NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【PINEAPPLE EXPRESS : ANTHEM】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH PINEAPPLE EXPRESS !!

“Bollywood” Just Translates To “Mainstream” For Me. Prog Is a Genre That Is Overlooked By The Mainstream Audience. But We Are Trying To Make It Accessible And Enjoyable For The Regular Listener. “

DISC REVIEW “ANTHEM”

“バーフバリ” やボリウッドの成功が象徴するように、桃源郷のようなインドのエンターテイメントは世界中を席巻しています。そして、モダンプログ/メタルの世界においても、インドはもはや目が離せないニューフロンティアとなっています。
PERIPHERY のキャッチーと TesseracT のアトモスフィアを抱きしめる SKYHARBOR、インドの伝統音楽を複雑怪奇に探求する AMOGH SYMPHONY, Bruce Soord, Steve Kitch の知を導入した PARADIGM SHIFT, ダークでオルタナティヴなピンクフロイド COMA ROSSI, そしてもはやベースワールドのトッププレイヤーとなった Mohini Dei。すでに、インドの活況はプログレッシブユートピアの相を呈していますね。
中でも、PINEAPPLE EXPRESS はそのインドのカラフルで煌びやかな悦楽の園を、見事にモダンメタル/プログの世界へと投影したエルドラドです。
「僕たちの音楽が持つポテンシャルを最大限発揮するためには、より多くの要素が必要だと悟ったんだよ。」バンドの創設者でキーボードプレイヤー YOGEENDRA が語るように、インド音楽シーンのハブ都市バンガロールに端を発する PINEAPPLE EXPRESS は、その壮大かつ多様な音楽性を具現化するために、8人のメンバーを揃えることとなりました。
フルートにヴァイオリン、そしてダブル、時にトリプルボーカルとなる豊かな旋律のアンサンブルは、最新シングル “Anthem” のまさにアンセムたる由縁です。そして、インドの伝統音楽から DREAM THEATER、SKRILLEX まで、通過した全ての音楽を等しく愛すると語る YOGEENDRA の言葉通り、モダンプログ/メタルはもちろん、Nu-metal, EDM, マスロック、ジャズ、エレクトロニカ、ヒップホップと涌き出でるその多様性の泉は、言語的ビッグバンをも伴って、圧倒的なフックと高揚感を孕みながらリスナーのエナジーへと変換されていくのです。
さらに、PVの熱狂的なオーディエンスが物語るように、その音楽とライブパフォーマンスが放つ圧倒的なスペクタクル性は、PINEAPPLE EXPRESS こそプログワールドにおける次世代の旗手である証なのかもしれません。
「僕にとって “ボリウッド” という言葉は “メインストリーム” と同義なんだ。そしてプログというジャンルはメインストリームのリスナーから見落とされていると思うんだ。だからこそ、僕たちはプログをよりアクセシブルに、一般的なリスナーが楽しめるように味付けしようとしているんだよ。」彼らはボリウッド成功の秘訣を理解しています。そしてあのゴージャスな浮世絵巻きを愛するプログの世界へと持ち込み、停滞するシーンに活路を見出そうとしているのかも知れませんね。
ただし、EP “Uplift” の複雑極まるオープナー “Cloud 8.9” を聴けば伝わるように、バンドの創造性、ハイテクニック、コンポジションはすでに名だたるプログロースターにも一切引けを取りません。むしろ従来のプログメソッドでも十分勝負可能なアビリティーを備えながら、メインストリーム、一般リスナーを意識した彼らの舵取りは、それこそが真の意味での “プログレッシブ” を体現しているのかもしれませんね。
今回弊誌では、4人のメンバーにインタビューを行うことが出来ました。公開数日での15万再生突破は伊達ではありません。さらに、旬のサウンドマン ARCH ECHO の Adam Bentley がミキシングを手がけたアンセムをぜひ。どうぞ!!

INTERVIEW WITH PINEAPPLE EXPRESS

Q1: The eight members of Pineapple Express are really unique. There are double vocal, violin and flute. How did the band come to be?

