NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BLACK PEAKS : ALL THAT DIVIDES】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH WILL GARDNER OF BLACK PEAKS !!

“We All Started Collectively Listening To Lots Of Mastodon and Tool . Bands Like That . I Think Thats Where The Shift Started To Happen , Into The More Black Peaks Style Heavy Sound.”

DISC REVIEW “ALL THAT DIVIDES”

英国が今、沸騰しています。ARCHITECTS, TesseracT、そして SVALBARD や ROLO TOMASSI といった Holy Roar のロースター。真の意味での “プログレッシブ” を追求するエクレクティックでスリリングな冒険的アーティストが、かつて様々なムーブメントを創造した獅子とユニコーンの紋章の下へと集結しているのです。
ブライトンから顕現した BLACK PEAKS も、その大波を牽引する風雲の一つ。「様々な音楽ジャンルをミックスしているんだけど、主にロック、ハードコア、そしてプログが中心だね。」 と Will が語るように、荘厳と野蛮、洗練と無骨を併せ持つそのコントラストの烈風は、英国ニューウェーブの中でも一際カラフルなインパクトを与えているのです。
注目すべきは BLACK PEAKS が、一歩間違えれば “無節操” とも捉えられかねない “美味しいとこどり” の方法論を、臆せず真摯に追求している点でしょう。SHRINE 時代は自らが認めるように “マーズヴォルティー” すなはち THE MARS VOLTA のポストハードコアを追い求め、さらに改名後は 「僕たちは集まって、MASTODON や TOOL といったバンドを何度も聴いて研究し始めたのさ。そこから音楽性の変化が始まったと思うね。」 と語る通り、モダンプログレッシブの数学的アプローチや重量感を深く “研究” し、理想的な BLACK PEAKS のスタイルへと邁進し構築する。その研究者としての姿勢が、これまでありそうでなかったモダンでコンパクトな凛々しきプログの坩堝を精製することへと繋がりました。
例えばファーストシングル “Can’t Sleep” は、MASTODON のスラッジアタックと SYSTEM OF A DOWN の異国感がシームレスに融合したキメラでしょうし、”Electric Fires” には TOOL のマスマティカルな野心と BIFFY CLYRO のポップな精神が宿っているはずです。加えて湧き出でる OPETH や ELDER のエピカルな世界観。
ただし、その魅力的なフラスコに Will のボーカルが注がれると、BLACK PEAKS は触媒を得て劇的な化学反応を起こします。実際、スクリームからクリーンボイス、囁きからファルセットまで、英国らしい叙情、憂鬱、愁苦、そして悲憤を宿す Will の歌唱とメロディーは、異次元のエモーションを楽曲へと織り込んでいくのです。
フルスロットルの咆哮を縦糸に、ガラスのファルセットを横糸に織り上げたその退廃感は、母国の選択、ブレグジットに起因するものでした。「ここ数年イギリス人としてヨーロッパを旅する事で、実際に興味深い体験をして来たからなんだけどね。つまり、そうやって僕たちに降りかかる出来事に対して情動、怒り、フラストレーションなんかを感じたわけさ。」 そのダイナミズムの源は、例えば SVALBARD にも通じるやはり政治的なものでした。
そうしてアルバムは、THE DILLINGER ESCAPE PLAN のカオスや OCEANSIZE の耽美まで吸収した強欲な運命 “Fate Ⅰ&Ⅱ” でその幕を閉じます。ハードコアのアグレッションとプログレッシブのエレガンスが、自然と同じキャンパスに描かれるダイナミズムの DNA はきっと選ばれたものにしか与えられていないはずです。
今回弊誌では、新たなボーカルスター Will Gardner にインタビューを行うことが出来ました。「僕たちはアルバムをレコーディングしている最中に ELDER “Reflections of a floating world” を頻繁に聴いていたんだ。」 どうぞ!!

BLACK PEAKS “ALL THAT DIVIDES” : 9.8/10

INTERVIEW WITH WILL GARDNER

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about the band and yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【WILL】: So we are Black peaks from Brighton in England , were a real mixture of all sorts of music , mainly rock , hardcore and prog . We’ve been going for about 7 years now roughly and have traveled all over Europe playing shows.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなた達の音楽的なバックグラウンドからお話していただけますか?

