タグ別アーカイブ: Seventh Wonder

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SEVENTH WONDER : TIARA】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH STEFAN NORGREN OF SEVENTH WONDER !!

“We All Supported Tommy Karevik 100%! Off Course, We All Realized That They’d Come First And That This Would Inevitably Set Us Back Time Wise. But There Was No Way Any Of Us Would Get In The Way Of Such a Great Career Move For Him.”

DISC REVIEW “TIARA”

スウェーデンで毎年行われる “一番大切な冬の行事”、聖ルシア祭。貧しい人々に財産全てを提供した純粋の象徴、光の聖人聖ルチアの姿は、そのスウェーデンに居を置くプログメタルの至心 SEVENTH WONDER と不思議に重なるのかも知れません。
“Waiting in the Wings” でその鵬翼を広げたバンドは、“Mercy Falls” で悲劇的なサスペンスを描き切り、“The Great Escape” では30分のエピックと共に喪失、失楽からの大いなる逃避による微かな希望の灯火を見出して来ました。
「難解なセクションも音楽的に実りがなければ僕にとっては的外れなんだ。だからこそ、メロディーとアトモスフィアが必要なんだけどね。」新加入のドラマーにして現在はバンドのスポークスマン的な役割を務める Stefan Norgren の言葉は真実です。
何より、しばしば DREAM THEATER が引き合いに出されるほどのハイテクニックと緻密なデザインの二重奏を奏でながら、SEVENTH WONDER はスカンジナビアの澄み切った眺望を旋律のクリスタルに封じ込めて来たのですから。そうしてそのパノラマは常に映画のように壮大なストーリーを纏ってリスナーの感情を激しく喚起するのです。
8年という長い月日を経てリリースされた最新作 “Tiara” のストーリーは、もしかするとバンド自体の影法師と言えるのかも知れませんね。滅ぶべき運命にある地球が救いを求め “The Everones” に差し出す純粋無垢の象徴、少女 “Tiara”。そのあらすじに、不世出のボーカル Tommy Karevik の KAMELOT 加入を重ねたファンも多いでしょう。
もちろん、Stefan はインタビューで Tommy の “ダブルワーク” がある程度 Win-Win な状況であることを強調しています。ただし、今でも Roy Khan の亡霊を宿し歌唱をシンフォニックに限定される KAMELOT での活動に、彼本来の姿を知るリスナーの多くが歯痒い思いをしていることも事実です。
実際、”Tiara” での Tommy は不要の責任から解放され自由を謳歌しているようにも思えます。自らに宿る全てのレンジでオクターブの山脈を超え、感情のリミットを解放しながら様々なキャラクターを演じ分けるその絶対的なパフォーマンスはまさに水を得た魚。
よりゴージャスでロックオペラの佇まいを擁する “Tiara”。中でも “Tiara” が別れを告げる “Farewell” 三部作はマスタークラスのバンドと Tommy の開眼が最高レベルでシンクロを果たした絶景と言えるでしょう。
シンセの煌めき、理知的な変拍子、メタルらしいエッジとユニゾンの醍醐味、静と動のダイナミズム、躍動するアコースティック楽器にヴァイオリン、暖かいコーラスの絨毯、Tommy と妹 Jenny との甘やかなデュエット、そして何よりエモーション極まる極上のメロディー。少なくとも、ピュアなプログメタルに求めるものは全てがここに存在します。
同時に、”Arrival” でシンフォニックに幕を開けるアルバムは、”The Everones” のスリリングなボコーダー、”Truth” で見せるベースの妙義とフォルクローレの熱情、“By the Light of the Funeral Pyres” はロックマンの8-bitでしょうか、そしてジェットコースターのエピック “Exhale” までバラエティーに富み、新機軸とチャレンジに満ち溢れています。
「さてその結末は?それはアルバムを聴いて、歌詞を読んで自らで決めて欲しいね…。」では、Tommy と SEVENTH WONDER の物語はどのような結末を迎えるのでしょうか。少なくとも、”Tiara” が DREAM THEATER や SYMPHONY X、そして SHADOW GALLERY を愛し続けて来たここ日本で歓迎されるべき作品であることは確かです。
今回弊誌では、Stefan Norgren にインタビューを行うことが出来ました。「テクニック、メロディー、アトモスフィア…それは僕たちのような音楽を生み出す時、心に留めている素晴らしいキーワードなんだよ。」全てのメタルファンに送る素晴らしき SF 叙事詩。どうぞ!!

