24852353_1516319281736513_3470139053805153298_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【W.E.T. : EARTHRAGE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ROBERT SÄLL OF W.E.T. !!

12_0109_01

Melodic Hard Super-Stars, W.E.T. Has Just Released Definitely One Of The Best Record In The Genre “Earthrage” !! Are You Ready For “Burn” And “Watch Their Fire” ?

DISC REVIEW “EARTHRAGE”

WORK OF ART, ECLIPSE, TALISMAN。メロディックハードの幾星霜に足跡を刻んだ三雄を頭文字に戴くスーパーグループ W.E.T. が、捲土重来を期すジャンルの王政復古 “Earthrage” をリリースしました!!瑞々しいアリーナロックの雄々しき鼓動は、地平の年輪に印されしかつての栄光を確かに呼び覚まします。
WORK OF ART と ECLIPSE。2000年代以降、メロディックハード希望の星は明らかにこの両雄でした。片や洗練の極みを尽くす AOR、片や情熱と澄明のハードロック。
しかしインタビューで語ったように、スウェーデンの同じ学校から輩出された2つの綺羅星 “W” の象徴 Robert Säll と “E” の象徴 Erik Mårtensson は、至上のメロディーを宿すシンクロニティー、宿命の双子星だったのです。実際、2人の邂逅は、AOR とハードロックの清新なる渾融を導き、ジャンルのレジェンド Jeff Scott Soto の熱情を伴って唯一無二の W.E.T. カラーを抽出することとなりました。
故に Robert の 「最初の2枚では、僕と Erik がかなりコラボレートして楽曲を書いていたんだ。だけど、今回の作品のソングライティングに僕は全く関わらなかったんだよ。」という発言はある意味大きな驚きでした。
それは何より、”Earthrage” が疑いようもなくバンドの最高傑作となり得たのは、前作 “Rise Up” で顕著であった硬質なサウンド、メタルへの接近をリセットし、Robert の得意とする80年代初頭のオーガニックなメロディックロックを指標したからに他ならないと感じていたからです。
つまり、「”Earthrage” を制作する際に Erik と話し合ってあのオーガニックなスタイルを取り戻すべきだと感じた訳さ。」と語るように、もちろん Robert から方向性についてのサジェスチョンはあったにせよ、”Earthrage” における奇跡にも思える有機的な旋律の蒸留、ハーモニーの醸造、ダイナミズムの精錬には改めて責任を一手に負った Erik Mårtensson というコンポーザーの開花と成熟を感じざるを得ませんね。
予兆は充分にありました。ECLIPSE のみならず、NORDIC UNION, AMMUNITION 等、歴戦の猛者達との凌ぎ合いは、明らかに Erik の持つ作曲術の幅を押し広げ、効果的で印象に残るコーラスパートの建築法を実戦の中で磨き上げて行ったのですから。
アルバムオープナー、”Watch The Fire” はまさに Erik とバンドが到達した新たな高みの炎。冒頭に炸裂する生の質感を帯びた強固なリズムと、期待感に満ちたギターリフはまさしく ECLIPSE 人脈から Magnus Henriksson & Robban Bäck 参加の功名。凛として行軍するヴァースでは Jeff と Erik がボーカルを分け合い、さながら DEEP PUPLE の如き伝統のインテンスを見せつけます。
コーラスパートは巨大なフックを宿す獣。トップフォームの Jeff は、久方振りに発揮する本領で徹頭徹尾リスナーのシンガロングを誘うのです。そしてパズルのラストピースは、Desmond Child 譲りのアンセミックなチャントでした。
BOSTON の奥深き音響に Robert のキーボードが映える “Kings on Thunder Road”、MR. BIG の “Nothing But Love” を彷彿とさせるストリングスの魔法 “Elegantly Wasted” を経て辿り着く “Urgent” はアルバムを象徴する楽曲かも知れませんね。
同タイトルのヒットソングを持つ FOREIGNER の哀愁とメジャー感を、コンテンポラリーなサウンドと切れ味で現代へと昇華した楽曲は、あまりに扇情的。
畳み掛けるように SURVIVOR の理想と美学を胸いっぱいに吸い込んだ “Dangerous” で、リスナーの感情は須らく解放され絶対的なカタルシスへと到達するはずです。
そうして一部の隙も無駄もないメロディックハードの殿堂は、”決して終わらない、引き返せない” 夢の続き “The Never-Ending Retraceable Dream” でその幕を閉じました。楽曲のムードが Jeff にとって “引き返せない” 夢である JOURNEY を想起させるのは偶然でしょうか、意図的でしょうか?
今回弊誌では、WORK OF ART でも活躍する稀代のコンポーザー Robert Säll にインタビューを行うことが出来ました。想像以上に明け透けな発言は、しかしだからこそ興味深い取材となっているはずです。「メロディックハードロックがまたチャートの頂点に戻れるとは思えないね。そして僕はそれで構わないと思っているんだよ。」どうぞ!!

