NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【VINNIE MOORE : SOUL SHIFTER】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH VINNIE MOORE !!

“It Has Been a Great Time Since I Joined UFO In 2003. We Still Have Shows Coming Up In 2020. It Is Always Sad When Something Comes To An End, But Nothing Lasts Forever.”

DISC REVIEW “SOUL SHIFTER”

「SANTANA や THE ALLMAN BROTHERS BAND に関する君の指摘は全くもって正鵠を得ているね。なぜなら、僕がとても若い頃非常に入れ込んでいたのがその2つのバンドだったからなんだ。」
Tony MacAlpine, Jason Becker 等と共に、ネオクラシカルの申し子として虎の穴シュラプネルから登場した Vinnie Moore は、しかし大半のギターヒーローたちと同様に格調高きあの始まりの場所から大きく羽ばたいています。
1985年、”Mind’s Eye” で披露した正確無比なピッキング、知性と工夫を施したスケールの階段、そして身を焦がすクラシカルロマンティックなメロディーラインは、Vinnie を一躍ポストイングヴェイの筆頭へと押し上げました。インタビューで語ってくれたように、Al DiMeola, Paco Delucia のイマジナリーなスパニッシュギター、そしてクラッシック音楽そのものは確かに彼の断片として存在します。
ただし、Vinnie の名声を確立した “ネオクラシカル” は彼の音楽を形成するパズルのピースでしかありませんでした。実際、あのジャズマスター Pat Martino の弟子に師事し、ブルースロックやフュージョンを原点とする Vinnie のカラフルな音の葉は、”Out of Nowhere” で一つの完成形を高次元で提示したにも関わらず、むしろネオクラシカルの足枷が評価の焦点を曇らせているようにさえ感じます。
「このレコードには僕の初期の影響が色濃く反映されているんだ。LYNYRD SKYNYRD なんかも同様にね。」
実は “Meltdown” 以降、全てをリセットし自らの望む音旅を追求して来た Vinnie。UFO での古式ゆかしいロックドライブは旅の追い風となり、最新作 “Soul Shifter” は遂にその “移行” が身を結んだ魂の地平へと達しました。
初期の SANTANA や THE ALLMAN BROTHERS BAND のフィルモアを想起させるスリリングなリアルジャム “Funk Bone Jam” の迫力は圧倒的。Tommy Bolin をフィーチャーした Billy Cobham の “Spectrum” を思い浮かべるオールドファンも多いでしょう。
以前のように音数のギネス記録へ挑む訳ではありませんが、百戦錬磨の Rudy Sarzo を従え緩急自在、千変万化にグルーヴし、スタッカートとレガートの追憶をエモーションに見染める Vinnie の英姿は、まさに自らの過去と未来が交差したギタリズム。匂い立つトーンの官能美も群を抜いています。
クラッシックロックへの郷愁は追悼、称賛の名の下にさらなる深みを増していきます。Larry Carlton にも肉薄するセンチメンタルなスロウブルース”Mystified” で Chris Cornell への溢れる感情を認めた後、”Brother Carlos'” で SANTANA の偉業を称え、遂には LYNYRD SKYNYRD の Steve Gaines を追悼する “Gainesville Station” では Jordan Rudess の魔法を借りてサザンロックのライブ会場を音に宿してみせました。
もちろん、”Soul Rider” はかの Gregg Allman に捧げられた楽曲ですし、さらに言えば、”Heard You Were Gone” は自身の愛機 Dean Guitar の CEO Elliott Rubinson の逝去を聞いてしたためられたスピリチュアルピースでした。
そうして訪れる時をかけるギターの祝祭 “Across The Age”。ピッキングのニュアンス、ハーモニクスダイナミクス、ビブラートの魔法に煌めくトーンコントロール。永遠にも思えるソロワークは、しかし刹那に Steve Lukather の銀河を超え Hendrix のビッグバンまで到達するのです。
「僕は Phil の決断を完全に理解しているよ。彼は何年も何年もツアーを続け、歳を重ねていったんだ。何かが終わる時はいつも悲しいものさ。だけど何事も永遠に続けることは出来ないよ。」
もしかすると、我々が愛する古き良きロックの鼓動もいつかは終焉を迎えてしまうのかもしれません。とは言え、今この時、少なくとも幾ばくかのセンチメントと共にその醍醐味を伝えてくれる英雄はまだここにいます。引き継がれる魂と遺産。”Soul Shifter”。そう、数多のソウルを受け継ぎし者、Vinnie Moore です。どうぞ!!

