグであろうと、観客に彼女の名を刻みたいと語っています。そして、そうした努力と前向きな姿勢がショックロックレジェンドの右腕という場所へ彼女を誘ったのでしょう。
さらに Nita のソロアーティストとしての船出には、ヴァーチュオーゾ Steve Vai もその力を貸しています。Steve がエグゼクティブプロデューサーを務めた、ギターヒロインのみから成るコンピレーション “She Rocks, Vol. 1″。ここに収録された “Pandemonium” は、Lita Ford, Jeniffer Batten といった先達の楽曲をも凌ぐインパクトとパワーに満ちていました。
メタルコア、デスコア、Djent といったモダンメタルを抱擁する新鮮なビジョンと、ワーミーペダル、ハーモニクス、ファストなアルペジオをトレードマークとするコンビネーションの妙技。
実際、ルーツである Shrapnel 直系のシュレッドを、クラシカルな出自、コンテンポラリーでダークなアグレッションと結び付けた Nita の野心は、彼女の言葉を借りれば “Leave No Doubt” 疑いようもなく傑出していて、心ないファンの挑発を黙らせるだけの才能と実力を見せつけていますね。
そして何より、アルバムを締めくくる QUEEN のカバー “The Show Must Go On” で提示するストリングスとの甘やかな共闘、ダイナミズムの香り、メロディーを操るセンスには未来への可能性が存分に詰まっているはずです。
今回弊誌では、Nita Strauss にインタビューを行うことが出来ました。「私は学校にもほとんど友人がいなくてね。だから、私は授業の間の休み時間も一人でギターを弾いて過ごしていたのよ。一見不幸にも思えるけど、長い目で見ればそういった境遇によって私はより良いギタープレイヤーになれたの。」リリースは Sumerian Records から。どうぞ!!

NITA STRAUSS “CONTROLLED CHAOS” : 9.8/10

INTERVIEW WITH NITA STRAUSS

Q1: We know you comes from a long line of classical musicians – one of your ancestors on your father’s side of the family is the Austrian composer Johann Strauss II. Born in such a great music family, how did you spend your childhood and school life?

【NITA】: Like a lot of guitar players, I wasn’t the most social kid. I didn’t have a lot of friends in school, so I spent my time playing guitar by myself during recess, between classes, etc. I think it made me a better guitar player in the long run!

Q1: あなたは長く連なるクラッシック音楽の家系出身で、父方の先祖にはオーストリアの作曲家ヨハン・シュトラウス2世も含まれるようですね?
そういった出自の中で、子供時代や学生生活をどのように送ったのでしょう?

【NITA】: 多くの他のギタープレイヤーと同様に、私は全く社交的な子供ではなかったのよ。学校にもほとんど友人がいなくてね。
だから、私は授業の間の休み時間も一人でギターを弾いて過ごしていたのよ。一見不幸にも思えるけど、長い目で見ればそういった境遇によって私はより良いギタープレイヤーになれたのよ。

Q2: What inspired you to start playing guitar? Who was your musical hero at that time?

【NITA】: I started playing guitar after seeing Steve Vai in the movie “Crossroads”. I was instantly drawn to his style, how he had such perfect technique but at the same time so much joy and passion in his playing.

Q2: では、ギターを始めたきっかけや、当時のヒーローについてお話していただけますか?

【NITA】: 私は Steve Vai の出演していた映画 “Crossroads” を見てギターを始めたのよ。すぐに彼のスタイルにのめり込んでいったわ。
あれほど完璧なテクニックを持っているのに、彼のギタープレイには同時に沢山の感情、喜びや情熱が存在しているのよ。

Q3: I first knew you was As Blood Runs Black, and after that The Iron Maidens. Since then, how did you meet and come to play with legendary shock-rock icon Alice Cooper?

【NITA】: A famous philosopher said “Luck is when preparation meets opportunity” and I truly believe that. I worked my whole life to be ready to play with a legend like Alice Cooper, touring with any band that I could. It was Kip Winger who first recommended me to Alice in 2014 and I am extremely grateful for that.

Q3: あなたを初めて知ったのは AS BLOOD RUNS BLACK に加入していた時でした。その後 THE IRON MAIDENS でブレイクを果たし Alice Cooper とタッグを組むことになったと記憶しています。
その伝説のショックロックアイコン Alice とはどの様に出会ったのですか?

【NITA】: 有名な哲学者の言葉に、”幸運とは、しっかりと準備する者の上に舞い降りる” というものがあるわ。そして私は心からその言葉を信じているのよ。
私は全ての人生を通して、Alice Cooper のようなレジェンドと共にプレイするため準備を続けて来たの。出来るだけ様々なバンドとツアーをしながらね。
最初に私を Alice に推薦してくれたのは Kip Winger だったわ。2014年のことね。だから Kip には最高に感謝しているのよ。

Q4: So, what’s Alice to you now? What have you learn while playing with him?

【NITA】: We all look up to Alice so much!! He’s an amazing example of a legend who has remained humble, kind and generous throughout his career.

Q4: では、あなたにとって Alice はどの様な存在ですか?

【NITA】: 私たちバンドのメンバーはみんな Alice をとても尊敬しているわ!!彼は自身のキャリアを通して、謙虚で親切、寛大なレジェンドとしての素晴らしい模範であり続けているの。

Q5: Like Nita, Yvette Young, Sarah Longfield, lot’s of guitar heroins hit the scene now. Actually, recently, Fender study reveals 50% of new guitar players are women. Do you think finally, “Women’s era” comes to guitar scene?

