NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SCHAMMASCH : HEARTS OF NO LIGHT】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH C.S.R OF SCHAMMASCH !!

“To Me, The Question For The Source Of Inspiration Is The Same Question As “Where Does Life Come From?”. My Answer For Both Questions Would Be “The Cosmic Energy That Creates All And Destroys All”

DISC REVIEW “HEARTS OF NO LIGHT”

「スイスがいかに本当に小さな国であるかを考慮すれば、僕たちの国には初期のエクストリームメタルシーンとその進化にインパクトを与えたバンドがかなり存在したんだよ。」
バーゼルに居を構えるスイスメタルの灯火 SCHAMMASCH は、内省的でスピリチュアル、多義性に富んだトランセンドブラックメタルで CELTIC FROST, SAMAEL, CORONER といった同郷の巨人たちの偉大な影を追います。
「”Triangle” は、恐怖心から解放された心の状態へと導く道を切り開く試みだったね。それを悟りの状態と呼ぶイデオロギーもあるだろう。」
SCHAMMASCH がメタルワールドの瞠目を浴びたのは、2016年にリリースした “Triangle” でした。3枚組、16曲、140分の壮大極まるコンセプトアルバムは、様々な恐怖、不安から解脱し悟りと真の自由を得るためマスターマインド C.S.R にとって避けては通れない通過儀礼だったと言えるでしょう。
もちろん、彼らが得た自由は音楽にも反映されました。ポストロック、プログレッシブ、オーケストラル、さらにはダウンテンポのエレクトロニックなアイデアまで貪欲に咀嚼し、広義のブラックメタルへと吐き出した怪物は、BATUSHKA, LITURGY, BLUT AUS NORD, SECRETS OF THE MOON などと並んで “アウトサイドメタル” へと果敢に挑戦する黒の主導者の地位を手に入れたのです。
「ULVER はもしかしたら、長い間どんなメタルの要素も受け継がずに、それでもメタルというジャンルから現れたバンドだろうな。だから、彼らの現在の姿はとても印象的だよ。」
実際、初期に存在した “具体的” なデスメタリック要素を排除し、ある意味 “抽象的” なメタル世界を探求する SCHAMMASCH が、概念のみをメタルに住まわせる ULVER に親近感を抱くのは当然かも知れませんね。そして最新作 “Hearts of No Light” は、”Triangle” の多義性を受け継ぎながらアヴァンギャルドな音の葉と作品の完成度を両立させた二律背反の極みでしょう。
ブラッケンドの容姿へと贖うように、ピアニスト Lillan Lu の鍵盤が導くファンファーレ “Winds That Pierce The Silence” が芸術的で実験的で、しかし美しく劇的なアルバムの扉を開くと、狂気を伴うブラックメタリックな “Ego Smu Omega” がリスナーへと襲いかかります。
プリミティブなドラミングと相反するリズムの不条理は暗闇の中を駆け抜けて、レイヤードシンセと不穏でしかし美麗なギターメロディーの行進を導きます。悪魔のように囁き、時に脅迫するボーカルと同様に楽曲は荘厳と凶猛を股にかけ、リスナーに社会の裏と表を投影するのです。
故に、一気に内省と憂鬱のアンビエント、ピアノと電子の “A Bridge Ablaze” へ沈殿するその落差はダイナミズムの域さえ超越しています。”Ego Smu Omega” や “Qadmon’s Heir” の壮大劇的なプログレッシブブラックを縦糸とするならば、”A Bridge Ablaze” や “Innermost, Lowermost Abyss” の繊細でミニマルなエレクトロピースはすなわち “光なき心” の横糸でしょう。
そうして静と動で織り上げた極上のタペストリーは、さらにゴスとポストロックの異様なキメラ “A Paradigm of Beauty” のような実験と芸術のパッチワークが施され SCHAMMASCH をブラックメタルを超えた宇宙へと誘うのです。その制限なきアヴァンギャルドな精神は、32年の時を経て再来する “Into the Pandemonium” と言えるのかも知れませんね。
今回弊誌では、ボーカル/ギター C.S.R にインタビューを行うことが出来ました。「僕にとってインスピレーションの源に関する質問は、「人生はどこから来たのか?」と同じ質問なんだよ。そしてその両方の質問に対する答えは、「すべてを創造し、すべてを破壊する宇宙エネルギー」からなんだ。」 どうぞ!!

