NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【WALTARI : GLOBAL ROCK】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KÄRTSY HATAKKA OF WALTARI !!

“Let’s Keep The Rock Tradition Alive And Reform It In a Brand New Way Suitable For 2020, And The People Living This Life Here And Now!”

DISC REVIEW “GLOBAL ROCK”

「スカンジナビアのバンドたちは、より幅広いスペクトルの音楽を聴くことで、メタルに “クレイジーさ” を加えていったんだ。そしてしばらくすると、突如として、”ポストファーストメタルタイム” のバンドたちは “ベーシックメタル” のバンドたちを後方に残し、素晴らしく花開いたんだ。」
メタルが多様なスペクトルに枝葉を伸ばし始めた90年代初頭、フィンランドから示現した WALTARI の千変万化でカメレオンの虹彩はまさにポストファーストメタルタイムの象徴でした。
同じアルバムは2枚作らないと語るように、WALTARI はレコードを通じて様々な冒険を行っていきました。”Yeah! Yeah! Die! Die” ではオーケストラとデス/スラッシュメタルの完璧なる邂逅を持たらし、”Space Avenue” ではエレクトロインダストリアルに振り切ったサウンドで周囲を圧倒。素晴らしき “Blood Sample”, “Release Date” といった近年の比較的、普遍なモダンメタルへと接近した作風の中にさえ、煌めくような驚きの瞬間は星の数ほど散りばめられているのですから。
「ロックの伝統を生かしながら、2020年に適した形でリフォームしようじゃないか、だって僕たちは今この時を生きているんだから!それこそがロックに活力を与え、僕たち全員にとって意味のあることなんだ。ロックのアティテュードとは、オープンマインドかつ予測不可能な純粋さだからね!」
あの眩しきメタル革命から30年。WALTARI の首領 Kärtsy Hatakka の主張は今でも一貫しています。端的に言えば温故知新のスピリット。伝統を守りながら時代に即した再構築を促し、自らが先頭に立って “オープンマインドで予測不能な” ロックの純粋なアティテュードを体現しているのです。
「実は、僕たちはいつも自らの音楽がとても “アニメ的” だと感じていたんだよ。だから、日本ツアーの後に Tomo を見つけることができたのはとても素晴らしい出来事だったね。何せ彼女はとても才能があるからね!」
自らの音楽を “アニメ的” と形容したのは、そのやはり予想不可能かつ非現実的な音の葉ゆえでしょうか。最新作 “Global Rock” には、日本のアーティスト Tomo Kataoka の手によるアニメ的なアートワークが採用されています。メンバーが輪になって、「世界各地の人々や伝統と繋がる」その青々としたイメージは、レコードのスピリットを完膚なきまでに反映しているのです。
既存の “ポストロック” のイメージとは遠く離れた、サウンドエフェクトと重低音のメロディックな邂逅、WALTARI 流 “Post Rock” で幕を開けるアルバムは、実際、メタルとロックを基盤にパンク、ファンク、テクノ、ポップ、ヒップホップ、カントリー、エスニックで世界を巡る旅路です。
“Metal Soul” で自らの出自とシュレッドのギター爆撃を敢行したバンドは、コンテンポラリーなヒップホップを抱きしめる “Skyline” や、Post Malone のオマージュと言及する “Boots” で Kärtsy 語るところの “ジェネリックポップ” が大多数のリスナーを惹きつける理由を探求していきます。それはまさしく音故知新。生き残るために再構築し、現代の水で磨きあげたロックのニューチャプター。BRING ME THE HORIZON の “Amo” を愛聴している事実も象徴的ですね。
一方で、FAITH NO MORE のオルタナティブをメタル的に解釈する “The Way” や “No Sacrifice”、カントリーとエクストリームミュージックの不可思議なキメラ “Orleans”、さらに CANNED HEAT のカバーまで、彼らはクロスオーバーの源流としてその誇らしき多様の旗を空高く掲げつつ、勇敢な音のメルティングポットを見せつけていくのです。
「この世界で生き残るためには、僕たち全員が力を合わせなければならないから。」厄災の時代に WALTARI は、奇しくも時空を超えて世界と音楽で繋がりました。
「金銭的には、僕のようなすべてのフリーランサーにとってまさに地獄だよ。何しろ、稼ぎの元であるライブができないんだからね。だけど、自然には祝福されているように感じるね。だから、この危機からポジティブな面を見つけていかなければならないよね。」
音の百鬼夜行にばかり注目が集まりがちな WALTARI ですが、不安や孤独、現代社会に対する嘆きを独自のアイロニーを交えつつ珠玉の旋律へと変換する Kärtsy は旋律と宣律を誰よりも巧みに操るフロントマンです。彼が見つけた道を切り開く方法とは、きっと繋がり進み続けること。今回弊誌では、鬼才に2度目のインタビューを行うことができました。「日本人はロックの再構築を常にかなりよく理解していて、いつもプログレッシブになりたいと考えている。BABYMETAL のような (アイドル的) アクトについてさえね!」どうぞ!!

