NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【O.R.k. : RAMAGEHEAD】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH LEF OF O.R.k. !!

“Bill Laswell Passed a Copy Of The Record On To Tankian Who Was So Impressed, He Then Checked Out All My Stuff, Website And Other Material. This Led Directly To Serj.”

DISC REVIEW “RAMAGEHEAD”

オルタナティブとプログレッシブの稜線に位置するスーパーバンド O.R.k. は、さらに音楽と映画の境界すら霧の中へ誘いユニークな “O.R.k.estration” サウンドで魅了します。
イタリア生まれの声楽家で、映画音楽のコンポーザーとして受賞歴も有する LEF こと Lorenzo Esposito Fornasari。彼が過去に OBAKE でバンドメイトだった ex-PORCUPINE TREE のベースマン Colin Edwin、BERSERK! で共演した KING CRIMSON のスティックマン Pat Mastelotto、さらにイタリアンフォークのビッグネーム MARTA SUI TUBI から Carmelo Pipitone を召喚し結成したプログコレクティブこそ O.R.k. でした。
「ビジュアルアートと音楽がお互いに補い合うやり方がとても好きなんだ。だからね、O.R.k のディスコグラフィーはまだ撮影されていない映画音楽と解釈することも可能だと思うんだよ。」
2015年の結成以来、O.R.k. はプログとオルタナティブを主役として起用しながら、同時にエレクトロ、ジャズ、アンビエントにオペラといった名脇役を見事に配置し、その絶妙な脚本、演出、カメラワークで造形豊かなシネマティックワールドを音楽の中へと投影して来ました。
「アルバムは、様々な側面からもたらされる情報の波に呑まれる潜在的な感情について描いているんだ。僕たち人間の関係性、感じ方、考え方、それに生活全てが、今日では実に深くインターネットとテクノロジーに影響されているのは明らかだよ。」
新世代プログレッシブの旗手 Kscope と手を結びリリースした勝負の最新作 “Ramagehead” で、O.R.k. がフィルムの舞台に選んだのはインターネット/テクノロジーに支配される現代とその社会でした。
深刻なテーマとシンクロするように、彼らの新たなサウンドトラックはダークな畝りが跋扈する重々しい世界。作品を象徴するオープナー “Kneel to Nothing” には、明らかに ALICE IN CHAINS や SOUNDGARDEN が90年代にもたらした悲憤の刻印が印され、一方で極上のリズムチームが創生するパーカッシブな数学の躍動感には TOOL の遺伝子が宿っているのです。
実際、スポンティニュアスで魂宿る Lef の歌唱には Chris Cornell が降臨し、アートワークのデジタルが支配する深淵は TOOL の Adam Jones がデザインを行っています。
暗澹と叡智のフレームはそうして様々なカオスを切り取っていきます。RADIOHEAD を想起させる幽玄とメタルの狂気が同居する “Signals Erased”、クリムゾンの叙情と不穏が類稀なるコントラストを生み出す “Time Corroded”、豊潤なオーケストレーションで完璧なシネマを具現化する組曲 “Some Other Rainbow”。
場面転換の妙は、ネオレアリズモの生々しくも痛烈な説得力を纏ってリスナーをビジュアルとサウンドの水平線へと誘うのです。
「Serj は僕の全ての作品をチェックしてくれたそうだよ。ウェブサイトや他のマテリアルまでね。」
Bill Laswell が聴かせた音源を出発点に、そうして O.R.k. の透徹した美意識は遂に SYSTEM OF A DOWN のマエストロ Serj Tankian のキャスティングへと繋がりました。”Black Blooms” に描かれた地続きの善と悪、国もジャンルも超越して咲き誇る黒の才華は完璧なまでにプログの新たな地平、情景を示唆しているのでしょう。
今回弊誌では、Lef にインタビューを行うことが出来ました。彼の鍵盤捌き、Carmelo のシーケンシャルなフレージングも聴きどころの一つ。「映画のためにスコアを書くことで、僕の音楽に対するアプローチは大きく変化したんだ。」どうぞ!!

O.R.k. “RAMAGEHEAD” : 9.8/10

INTERVIEW WITH LEF

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about yourself and your band? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【LEF】: We love different things music-wise… rock, jazz, electro and I got also a degree as opera singer. In general we influence each other more than what we’ve listened in the past.

