NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【AZUSA : HEAVY YOKE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CHRISTER ESPEVOLL & DAVID HUSVIK OF AZUSA !!

“I Think The Whole Metal Genre Needs An Alteration, And The Domination Of Male Energies Comes With Certain Limitations And Lacks Dynamics. In General, We Need More Females Involved.”

DISC REVIEW “HEAVY YOKE”

Kate Bush がフロントウーマンの SLAYER。Chelsea Wolfe 擁する THE DILLINGER ESCAPE PLAN。もしくは Joni Mitchell と CYNIC の邂逅。
ネイティブアメリカンの透明な少女、ヒーラーの名を冠する AZUSA は、様々な “If” を浄化と知恵、調和と変化のダイナミズムで実現しながら、飛躍するフィーメールフロンテッドの潮流を一層確かなものとします。
多国籍のスーパーバンド AZUSA の始まりは、THE DILLINGER ESCAPE PLAN の Liam Wilson が EXTOL に送った一通のメールでした。昨年終焉を迎えたカオティックハードコアの首謀者を牽引したベースマンは、明らかにノルウェープログメタルの至宝に激しく惹かれていました。
一方はヴィーガンでヨガを嗜む探求者。一方はキリスト教の中でも特に精霊の加護を掲げる一派で育った、クリスチャンメタルの求道者。もしかすると、両者の間には “スピリチュアル” という共通項が存在したのかも知れませんね。
そして David が「男性のエナジーがシーンを支配することで、リミットやダイナミクスの欠如が生まれていると思う。だから一般的に、僕たちはもっと女性を取り込んで行く必要があるんだよ。」と語る通り、AZUSA の更なる独自性は女性ボーカル Eleni Zafiriadou の加入で決定的なものとなりました。
ハードコアを経由し、現在はインディーポップデュオ SEA + AIR で魅惑の歌声を響かせる Eleni の、ブルータルからドリーミー、そしてポップを行き来する万華鏡のアプローチは、それでも未だ男性が大半を占めるエクストリームの声に鮮やかな新風を吹き込んでいます。
もう一つの重要なトピックは、EXTOL から袂を別ったギタリスト Christer Espevoll がドラマー David Husvik と再度邂逅を果たしたことでしょう。
CYNIC や DEATH の知性と神秘のアグレッションを、北欧からキリスト世界のイメージと共に発信していた EXTOL の異能。ボーカル Peter の兄弟で、そのデザインを支えていた Christer が従兄弟である一族の David と再び創作を始めたことは、バンドやシーンにとって実に歓迎すべき出来事であるはずです。
実際、アルバムオープナー “Interstellar Islands” で2人のケミストリーは、瞬く間にかつての輝きを取り戻します。メロディックにリズミカルに、思慮深く構築される Christer の幾何学的ギターワークは、15年の時を超え David の放つ正確無比なグルーヴと見事に交差し調和していきます。もちろん、複雑に連なるオッドタイムの基幹となるは Liam のベースノート。
「特に Liam と Eleni が AZUSA に加わってから僕たちは全く異なる場所にいると言えるだろうね。実際、”Heavy Yoke” の作曲とレコーディングのプロセスは、思いもしなかった場所に僕たちを誘ったんだ。僕たち2人が始めた時は想像もつかなかったような場所にね。」 と Christer が語る言葉は真実です。
スラッシュの凶暴からサイケデリックワルツ、そして甘やかなポップをシームレスに接続し、刻々とタイムワープを繰り返すスリリングな楽曲で、Eleni の魔法は冴え渡ります。
そうしてそのエクレクティックな才能は、入り組んだ迷宮のような “Heavy Yoke”、一方でよりストレートなハードコア賛歌 “Heart of Stone”、そして初期 CYNIC のアトモスフィアを纏った “Spellbinder” までリアルタイムで適応し、バンドの目的地である美しき不協和、メタルホライゾンの向こう側を煌々と照らすのです。
相互に織り成す人間関係のより暗い側面、現実に蔓延る感情的な重さへと焦点を当てたアルバムで、Eleni は 「私の夢を一瞬で踏みにじる準備は出来た?」 と唄います。シーンは彼女の叫びにどう反応するのでしょうか?
今回弊誌では、元 EXTOL の Christer と現 EXTOL の David にインタビューを行うことが出来ました。「僕たち2人がハードロックやメタルを聴き始めたのは12, 13歳のころだったね。僕等の両親はその行為にとても懐柔的だったんだけど、ただしクリスチャンロック、クリスチャンメタルのバンドはキリスト教の教えを歌詞に盛り込んでいるから許されていたんだよ。」 どうぞ!!