WALTARI “GLOBAL ROCK” : 9.9/10

INTERVIEW WITH KÄRTSY HATAKKA

Q1: First of all, it’s really hard time now due to corona virus, especially musical industry. As a musician, and as a person, how do you spend your corona crisis days?

【KARTSY】: Hi! Well yeah it’s very strange times. Anyway we are talking now about the much bigger picture, something which is far out of our hands. This is something we just have to live with now. Moneywise this is hell for every free lancer like me, no money gig in sight, and all the sick people who can’t get any help cause the hospitals are full! Crazy! But, the nature feel blessed, and we also must just find all the positive sides about this what we just ever can.
I’ve been spending a lot of time in my working room. I’m scrolling thru all the possible half-way solo projects from the last years, I’ve been continuing with them and trying to finish them. Also I started to plan already some next moves for Waltari then..this was not how this spring was supposed to go, we were planning to move on with the new album touring this week, but no, so what can we do! The only place you can now work is at your working computer and with your instruments at your home..anyway I haven’t become any bored yet. There are still lots of things to do inside, you just need to use the imagination. I have been meditating too etc..and waiting of course this bloody situation to go over.

Q1: コロナウイルスの影響で、特に音楽産業にとっては厳しい時が続いています。ミュージシャンとして、一人の人間として、このクライシスをどう過ごしていますか?

【KARTSY】: やあ!うん、とてもおかしな時期だよね。とにかく、僕たちは今、大局について話しているわけだよ。僕たちのの手には余るようなね。それでも何とか対処して生きていかなければならないからね。金銭的には、僕のようなすべてのフリーランサーにとってまさに地獄だよ。何しろ、稼ぎの元であるライブができないんだからね。
それに、病院が満員だから病気にかかっても診察さえしてもらえないんだ!クレイジーだよ!だけど、自然には祝福されているように感じるね。だから、この危機からポジティブな面を見つけていかなければならないよね。
僕は自分のワーキングルームで長い時間を過ごしているよ。ここ数年のすべての中途半端なソロプロジェクトを吟味し可能性を見定めているところさ。その作業を続けて、完成させようとしているんだ。
同時に、すでに WALTARI の次の動きをいくつか計画し始めているんだ…当然これは今春の予定ではなかったんだけどね。今週からニューアルバムのツアーを始めるつもりだったけど、潰れてしまったから!
現在唯一作業できるものは、コンピューターと自宅の楽器だけだよ。それでも僕はまだ退屈していないさ。自分の中ではまだやることがたくさんあるからね。想像力を駆使するだけで十分さ。瞑想もしているしね。もちろん、この血まみれの状況が終わるのを待ちながらね。

Q2: So, how was your Japan tour 2017? What do you like Japanese culture and people?

【KARTSY】: The touring in Japan is always like the best Christmas present to any musician, haha. The last touring was great, great shows places were packed and your general hospitality akso was overwhelming. Your country is sooo great! Beautiful, exotic and very interesting. And now, our new album will be released there in next month, by Ward Records!

Q2: 一昨年には、初の来日を果たしました。日本の文化や人々にはどの様な印象を持ちましたか?

【KARTSY】: 日本ツアーはどんなミュージシャンにとってもクリスマスプレゼントみたいなものだよ!(笑) 素晴らしいツアー、ショウ、ライブハウス、ホスピタリティーも極上だったね。
日本は本当ーーーに素晴らしい国だよ!美しくてエキゾチック、そしてとても興味深い。そして4/17には、Ward Records から “Global Rock” の日本盤もリリースされるんだ!

Q3: Regarding Japan, the artwork of “Global Rock” is painted by Japanese artist Tomo Kataoka, right? What inspired you to use her anime-esque art for your new record?