VINNIE MOORE “SOUL SHIFTER” : 10/10

INTERVIEW WITH VINNIE MOORE

Q1: 1. You came into the scene as a one of the Shrapnel roster and labeled as “Neo-classical” guitarist. Do you think you were really into that kind of super-fast, technical, neo-classical style at that time?

【VINNIE】: The technical playing was a part of what i was doing at the time. i think that influence came from guys like Al DiMeola and Paco DeLucia.
also, listening to classical music and trying to play some of it was challenging and helped develop technique. Some of my jazz and fusion influences helped to improve my technique too.

Q1: あなたはシュラプネルの一員としてシーンに登場し、当時は “ネオクラシカル” ギタリストとして広く認知されていました。あなた自身、あの頃はああいったスタイルにのめり込んでいたのでしょうか?

【VINNIE】: うん、テクニカルなプレイは僕があの頃やっていたことの一部だったね。Al DiMeola や Paco DeLucia からの影響が出ていたんだと思うんだ。
それに、クラッシックを聴いたり、楽曲に挑戦したりすることでテクニックが養われた部分もあるだろうな。それにジャズ/フュージョンからの影響も僕のテクニックを伸ばしてくれたと思うよ。

Q2: So, what did you think about the comparison with Yngwie Malmsteen at that time?

【VINNIE】: i was OK with it because he was a great player. but it got old after a while.

Q2: 当時は Yngwie Malmsteen とよく比較されたと思いますが?

【VINNIE】: 僕は全然気にしていなかったよ。だって彼は偉大なプレイヤーだったからね。まあしばらくするとそんな比較も鳴りを潜めてしまったけどね。

Q3: Last year, you came to Japan with Tony MacAlpine. Except for T.M. Stevens band, it’s your first Japan tour. How was Japan? Do you think you get along with him among lot’s of Shrapnel rosters?

【VINNIE】: I have always loved Japan. besides touring, i have done some clinics over there as well as the guitar heroes tour in 1988 i think it was.
as far as tony, yes i have known him for a long while and he is a good friend who i get along with very well. always a lot of fun and laughs when we are together.

Q3: 昨年、あなたは Tony MacAlpine と日本でツアーを行いましたね。T.M. Stevens バンドの一員としての来日を除けば初の日本ツアーだったように思います。日本はいかがでしたか? Tony とはシュラプネルロースターの中でも仲が良いのでしょうか?

【VINNIE】: ずっと日本が大好きだったよ。ツアー以外でも、日本でクリニックなんかはやっていたし、1988年にはギターヒーローズツアーで行ったよね。確か。
Tony に関してだけど、うん、僕は彼を随分前から知っているんだ。とても気が合う良い友人なんだよ。一緒にいる時はいつも、沢山の笑いが絶えないんだ 。

Q4: I think “Out of Nowhere” was big tuning point for you. You started to explore more diverse, eclectic musical field from then, I feel. Do you agree that?

【VINNIE】: that’s probably correct. I started to change when i did the Meltdown record, but even more so with Out Of Nowhere. at this point, i started ignoring everything and doing only what i wanted to do. i felt i was more on my own personal musical journey.

Q4: あなたのディスコグラフィーの中でも、”Out of Nowhere” は一つ大きなターニングポイントだったように思います。

【VINNIE】: うん。おそらくそうだと思う。アルバムとしては、”Meltdown” から変化を起こそうとしていたんだ。だけどその変化は特に “Out of Nowhere” から顕著に現れたよね。
あの当時、僕はそれまでの全てを一度リセットして、やりたいことだけをやろうとしていたんだよ。もっと個人的な音楽の旅路に出ることが出来たと感じていたね。

Q5: Unfortunately, Paul Raymond passed away… and UFO will be come to the end. What do you think about the decision of Phil Mogg’s retirement?

【VINNIE】: i totally understand it. he has toured for many years now and is getting older. you can’t do things forever. it has been a great time since i joined the band in 2003. we still have shows coming up in 2020. it is always sad when something comes to an end, but nothing lasts forever.

Q5: 残念ながら、Paul Raymond は亡くなり、Phil Mogg もリタイアを表明し、UFO は終焉を迎えようとしています。

【VINNIE】: そうだね、僕は Phil の決断を完全に理解しているよ。彼は何年も何年もツアーを続け、歳を重ねていったんだ。何事も永遠に続けることは出来ないよ。
2003年、僕が UFO に加わってからずっと素晴らしい時を過ごして来たね。ただ、2020年にもいくつかショウは残っているよ。何かが終わりを迎える時は、いつだって悲しいものさ。だけど永遠に続くものなんてないんだからね。

Q6: Maybe, you’ve been compared with Michael Schenker all through the UFO years. What do you think about him and his guitar playing?

