NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ORANSSI PAZUZU : MESTARIN KYNSI】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ONTTO & EVILL OF ORANSSI PAZUZU !!

“When I Say Progressive, I Mean That In The Literal Sense, Thinking About Music That Has The Idea Of Exploration At Heart. We Are Not Doing a Prog Tribute. Not Following Anyone Else’s Path, But Making Your Own Path.”

DISC REVIEW “MESTARIN KYNSI”

「僕たちにとって、プログレッシブとは1つのジャンルに誠実でいることではなく、ジャンルを旅して新たな音の次元へと進んでいくことなんだ。そして僕はプログの巨人たちが、当時同じようなアイデアを持っていたと確信しているんだよ。」
古の巨人とその探究心を共有するフィンランドの哲音家、サイケデリックブラックマスター ORANSSI PAZUZU。ジャンルを巡るバンドの旅路は最新作 “Mestarin Kynsi” (マスターの爪) において一際ブラックメタルの暗黒宇宙を飛び出し、プログレッシブ、クラウトロック、アシッドハウス、ジャズ、アヴァンギャルド、ミニマル、ノイズの星々を探訪する壮大なる狂気の音楽譚へと進化を遂げています。
「ORANSSI PAZUZU という名前は、僕たちの音楽に存在する二元的な性質を表すため選んだんだ。サイケデリックなサウンドと70年代スタイルのジャムベースなクラウトロックの探検を、ブラックメタルに取り入れたかったからね。」
艶やかなオレンジと魔神パズズ。二極化されたバンド名が象徴するように、ORANSSI PAZUZU は時にメタルという重力からも解放されて、不可思議なリズム感とポップな感性を備えつつ、神秘と悲惨の破片に溶け出す独特の審美世界を呼び起こします。
「ゲームのサウンドトラックからは間違いなく影響を受けているね。その風景やイベントを視覚化し参照することについては、バンド内で多くのコミュニケーションをとっているんだ。時には、特定のゲームのシーンについても言及しながらね。」
ファイナルファンタジーシリーズを手掛けた植松伸夫氏に多大な影響を受けたと語る Evill。実際、イタリアのホラーフィルムや UNIVERS ZERO の暗黒舞踏を想起させるオープナー “Ilmestys” (天啓) を聴けば、アルバムがシンセサイザーの深霧や電子の海へと乗り出したサウンドトラックの一面を湛えることに気づくはずです。当然、時にホーミーを思わせる Jun-His の表魔力と不協和のギターも音の映画化に一役買っていますが。
「確かにこのアルバムではたくさん異なることが起こっているよね。 ただ、できるだけ数多くの影響を詰め込むことが目標ではなかったんだ。」
SWANS の方法論でエクストリームメタルにアヴァンギャルド革命をもたらした2016年の “Värähtelijä” から、ORANSSI PAZUZU は「演奏する音楽という “結果” が “リーダー” で周りに存在するミュージシャンは、その “リーダー” という中心に仕える方法を考える」自らの流儀をさらに研ぎ澄まして完成された黒のシネマ、ラブクラフトのコズミックホラーを届けてくれました。
もちろん、”Tyhjyyden Sakramentti” に潜む CAN, DARKTHRONE, TANGERINE DREAM の複雑怪奇な共存、”Kuulen ääniä maan altar” に忍ばせた PERTURBATOR とのシンクロニシティー、さらにはサイケブラックに20世紀最高のミニマリスト Steve Reich, Philip Glass の創造性を混入させた奇跡 “Uusi teknokratia” など、ロックとメタルの歴史を網羅した歴史家、研究家の一面は健在です。
ただし Ontto の、「まずはアトモスフィアが湧いてきて、僕たちの目的はそれに従うことなんだ。組み込まれる様々なジャンルは、たいていの場合、音楽を望ましい方向に操作するための適切な道具だと考えているよ」 の言葉通り、最終的に ORANSSI PAZUZU の探究心、好奇心はジャンルという絵の具を一枚の絵画を想像を超える創造として仕上げるための道具として使用しているに過ぎません。
それはトワイライトゾーンとツインピークスの不気味を抽出してブレンドした、異次元のブラックホールと言えるのかもしれませんね。メタル世界、いや音楽世界自体が経験したことのない、魑魅魍魎、異形のサウンドスケープがここには存在するのです。
今回弊誌では、ベーシスト Ontto とキーボーディスト Evill にインタビューを行うことができました。「個人的に最初のビッグアイドルの1人は、ファイナルファンタジーサーガの音楽を創生した植松伸夫氏だったんだ。今でも彼のハーモニーやエモーションの素晴らしきアプローチに影響を受けていることに気づかされるね。”FF VII” は僕のエピカルで壮大な感覚が生まれた場所なんだ。」
ANEKDOTEN 以降の北欧プログとの共通項を見出すのも一興。MAGMA や MAYHEM の波動を抱く DARK BUDDAH RISING とのコラボレーション、WASTE OF SPACE ORCHESTRA もぜひ。どうぞ!!