【KARTSY】: We started alrrady with the anime-theme in our previous album You Are Waltari. We have always found our music very cartoonlike, and now we finally have decided to bring this aspect into flesh with our last two albums. And finding Tomo after the Japan tour was such a great thing. She is very talented!

Q3: 日本といえば、”Global Rock” のアートワークは日本人アーティスト Tomo Kataoka さんが手がけていますね?

【KARTSY】: アニメ的なスタイルは前作 “You Are Waltari” から取り入れていたよね。実は、僕たちはいつも自らの音楽がとても “アニメ的” だと感じていたんだよ。そうして遂に、その要素をこの2枚のアルバムで取り入れることに決めたんだ。
だから、日本ツアーの後に Tomo を見つけることができたのはとても素晴らしい出来事だったね。何せ彼女はとても才能があるからね!

Q4: From that artwork, album title, and really eclectic music, it seems you focused on “Musical Globalization” in this new record. Do you think you capsuled world wide music in “Global Rock”?

【KARTSY】: Anyway, there is also an social aspect, we all need to join forces if we want to survive in this world. Same can be targeted to the world of rock music. It needs to be totally remormed and polished in order to survive. You Japanise have for example understood this always pretty well, you always want to be progressive and that is what it is all about, even talking about the acts like Babymetal! Move forward, join forces and don’t look back. There can be many good things waiting for us also in the future!

Q4: アルバムのタイトルやエクレクティック極まる音楽性を考慮すれば、”Global Rock” が音楽のグローバリゼーションを意識した作品のようにも思えます。

【KARTSY】: まあこのタイトルには社会的な側面もあるよね。この世界で生き残るためには、僕たち全員が力を合わせなければならないから。同じことがロックミュージックの世界にも言えるだろう。つまり、生き残るために完全に再構築され、磨かれる必要があるわけさ。
たとえば、日本人はこれを常にかなりよく理解していて、いつもプログレッシブになりたいと考えている。BABYMETAL のような(アイドル的) アクトについてさえね!
前進し、力を合わせ、振り返らないで欲しい。そうすればきっと、未来にはたくさん良いことが待っているよ!

Q5: “Metal Soul” is typically, I feel this is your most metallic, also melodic record to date. Of course, it’s really modern, diverse album, but do you think you explored your metallic side. rock spirit in this record?

【KARTSY】: Well, we do have had metallic elements in our music always, especially in the albums like Below Zero or Release Date from the last zero decade (to us this album is 2018 album, it was then when we collected the material for the album).
Metal do has been inseparable part of our music, always. And that was the scene who took us into its lap in the early 90s, when the started to find our audience. We were personally thinking this as an album away from the metal a bit. But, it’s in the eyes of the watcher, and it’s only good exactly like that! Everybody can see and feel the music in the way he or she wants!

Q5: “Metal Soul” は典型的てすが、この作品は最もメタリックな WALTARI 作品の一つだと感じました。同時に、とてもメロディックでモダン、多様なアルバムですが。

【KARTSY】: そうだな…だけど僕たちはいつもメタリックな要素を保持してきたし、00年代には特に “Below Zero” とか “Release Date” といったメタリックなアルバムを製作しているからね。まあ “Global Rock” のマテリアルは2018年に集められたんだけど。
つまり、メタルとはいつも僕たちの音楽と切っても切り離せないものなんだ。そしてメタルシーンこそが、90年代初頭にリスナーを集め始めた僕たちの受け皿となってくれたわけだからね。
ただ、個人的には “Global Rock” は少しメタルから離れた作品だと考えていたんだ。ただ、まあそれは聴く人によるだろうからね。そうとってくれても全然構わないよ!誰にだって好きなように音楽を感じる権利があるんだから!

Q6: It seems album opener, “Post Rock” doesn’t mean existing Post-rock meaning, right?
In our previous interview, you said “We want to bring rock music back to its original meaning: mind blowing revolutionary music.”. Yeah, I love your “Keep on Rockin” scream on “Boots”! I feel your “Post Rock” reflects and embodies that spirit, do you agree that?

【KARTSY】: Yes, and also is referring to my vocal parts in the song, influenced by Post Malones song Paranoid, haha. But you got the point! Apart from connecting peoples and traditions, we have playing around a lot in this album with an idea of connecting the different times of rock music, old and new:).