【WILL】: 僕たちは BLACK PEAKS。イングランドのブライトン出身だよ。様々な音楽ジャンルをミックスしているんだけど、主にロック、ハードコア、そしてプログが中心だね。
結成から今年で7年目になるね。そしてショウのためにヨーロッパ中を旅して来たんだ。

Q2: Before you become Black Peaks you were a three-piece instrumental band and so called Shrine. It was kind of Mars Volta esque style, right? What made you shift your direction from Shrine to Black Peaks at that time?

【WILL】: Yeah thats right, we were super Mars voltery and technical . That was the music we all loved at the start .
I ( William the singer ) joined the band and made things alot heavier i guess?
We all started collectively listening to lots of Mastodon and Tool . Bands like that .
I think thats where the shift started to happen , into the more Black peaks style heavy sound.

Q2: BLACK PEAKS 結成以前は、3人組のインストゥルメンタルバンド SHRINE として活動していましたね? 当時は THE MARS VOLTA を強く意識したような音楽性でしたが。

【WILL】: うん、その通りだよ。当時は実に “マーズヴォルティー” でテクニカルだったね。それこそが、僕たちがこのバンドを始めた時、全員が愛している音楽だったんだよ。シンガーである僕が加入して、バンドはよりヘヴィーになったと思うんだ。
そうして僕たちは集まって、MASTODON や TOOL といったバンドを何度も聴いて研究し始めたのさ。そこから音楽性の変化が始まったと思うね。より BLACK PEAKS らしいヘヴィーなスタイルへとね。

Q3: After the incredible debut-full “Statues”, you have toured with metal giants like Deftones, Mastodon, System of a Down. What was the experience for you?

【WILL】: Pretty indescribable to be honest , each one of those huge gigs was very very different . We went down especially well with Mastodons crowd in Lisbon. I would say that we learned a hell of alot from each of those bands and playing with them on those stages . Wembley with Deftones felt like a dream come true , we got to hang out with most of the band and they were great guys !

Q3: そうしてデビュー作 “Statues” でシーンに衝撃を与えた後、バンドは DEFTONES, MASTODON, SYESTEM OF A DOWN といったレジェンドとツアーを行いました。

【WILL】: 正直、形容し難い体験だったよ。彼らとの大きなギグ一つ一つがとても異なっていたからね。ただ言えるのは、僕たちはそういったバンドたちから、そして彼らとステージを共有することで、多くのものを学んだってことだね。
中でも DEFTONES とのウェンブリーアリーナでのショウは、まさに夢が叶った瞬間だったな。大半のバンドとは仲良くなって遊びにいったりしたし、素晴らしい人たちだよ!

Q4: Also, contract with Rise Record was next big step for the band. What’s your perspective about the label and their rosters?

【WILL】: They have been absolutely brilliant for us so far . They are very supportive with us creatively and really give us a lot of freedom with our music and image .
I think their Roster has changed and developed alot over the last few years which is great as they have opened thier doors to bands like us .

Q4: ビッグレーベル Rise Records との契約は、バンドにとって大きな一歩に思えます。ロースターも充実していますよね?

【WILL】: 彼らは今のところ、僕たちを実に素晴らしく扱ってくれているよ。クリエイティブ面でもとてもサポートしてくれるし、僕たちの音楽や想像性に大きな自由を与えてくれているんだ。
レーベルのロースターは、ここ数年で変化してさらに改善を遂げているよね。つまり、僕たちのようなバンドにもドアを開けてくれるんだから、素晴らしい事だよ。

Q5: So, your newest record “All That Divides” is really well accepted. With great artwork, what’s the concept or lyrical themes of this record?

【WILL】: Thats a very long and complicated story , alot of which is to do with the political climate in the UK and Europe at the moment .
We have had lots of interesting stories from us traveling Europe over the last few years and felt lots of emotion and anger , frustration at what we see happening around us . The album was our way of expressing those experiences and emotions the best way we felt we could.

Q5: 最新作 “All That Divides” もデビュー作を凌ぐほどに好評ですね!アートワークや歌詞のコンセプトについて教えていただけますか?