【VINNIE】: he’s a great player and was an influence on me when i was a kid learning how to play.

Q6: UFO でギタープレイヤーを務めるならば、Michael Schenker との比較は避けられないでしょうね?

【VINNIE】: 彼は偉大なプレイヤーだよ。それに僕は子供の頃、彼に影響されて、ギターの弾き方を学んだんだからね。

Q7: Your newest record “Soul Shifter” is really organic, emotional record. Actually, “Funk Bone Jam” reminds me early Santana or Allmans Brothers Band. You know, this is really melodic, bluesy, sometimes laid back, and sometimes exciting record, I feel. So, where was the inspirations of “Soul Shifter”? Was most of it old-school rock, jazz-fusion and blues?

【VINNIE】: i think your reference to Santana and The Allman Bros is very accurate. i have been into both of those bands since i was very young. they have been huge influences on my playing and my music. yes there are a lot of my early influences in this record. Lynyrd Skynyrd was one too.

Q7: 最新ソロアルバム “Soul Shifter” は実にオーガニックでエモーショナルな作品ですね。”Funk Bone Jam” などは、 SANTANA や THE ALLMAN BROTHERS BAND さえイメージさせますよね?

【VINNIE】: SANTANA や THE ALLMAN BROTHERS BAND に関する君の指摘は全くもって正鵠を得ているね。なぜなら、僕がとても若い頃非常に入れ込んでいたのがその2つのバンドだったからなんだ。
彼らは僕のギタープレイ、そして音楽そのものに巨大な影響を与えているよ。その通り、このレコードには僕の初期の影響が色濃く反映されているんだ。LYNYRD SKYNYRD なんかも同様にね。

Q8: When I listen to “Soul Shifter”, I’m really moved by your beautiful tone and organic emotions. Recently, lot’s of modern guitarists use new technologies, amp simulator like Axe FX, Helix, etc. What’s your perspective about these modern gears?

【VINNIE】: i have used some of the amp simulators in Cubase a couple times. but to be honest, that’s about it. i have never tried the axe FX, Helix or the Kemper. i guess i should stop being old fashioned and try some of this new technology. although, to me nothing will ever replace a real tube amp. when i use a tube head, i can smell the tubes heating up….this is inspiring. hahahaha

Q8: アルバムを聴いて特に感銘を受けたのが、エモーション、そして何よりトーンの美しさです。
テクノロジーの進歩によって、モダンで若いギタリストは Axe FX, Helix, Kemper といったアンプシュミレーターを好む傾向がありますよね?

【VINNIE】: 僕も Cubase にそういったアンプシュミレーターを入れて使ったことはあるんだよ。だけど正直言って、それくらいだね。Axe FX, Helix, Kemper は試したこともないんだよ。
いや、僕もオールドファッションでいることはやめて、新たなテクノロジーを試してみるべきだとは思っているんだけどね。ただ、僕にとってはリアルなチューブアンプに変わるものがきっとないだろうと分かってもいるんだよ。
だってチューブヘッドのスイッチを入れれば、真空管が温まる臭いが漂ってくるだろ?あれには本当にインスパイアされるんだぜ。ははは (笑)

FIVE ALBUMS THAT CHANGED VINNIE’S LIFE

JEFF BECK “WIRED”

LARRY CARLTON “LARRY CARLTON”

VAN HALEN “VAN HALEN”

SANTANA “MOONFLOWER”

ROBIN TROWER “ROBIN TROWER LIVE!”

MESSAGE FOR JAPAN

Hello Japan. Thank you all for listening to my music over the years. I hope to be there again soon to play.
my new record SOUL SHIFTER will be released there on December 25. it will include the unreleased original demo of my song LIFEFORCE as a bonus track. ROCK
Thank you Sin i appreciate it man!

やあ、日本のみんな!僕の音楽を何年にも渡って聴いてくれてありがとう。またすぐにプレイしに行けたらいいね。
最新作 “Soul Shifter” は日本では12/25にリリースされるよ。”Lifeforce” のオリジナルデモがボーナストラックで追加収録される。よろしくね!

VINNIE MOORE

VINNIE MOORE Facebook Page
VINNIE MOORE Official
日本盤のご購入はこちら。KING RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です