Q6: オープナー “Post Rock” とは既存のポストロックの意味合いで使用しているわけではないですよね?
前回のインタビューであなたは、「ロックミュージックを革命的で心震わすオリジナルの形に戻したい」 と語っていましたし、今作の “Boots” では “Keep on Rockin!” と高らかに叫んでいます。そういった真のロックスピリットを取り戻すことが “Global Rock” の目的だったのでしょうか?

【KARTSY】: そうだね。それに “Boots” のボーカルパートは Post Malone の “Paranoid” に影響されているんだよ(笑)
まあだけど、君は核心を突いているね!各地の人々や伝統と繋がることとは別に、僕たちは異なる時代のロックミュージックを様々に鳴らそうと考えていたわけさ。温故知新だね。

Q7: “Skyline” reflects modern day’s hip hop sound, I feel. Actually, musical industry is dominated by hip hop and electro music. Do you think such genres are sometimes more adventurous and challenging than rock & metal realm?

【KARTSY】: Definitely. Rock has been eaten by generic pop throughout during the last decade, being much innovative these days, meaning much more to kids nowadays than traditional rock, which in its old form is turning into very concervative, unforunately!

Q7: “Skyline” では現代的なヒップホップサウンドを聴くことができますね?
実際、近年ヒップホップやエレクトロニカは音楽産業を席巻しているわけですが、そういったジャンルは時にメタルやロックより冒険的だと思いますか?

【KARTSY】: 間違いないね。ロックはこの10年間、非常に革新的な “ジェネリックポップ” に食われているよね。
ジェネリックポップは今日の子供たちにとってクラッシックロックより遥かに意味をもっているんだよ。ロックは非常に保守的になってしまっている。残念ながらね!

Q8: In our previous interview, I really love your words “It was a post-first-metal-wave-time, and all the Scandinavians added a bit more crazyness to their metal after starting to listen more wider spectre music. Suddenly then all these metal bands started to bloom leaving all the “basic-metal” bands behind for a while.”
OK, nearly 30 years have passed since “Post first metal wave time”. I believe “Global Rock” is great opener of 2020’s, and how do you think metal and rock will evolve and open new chapters?

【KARTSY】: Sky is the limit! There are ways as many as there are makers! This is the adventure of real rock attitude I will say, and I do hope that many many new ways and waves will be found!

Q8: 前回のインタビューであなたは、「スカンジナビアのバンドたちは、より幅広いスペクトルの音楽を聴くことで、メタルに “クレイジーさ” を加えていったんだ。そしてしばらくすると、突如として、”ポストファーストメタルタイム” のバンドたちは “ベーシックメタル” のバンドたちを後方に残し、素晴らしく花開いたんだ。」 と語ってくれました。
さて、そのポストファーストメタルタイムから30年近くの月日が経ちました。”Global Rock” は素晴らしき2020年代のオープナーですが、さてメタルやロックは20年代に再度新たな章を開くことが可能でしょうか?

【KARTSY】: メタルやロックに限界なんてないよ!製作者の数だけリミットを突破する方法は存在するんだからね! それこそが真の冒険的ロックアティテュードってものさ。そしてどんどん新たな方法や波が発見されることを願っているよ!

KARTSY’S RECENT FIVE FAVORITE ALBUMS

GREEN DAY “FATHER OF ALL”

JACKBOYS (TRAVIS SCOTT) “JACKBOYS”

LED ZEPPELIN “THE SONG REMAINS THE SAME”

BRING ME THE HORIZON “AMO”

CAGE THE ELEPHANT “CAGE THE ELEPHANT”

MESSAGE FOR JAPAN

Let’s keep the rock tradition alive and reform it in a brand new way suitable for 2020, and the people living this life here and now! This is the way to keep rock music alive and meaningful to all of us. Rock as an attitude (of life too) would then make good for all of us when its pure, with its openmindness and being unoredictable! Keep on rockin, it’s the only way to go!:)

ロックの伝統を生かしながら、2020年に適した形でリフォームしようじゃないか、だって僕たちは今この時を生きているんだから!それこそがロックに活力を与え、僕たち全員にとって意味のあることなんだ。
ロックのアティテュードとは、オープンマインドかつ予測不可能な純粋さだからね!Keep on Rockin, それが前へ進む唯一の道さ!

KÄRTSY HATAKKA

WALTARI Facebook Page
WALTARI Official
日本盤のご購入はこちら。WARD RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です