SEVENTH WONDER “TIARA” : 10/10

INTERVIEW WITH STEFAN NORGREN

Q1: Eight years have passed since you had released your previous record “The Great Escape”. And welcome back, Seventh Wonder! “Tiara” is really worth waiting for. Off course, there was Live DVD release, but what’s the reason of this long interval?

【STEFAN】: Thank you so much for your kind words! Yeah, we are really pleased with the new album ourselves too. There are several reasons for the delay. Basically the band came to a halt right after the release of The Great Escape since Andreas moved to the US for a year and Johnny Sandin left the band. Then I joined in the spring of ´11 and Andreas´ temporary replacement and I worked for a couple of months with the other guys getting in shape for live shows like Progpower Europe in ´11. Obviously Tommy then joined Kamelot which has meant that we´ve had to adjust to his/their schedule a bit. During this whole period there have also been 6 new babies born into the SW family so we´ve also had to take care of our families and day jobs. Frankly I´m amazed we even managed to get ”Tiara” done at all, hahaha…

Q1: “The Great Escape” から8年。遂に新作 “Tiara” と共に帰還を果たしましたね。
ライブ作品のリリースはありましたが、随分と長い時間が流れました。もちろん、”Tiara” には待つだけの価値はありましたが。

【STEFAN】: ありがとう!うん、僕たち自身も新作をリリース出来て本当に喜んでいるんだ。
遅れたのには様々な理由があってね。”The Great Escape” がリリースされた後、基本的にバンドは活動を休止していたんだ。Andreas はアメリカに一年ほど引っ越していたし、Johnny Sandin がバンドを離れたからね。
それから僕が2011年の春にバンドへと加わり、Andreas の一時的な代役を加えて他のメンバーと2ヶ月ほどライブの準備をしていたんだ。ProgPower Europe などのためにね。Tommy が KAMELOT に加わったから、僕たちが彼らのスケジュールにアジャストしなければならないのも明らかだったしね。
それにこの期間に SEVENTH WONDER ファミリーには6人もの赤ん坊が生まれたからね。だから家族や昼間の仕事をよりケアする必要があったんだ。正直言って、よく “Tiara” を完成させることが出来たなあと感動しているんだよ。

Q2: In this interval, as you said, your singer Tommy has joined Kamelot. How did he and other members think about it?

【STEFAN】: We all supported him 100%! Of course we all realized that they´d come first and that this would inevitably set us back time wise. But there was no way any of us would get in the way of such a great career move for him. He´s been a total pro about it too and has really worked his ass off for us even when he´s been completely worn out from the road. Also, Thomas and the Kamelot guys are really nice people and we all have a great time whenever we get to hang our for a bit.

Q2: Tommy Karevik が KAMELOT に加入したことについて、彼自身、そして他のメンバーはどう思っていましたか?

【STEFAN】: 僕たちは全員が100%彼をサポートしているよ!もちろん、僕たちはみんな Tommy が KAMELOT に加入することで KAMELOT 優先になることは分かっているし、時間的な妨げが生まれることも理解しているんだ。だけどメンバーの誰も、彼にとって素晴らしいキャリアが開けることを妨げる訳がないじゃないか。
何より、彼はこの “ダブルワーク” に関して常にプロフェッショナルな態度を貫き、KAMELOT とのツアーで完全に疲弊していたって僕たちのために100%を注いでくれたよ。
それに Thomas Youngblood や KAMELOT のメンバーは本当に素晴らしい人たちで、彼らと過ごす時はいつでもとても楽しめるんだからね。

Q3: Also, you got new contract with Frontiers Music in this interval. What did you like the label?