SCHAMMASCH “HEARTS OF NO LIGHT” : 10/10

INTERVIEW WITH C.S.R

Q1: Regarding Switzerland, there was great Coroner and Celtic Frost, but not so many bands have existed. How was growing up there and being into metal music?

【C.S.R】: Don’t forget Samael &, Messiah. Considering how small a country Switzerland really is, there were quite a few bands that had an impact on the early extreme metal scene and its development. When I seriously started listening to extreme metal, Celtic Frost just released their final album, ‘Monotheist’ & Samael were at the peak of their electronic experimentation. There were a few local bands I looked up to at that time, and eventhough there was a scene of people being into that kind of music, there weren’t many bands that were actually serious about being musicians. Nowadays it has changed a lot, for the better.

Q1: スイスが CORONER や CELTIC FROST といった巨人を輩出しているのは確かですが、とは言えメタル大国というイメージはありません。そんなスイスでメタルに目覚め、プレイし始めたきっかけからお話ししていただけますか?

【C.S.R】: SAMAEL と MESSIAH を忘れる訳にはいかないよ。スイスがいかに本当に小さな国であるかを考慮すれば、僕たちの国には初期のエクストリームメタルシーンとその進化にインパクトを与えたバンドがかなり存在したんだよ。
僕が真剣にエクストリームメタルを聴き始めた時、ちょうど CELTIC FROST が最後のアルバム “Monotheist” をリリースした頃だったんだ。彼らと SAMAEL がエレクトロニカの実験のピークにいた時なんだよ。
当時僕が尊敬していた地元のバンドがいくつかあって、エクストリームな音楽に夢中になっているシーンもあったんだけど、ミュージシャンになることに真剣な奴らはあまりいなかったね。今日では大きく変わって、良くなっているよ。

Q2: The visual of Schammasch is very unique. Where does the inspiration come from? What do you want to express by your visual?

【C.S.R】: Every visual aspect of Schammasch aims to reflect the other existing aspects, and by that, creating an overall vivid, vibrant work of art. To me, the question for the source of inspiration is the same question as “where does life come from?”. My answer for both questions would be “the cosmic energy that creates all and destroys all”.

Q2: SCHAMMASCH のビジュアルは実にユニークですよね?インスピレーションはどこから得て、何を表現しているのでしょう?

【C.S.R】: SCHAMMASCH の全てのビジュアル的要素は、他の現存する側面を反映することを目指していて、それによって全体的に鮮やかで活気のあるアート作品を作成しているんだ。
僕にとってインスピレーションの源に関する質問は、「人生はどこから来たのか?」と同じ質問なんだよ。そしてその両方の質問に対する答えは、「すべてを創造し、すべてを破壊する宇宙エネルギー」からなんだ。

Q3: “Triangle” was 100 minutes spread across three discs, you know, there was big concept in big framework. I feel it was game changing, historical metal record in 21st century. But what made you create that style of art?

【C.S.R】: Triangle was an attempt to carve a path leading to a state of mind that is free from the terrors of the mind, or at least has them under control, instead of being controlled by them. Some ideologies would call that a state of enlightenment.
Nowadays I would say that it was a naïve endeavor, one that could only fail. And so it did of course, but writing that album was a personal necessity, and resulted in a different kind of freedom for me, which I’m very grateful for.

Q3: “Triangle” は3枚のアルバムで100分に渡って紡がれる、ビッグなフレームに収まったコンセプト作品でした。21世紀のメタルを変えたと言っても過言ではない、歴史的なアルバムでしたね?

【C.S.R】: “Triangle” は、恐怖心から解放された心の状態へと導く道を切り開く試みだったね。それを悟りの状態と呼ぶイデオロギーもあるだろう。
今日振り返れば、失敗するに違いないと言われたナイーブな試みだったと思うよ。それは当然のことだったけど、それでもあのアルバムを書くことは個人的に必要で、結果として僕に別の種類の自由をもたらしてくれたんだ。それが嬉しかったんだ。

Q4: Maybe, your music is labeled as Avant-garde Black metal. But your newest record “Hearts of No Light” transcends even Black metal realm, I feel. Do you think you are still in the world of Black metal?