24852353_1516319281736513_3470139053805153298_n-2

W.E.T. “EARTRAGE” : 10/10

INTERVIEW WITH ROBERT SÄLL

robert sall 001 240516-2

Q1: This is our first interview with you. So, at first, could you tell us about you and W.E.T itself? What kind of music did you listen to, when you were growing up?

【ROBERT】: I grew up in Stockholm, Sweden, during the 80ies and fell in love with music pretty early. At that time melodic rock/AOR was very popular and I became an instant fan of this type of music. My first favorite band where Kiss, Bon Jovi and Van Halen. But at the same time my older brother fed me with more pop/prog stuff like Prince, Genesis, Level 42 etc so it was really a mix bag of musical styles I grew up with. Then, later on I discovered Toto which introduced me to the whole L.A. scene and all the great records produced by David Foster & Jay Graydon etc. And that is still today the music I enjoy the most. Once I started high school and got serious about studying music, I was introduced to jazz music by the teachers at school. I spent many years playing jazz, soul and funk as it was the only kind of music that was accepted at school. But I learned so much from it and I’m really glad I spent time learning jazz, even though it’s not the music I prefer to play these days, it gave me a greater understanding of music theory and arranging etc. and that is still very helpful to me. And the good thing about going to high school was meeting the other guys in Work of Art. So, I guess you could say that we studied jazz during the weeks and wrote AOR songs on the weekends in those days. Anyway, fast forward to 2008 when we released our first Work of Art Album. Serafino from Frontiers records took a shine to my song writing and wanted me to be part of a new project which became W.E.T. The original idea was to have me write six songs, Erik write six songs and then have Jeff Scott Soto to sing them. That’s was the basic concept behind W.E.T.. But we took it a bit further and turned it to a real band.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話していただけますか?

【ROBERT】: 僕は80年代にスウェーデンのストックホルムで育ったんだ。そこでとても幼い頃から音楽と恋に落ちていたんだよ。当時はメロディックロック/ AOR がとても人気があってね。すぐにそういったタイプの音楽のファンになったよ。最初にハマったのは KISS, BON JOVI, VAN HALEN といったバンドだったね。
ただ、同時に僕の兄が Prince, GENESIS, LEVEL 42 などのよりプログレッシブな音楽を教えてくれていてね。だから、僕は素晴らしい音楽の素養を背景に育ったと言えるだろうね。
その後に僕は TOTO をはじめとした David Foster & Jay Graydon が手がけた偉大なレコードと L.Aのシーンを発見したんだ。そういった音楽こそ、僕が今日でも最も楽しめるものなんだよ。
高校に入ると、より真剣に音楽を学び始めたね。学校では先生からジャズを教わったんだ。僕は何年もジャズやソウル、ファンクをプレイし続けたね。それらの音楽だけが学校で認められていたからなんだけど。
ただ、そういった音楽からは本当に多くを学んだし、当時自分が好んでいた音楽ではないにしろジャズに時間をかけて良かったと思っているんだ。音楽理論やアレンジについてとても理解が深まったからね。今でもとても助けになっているよ。
それに高校に通うことで WORK OF ART の他のメンバーに巡り会うことも出来たしね。つまり当時の僕たちは、平日にジャズを学んで、週末に AOR を作曲するって感じだったんだ。
そうして、2008年には WORK OF ART のファーストアルバムをリリースすることが出来たんだ。そして、Frontiers Music の Serafino は僕のソングライティングを殊更気に入っていて、後に W.E.T. となる新たなプロジェクトに加わって欲しいと考えたんだよ。
元々のアイデアは、僕が6曲、Erik が6曲を書いて Jeff が歌うというものだったね。それが W.E.T.の基本コンセプトだったんだ。だけど僕たちはそこから更に進んでリアルなバンドになったのさ。