AZUSA “HEAVY YOKE” : 9.9/10

INTERVIEW WITH CHRISTER & DAVID

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about yourself and band? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【CHRISTER】: David and I grew up together, and pretty much from birth we got really close. We´re cousins, and since I am only 2 months older than him and lived next door to him until we were 12, we´ve known each other all our lives. We both grew up in a conservative Pentecostal church where listening to non-Christian music was not really accepted. We both started listening to hard rock/metal bands at age 12/13. The two of us listening to hard rock and heavy metal made our parents very skeptical, but there were Christian rock/metal bands around, and since they had “Christian lyrics” they let it slide. We spent some of our teenage years exploring most of what Christian metal had to offer, and basically discovered the Christian versions of AC/DC, Slayer and Metallica etc. before later realizing where they found their inspiration. To be fair, there were exceptions, bands like Believer and Tourniquet among others, who developed their own unique style. For better or worse, this gave us a different musical upbringing than most, and just maybe that has helped us to carve out a less generic sound with Extol, and now Azusa.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話していただけますか?

【CHRISTER】: David と僕は一緒に育ったんだ。生まれた時から本当に近くにいたんだよ。僕たちは従兄弟で、僕は彼より2ヶ月だけ先に生まれ、12歳まで隣に住んでいたからなんだけとね。とにかく、お互いの人生をずっと近くで過ごして来た訳だよ。
僕たちはコンサバティブなペンテコステ教会で育ったんだ。クリスチャンミュージック以外本当に受け入れられないような場所でね。(補足すると、キリスト教の一派であるペンテコステ派は、LAのリトルトーキョーにあるアズサ街からはじまっている。)
僕たち2人がハードロックやメタルを聴き始めたのは12, 13歳のころだったね。僕等の両親はその行為にとても懐柔的だったんだけど、ただしクリスチャンロック、クリスチャンメタルのバンドはキリスト教の教えを歌詞に盛り込んでいるから許されていたんだよ。だから10代の何年かは、クリスチャンメタルバンドのリリースする音楽を中心に探求していたんだ。基本的には、クリスチャンバージョンの AC/DC, SLAYER, METALLICA みたいなバンドを発見していった感じかな。後に彼らのインスピレーションの源を知るわけだけどね。
クリスチャンメタルの中には、公平に見て異能のバンドも存在したね。BELIEVER や TOURNIQUET といったバンドはユニークな独自のスタイルを築き上げていたよ。
まあ、良くも悪くもそういった経緯によって、僕は他とは違った音楽的なバックグラウンドを持つこととなったのさ。そしてそのバックグラウンドは EXTOL、今は AZUSA の独自性を刻む助けとなったんだろうな。

Q2: Extol, The Dillinger Escape Plan, and Sea + Air. Azusa is kind of “super band”. But Norway, Berlin, and US isn’t so close. How did the band come to be?

【DAVID】: The Azusa adventure started with Christer and I writing music again after a 10-year break or so. The two of us founded Extol in 1993 and worked closely together all the way until 2004 and the following tours to support the album, Synergy. Azusa is a natural continuation of that same creative exploration – but this time our vision was taken to new extremes. It came to my attention that Liam had contacted the Extol bass-player earlier and had showed interest in the band. He clearly had a fascination for Extol, and this made me very curious. If we only had the right project, it would be very tempting to reach out to him for a possible collaboration. And in 2014 we did, and he was immediately interested. Liam is such a talented and interesting musician! Christer, Liam and I developed the basic song structures and expressions for «Heavy Yoke» by sending files back and forth and spending months on discussing the best way to shape this new band. And when the idea of a female singer came up, Eleni came to mind right away. I met Eleni back in the early 2000’s and was blown away by her crazy stage performance with her German punk hardcore band, Jumbo Jet. It turned out she would be the perfect match for us, even though she lives in Stuttgart.