Q1: 本誌初登場です!まずはバンドの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【LEF】: 音楽的に僕たちは、様々に異なるものを愛しているんだ。ロック、ジャズ、エレクトロ、それに僕はオペラシンガーにも影響されているからね。
だから端的に言って、それぞれが過去に聴いてきた音楽以上にメンバーが互いに影響しあっているんだよ。

Q2: Definitely, O.R.k. is super band. Obake (Japanese ghost, haha), Berserk!, Marta Sui Tubi, Porcupine Tree and King Crimson get together! How did the band come to be?

【LEF】: I had this other band called Obake with Colin and did a couple of other records with Pat in the past. I asked Carmelo to join us as I wanted to start a new band. We’ve recorded a few rough ideas and have immediately recognised the potential. That happened 4 years ago, we’ve recorded 3 studio albums, toured 4 times Europe and did shows in South America since then.

Q2: O.R.k. は、OBAKE, MARTA SUI TUBI, PORCUPINE TREE, KING CRIMSON のメンバーが集結したスーパーバンドです。結成の経緯を教えていただけますか?

【LEF】: Colin とは OBAKE をやっていたし、Pat とも過去に何枚かのレコードで共演したことがあったんだよ。そうして新たなバンドを始めるにあたり、Carmelo にも加入してくれないかと頼んだんだ。
4人が揃ったところで、ラフなアイデアをいくつかレコーディングしてみたんだけど、すぐにこのバンドには可能性があるとわかったね。それが4年前のことだよ。それから3枚のアルバムを制作し、ヨーロッパを4回ツアーし、南米でもショウを行ったね。

Q3: OK, let’s talk about your newest record “Ramagehead”. In the press release, Colin said “Ramagehead” is not a conceptual album but has a theme about the uncertain times we are living in, and the constant confusing information overload. What made you choose this theme to the record?

【LEF】: It describes the underlying feeling of being stuffed full of information from every angle. We’re not against technology in general, it would’ve been very complicated for us as band to do anything without internet.. but at the very same time it’s quite obvious that our relationship, the way we all feel, think and live is nowadays deeply influenced by internet and the technology in general.
Our lyrics are usually related to our thoughts, feelings, concerns around our lives. We prefer not to be very specific and leave space for the listeners to build their own interpretation.

Q3: 最新作 “Ramagehead” はコンセプトアルバムではないものの、情報過多で不安定な現代社会を扱った作品だそうですね?

【LEF】: アルバムは、様々な側面からもたらされる情報の波に呑まれる潜在的な感情について描いているんだ。僕たちも全てのテクノロジーに反対している訳ではないんだよ。何よりインターネットがなければ、バンドで何をするにしても非常に手間がかかってしまうからね。
だけど同時に、僕たち人間の関係性、感じ方、考え方、それに生活全てが、今日では実に深くインターネットとテクノロジーに影響されているのは明らかだよ。
僕たちの歌詞は基本的に自分たちの人生に纏わる思考や感情、関心事と関係しているんだ。ただあんまり説明しすぎるのは好きじゃないね。リスナーが自身の解釈を組み立てる余地を残して置きたいからね。

Q4: Lorenzo (LEF) is really talented award-winning film score composer. I think that’s why “Ramagehead” becomes very cinematic, film-like record. Do you agree that?

【LEF】: Yes. Writing scores for films has changed my approach to music in general. I love the way that visual art and music complement each other, you could probably interpret the O.R.k. discography as music for yet to be shot films… that’s the way we see it anyway.

Q4: Lef は映画音楽の分野で賞も獲得したコンポーザーです。”Ramagehead” が非常にシネマティックなレコードとなった背景にはあなたの素養が関係しているようにも思えます。

【LEF】: そうだね。映画のためにスコアを書くことで、僕の音楽に対するアプローチは大きく変化したんだ。そうやって、ビジュアルアートと音楽がお互いに補い合うやり方がとても好きなんだ。
だからね、O.R.k. のディスコグラフィーはまだ撮影されていない映画音楽と解釈することも可能だと思うんだよ。少なくとも僕たちはそう考えているよ。

Q5: Actually, “Ramagehead” also features Serj Tankian of System of a Down. How have you connect with great Grammy Award-winner? What made you choose “Black Blooms” for him?

【LEF】: I did this Hypersomniac record with Bill Laswell, and other cool guys from Norway. Bill passed a copy of the record on to Tankian who was so impressed, he then checked out all my stuff, website and other material. This led directly to Serj and I connecting and discussing potentially collaborating at some point – it was just at the time we were working on Ramagehead, so of course a suggestion had to be made. I sent over our rough mixes, he’s initially picked a few songs and after some more thought we’ve decided to work together on BLACK BLOOMS.
He’s not just a music god, but also an incredibly amazing person. It was great and so easy to work together, we’re indeed planning to score soundtracks in the near future.