【NITA】: I think DEFINITELY the time has come!! When I was a young guitar player, there were very few women playing guitar, and the ones that were didn’t really play “shred”. So I didn’t really have a female hero to look up to, until I discovered Jennifer Batten. But that was still only one out of thousands of men in the industry. Now there is a new female hero everywhere you look. It’s an amazing time to be in the industry.

Q5: あなたや Yvette Young, Sarah Longfield など、近年多くのギターヒロインがシーンに登場しています。
実際、フェンダーの調査では新たにギターを始める人の半分が女性になっているそうですね。遂にギターシーンにも “女性の時代” が到来したと思いますか?

【NITA】: 私はね、”間違いなく” 遂に時が来たと感じているのよ!! 私がまだ若いギタープレイヤーだった頃、女性のギタリストなんてほとんどいなかったの。ごく少数いた女性ギタリストにしても、”シュレッド” といえるプレイをしている人は皆無だったわ。
だから、Jennifer Batten を発見するまで、私には尊敬出来る女性プレイヤーが本当に存在しなかったのよ。だけど彼女にしたって、当時何千もいた男性ギターヒーローの中で唯一の女性だった訳だからね。
今では新たなギターヒロインが色んな場所に登場しているわ。つまり、メタルシーンにとって素晴らしい時代になった訳よ。

Q6: OK, let’s talk about your debut full-length “Controlled Chaos”. “Leave no doubt”, the title represents your musical approach and challenge in this record, right?

【NITA】: I find that the human mind can be an incredibly chaotic place at times. You can choose to harness that chaos and make something productive out of it, or let it destroy you. I’m glad I was able to do the first one.

Q6: ではあなたのソロデビュー作品 “Controlled Chaos” について話しましょう。
コントロールされたカオス。”疑いようもなく”、このタイトルはあなたの音楽的アプローチを表現しているように思いますが?

【NITA】: 私は、時に人の心は、信じられないくらいカオスな状態になり得ることに気づいたの。そうして人は、そのカオスから生産的なアートへと繋げることが出来るのよ。もしくは自分自身を壊してしまうかのどちらかね。
私の場合、そのカオスをアートへと繋げることが出来て良かったわ。

Q7: it seemed Steve Vai’s offer that first motivated you to pursue a solo career, right? I mean, the song “Pandemonium” appears on “Controlled Chaos” in its updated form as “Pandemonium 2.0”. Do you think that heavy & classical song represents your own style the most?

【NITA】: It’s definitely a great representation of me as a musician. It’s aggressive and dark, but has a melody and a resolution. I’m glad it was my solo introduction to the world.

Q7: Steve Vai がギターを始めたきっかけだと仰いましたが、あなたのソロキャリアの始動にも彼が関わっているようですね?
彼が纏めたコンピレーションに収録されていたあなたの楽曲 “Pandemonium” は、”Pandemonium 2.0″ として “Controlled Chaos” にも収録されています。クラシカルでヘヴィーなあなたのスタイルを象徴していますね?

【NITA】: 間違いなく、”Pandemonium” はミュージシャンとしての私を実に良く表現した楽曲よ。アグレッシブでダークだけど、メロディーと断固とした決意があるわ。
この楽曲が、私のソロワークの世界へ向けた最初のイントロダクションとなって嬉しかったわ。

Q8: You started to make appearances on WWE shows. Among them, your appearance at WrestleMania, and playing guitar in a live performance Shinsuke Nakamura’s entrance theme was really honor for us, Japanese! Actually, is it important for you to open up a new area, audience?

【NITA】: It was an honor and a privilege to play Shinsuke’s music!! Here’s something that might surprise you- Shinsuke was actually the second Japanese wrestler I played to the ring!! The first ever was the Great Muta at PCW Ultra in Los Angeles!! It’s a great honor to be a small part of the Japanese Puroresu world, and I hope to participate more in the future!

Q8: 最近は WWE にも出演していますよね?レッスルマニアで、中邑 真輔選手のテーマソングをライブで演奏されていましたが、日本人にとっては嬉しい瞬間でしたよ。

【NITA】: 真輔のテーマを演奏出来て誇りに思うわ!!日本のみなさんを驚かせるかも知れないけど、私がリングで日本人レスラーのために演奏したのは、実は真輔が2人目なの。最初にプレイしたのは、グレート・ムタだったのよ!! PCW ULTRAのロサンゼルスのリングでね。
私は本当に、日本のプロレスワールドの一部に加われてとても光栄に思っているの。将来的にはもっと参加して行きたいわね!

FIVE ALBUMS THAT CHANGED NITA’S LIFE

STEVE VAI “PASSION AND WARFARE”

MARTY FRIEDMAN “TRUE OBSESSIONS”

JASON BECKER “PERPETUAL BURN”

JEFF LOOMIS “PLAINS OF OBLIVION”

ANGEL VIVALDI “SYNAPSE”

MESSAGE FOR JAPAN

Arigatou Gozaimasu for all of your support over the years!! I can’t wait to come back and play more shows in Japan and experience more of the amazing Japanese culture- and food!

長年に渡る全てのサポートを本当にありがとうございます!!もっと多くのショウを行うため、そしてもっと素晴らしい日本文化や食事を体験するため日本に戻るのが待ちきれないわ!

NITA STRAUSS

NITA STRAUSS Facebook Page
NITA STRAUSS Official Site
SUMERIAN RECORDS Facebook Page
SUMERIAN RECORDS Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!