【WILL】: 実に込み入った長いストーリーなんだけど、基本的にコンセプトの大半は、現在の UK とヨーロッパの政治的状況と関連しているんだ。
というのも、ここ数年イギリス人としてヨーロッパを旅する事で、実際に興味深い体験をして来たからなんだけどね。つまり、そうやって僕たちに降りかかる出来事に対して情動、怒り、フラストレーションなんかを感じたわけさ。
このアルバムは、そういった体験や感情に対する僕たちなりの表現法であり、これが僕らに出来る最高の方法だったんだ。

Q6: Actually, I was really impressed by the colorful and wide range influence of “All That Divides”. There is Tool, Mastodon, Deftones, System of a Down and Even Opeth. That diversity and imaginative approach reminds me Elder’s latest record. But your style is more modern, up to date and catchy, I think. Do you agree that?

【WILL】: That’s Very kind of you thankyou so much , We actually listened to ALOT of ‘Reflections of a floating world ‘ when we were recording the album . In fact i think i could say we kind of discovered Elder properly while we were recording . I’m pleased you can hear a little bit of that influence.

Q6: 先程お話にも出ましたが、TOOL, MASTODON, DEFTONES, さらには OPETH まで、カラフルで多様な音楽の素養が印象的なアルバムです。そういった多様性と想像力は、ELDER の最新作にも通じるように感じましたが?

【WILL】: 本当にありがとう、そう言ってくれて嬉しいよ。実際、僕たちはアルバムをレコーディングしている最中に ELDER “Reflections of a floating world” を頻繁に聴いていたんだ。正直に言って、ELDER を発見したのがレコーディング時だったのは、まさに適切なタイミングだったよね。だから、彼らからの影響を少しでも感じてくれて嬉しいよ。

Q7: Will’s emotional and unique voice makes “All That Divides” one and only. As a singer, who do you respect?

【WILL】: I listen to alot of Maynard from tool , Chris Cornell was a hero of mine growing up .
Obviously people like Michael Akerfeldt , Greg Puciato , Cedric Bixler Zavala and i think alot of Devin Townsend back in the day . Also i would say Phil Anselmo and Zach de la Rocha were all huge influences on me.

Q7: Will のエモーショナルな歌唱も光るレコードです。あなたがシンガーとして影響を受けたのは、どういった人たちですか?

【WILL】: TOOL の Maynard は良く聴いているね。それに子供のころは、Chris Cornell がヒーローだったんだ。
振り返ってみると、Michael Akerfeldt , Greg Puciato , Cedric Bixler Zavala, それに Devin Townsend からは明らかに大きな影響を受けているね。それに Phil Anselmo, Zach de la Rocha の個性も重要だったよ。

Q8: Recently, intelligent, mathy, atmospheric bands have risen from UK. Actually, Black Peaks, TesseracT, Toska and Holy Roar’s rosters are driving force of UK modern metal/Prog scene. Do you think there is “new wave” of metal in your country now?

【WILL】: Yes i would strongly agree with that . There is so much amazing music coming out of the UK at the moment , its really a very exciting scene to be part of .

Q8: 近年、知性を湛えるマスマティカルでアトモスフェリックな新鋭が多数英国から登場しています。BLACK PEAKS はもちろん、 TesseracT や Holy Roar のロースターも話題を呼んでいますよね?メタル/プログの新たな波がイギリスに訪れているのでしょうか?

【WILL】: うん、その意見には強く同意するよ。本当に現在は、英国から最高の音楽が沢山生まれているよね。そのシーンの一部になっているんだから、実にエキサイティングだよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED WILL’S LIFE

MILES DAVIS “KIND OF BLUE”

SLIPKNOT “SLIPKNOT”

MASTODON “CRACK THE SKYE”

PINK FLOYD “THE DARK SIDE OF THE MOON”

TOOL “10,000 DAYS”

MESSAGE FOR JAPAN

Please have us over to your beautiful country . We have heard so many good things , we would really like to come over and show us your music and meet your lovely people . Thankyou from Black peaks !

ぜひ君たちの美しい国に招待して欲しいな。日本については本当に良い話を沢山聞いているから、ぜひ訪れて君たちの音楽も聴いてみたいし、素敵な人たちにも会ってみたいな。ありがとう!

WILL GARDNER

BLACK PEAKS Facebook Page
BLACK PEAKS Official Site
RISE RECORDS Facebook Page
RISE RECORDS Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です