【STEFAN】: Frontiers is really the place to be for Prog Metal bands. More and more bands that play similar music have become part of the Frontiers family over tha last couple of years. When we began talking with them about SW signing there, we quickly realized that these guys really know what the´re doing and they also seemed to be big music fans themselves, which is important for us. They have been very supportive and very patient with us, given our challenges in terms of working fast, so we couldn´t be happier. Andreas B. and myself met them last weekend at the Frontiers Rock festival in Stockholm by the way, and had a fantastic time.

Q3: このインターバルの間、新たにメロディックハードの名門 Frontiers Music との契約を結びましたね?

【STEFAN】: Frontiers Music はプログメタルバンドにとって実に居心地の良いレーベルだよ。ここ何年かで、似た趣向を持つバンドがどんどん契約に至っているよね。
彼らと契約の話を始めて、僕たちはすぐに、彼らは真価を理解した大の音楽ファンであるはずだと感じたんだ。それは僕たちにとってとても重要なことだったね。
彼らは常にとても献身的だったし、忍耐強くもあったよ。僕たちは制作を急かされるのはあまり好きではないからね。
Andreas と僕は先週末、ストックホルムの Frontiers Rock Fes で彼らと会って素敵な時間を過ごしたんだ。

Q4: OK, let’s talk about your incredible come back record “Tiara”. It’s your first album with Seventh Wonder. Off course, you are successor of long time member Johnny Sandin. What was working with them?

【STEFAN】: Yes, finally! I was on the ”Welcome to Atlanta” live DVD/CD and have previously released two songs: ”The Promise” and ”Inner Enemy” with SW but this is the first full album. Let me tell you, it´s been 7 amazing years since I joined, Sure it has been frustrating that it has taken so long but now that ”Tiara” is out everybody seems to think that it was definately worth it. Working with these guys, getting to know them personally and musically and evolving and creating with them has been the highlight of my drumming career. Insanely talented musicians and incredible people each one of them. It was scary at first to try to fill Johnny´s big shoes but I´ve felt nothing but support every step of the way.

Q4: では最新作 “Tiara” について話しましょう。あなたが SEVENTH WONDER としてリリースする初のフルアルバムとなりました。
長年バンドの核であった Johnny Sandin の後任という大役です。

【STEFAN】: そうだね、遂にリリースされたよ!ただ、ライブ作品 “Welcome to Atlanta” に収録されていた2つの未発表曲、”The Promise”, “Inner Enemy” にも参加していたけどね。
もちろん、こんなにも長くかかってフラストレーションは溜まったよ。だけどこうして “Tiara” がリリースされた今となっては、バンド全員が間違いなくそれだけの価値はあったと思っているよ。
メンバーと共に仕事をし、彼らの個性や音楽性を知り、彼らと進化を果たしクリエイトしていくことは僕のドラムキャリアにおいてハイライトとなったね。驚異的な才能を持ったミュージシャンたちで、一人一人が素晴らしい人物なんだ。
当然最初は、Johnny の抜けた大きな穴を埋める仕事に恐れをなしていたけど、要所要所でメンバーからのサポートを受けて来たからね。

Q5: Ten years ago, Seventh Wonder released phenomenal conceptual record “Mercy Falls”. And as the artwork, and lyrics shows, it seems “Tiara” is also huge conceptual record. Could you tell us about the story of “Tiara”?