Q2: EXTOL, THE DILLINGER ESCAPE PLAN, SEA + AIR。新たな “スーパーバンド” AZUSA は、ノルウェー、アメリカ、ベルリンとメンバーの拠点が離れた場所に存在します。
地理的に決して近くはない状況で、バンドはどの様に始まったのですか?

【DAVID】: AZUSA の冒険は、Christer と僕が10年の休止期間を経て、共に再び音楽を書き始めたところから始まるんだ。僕たち2人は1993年に EXTOL を立ち上げて、2004年、”Synergy” のツアーまでずっと一緒で緊密に創作活動を続けて来たね。AZUSA はその創作探求の自然な継続なんだよ。ただし、今回僕たちのビジョンは新たにエクストリームな感覚を取り入れているけどね。
そうして僕は、THE DILLINGER ESCAPE PLAN の Liam が EXTOL のベースプレイヤーにコンタクトを取り、バンドに興味を示していたことを思い出したんだ。彼は明らかに EXTOL に魅了されていたね。それで僕は彼にとても興味を持ったんだ。正しいプロジェクトを立ち上げれば、彼にとってもとても魅力的なコラボレーションの機会になるんじゃないかってね。
それで2014年に声をかけてみたんだ。彼はすぐに興味を持ってくれたよ。実際、彼ほど才能に溢れ、面白いミュージシャンはいないよ!
Chester, Liam, そして僕の3人は “Heavy Yoke” の基本的な楽曲の構造と表現をファイルを送りあって発展させていったんだ。そうして何ヶ月もかけて、この新たなバンドを形作る最高の方法を話し合ったのさ。
その話し合いの中で、女性シンガーを起用するアイデアが浮上してね。Eleni は僕の中にすぐに浮かんで来たんだよ。彼女とは00年代初頭に会ったんだけど、ドイツのハードコアバンド JUMBO JET とのクレイジーなステージパフォーマンスにぶっ飛ばされたんだ。だからこそ、彼女が僕たちに完璧にマッチするのは明らかだったね。例え彼女がシュツットガルトに住んでいたとしてもね。

Q3: Azusa is very impressive name, and it seems like Japanese for us. What’s the meaning behind that?

【CHRISTER】: There is a story of a native American girl who lived in the Los Angeles area in the late 1800s. She supposedly had healing powers and prayed for the healing of the people in her tribe. One day the rumors of her healing powers reached a chief from a different tribe. He came to her asking for her prayers and was healed from his sickness. Out of gratitude to the girl, he gave her the name Azusa. We liked this story and we liked the fact that Azusa could have several meanings, for example it is also a Japanese girls name.

Q3: AZUSA というバンド名は、日本語のようにも思えますが?

【CHRISTER】: AZUSA というバンド名は、19世紀後半にLAで生きたネイティブアメリカンの少女に因んでいるんだよ。彼女は癒しの力を持つと言われ、部族の人たちを祈りで癒していたんだよ。
ある日、彼女の癒しの力が噂として他部族の酋長に伝わったんだ。彼は彼女の元を訪れ治療を頼み、自身の病を癒してもらったんだよ。感謝の証として、酋長は彼女に AZUSA という名を与えたんだ。
僕たちはこのストーリーが好きで、それに他にも様々な意味に取れるでしょ?例えば君が言うように日本人の女性の名前とかね。

Q4: OK, let’s talk about your incredible debut “Heavy Yoke”. First of all, could you talk about the lyrical themes and title itself?

【CHRISTER】: The main topics for Heavy Yoke revolves around some of the darker sides of human interaction, the metaphysical and emotional weight of relationships. Lyrically, many of our songs come from a very real place, and they touch on some essential themes such as illusion vs reality, belief, betrayal and how upbringing will cling to you like a leech, for good or bad, even as you grow older and are free to liberate yourself from the defense mechanisms of childhood.