【YOGEENDRA】: Pineapple Express started as a three member band, about two years ago. Soon after, I realised that this music needed many more elements to be at it’s full potential. I wanted to turn the sound I had in my head, to reality. Fast forward a few months and here we are, with eight members. Each vocalist and each instrumentalist plays a very important role in the sound of the band, as you might have noticed in all our songs. We like to think we are the “world domination dream team”.

Q1: ダブルボーカル、ヴァイオリンにフルート。PINEAPPLE EXPRESS は実にユニークな8人編成です。まずはバンド結成の経緯をお話していただけますか?

【YOGEENDRA】: PINEAPPLE EXPRESS は2年ほど前に、3人組のバンドとして始まったんだ。だけとその後すぐに、僕たちの音楽が持つポテンシャルを最大限発揮するためには、より多くの要素が必要だと悟ったんだよ。つまり、僕の頭の中にあったサウンドを現実のものにしたかった訳さ。そうして数ヶ月の後、僕たちは8人組となったのさ。
どのボーカリストも、どの演奏者もバンドサウンドの中でとても重要な役割を担っているよ。全ての楽曲で君たちも気づいているようにね。まさに “世界を支配するドリームチーム” になったと感じているよ。

Q2: It seems Pineapple Express is from big city, Bangalore. You know, lot’s of modern metal/prog band like Skyharbor, Amogh Symphony, Paradigm Shift have raised from India. Actually, how popular is metal/prog music in your country?

【BHARGAV】: Even though Bollywood is the primary genre of music consumed by the masses in India, rock and metal have always had their own audience carved out in the music groups here. The difference is that these forms have branched out into many sub-genres and have become very accessible to people thanks to YouTube and other streaming services. Due to this, the number of listeners of prog and metal have massively increased and we have a lot of good bands getting recognition.
We feel proud to be from Bangalore, which we think is the hub of live independent music in India at the moment and will continue to be so for many, many years to come!

Q2: SKYHARBOR, AMOGH SYMPHONY, PARADIGM SHIFT など、近年インドから素晴らしいモダンプログ/メタルバンドが登場しています。もちろん、PINEAPPLE EXPRESS もそのインドの大都市バンガロール出身です。

【BHARGAV】: “ボリウッド” がインドの大衆に最も消費されている第一のジャンルだとしても、ロックとメタルはいつもしっかりとそのファン層を確保して来ているよ。
ただ昔と違ってロック/メタルは様々なサブジャンルへと枝分かれし、さらに YouTube やストリーミングサービスのおかげで人々により訴求するようになっているんだ。それによって、インドではプログ/メタルのリスナーが飛躍的に増え、世界から認知される良いバンドも登場して来たのさ。
僕たちはバンガロールに誇りを持っているんだ。というのも、バンガロールは現在、インドのインディペンデントミュージックのライブシーンにとってハブのような存在だからね。そしてこれからも長い間そうであり続けるはずさ!

Q3: Speaking of Pineapple Express, there is same title American comedy film. Was it an origin of your band name?

【KARTHIK】: We’ve got multiple origin stories for how the band was named Pineapple Express! Although we have nothing that derives from the movie, the one thing that’s similar is the eclectic style that both the movie and our music share.

Q3: PINEAPPLE EXPRESS というバンド名ですが、同名のアメリカンコメディー映画がありますよね?

【KARTHIK】: PINEAPPLE EXPRESS というバンド名には様々な由縁があるんだよ!ただ、あの映画から拝借した訳ではないんだよ。ただし、あの映画と僕たちの音楽は、エクレクティックであるという点で共通しているね。

Q4: Regarding film, you mix modern metal/prog/electronic with Bollywood in your newest song “Anthem”. That makes you really special. Actually, your music is like spectacle movie! What made you bring Bollywood to your rock world?