【STEFAN】: ”Tiara” is indeed a concept album. As we had the music for the first five or six songs written we began to realize that this was such a broad sonic landscape that it needed to be fitted with lyrics that helped paint a massive picture. That´s when the idea to make another concept album was born. The story revolves around planet earth, faced with an great threat: The Everones. They could be an alien race of superior beings or the conscience of mankind, depending on the listener´s own interpretation. Basically, humanity is doomed. We destroy all that is clean and beautiful in the world, just with our way of life. Humans panic, decide to send the only pure and innocent thing left in the world to plead on humanity´s behalf. A young girl… Tiara. She´s sent off to save us. How does it go? Listen to the album and read the lyrics and decide for yourself… The songs are sung by different characters like The Everones, the humans, Tiara, and her parents and Tommy (and his sister Jenny) pull this off brilliantly.

Q5: 10年前に SEVENTH WONDER は驚異的なコンセプトアルバム “Mercy Falls” をリリースしました。
アートワークやリリックが示すように、”Tiara” も壮大なコンセプト作品のようですね?

【STEFAN】: “Tiara” はまさしくコンセプトアルバムだよ。最初の5曲か6曲を書き終えた時に、僕たちはこの作品が幅広いサウンドスケープを備えることになると気づき始めたんだ。この巨大な絵画を描くために、しっかりフィットする歌詞が必要だとね。それがまた別のコンセプトアルバムを作るというアイデアが生まれた瞬間だったね。
ストーリーは強大な脅威に曝された地球を中心に展開するよ。”The Everones” は人類より優れたエイリアンかも知れないし、人間の良心なのかも知れない。それはリスナーの解釈に任せるよ。
とにかく、基本的に人類は滅ぶべき運命にあるんだ。僕たちは世界の清廉と美を、ただ自らの生き方のみのために全て壊しているからね。人類はパニックに陥り、嘆願のため “The Everones” に唯一世界に残されたピュアでイノセントなものを送ることに決めたんだ。それが少女 Tiara だったんだよ。Tiara は僕たちを救うために送り出されるんだ。さてその結末は?それはアルバムを聴いて、歌詞を読んで自らで決めて欲しいね…。
The Everones, 人類、Tiara, Tiara の両親。Tommy と妹の Jenny が楽曲の中で素晴らしくそういったキャラクターを歌い分けているんだよ。

Q6: Musically, “Tiara” becomes more gorgeous, symphonic record compared with your past works, I think. Also, vocoder, femal voice, violin, and church organ creates more mysterious mood, Do you agree that? What was your musical goal when you making “Tiara”?

【STEFAN】: Thank you. Yes, I´d say that´s pretty fair. Our goal was to make exactly the type of music that we want to make, keep it interesting, not be too repetitive of stuff the band has done before, explore new and ”darker” territories while making sure it sounds very, very SW in the end. We also aimed to make the music for each piece of the story speak the ”musical language” of the words to it. It´s a pretty thin line but I think we really succeeded in this.

Q6: 音楽的にはよりゴージャスかつシンフォニックに進化したと感じました。ボコーダー、女声、ヴァイオリン、チャーチオルガンもその進化を後押ししていますね?

【STEFAN】: ありがとう。うん、とてもフェアな批評だと思うよ。今回の僕たちのゴールは、作りたい音楽を作ることだったね。興味深く、以前の焼き直しではなく、新たによりダークなテリトリーを切り開きながらも、非常に SEVENTH WONDER らしいサウンドを保証するようなね。
同時に、ストーリーの各場面を “ミュージックランゲージ” で語るような音楽を作りたかったね。紙一重だったけど、やり遂げたと思っているよ。

Q7: In your previous record “The Great Escape”, we were knocked out by 30 minutes epic title track. And also we are really excited about 20 minutes “Farewell” suits. There are many colors, emotions in the suits. Off course, Seventh Wonder always have made long running time record, and kind of “prog manner” makes us (prog fans) smile. Anyway, when you making long epic, which song is your inspiration from prog rock history?

