sese1505434_815641751819715_3276670940934560809_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SOEN : TELLURIAN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH  FORMER OPETH DRUMMER LEGENDARY MARTIN LOPEZ OF SOEN

FORMER OPETH DRUMMER MARTIN LOPEZ’S BAND SOEN RELEASED AWESOME NEW ALBUM “TELLURIAN”!!

se6055_0952014080505

EX-OPETH, AMON AMRATH の伝説的ドラマー、MARTIN LOPEZ。彼が自分のバンドとしてメンバーを集め立ち上げたのが SOEN です。2012年に発表された彼らの1stアルバム “COGNITIVE” では2つの話題がファンの関心を集めました。まずは EX-TESTAMENT, SADUS などで知られるこちらも伝説的フレットレスベーシスト STEVE DIGIORGIO が参加し伝伝説説のリズム隊を形成した事。もう一つはその音楽性がなぜかあの TOOL に似ていた事です。前者は驚きと感嘆を持って迎えられ、後者は物議を醸したような気がします。それから2年。彼らの新作が届きました。タイトルは “TELLURIAN”。個人的な感想ですが前作を遥かに超える出来の良さだと思います。SOEN と疎遠になると言うよりは TOOL とだいぶ疎遠になりましたね。一聴して彼と判るそのドラミングとリズムパターンを自然に繰り出している今作は、前作よりも OPETIC な雰囲気を感じさせます。奇しくもクリーンのみになった今の OPETH と近いような気さえしてきますね。もしくはRIVERSIDE。ただ前作で披露した無機質で数学的なリフも所々に点在し、その不思議なコントラストが魅力的。向上したメロディーとエモーションも相まって彼らの個性を確立しつつあるのではないでしょうか。8年経った今でも日本のOPETIAN 達は二言目にはロペスロペスと言いますがそれは OPETH 初来日@ラウパ直前の脱退が衝撃だったというのもあるでしょう。まだ見ぬ伝説 MARTIN LOPEZ です。どうぞ。

【ABOUT “TELLURIAN”】

se1505434_815641751819715_3276670940934560809_n

Q1: Soen’s new album ‘TELLURIAN’ is out now. How are the reactions?

【MARTIN】: The reactions have been very positive from both the audience and the media so we’re really happy with how things are going with Tellurian so far,

Q1: SOEN の新譜 “TELLURIAN” が発売されましたね。反響はいかがですか?

【MARTIN】: 反響はとても良いよ。オーディエンスからもメディアからもね。だから今のところ“TELLURIAN”は上手く行っているし幸せだよ。

Q2:Would you tell us the meaning of album title ‘TELLURIAN’? And does ‘TELLURIAN’ have a conceptual story?

【MARTIN】: Tellurian means something that is from the earth, humanity, nature etc. We wanted to have a title that would connect us to the listener and everyone enjoying or suffering this adventure called life. Tellurian isn’t a conceptual album.

Q2: アルバムタイトル、”TELLURIAN” の意味を教えて下さい。何かコンセプトはありますか?

【MARTIN】: “TELLURIAN” は地球とか人間性、自然に由来する言葉だよ。僕達はタイトルを SOEN とリスナー、そして人生という冒険を楽しんでいたり苦しんでいたりする全ての人と関連づけるものにしたかったんだ。コンセプトアルバムではないけどね。

see6055_09112014044744

Q3: ‘TELLURIAN’ is awesome. I really love that. I think ‘TELLURIAN’ become more atmospheric than ‘COGNITIVE’. And melody is upgrade one step above. Do you agree them? What do you think about that?

【MARTIN】: I agree on Tellurian being a better album than Cognitive. It is also more melodic. We put a lot of effort in trying to make the songs more emotional and direct without losing technicality or “intelligence”,

Q3: “TELLURIAN” は素晴らしいアルバムですね。”COGNITIVE” に比べてよりアトモスフェリックになり、メロディーの質も一段上がったように思います。

【MARTIN】: そうだね、“TELLURIAN” は “COGNITIVE” より良いアルバムになったと思うよ。よりメロディックになったね。テクニカルさと知性を失う事なくよりエモーショナルでダイレクトに伝わるよう作曲には凄く精力を注いだんだ。

Q4: ‘TELLURIAN’ was mixed by David Bottrill (TOOL, SMASHING PUMPKINS, MUSE, KING CRIMSON). ‘COGNITIVE’ was compared with tool everywhere. Why did you use him?