Q5: Serj Tankian のゲスト参加も “Ramagehead” の大きなトピックだと言えますね?

【LEF】: LEF 名義で Bill Laswell、それにノルウェーのクールな面子とアルバム “Hypersomniac” を制作したんだ。それで Bill が Serj にレコードのコピーを渡して、彼がとても感銘を受けたそうなんだ。
Serj は僕の全ての作品をチェックしてくれたそうだよ。ウェブサイトや他のマテリアルまでね。それで Serj と直接繋がることが出来て、将来的なコラボレートの話をしたんだ。ちょうどその時、僕たちは “Ramagehead” を制作していたから、当然ゲスト参加の話もしてみたんだよ。
僕は Serj にラフミックスを送り、彼が最初に何曲か選んだんだ。それから思考を重ねて、最終的に “Black Blooms” で共演を決めたんだ。
彼はただ音楽的な “神” であるだけじゃなく、信じられないくらい素晴らしい人物でもあるんだよ。最高の体験だったし仕事もとてもしやすかった。近い将来、サウンドトラックも一緒に作ろうと話しているんだ。

Q6: Also, the impressive cover art was written by Adam Jones of Tool. How did you contact with him?

【LEF】: Adam and Pat are very good friends… his digital portrait was exactly what we needed as cover for the Ramagehead record. We love it!

Q6: さらに TOOL の Adam Jones がアートワークを手がけていますね?

【LEF】: Adam は Pat がとても親しい友人なんだ。彼のデジタルポートレートは実際、僕たちが “Ramagehead” のアートワークに求めていたそのものだったんだ。本当に気に入っているよ!

Q7: I think that’s why, you are often compared with System of a Down and Tool. Of course, these two are really dark, intelligent and alternative. And I think you have similar aspects. What’s your perspective about the comparison?

【LEF】: The comparison is flattering and we understand what you mean. Though in general, we tend to do not overthink about our music… we always try not to overproduce our music and to keep the spontaneous ideas developed but intact. People say that our music is dark, the live experience is quite joyful though… certainly from this side of the stage. It must be good catharsis.

Q7: 彼ら2人の参加で、SYSTEM OF A DOWN, TOOL との比較は避けられないでしょうね?

【LEF】: SYSTEM OF A DOWN や TOOL との比較は完全に賞賛だよ。君が言うことはよく分かるんだ。ただ僕たちは自分たちの音楽についてあまり考えすぎないようにはしているんだよ。
つまり僕たちはいつもオーバープロデュースになり過ぎないよう気をつけているし、スポンティニュアスなアイデアを膨らませていくようにしているんだ。
よく僕たちの音楽はダークで、だけどライブ体験は喜びに満ちているなんて言われるけどね。それが良いカタルシスを生んでいるんじゃないかな。

Q8: Your label, Kscope leads modern/post prog scene. Do you have empathy for the label and it’s roaster?

【LEF】: We’re really happy to collaborate with K-Scope. They felt the album was quite strong, and despite being a bit harder and more “rock” perhaps than some of their other acts, we were still a good fit for the label. The connection was of course made by Colin and his illustrious past, with Porcupine Tree, haha.

Q8: モダン/ポストプログレッシブの旗手 Kscope レーベルとのコラボレーションはいかがですか?

【LEF】: Kscope とのコラボレートには本当に満足しているよ。彼らは “Ramagehead” を実に強力だと感じてくれているし、おそらく僕たちは他のロースターより少しハードでロックしているにもかかわらず、とてもレーベルにフィットしているんだよ。
まあもちろん、この関係は Colin の輝かしい過去の経歴のおかげなんだけど。彼は PORCUPINE TREE のメンバーだった訳だからね。

SOUNDTRACKS THAT CHANGED LEF’S LIFE

Anything by the Beatles , Hendrix, King Crimson, Weather Report or Todd Rundgren, a lot of classical music or movie scores (Bernard Herrmann, Morricone, Aarvo Part), Nick Drake, Pink Floyd, Talk Talk, many records from the 90’s rock scene…

MESSAGE FOR JAPAN

日本は私が日本を愛するディズニーランドより、地球で一番幸せな場所だ。

LEF

O.R.k. Facebook Page
O.R.k. Official Site
Kscope Facebook Page
Kscope Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です