【STEFAN】: I wasn´t in the band when ”The great escape” was written so I couldn´t tell you about how that was created. During my time, however, ”Exhale” and ”The Promise” are both 10 minute tracks that many have called epics. We never write songs with the intention of making it sound like something else, but sure, we get inspired. Two long songs that really inspire me personally and that I think include all the elements and emotions that I definately appreciate in a prog epic are ”Learning to Live” by Dream Theater and ”When all is lost” by Symphony X. I´d say that ”Images and words” and ”Iconoclast” are my two favourite albums in the prog genre. We met the guys in those bands too and they are super nice and incredible players. Both Mikes from DT and Jason from SX are drum heroes of mine and Portnoy especially is one of my biggest influences. There are a few tricks of his that I picked up and used on ”Tiara”. Hope you don´t mind, Mike…

Q7: 前作のタイトルトラックは30分の一大エピックでした。今回も “Farewell”  トリロジーは、20分のエモーショナルでカラフルな大作です。
SEVENTH WONDER だけではなく、プログの歴史はこういった大作に彩られて来ました。

【STEFAN】: 僕は “The Great Escape” が書かれた時はバンドにいなかったから、あの楽曲がどのようにして書かれたのかは分からないんだけど、僕が加入した後の “Exhale”, ”The Promise” 共に10分のエピックだと言われるね。
まあ僕たちは何かのようなサウンドを意図して楽曲を書いたりはしないんだけど、もちろんインスピレーションは受ける訳さ。
個人的に、インスパイアされた2つの大曲、プログエピックがあるよ。含まれる要素、感情全てを賞賛出来るようなね。
一つは DREAM THEATER の “Learning to Live” で、もう一つは SYMPHONY X の “When All is Lost” さ。”Images and Words”, “Iconoclast” は、実際プログジャンルにおけるフェイバリット2枚なんだ。
僕たちは彼らに会ったこともあるんだけど、とても感じが良く、驚異的なプレイヤーたちだよ。それに2つのバンドのドラマー、Mike Manginiと Jason Rullo は僕のヒーローさ。
そして、Mike Portnoy には特別大きな影響を受けているよ。”Tiara” でも彼のトリックをいくつか使用していてね。Mike には気にしないで欲しいね。(笑)

Q8: Off course, Dream Theater is one of the best band of prog metal. And maybe you are often compared with them. But, I feel your ethereal melodies, European senses make you more unique in prog metal scene. What’s your thought about the balance between technique and melody, atmosphere?

【STEFAN】: Technique, melody and atmosphere… Hmm, you know what, those are some pretty excellent ”key words” to bear in mind when creating our kind of music. All five of us have acquired a certain amount of technical skill through years and years of practice, so we try to use that when we write but I´d say we never ever write something for the purpose of doing difficult stuff. You know, sometimes you will hear a song that is obviously very, very difficult to play. I will hear drummers on some newer metal releases doing stuff where I go: Damn, how the hell does he do that? But if that difficult section is not musically pleasing to listen to, it becomes pointless to me. That´s where melody and atmosphere comes in. No matter how tricky a certain section of any given song is, it is crucial that it fits into the ”puzzle”. In SW we always try to incorporate interesting time signatures and advanced sweeps and poly rhythms etc. but that is because we like it and we know our fans do to. When it comes to the balance you mention, I´d say we really succeed in that.

Q8: DREAM THEATER と言えば、あなたたちはしばしば彼らと比較されますね?
ただ、SEVENTH WONDER はよりエセリアルで、欧州のバンドらしいメロディーセンスが際立っているように感じます。言い換えれば、テクニック、メロディー、アトモスフィアのバランスが素晴らしいですよね?