Q2: You’re a guitar player in Work of Art, but in W.E.T. you are credited as a keyboard player, right?

【ROBERT】: Let me start by saying that I’m not a keyboard player but a guitar player. I know this is a bit confusing because of W.E.T. where I’m credited as a keyboard player. The only reason I play keyboards in W.E.T. is because we are three guitars players in W.E.T., Erik, Magnus and myself .And someone had do play keyboards for the live shows. So the other guys said ”It will have to be you Robert because you are the only one who at least knows how to turn on a keyboard”. hahaha So, all of the sudden, I was a ”keyboard player”. But I know the basics of how a to play piano/keyboards and the W.E.T. songs a really easy to play. Anyone with a little bit of piano training could do it. For me it’s not really playing, it’s more about pressing down the right keys at the right time. At least, that’s how playing keyboards live with W.E.T. feels. But in the studio, I do a lot of keyboards on my own songs for Work of Art and any other song writing I’ve done for other artists. And Erik have heard those keyboards and wanted me to do more keyboards for W.E.T. as well. But having said that, on the W.E.T. records it’s both me and Erik doing keyboards.

Q2: WORK OF ART でのあなたはギタープレイヤーですが、W.E.T. ではキーボードプレイヤーとクレジットされていますね?

【ROBERT】: まず断っておきたいんだけど、僕はキーボードプレイヤーではなくギタープレイヤーだよ。確かに W.E.T. ではキーボードプレイヤーとクレジットされているから少し混乱を招いているかもしれないね。
僕が W.E.T. でキーボードをプレイする唯一の理由はバンドに3人のギタリストが存在するからなんだ。Erik, Magnus, そして僕だね。そして誰かがライブではキーボードをプレイしなくてはならなかったからね。だから他のメンバーが、「ねえ、Robert。少なくともキーボードのスイッチの入れ方を知っているのは君だけなんだから、君がプレイするべきだ。」と言った訳だよ。(笑)。それで突然僕は “キーボードプレイヤー” になったんだ。
まあ、僕はピアノやキーボードの基本的な演奏は知っているし、W.E.T. のキーボードパートは本当に簡単だからね。少しでもピアノのトレーニングを積んだ人なら誰でもプレイ出来るようなね。だから、僕の場合はプレイするというよりも、正しい鍵盤を正しいタイミングで押しているという感じかな。少なくとも W.E.T. のライブでのプレイはそんな感じだよ。
ただ、スタジオでは WORK OF ART の自分の楽曲や他のアーティストに提供した楽曲で沢山キーボードをプレイしているよ。Erik はそういった楽曲を聴いていたから W.E.T. でもっと僕にキーボードをプレイして欲しかったのもあるだろうね。ただ、W.E.T. のアルバムでは Erik もキーボードをプレイしているんだよ。

Q3: It’s not big secret that W.E.T is melodic hardrock supergroup From W (Work of Art), E (Eclipse), and T (Talisman). But how did the “Big Three” come to be? Have you known them each other before starting W.E.T.?

【ROBERT】: Erik, Magnus and I went to school together for a year (that’s when Magnus and Erik formed Eclipse) and me and Erik often talked about writing songs together. So when Frontiers approached us both about W.E.T. we both felt, great, this is the perfect situation that we have been waiting for to work together. And then to have Jeff Scott Soto, who we didn’t know but was such a hero to both of us, to sings those songs was like a dream come true!!!