【YOGEENDRA】: Thank you for the kind words. But in fact, that is exactly what we want our shows to feel like – a spectacle! If our show had to be stripped of all it’s production – remove the extravagant lights, take off the visuals – I’d still want our music to be able to enthral the audience all by itself. For that to happen, the music needs to be really special and we try our best to make that happen.
“Bollywood” just translates to “mainstream” for me. Prog is a genre that is overlooked by the mainstream audience. But we are trying to make it accessible and enjoyable for the regular listener. I hope that in the near future, we are successful in that sense.

Q4: 映画といえば、最新シングル “Anthem” で、メタル/プログにボリウッドのスペクタクル性を持ち込んだ手法はあまりに斬新でした。

【YOGEENDRA】: どうもありがとう。実際、僕たちのショウでファンに感じてもらいたいものこそ、そのスペクタクルなんだ!
だけどね、もし僕たちのショウから豪華なライティングやヴィジュアルといった全てのプロダクションを取り除いたとしても、それでも楽曲単体のみで僕はオーディエンスの心を掴みたいと思うよ。それを実現するためには、音楽が実に特別なものでなければならないし、僕たちはベストを尽くすよ。
僕にとって “ボリウッド” という言葉は “メインストリーム” と同義なんだ。そしてプログというジャンルはメインストリームのリスナーから見落とされていると思うんだ。だからこそ、僕たちはプログをよりアクセシブルに、一般的なリスナーが楽しめるように味付けしようとしているんだよ。近い将来、その目標が果たせるといいね。

Q5: “Baahubali” was really succeed in Japan last year. We are so attracted by diversity of Indian languages. I think you mix some Indian languages with English right?

【RITWIK】: Yes, that’s right! We strongly believe in the power of ideas, and music is our way to communicate them. Just like how we write in multiple genres, even within a song, we like to use multiple languages to express ourselves. Aside from English, we have written in Kannada, Hindi and Malayalam so far. But depending on what we want to express, we may write in even more languages in the future!

Q5: 昨年、日本でもボリウッドの象徴 “バーフバリ” が大成功を納めました。そこで感じ惹きつけられたのが、インドの言語的な多様性でした。PINEAPPLE EXPRESS もいくつかのインド言語を英語とミックスしていますよね?

【RITWIK】: うん、まさにその通りだよ!僕たちはね、アイデアの力を強く信じているんだよ。そして音楽はそのアイデアを伝える僕たちの方法なんだ。
一曲の中でさえ様々なジャンルをミックスしているように、マルチな言語を使用することも僕たちの自己表現なんだ。英語以外にも、カンナダ語、ヒンドゥー語、マラヤーラム語をこれまで使用しているよ。何を表現するかにかかわらず、僕たちはこれからももっと多くの言語を使用していくよ!

Q6: “TAKA TAKA THEI THEI” is impressive phrase. What’s the meaning?

【YOGEENDRA】: It is defined as the act of overcoming all odds.It doesn’t matter if the world is against you, believe in yourself and you will rise against anything in your way. Never stop till you reach your destination.
Taka Taka Thei Thei represents the emotions of achievement, success and fearlessness.
So when life throws difficulties your way, it’s simple. You keep calm and Taka Taka Thei Thei!

Q6: それにしても、”Anthem” の “TAKA TAKA THEI THEI” というフレーズは実に印象的ですね?どの様な意味が込められているのでしょう?

【YOGEENDRA】: “TAKA TAKA THEI THEI” とは全ての “差異” を克服する行為だよ。もし世界が敵になっても大した問題じゃない。自分を信じさえすれば、君のやり方で何にだって立ち向かうことが出来るんだ。ただし、目的地に着くまで決して立ち止まってはいけないよ。
つまり、”TAKA TAKA THEI THEI” とは達成感、成功、恐れないことを表現しているんだよ。だからもし人生が君に難題を吹っかけて来ても、対処法は単純だよ。ただ “TAKA TAKA THEI THEI” すれば良いだけなんだから。

Q7: Along with Bollywood, Indian traditional music, you mix eclectic aspects like hip-hop, electronic. It seems you have really diverse musical background. Do you agree that?