Q4: では素晴らしいデビュー”Heavy Yoke” について話しましょう。まずはタイトルや歌詞のテーマについてお話していただけますか?

【CHRISTER】: “Heavy Yoke” のメイントピックは、人間の相互作用のより暗い側面、人間関係の形而上学的および感情的な重さを紐解いているよ。
歌詞の多くは非常に現実的な題材を扱っていて、幻想と現実、信念、裏切り、それにいかに生い立ちがまるで蛭のように後の人生へしがみついてくるかなどの重要なテーマに触れることが出来るんだ。
だけどね、良きにつけ悪しきにつけ、たとえ君が年をとって成長していても、子どもの頃の防御メカニズムから自分を解放することが出来るんだよ。

Q5: Female-fronted metal band has been increasing these days. Actually, Eleni’s kaleidoscope voice dominates this record. Actually, do you think extreme music scene needs more female vocals?

【DAVID】: I think the whole metal genre needs an alteration, and the domination of male energies comes with certain limitations and lacks dynamics. In general, we need more females involved. Not limited to sing, but to be involved in songwriting and playing instruments as well.

Q5: Eleni の万華鏡のようなボーカルはこの作品を支配していますね!
近年、フロントウーマンを擁するメタルバンドは確かに増えていますが、あなたは女性ボーカルがシーンにもっと必要だと思いますか?

【DAVID】: そうだね。僕はメタルシーン全体が変化を必要としていると思うんだ。男性のエナジーがシーンを支配することで、リミットやダイナミクスの欠如が生まれていると思う。
だから一般的に、僕たちはもっと女性を取り込んで行く必要があるんだよ。それはボーカルだけに限らず、ソングライティングや楽器の演奏も同様にね。

Q6: Sometimes you are called “Kate Bush meets Slayer”. I don’t know that’s exactly right, but there are definitely thrilling fusion between pop, metal, prog, and hardcore. Was that kind of “diversity”, eclectic vision Azusa’s musical target?

【CHRISTER】: Musically, the starting point of Azusa was similar to the vision that David and I had for Absurd2. Absurd2 was a project we did between Undeceived and Synergy to explore the thrash universe in a freer fashion than would be possible with Extol. This was only our starting point, and after Liam and Eleni joined Azusa we are now in a completely different place. While writing and recording the songs for Heavy Yoke, the process took some unexpected turns, leaving a trail we couldn´t possibly have foreseen when we started this. Aside from trying our best to create innovative music, the mere constellation of musicians creating and recording music for the first time has colored our musical expression in such a way that we feel Azusa has become a brand-new creation.

Q6: AZUSA の音楽は、しばしば “Kate Bush meets Slayer” などと形容されています。確かにメタル、ハードコア、ポップ、プログを股にかける音楽性は至上のスリル、ダイナミズムを生んでいますね? そういった “多様性”はバンドの目指す場所の一つなのでしょうか?

【CHRISTER】: 音楽的に、AZUSA のスターティングポイントは ABSURD2 で David と僕が持っていたビジョンに近いんだ。ABSURD2 は僕たち2人が、EXTOL の “Undecieved” と “Synergy” の間にスラッシュの領域を探求するため立ち上げたプロジェクトなんだ。EXTOL より自由な感覚でね。
ただ、それは僕たちの出発点に過ぎず、特に Liam と Eleni が AZUSA に加わってから僕たちは全く異なる場所にいると言えるだろうね。実際、”Heavy Yoke” の作曲とレコーディングのプロセスは、思いもしなかった場所に僕たちを誘ったんだ。僕たち2人が始めた時は想像もつかなかったような場所にね。
革新的な音楽を創り出すのにベストを尽くしたのとは別に、初めてミュージシャンが集まって創造しレコーディングを行っただけなのに、これほどまで豊かな音楽表現に彩られるんだから、やっぱり AZUSA というバンドは瑞々しい創造性に満ちていると感じるね。

Q7: How was the writing and recording process? Did all members get together in the same room during the creative process?

