NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THE NUMBER TWELVE LOOKS LIKE YOU : WILD GODS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ALEXIS PAREJA OF THE NUMBER TWELVE LOOKS LIKE YOU !!

“Our Music Similarly Doesn’t Follow The Traditional Form Or Structure Of Most Music Out There. Overall It’s Fairly Volatile And Can Take Off In Any Direction At Any Given Time. We Have Always Enjoyed Exploring The Vast Possibilities Of Music And Prefer Not Be Cornered Into One Genre.”

DISC REVIEW “WILD GODS”

「僕たちの音楽は全体的にかなり不安定で、いつでもどの方向にでも進路を取れる。常に音楽の広大な可能性を探求して楽しみ、一つのジャンルに追い詰められることを望まないんだから。」
トワイライトゾーンのディストピアな未来において、画一化された “No.12” の外観を頑なに拒む伝統の破壊者 THE NUMBER TWELVE LOOKS LIKE YOU。デスメタル、ハードコア、スクリーモ、プログレッシブ、ワールドミュージック、ミニマル、ジャズといった幾千もの奇妙な混合物に数学的溶媒を注いだマスコアのパイオニアは、類稀なるライブのカタルシスを伴って00年代に君臨した怪物でした。そう2010年に人知れずその姿を消してしまうまでは。
ボーカリスト Jesse の言葉を借りれば失われた10年は “成長のための必要悪”。そして、インタビューに答えてくれたギタリスト Alexis に言わせれば “成長を実証” するためシーンへと帰還したモンスターは復活作 “Wild Gods” で拡散と成熟を同時に見せつけています。
「僕たちの音楽は常に変化を遂げている。僕の目標はつまり自分たちの過去を繰り返さないことなんだ。アルバムをいくつかリリースして、休息し、今はチャレンジ出来る。リスナーがオープンマインドで、ジャンルなど気にせずただ音楽に身を任せてくれたら嬉しいね。」
THE NUMBER TWELVE LOOKS LIKE YOU は確かに変化と共に進んできました。妥協を許さないアグレッシブなメタルコアとグラインドの紅い薔薇 “Put On Your Rosy Red Glasses” を出発点に、ポストハードコアを可能な限り最も苛性で迷路のような反復へ誘う “Grind. Sad. Nuclear”。 さらに “メランコリー” にヘヴィーとキャッチーを両輪に据えた出世作 “Mongrel” に、”ノン・メタル” な冒険を推し進めた “Worse The Alone” まで、ポリリズムと数学者の威厳を宿した “Polymath” の称号を手にしつつも、彼らは画一的な場所からは程遠い多種族のキメラとして常に保守、伝統へと挑んできたのです。
「確かにアルバムにはコンセプトがあるね。僕たち自身、そして自然界に纏わる現在の問題を反映しているんだよ。」
隠遁した10年の間に顕となった世界を覆う黒い雲。歌詞を書き上げた Jesse はこのアルバムがフィクションのように非常識極まる地球を宇宙人へと紹介する広告で、子供を虐待する司祭、司祭を守る教会、女性より優れていると信じる男性、動物を虐殺する人類といった “Wild Gods” をどうぞ見に来て下さいと嘯きます。そうしてバンドはその闇に、鋭き牙はそのままに咲き誇る多様性の嵐で贖うのです。
狂気とスリルに満ちた世の夜会を彩るサルサのダンス “Gallery of Thrills” はエクレクティック極まるアルバムの華麗なる招待状。エレクトロシンセとストリングスのサウンドスケープが過去と未来を行き来する “Ruin the Smile”、ラウンジジャズのアトモスフィアとメタルコアの残虐、プログレッシブの複雑がいとも容易く噛み合った “Raised and Erased”、サンバやボッサのメタリックな嘶き “Tombo’s Wound”。そうした多種多様な景観の中でも、テンポやムードは全て計算の下で刻々と移り変わり、さらに音の表情を増していくのですから驚きです。
“Ease My Siamese” が象徴するように、Jesse の囁き、荘厳に歌い紡ぎ、泣き叫ぶボーカルレンジがもたらすエモーションの振れ幅も絶妙に豊かで、フラメンコを基にした “Of Fear” では妻の Eva Spence (ROLO TOMASSI) と極上のデュエットまで披露しています。そうしてアルバムは、”Interspecies” のシロフォンとストリングスで異種間交流のロマンを運んだ後、ラテンのリズムと言語で究極の破滅をもたらす “Rise Up Mountain” で幕を閉じるのです。
2016 年に THE DILLINGER ESCAPE PLAN が活動を終えてから3年。CAR BOMB の新作と共鳴しながら “Wild Gods” は再びマスコアの時計を動かし始めます。今回弊誌では、Alexis Pareja にインタビューを行うことが出来ました。「MONO, envy, Melt-Banana みたいな日本のバンドはライブや音源を楽しんでいるよ。それにジャズの世界でも、上原ひろみ、福居良みたいな驚異的ミュージシャンがいてインスパイアされるね。」 昨年、来日も果たしています。どうぞ!!