【YOGEENDRA】: You’re right. I grew up in a family of Indian Classical musicians. Through my childhood, I learnt both forms of Indian Classical music, which is the core foundation of all the songwriting I do even now. Going forward, I discovered various forms of western music starting from Dream Theater, all the way to Skrillex. I fell in love with all forms of music and I have always wanted to eliminate the boundaries people have drawn within music.
Of late, I have stopped listening to new music, so that Pineapple Express’ music is not subconsciously influenced by any other artist and remains as unique and diverse as possible.

Q7: ボリウッドやインドの伝統音楽と同時に、ヒップホップやエレクトロニカを取り入れた PINEAPPLE EXPRESS のバックグラウンドは実際、とても幅広いようですね?

【YOGEENDRA】: その通りだよ。実は僕はインド伝統音楽のミュージシャンの家庭で育ったんだ。だから子供時代を通して、僕はインド伝統音楽を学ぶことが出来たんだ。そしてそれは、今でも僕の全てのソングライティングにとって核となっているんだよ。
それから成長するにつれて、僕は様々な形態の西洋音楽にも触れていったね。DREAM THEATER から始まり、SKRILLEX までね。その音楽経歴全てと恋に落ちた僕は、いつだってそれぞれの境界を取り去りたいと願って来たんだよ。
だけど最近では、新しい音楽を聴くのは止めたんだ。それによって、PINEAPPLE EXPRESS の音楽は無意識的にも他のアーティストから影響されることなく、出来得る限りユニークかつ多様に仕上がっているのさ。

Q8: So, you have released one EP and two singles. Can we expect your full album someday soon?

【YOGEENDRA】: This is the first time we’re revealing what we have planned for 2019, YES!
You can expect not one, but two records this year. One EP in May, and one full length (and very progressive) album towards the end of the year. You heard it here first!

Q8: PINEAPPLE EXPRESS はこれまで2枚のシングルと1枚の EP をリリースして来ましたが、フルアルバムも近々期待出来るのでしょうか?

【YOGEENDRA】: これはここで初めて明かすんだけど、そうだね、今年アルバムをリリースするよ!
それも1枚じゃなく2枚ね。5月に EP をリリースして、とてもプログレッシブなフルアルバムを年末に向けて制作中さ。初出しの情報だよ!

FIVE ALBUMS THAT CHANGED YOGEENDRA’S LIFE

DREAM THEATER “BLACK CLOUDS & SILVER LININGS”

PLINI “SWEET NOTHINGS”

OPETH “GHOST REVERIES”

PERIPHERY “PERIPHERY Ⅱ: THIS TIME IT’S PERSONAL”

ANIMALS AS LEADERS “THE JOY OF MOTION”

MESSAGE FOR JAPAN

From growing up watching some of our favourite bands and artists like Mr. Big, Dream Theater and G3 playing to packed Japanese audiences to being big time anime and manga lovers, we have a lot of love for Japan! We know of Japan’s beautiful architecture, culture and love for good music and sports alike!
Given a chance, we’d definitely love to bring our music to Japan because we know you’d love the high energy vibe we try to give out! Hopefully sooner than later!

成長する時に、MR.BIG, DREAM THEATER, G3 といった僕たちのフェイバリットバンドが日本でプレイするのを見ていたし、アニメも漫画も大好きだから、端的に言って僕たちは日本が大好きさ!日本には美しい建築物、文化があることを知っているし、音楽やスポーツを愛していることもね。
機会があれば、ぜひ日本に僕たちの音楽を持っていきたいね。このハイエナジーなヴァイブをきっと気に入ってくれるだろうからね!出来れば近いうちに!

BHARGAV (PINEAPPLE EXPRESS)

PINEAPPLE EXPRESS Facebook Page
PINEAPPLE EXPRESS Instagram
PINEAPPLE EXPRESS Official Site
PINEAPPLE EXPRESS Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です