【STEFAN】: テクニック、メロディー、アトモスフィア…それは僕たちのような音楽を生み出す時、心に留めている素晴らしいキーワードなんだよ。
僕たち5人は、長年の鍛錬で一定のテクニカルスキルを身につけているから、作曲する時はそれを落とし込もうとするんだ。だからといって、難解なマテリアルを見せつけるために楽曲を書いたりはしないよ。
時には、明らかに聴いていて非常にプレイするのが難しいと分かる楽曲もあるでしょ?僕だって、最近のメタル作品のドラマーを聴けば、彼はいったいどうやってるんだ?って思うこともあるしね。だけど、そういった難解なセクションも音楽的に実りがなければ、僕にとっては的外れなんだ。だからこそ、メロディーとアトモスフィアが必要なんだけどね。
つまり、曲の特定のセクションがどれほど難しいものであっても、それが “パズル”に合っていることが重要なんだ。SEVENTH WONDER では常に興味深い変拍子や高度なスイープ、ポリリズムなどを取り入れようとしているけど、それは僕たちが好きだからだし、ファンのみんなもそうだと知っているからなんだ。
だから君が言及したバランスについて言えば、僕たちは本当に上手くやっていると思うな。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED STEFAN’S LIFE

Ok, just so you know, we have pretty diverse tastes within the band and our influences range from Mr Big to Meshuggah, but here are my personal top 5 (Chronologically):

KISS “CREATURES OF THE NIGHT”

This album came out when I was a young kid. It got me into heavy rock for real and Eric Carr´s massive drum kit up on that huge tank riser was it for me.

子供の頃リリースされてヘヴィーロックにのめり込むきっかけになったよ。Eric Carr のマッシブなドラムキットが僕が戦車みたいなドラムライザーを気に入っている理由さ。

METALLICA “MASTER OF PUPPETS”

That acoustic ”Battery” intro, the title track, the brutal weight of ”Thing”, the melodies and harmonies throughout and Lars´ kick ass drumming. It´s perfect. Still to this day for me.

“Battery” のアコースティックなイントロ、タイトルトラック、ブルータルヘヴィーな “The Thing That Should Not Be”。Lars の強烈なドラミングに流れるメロディーとハーモニー。完璧さ。今日でもね。

TOTO “THE SEVENTH ONE”

Jeff Porcaro was and is my biggest drumming influence. Incredible chops but it´s the feel of his playing that just gets me every time. The songs on this album are so damn good, so beautiful and with soooo much groove.

Jeff Porcaro からは今も昔も最大の影響を受けているよ。楽曲も素晴らしく、美しく、何より最高にグルーヴしているね。

PANTERA “VULGAR DISPLAY OF POWER”

Terry Date´s in your face production, man! What you see on the cover is what happens to you the first time you hear it! That opening riff of ”Mouth for war”… Instant love for me! So much power and groove and just the unique touch from Rex, Vinnie, Dime and Phil is pure magic.

Terry Date の迫力あるプロダクションだよ!アートワークが音楽を端的に現しているよね!”Mouth For War” のイントロリフですぐ恋に落ちたよ!強大なパワーとグルーヴ。そして全員のユニークなタッチ。純粋に魔法だよ。

DREAM THEATER “IMAGES AND WORDS”

It added about four layers on top of what I thought was possible when creating music. Such an amazing album with such incredible musicianship.´

ただ驚異的なミュージシャンシップを伴った驚異的なアルバムだよ。

MESSAGE FOR JAPAN

We have understood that people in Japan really like us and our new album, so thank you all for your support! I mean, we all know how much Japan loves heavy metal and we would really love to be able to come there and play someday. Of course we hope that ”Tiara” gets big enough that this becomes a reality. It would be a dream come true! Thank you, guys!

僕たちは、日本のみんなが本当に SEVENTH WONDER、そしてこの新作をとても気に入ってくれていることを分かっているよ。だからみんなに、本当にそのサポートに対する感謝を伝えたいんだ!
僕たちは日本がどれだけメタルを愛しているか知っているし、どうしてもいつか日本に行ってプレイしたいよ。もちろん、”Tiara” がそれを実現出来るほどビッグになればいいな。そうすれば夢が叶うからね!みんな、ありがとう!

STEFAN NORGREN

SEVENTH WONDER Facebook Page
SEVENTH WONDER Official Site
FRONTIERS MUSIC SRL Facebook Page
FRONTIERS MUSIC SRL Official Site
日本盤のご購入はこちら。King Records

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!