Q3: W.E.T. がメロディックハードのスーパーグループであることは揺るぎのない事実ですが、”Big 3″ が集結した経緯について話していただけますか?3人は以前から知り合いだったのでしょうか?

【ROBERT】: Erik, Magnus, そして僕は同じ学校に一年間通っていたんだよ。そこで Erik と Magnus は ECLIPSE を結成したんだ。その当時、僕と Erik はよく共作したいねなんて話していたんだよ。
だから Frontiers Music が W.E.T. の話を持ちかけて来た時、僕たち2人は待ち望んだ共作の完璧なシチュエーションだ、素晴らしいと感じた訳だよ。
Jeff Scott Soto とは面識はなかったけど、もちろん彼は僕たち2人のヒーローだったからね。僕たちの楽曲を歌ってくれるなんて、まさに夢が実現したって感じだったよ!!!

Q4: So, let’s talk about your newest record “Earthrage”. You know, definitely it’s melodic hard masterpiece in the decade. Actually, Frontiers’s label owner Serafino Perugino said “by far one of the best records in Frontiers’s history.”. Have you expected such a great reactions?

【ROBERT】: Well, to be honest, I kind of expected it would be a success as both Erik and Jeff is such stars in this genre. And based on the songs and the performances on this record, I don’t think any fans of Jeff or Erik will be let down.

Q4: では、最新作 “Earthrage” について話しましょう。その Frontiers Music のオーナー Serafino 氏はこれまでのレーベルの歴史において最高の作品の一つだと発言していますね。
個人的にもここ10年で最高のハードロック作品だと感じています。これほど素晴らしいリアクションを期待していましたか?

【ROBERT】: そうだね。正直に言って、このジャンルにおけるスター2人、Erik と Jeff が居るんだから成功を期待していたのは確かだね。そしてこのレコードの楽曲とパフォーマンスが、Jeff と Erik 双方のファンをがっかりさせることはないと思っているよ。

14114880_1073294479372331_5560319651491816566_o

Q5: Five years have passed since you released previous record “Rise Up”. Off course, it’s natural because all members have other bands and projects. But How did the writing, recording process change? Did you three get together in the creative process?

【ROBERT】: The first two records was very much a collaborative song writing effort from Erik and me whereas this record, I didn’t get involved in the song writing process at all. But instead, Jeff has been involved and written lyrics for a bunch of the songs. So that’s a change but I think it’s a good one because I think the key to W.E.T.’s success is Eriks songwriting style and Jeff’s voice. They have a lot in common musically, Erik grew up listing to Swedish bands like, Europe, Talisman and Yngwie Mamsteen and we all know how involved Jeff has been in that scene.

Q5: 前作 “Rise Up” からは5年の月日が経過しています。もちろん、各自が様々なバンドやプロジェクトで忙しくしていて、長期のインターバルは仕方がないように思えます。
ただ今回、制作のプロセスに変化はあったのでしょうか?

【ROBERT】: 最初の2枚では、僕と Erik がかなりコラボレートして楽曲を書いていたんだ。だけど、今回の作品のソングライティングに僕は全く関わらなかったんだよ。その代わりに、Jeff が以前より多く関わって楽曲の歌詞も沢山書いたんだ。変化と言えばそのことだろうな。
だけど僕はポジティブな変化だと考えているよ。なぜなら、W.E.T. が成功するための鍵は Erik のソングライティングスタイルと Jeff の声だからね。彼ら2人には音楽的な共通点も多くて、何より Erik は EUROPE, TALISMAN, Yngwie Malmsteen といったスウェーデンのバンドを聴いて育った訳だからね。Jeff がそういったバンドやシーンに関わって来たことはみんな知ってるでしょ?

Q6: I really love “Earthrage” because I feel it’s a little bit far from metal realm compared with your previous two records. I mean, this record has definitely more early 80’s organic vibes like Foreigner, Queen, Boston, Asia, Toto. I’m not saying because of “Urgent”, haha. Do you agree that?