THE NUMBER TWELVE LOOKS LIKE YOU “WILD GODS” : 9.9/10

INTERVIEW WITH ALEXIS PAREJA

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about yourself and your band? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【ALEXIS】: This is Alexis (guitars). Growing up I was listening to a variety of late 80’s rock music but when the 90’s alternative wave hit I became immersed in bands such as Sonic Youth, Soundgarden, Jane’s Addiction, etc.
I met Jesse (vocals) through mutual friends when I was 16 and though by that time I was listening to some metal, underground hardcore and grind bands were brought to my attention through our inner circle that was passing around tapes and CDs.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【ALEXIS】: ギタープレイヤーの Alexis だよ。子供の頃は80年代後半のロックを様々に聴いていたんだけど、90年代にオルタナティブな波が起こると僕は、SONIC YOUTH, SOUNDGARDEN, JANES ADDICTION といったバンドにハマっていったんだ。
ボーカルの Jesse に会ったのは16の時で、互いの友人を通して知り合ったんだ。その頃までに、僕の興味はテープや CD をやり取りするインナーサークルのおかげでメタルやアンダーグラウンドなハードコア、グラインドバンドなどに惹きつけられ聴くようになっていたからね。

Q2: Your band name, The Number Twelve Looks Like You is really strange but impressive. It seems that it comes from Twilight Zone, but what made you choose that?

【ALEXIS】: Several of us are fans of the amazing and philosophical show that was way ahead of its time. We used to binge watch when networks would have marathons.
This particular episode deals with a dilemma in which the option of a generic identity that would conform to the dystopian society’s requirements in the show was being rejected by the main character.
Our music similarly doesn’t follow the traditional form or structure of most music out there. Overall it’s fairly volatile and can take off in any direction at any given time. We have always enjoyed exploring the vast possibilities of music and prefer not be cornered into one genre.

Q2: THE NUMBER TWELVE LOOKS LIKE YOU というバンド名は実に奇妙でしかし印象的ですね。ドラマ “トワイライトゾーン” が基になっているとお聞きしましたが。

【ALEXIS】: そう、バンドの何人かが時代を先取りしたあの素晴らしき哲学的番組のファンだったんだ。TVネットワークが連続放送する時はよく見ていたよ。
この “Number Twelve Looks Just Like You” というエピソードは、番組のディストピア的世界観を代弁する画一的なアイデンティティの選択が、主人公によって拒否されるというジレンマを扱っていたんだ。(成人すると人々が自分の外観をいくつかのモデルから選ぶ未来の世界。ナンバー12は人気があり、混同を防ぐために人々は名札をぶら下げる。主人公はそういった世界に疑問を感じ自殺を計る。)
僕たちの音楽も、大半の音楽が受け継ぐ伝統的な形や構造をフォローしていないという点でその主人公と似ているよね。僕たちの音楽は全体的にかなり不安定で、いつでもどの方向にでも進路を取れる。常に音楽の広大な可能性を探求して楽しみ、一つのジャンルに追い詰められることを望まないんだから。

Q3: It seems you were influenced by Japanese-style Noise rock like Boredoms, right? So, have you interested in Japanese music scene for a long time?