【C.S.R】: There are key aspects that we use, but I don’t like calling Schammasch a black metal project, just because there are musical aspects that would fit the term. Being a black metal band, in my opinion, requires a different set of qualities than the ones that define Schammasch.

Q4: アヴァンギャルドブラックメタルなどと称される SCHAMMASCH の音楽ですが、最新作 “Hearts of No Light” ではすでにブラックメタルの領域を超越したようにも感じます。それでも SCHAMMASCH はブラックメタルバンドですか?

【C.S.R】: 確かにブラックメタルは僕たちが使用する鍵となる要素だね。だけど僕は SCHAMMASCH をブラックメタルプロジェクトと呼びたくはないんだよ。ただ、ブラックメタルという言葉にフィットする音楽的な要素が存在するだけなのさ。
ブラックメタルバンドであるためには、僕の考えだけど、SCHAMMASCH を定義するものとは異なるクオリティーのセットが必要だね。

Q5: With mixing post-rock, progressive music, orchestral music, and even mild downtempo electronic ideas, you have evolved metal world. Is there any band you empathize with who is mixing “outside metal” aspects?

【C.S.R】: There are a few electro projects working with certain metal aspects, that I find interesting, There’s Ulver, who maybe aren’t inheriting any musical metal aspects anymore for a long time, but still emerged from that genre. It’s very impressive what they have become.

Q5: ポストロック、プログロック、オーケストレーションにエレクトロニカまで、SCHAMMASCH はメタルの領域を確実に拡大しています。あなたが共感を覚える、”アウトサイドメタル” の要素を取り込むバンドはいますか?

【C.S.R】: メタルの要素を加えたエレクトロニカのプロジェクトなら、興味を惹かれるものはいくつかあるね。ULVER はもしかしたら、長い間どんなメタルの要素も受け継がずに、それでもメタルというジャンルから現れたバンドだろうな。だから、彼らの現在の姿はとても印象的だよ。

Q6: I feel the album title “Hearts of No Light” reflects the darkness around modern society. Is there any political or cultural message on the concept?

【C.S.R】: Sociocritical aspects are definitely to be found, political ones definitely aren’t.
Schammasch has always been, among other things, a reflection of the dualistic nature of the human mind and spirit in their many forms, often leading to conclusions that support a viewpoint of giving more weight to nameless, formless, sideless spirit and less weight to mind, ego and ideology.

Q6: “Hearts of No Light” は現代社会に巣食う闇を反映しているようにも思えます。

【C.S.R】: 現代社会にたいする批判は間違いなく存在するね。政治的なメッセージは全くないけれど。
SCHAMMASCH は常に、様々な形で人間の心と精神の二元性を反映している。名前のない、形のない、サイドレスのスピリットをより重視し、心や自我、イデオロギーの重みを減らすという視点を支持する結論に至ることが多いんだよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED C.S.R’S LIFE

IRON MAIDEN “SEVENTH SON OF A SEVENTH SON”

METALLICA “…AND JUSTICE FOR ALL”

SLAYER “GOD HATES US ALL”

SECRETS OF THE MOON “ANTITHESIS”

DEATHSPELL OMEGA “SI MONVMENTVM REQVIRES, CIRCUMSPICE”

MESSAGE FOR JAPAN

This interview has actually been the first real sign of interest in Schammasch, coming from Asia – which we are grateful for of course. Some who read this might be glad to hear that we just extended the shipping options on our shop to some Asian areas – https://schammasch.com/shop/ And furthermore we hope to be able to play in Japan one day.

このインタビューは、アジアでも SCHAMMASCH に興味があると知ることが出来た最初のリアルなサインなんだ。もちろん、とても感謝しているよ。インタビューを読んでくれたみんなには、アジアにもシッピングオプションを拡大したと伝えたいね。https://schammasch.com/shop/ 
日本でいつかプレイ出来たらいいな!

C.S.R

SCHAMMASCH Facebook Page
SCHAMMASCH Offical
PROSTHETIC RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です