【ROBERT】: I know that we said going in to making Rise Up, that we wanted it to be a bit more heavy than our debut record which had a bit more ”fluffy” feeling. So with Earthrage, I remember discussing this with Erik and we felt it was time to go back to a bit more ”fluffy” style so we wouldn’t be making a ”Rise Up part two”. I think ”Earthrage” is somewhere in middle of the first two records, at least that’s how it feels to me.

Q6: “Earthrage” が傑作に仕上がった理由の一つは、メタルから少し距離を取った “メタル過ぎない” コンポジションだと感じました。
“Urgent” という楽曲が収録されているから言う訳ではありませんが、FOREIGNER, BOSTON, SURVIVOR や TOTO といった80年代初期のオーガニックなヴァイブが以前より増えましたよね?

【ROBERT】: 確かに僕たちは、”Rise Up” を制作する際、”ナチュラル” な感覚を持ったデビュー作より少しヘヴィーにしたかったんだよ。だから、”Earthrage” を制作する際に Erik と話し合ってあのオーガニックなスタイルを取り戻すべきだと感じた訳さ。確かなことは、”Rise Up” パート2を作る気はなかったってこと。
“Earthrage” はファーストとセカンドの中間くらいに位置していると思うんだ。少なくとも、僕にはそう感じられるね。

Q7: Actually, melodic hardrock is not popular genre like 80’s. Do you think it’s possible to make “melodic hardrock” great again?

【ROBERT】: No not really. But I think thanks to the internet, nowadays, it’s easier to for people to discover the genre and I think it really has helped keeping it alive. But for it to be back on the top lists again, no I don’t think so and that’s fine by me.

Q7: 昨今、所謂メロディックハードロック、AOR は80年代ほど人気がある訳ではありません。復興は可能だと思いますか?

【ROBERT】: 簡単ではないだろうけど、どうだろうね。ただ、インターネットには感謝しなければね。おかげで今日、このジャンルを発見することは容易になっているからね。その恩恵でこのジャンルが生かされているとさえ思うんだよ。
だけど、だからと言ってまたチャートの頂点に戻れるとは思えないね。そして僕はそれで構わないと思っているんだよ。

Q8: So, we can’t wait next Work of Art’s record. Is there any plan to release?

【ROBERT】: I’m writing the new album right now and we will finish it in September this year. So I guess it will be released probably sometime late 2018 or early 2019. Whenever Frontiers feels the timing is right!

Q8: WORK OF ART の新作も待ち切れませんね?

【ROBERT】: 今ちょうど新作を書いているところなんだ。今年の9月には完成すると思う。だから今年の終わりか、2019年の初頭にはリリースされるはずさ。Frontiers が正しいと思うタイミングでね!

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ROBERT’S LIFE

TOTO “THE SEVENTH ONE”

220px-Toto_-_The_Seventh_One

GIANT “TIME TO BURN”

220px-Giant_time_to_burn_font

VAN HALEN “1984”

Van_Halen_-_1984

3RD MATINEE “MEANWHILE”

MI0000876066

STEELY DAN “ROYAL SCAM”

The_Royal_Scam_album_cover

MESSAGE FOR JAPAN

WET-Band-03-1040x695

First of all, thank you so much for all the support! I really hope for all of my bands to become even more popular in your country. I have such good memories of meeting Japanese fans at different live shows around the world, always so kind and dedicated to the music. I hope to meet many more of you in the future!!!

まずは、多くのサポートを本当にありがとう!僕は関わっているバンド全てが君たちの国でもっと人気が出ることを心から願っているんだよ。
世界中の様々なライブで出会う日本のファンたちとは、素晴らしく良い思い出があるんだ。いつだってとても親切で音楽に捧げているんだからね。もっともっと多くの日本のファンと会ってみたいね!!

ROBERT SÄLL

W.E.T. Facebook Page
WORK OF ART Facebook Page
Robert Sall Facebook Page
FRONTIERS MUSIC SRL Facebook Page
FRONTIERS MUSIC SRL Official Site
日本盤のご購入はこちら。”王様ロック”

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です