【MARTIN】: Beacuse he is an excellent producer and we couldn’t care less about the comparisions.

Q4: “COGNITIVE” が各所で TOOL と比較される中、今回プロデューサーに DAVID BOTTRILL (TOOL, SMASHING PUMPKINS, MUSE, KING CRIMSON) を起用しましたね。なぜでしょう?

【MARTIN】: 彼が最高のプロデューサーだから起用しただけでそういった比較は特に気にしてないよ。

【ABOUT SOEN AND MARTIN】

Q1: Steve DiGiorgio left the band. Why? And would you introduce new bassist Stefan Stenberg?

【MARTIN】: We had to get a local bass player due to logistical reasons.We felt that we needed to improve musically for Tellurian and that means a lot of rehearsing, something we couldn’t do with Steve for obvious reasons so we asked Stefan to join the band. He’s a fantastic bass player and all around musician, perfect for Soen.

Q1: STEVE DIGIORGIO がバンドを離れましたね。なぜでしょう?そして新たに加入した新ベーシスト STEFAN STENBERG を紹介して下さい。

【MARTIN】: マーケティング上の理由から近くに住むベーシストが必要になったんだ。“TELLURIAN” を製作するにあたって僕達は音楽的により向上する必要があると感じていたんだ。即ち、もっとリハーサルを重ねる必要があるってね。明らかにスティーブとはそう出来ないからステファンに加入しないかってもちかけたんだ。彼は素晴らしいベーシストだしオールラウンドなミュージシャンだから SOEN にはピッタリだね。

Q2: Your ex-Band Opeth stop using growl and doing old fashioned prog rock. Are you checking them out? If so, What do you think about their current music?

【MARTIN】: What I’ve heard sounds good.

Q2: OPETH はグロウルの使用を止めて古き良きプログロックに回帰したような音楽をやっています。彼らの音楽はチェックしていますか?どう思います?

【MARTIN】: 聴いた分には良かったよ。

se6055_0952014080739e

Q3: You are so talented drummer. We can recognize you are playing only listening to your music without any information. That’s very rare case for drummer. In ‘TELLURIAN’, we can listen to your ethnic, Arabic/African influenced drumming. I feel it’s more ‘OPETIC’ than ‘COGNITIVE’. What do you think about that?

【MARTIN】: Percussion has always been close to my heart and I always try to add some of that vibe to any record I play on. It particularly fits Soen because it gives a sense of spiritualism that we think goes well with our music.

Q3: あなたは本当に才能のあるドラマーだと思います。あなたの様に一聴してそれと判るドラマーはそう多くはありません。”TELLURIAN” ではあなたの特徴であるアラブやアフリカのリズムに影響を受けたエスニックなドラミングが聴けますね。”COGNITIVE” より OPETH に近いと思いました。

【MARTIN】: パーカッションはいつも大切に思っているしそのヴァイブを幾らかでもレコードに持ち込めたらと思っているんだ。特に SOEN の音楽に合うと思っているよ。パーカッションが持つスピリチュアルな感覚が僕達の音楽に良くフィットすると思うんだ。

【FIVE FAVORITE ALBUMS: KEY TO MARTIN LOPEZ】

PINK FLOYD: THE WALL

se2

SLAYER: REIGN IN BLOOD

se1

DEATH: INDIVIDUAL THOUGHT PATTERNS

se3

WASP: CRIMSON IDOL

se4

CARMEN: FANDANGOS IN SPACE

se5

【MESSAGE FOR JAPAN】

kkk
You left Opeth 2006 before Loud Park, their first live in Japan. I was so disappointed to hear the news. We are looking forward to your coming. Message to Japan, please!

It’ll be a dream come true for all of us to get to play there one day. Be sure that we’ll do everything in our power to make it happen, we are fascinated by Japanese culture and history.

MATIN LOPEZ

2006 年、LOUDPARK 直前に OPETH を脱退した事を残念に思っている日本のファンは多いと思います。メッセージをお願いします!!

いつか日本でプレイするという僕達全員の夢はきっと叶うだろう。そのために僕達は全力を尽くすよ。出来ることは全てやるつもりさ。僕達は日本の文化や歴史にすっかり魅了されているからね。

MATIN LOPEZ

SOENのFBページ

iTUNES SOEN: TELLURIAN

AMAZON SOEN : TELLURIUM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です