【DAVID】: It was a mix of everything, I guess. Christer and I started out with demos or ideas for direction here in Norway, and when Liam came on board, he gave feedback which lead to adjustments to the course. Later on, when the album recording took place, Liam’s bass-lines would again push the songs to new places, and the same thing happened with Eleni. Her flavors and inputs were eye-openers and made our creativity, as a unit, spin like crazy.

Q7: そのライティング、レコーディングプロセスでは、全てのメンバーが同じ場所に集まることもあったのでしょうか?

【DAVID】: 作業の方法は色々と使い分けていたよ。例えば、初めは Christer と僕がここノルウェーでアイデアを思いついたりデモを作ったりして、リアムがそこに参加する。そして彼がその方向性を調整するようなフィードバックをくれるんだ。
その後、レコーディングを行う段階になって、Liam のベースラインは再度楽曲を新たな場所に導いてくれるのさ。
同じことは Eleni にも言えるよね。彼女の感覚やインプットには目を開かされたし、僕たちの創造性となったね。ユニットとして、クレイジーに機能しているのさ。

Q8: When I, massive Extol fan, saw Extol’s “Something will happen” Facebook post, I was really excited that Christer and David would play again. Actually, Extol haven’t released any music in this five years, and The Dillinger Escape Plan come to an end. Do you think every members put their priority on Azusa? Have Extol been on hiatus?

【DAVID】: Extol is on hiatus, that’s for sure. I’m not fully convinced that anything will happen again, but my experience these last 25 years shows that inspiration comes and goes. Who knows, maybe Extol will release more metal in the future? And there is no doubt that Azusa has become a main priority to all of us at this point. We’re already half way into the next album and we’re looking into options for touring and festivals. You can definitely expect more from Azusa.

Q8: 最初に EXTOL が Facebook で AZUSA の結成を仄めかした時、David と Christer が再び EXTOL でプレイするのでは?と喜んだファンも多かったと思います。
ただ、EXTOL は5年間何もリリースしていませんし、THE DILLINGER ESCAPE PLAN も終わりを迎えました。今は全員がこの AZUSA に集中しているのでしょうか?

【DAVID】: EXTOL は確かに活動を休止しているね。それは間違いないよ。僕も完全にあのバンドが終わったと確信している訳ではないんだけど、この25年間の経験で受けたインスピレーションは移り変わっているからね。だけどまあ、将来的にまた EXTOL のメタルがまたリリースされたって不思議ではないよ!
そして、現時点で全員のプライオリティーが AZUSA になったのは疑いようのない事実だよ。僕たちはすでに次の作品の制作に取り掛かっているし、ツアーやフェスのオプションも探っているところさ。間違いなく、これからもっと AZUSA の音楽を期待していいからね!

FIVE ALBUMS THAT CHANGED CHRISTER & DAVID’S LIFE

BELIEVER “DIMENSIONS”

BRAND X “MASQUES”

MESHUGGAH “DESTROY ERASE IMPROVE”

DEATH “SYMBOLIC”

KING’S X “DOGMAN”

CHRISTER

BELIEVER “EXTRACTION FROM MORTALITY”

MAHAVISHNU ORCHESTRA “THE INNER MOUNTING FLAME”

JONI MITCHELL “HEJIRA”

KING’S X “KING’S X”

LARRY CORYELL “PLANET END”

DAVID

MESSAGE FOR JAPAN

I am very fascinated by Japan and Japanese culture, so I hope I will get the opportunity to visit Japan, either on a trip with my family, or touring with Azusa. I would love to experience the meditative atmosphere of a Zen garden, eat delicious sushi and simply learn as much as I can about Japanese culture.

僕は日本と日本文化にとても魅了されているんだ。だから、家族旅行でも、AZUSA でのツアーでも構わないから、日本を訪れる機会が得られることを願っているよ!
ぜひ、禅の庭で瞑想を体験してみたいんだ。そして美味しいお寿司を食べたり、単純に出来るだけ日本の文化を学んでみたいね。

CHRISTER ESPEVOLL

AZUSA Facebook Page
AZUSA Official Site
INDIE RECORDINGS Facebook Page
INDIE RECORDINGS Official Site
日本盤のご購入はこちら。WARD RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です