【ALEXIS】: I’m sorry to say we have never heard of Boredoms but will now check them out!
There are bands such as Mono, Envy, and Melt-Banana that I have enjoyed listening to or seen live. Hiromi Uehara and Ryo Fukui are some other incredible Japanese musicians in the jazz realm that have been inspiring.

Q3: ボアダムスのような日本のノイズロック、ハードコアからの影響もあると伺いましたが。

【ALEXIS】: いや、ボアダムスは聴いたことがないんだ。チェックしてみるね!
MONO, envy, Melt-Banana みたいな日本のバンドはライブや音源を楽しんでいるよ。それにジャズの世界でも、上原ひろみ、福居良みたいな驚異的ミュージシャンがいてインスパイアされるね。

Q4: So, we are really excited that you come back to the scene! But what made you reunite TNTLLY?

【ALEXIS】: Thank you! Throughout the years our fans have been incredibly supportive even when we were not active. That was very motivational and we also felt that we never had the chance to follow up Worse Than Alone with the album we knew would be the evolution of our sound. There was much that still had to be said.

Q4: それにしても、THE NUMBER TWELVE LOOKS LIKE YOU がシーンに戻ってきて嬉しいですよ。リユニオンのきっかけは何だったんですか?

【ALEXIS】: ありがとう!ここ何年も、活動を行なっていない時期でさえ、僕たちのファンは信じられないくらいサポートを続けてくれたんだ。それはとてもモチベーションになったよね。
それに、僕たちのサウンドが進化を遂げたと分かっていたのに、それを実証する “Worse The Alone” の後継作を発表するチャンスがないとも感じていたんだよ。まだまだ語るべきことがあったんだ。

Q5: OK, let’s talk about your newest record “Wild Gods”. Actually, it’s sensational album title and artwork, right? I feel it reflects current situation of America somehow. Is there any concept or lyrical themes?

【ALEXIS】: The album is conceptual, it aims to reflect on current issues that we have with ourselves and the natural world.
Each song is a world in itself. We invite the listener to interpret it how they please, but I believe the content lends itself to be on the clearer side of things rather than abstract.

Q5: ではその復活作 “Wild Gods” について話しましょう。センセーショナルなタイトル、アートワークは現在アメリカや世界を覆う状況、闇を反映しているようにも思えますが?

【ALEXIS】: 確かにアルバムにはコンセプトがあるね。僕たち自身、そして自然界に纏わる現在の問題を反映しているんだよ。
どの楽曲もそれぞれの世界を内包しているんだ。もちろん、僕たちはリスナーには好きなようにその世界を解釈するよう勧めるけど、それでも僕たちのコンセプトが抽象的ではなく、物事のより明確な側にあると信じているんだよ。

Q6: It seems Eva Spence did guest vocal on some songs, right? Jesse and Eva has really nice chemistry, I think. What made you invite her to “Wild Gods”?

【ALEXIS】: Eva Spence appears on the song “Of Fear”.
Jesse and Eva are married so that adds to the fluid chemistry. Being that the band’s whole career we had 2 vocalists, it wasn’t hard to invite another vocalist for a track and her voice complimented the mood of that particular song.

Q6: ROLO TOMASSI の Eva Spence がゲスト参加していますね? Jesse とのケミストリーも素晴らしいですね。

【ALEXIS】: Eva は “Of Fear” でその歌唱を披露しているよ。実は Jesse と Eva は結婚したから、流麗なケミストリーが生まれるわけさ。
まあこのバンドはキャリアを通して2人のボーカル (Justin Pedrick) がいたわけで、一曲くらいまた別のボーカルを招いてツインボーカルに戻すのは難しくなかったし、彼女の声はあの曲でしっかりムードを充たしてくれているね。

Q7: So, it’s your first record in ten years. Also, some members have changed. Have you changed creative process and inspiration in this long interval?

【ALEXIS】: We have DJ Scully (bass) and Michael Kadnar (drums), who have been a great addition to the band’s dynamic and multi-faceted sound. Our energy works well live and they bring a positive drive, which is very important when there are so many elements to keep track of.
For the creative process I often first draft an outline of the song in a pre-produced demo with all the main ideas. From there I gather feedback from everyone and continue to shape the song accordingly to what we feel it needs. Lyrics are added later which could then also potentially change the song and its structure. Overall there is a lot of cutting and reshaping.
One song that didn’t make it to the album probably had more than 10 different versions.

Q7: 10年ぶりのレコードで、メンバーも多く変わりました。クリエイティブなプロセスやインスピレーションに変化はありましたか?

【ALEXIS】: DJ Scully (bass) と Michael Kadnar (drums) が新たに加入したんだけど、おかげでバンドのサウンドはよりダイナミックでマルチに進化を遂げることになったね。僕たちのエナジーはライブでも強力で、彼らはポジティブな力をもたらしてくれた。僕たちの音楽には様々な要素があるから、それらを見失わないでエナジーを保つのは重要なことだよ。
クリエイティブプロセスについてだけど、僕は大抵、最初に主要なアイデア全てを備えたプリプロダクションのデモで楽曲のアウトラインを描くんだ。そこから全員のフィードバックを集め、必要に応じて曲を作り続けるんだ。
歌詞は後から追加し、それによって曲とその構造も変更される可能性があるんだけどね。全体的に多くの切断と再形成、試行錯誤を繰り返すのさ。
アルバムに入らなかった楽曲だけど、それはおそらく10以上の異なるバージョンがあったくらいだからね。

Q8: Actually, you are one of the pioneer of mathcore. But, when we listen to “Wild Gods”, you become more experimental, more progressive, more jazzy than before. Are you still comfortable when you are labeled mathcore band now?

【ALEXIS】: We have never sought out to be any genre. Honestly we didn’t even know mathcore was a style. We just played whatever we felt like when we were younger, but most importantly is that we did it with passion and intensity.
The music is consistently changing and my goal is to not repeat myself. After several albums that can start to get challenging. It would be nice if listeners could be open minded and simply experience the music without having to attach labels to it.

Q8: THE NUMBER TWELVE LOOKS LIKE YOU はマスコアのパイオニアの一つだと思います。ただし、”Wild Gods” はより実験的で、プログレッシブで、ジャジーで、ワールドミュージックまで多くしたためたアルバムに仕上がりました。
マスコアというタグは今でもバンドにとって快適な場所ですか?

【ALEXIS】: 僕たちはどんなジャンルにも所属していると考えたことはないよ。正直言って、マスコアってスタイル自体知らなかったくらいだからね。ただ、若かりし僕らが感じたようにプレイしていただけなんだ。最も重要なのは、それが情熱とインテンシティーによって成されていたことなんだよ。
僕たちの音楽は常に変化を遂げている。僕の目標はつまり自分たちの過去を繰り返さないことなんだ。アルバムをいくつかリリースして、休息し、今はチャレンジ出来る。リスナーがオープンマインドで、ジャンルなど気にせずただ音楽に身を任せてくれたら嬉しいね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ALEXIS’S LIFE

GODSPEED YOU! BLACK EMPEROR “YANQUI U.X.O”

MODEST MOUSE “THE MOON & ATARACTICA”

RADIOHEAD “OK COMPUTER”

PORNO FOR PYROS “GOOD GOD’S URGE”

REMEMBER SHAKTI “SATURDAY NIGHT IN BOMBAY”

MESSAGE FOR JAPAN

We love Japan and are looking forward to returning to explore more! It was such a wonderful time learning more about the rich culture and traditions. Arigato.

日本が大好きだし、また戻ってもっと深い部分まで知りたいね!日本の豊かで伝統的な文化を学ぶのは素晴らしい体験だったから。ありがとう。

ALEXIS PAREJA

THE NUMBER TWELVE LOOKS LIKE YOU Facebook Page
THE NUMBER TWELVE LOOKS LIKE YOU Official
OVERLORD RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です