ORANSSI PAZUZU “MESTARIN KYNSI” : 10/10

INTERVIEW WITH ONTTO & EVILL

Q1: . First of all, it’s really hard time now due to corona virus, especially musical industry. As a musician, and as a person, how do you spend your corona crisis days?

【EVILL】: As persons we’ve been taking this whole thing seriously carrying out social distancing. As a musician there’s always stuff to do – especially now due to release of the album. It helps to look at it as an opportunity to come up with imaginative ways of doing things. Also this has been a good reminder for anyone that a musician and a person are the same thing and have common human limitations.

【ONTTO】: Since there is not any touring with the new album going on right now, I’m mostly spending my days with my family, working from home. It’s a bit claustrophobic but it’s also nice to get to spend more time with my one-year-old daughter. Overall the situation in Finland is much better than in some other countries. The band is taking a hit from this, of course. One positive thing though: we are trying to ease the pain of not being able to play live by doing a one-off internet stream show on the Friday 15th of May, so you might want to check that out! It will be available free.

Q1: コロナウイルスが世界を脅かし、特に音楽産業にとっては厳しい局面です。まず、ミュージシャンとして、1人の人間として、このコロナ危機をどのように過ごしているのか教えていただけますか?

【EVILL】: 僕たちは人として、すべてを真剣に受け止め、ソーシャルディスタンスを保っているよ。
ミュージシャンとして、常にやるべきことは存在するね。特に、今はアルバムがリリースされたばかりだから。 想像力に富んだ宣伝方法を考え出す機会と捉えるのも一興だよ。
同時に、ミュージシャンと人間は結局分けることができないから、共通して制限を受けることを思い出させてくれるね。

【ONTTO】: ニューアルバムのツアーがなくなったから、ほとんどは家族と一緒に過ごし、自宅で仕事をしているよ。 少し閉所恐怖症気味だけど、1歳の娘とより多くの時間を過ごせるのは良いことかもね。
フィンランドの状況は、全体的に他の国よりもはるかに良好だよ。まあもちろん、バンドは打撃を受けているけどね。ただし、1つ良い点があるよ。5月15日の金曜日に1回限りのインターネットストリームライブを行うことで、ライブでプレイできない苦痛を軽減しようと計画しているんだ。ぜひチェックして欲しいな!無料だしね。

Q2: This is the first interview with you. So, at first could you tell us about your band and yourself? Lot’s of fans are really interested in the origin of your incredible eclectic music. What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【EVILL】: We’re five people with more or less five different tastes in music. We’re all researchers. I’m personally the least metal oriented person in the group as I have grown up mostly listening to tracker music (techno, jazz, electric etc) and film scores. I tend to think of ourselves as five musicians constantly searching for a common ground of interests. The result – the music that we play – is the leader. Around it is us figuring out how to serve the center of the mass.

【ONTTO】: Yeah, we all have pretty diverse tastes in music. I was a nineties kid, so I grew up listening to all those alternative and indie rock bands that were going on at that time. Later I got heavily into Black Metal and some more experimental stuff like Boredoms or Scott Walker. I also took a deep dive into 70’s progressive rock at some point in my twenties. Nowdays I listen to whatever feels fresh or exciting, regardless of genre.

Q2: 多くのファンは、エクレクティック極まる ORANSSI PAZUZU の音楽的背景が気になっていると思いますよ?

【EVILL】: 僕たちは5人組だから、大なり小なり5つの音楽的な好みを備えているよ。一つ言えるのは、全員が研究者だと言うことさ。僕は主にトラッカーミュージック(テクノ、ジャズ、エレクトリックなど)や映画のスコアを聴いて育ったから、グループで最もメタル色が薄い人間だと思う。
僕は自分たちを、常に共通の興味を探し求める5人のミュージシャンと考えている。つまり僕たちが演奏する音楽という “結果” が “リーダー” なんだ。周りに存在する僕たちは、その “リーダー” という中心に仕える方法を考えて、制作しているんだ。

【ONTTO】: そうだね、僕たちは皆、かなり多様な音楽的趣向を持っているね。僕は90年代に育ったから、当時勃興していたオルタナティブロックやインディーロックを聴いて育ったんだ。
その後、ブラックメタルや、さらに BOREDOMS, Scott Walkerといった実験的な音楽にもハマっていったんだ。一方で、20代の頃、70年代のプログレッシブロックを深く掘り下げていったね。今ではジャンルを問わず、新鮮でワクワクする音楽を聴いているよ。

Q3: How did Oranssi Pazuzu come together? We are really interested in the meaning of your mysterious band name. What made you name your band Oranssi Pazuzu?

【ONTTO】: We were friends already, so we knew each other well and I had also played with everyone in the first lineup in some other groups before. So when we were forming the band, it was an easy call to choose who to ask. Everyone was in right away. Although Moit had broken his arm just before the first jam session. He had a plastered hand and he was playing synthesizer with one hand, instead of guitar. That was a pretty funny first gathering, but we had instantly good chemistry between us. We chose this name to represent the dualistic nature of our music. We wanted to incorporate psychedelic sounds and 70’s style jammy krautrock explorations to black metal. In my thinking the colour oranssi has a taste of cosmic energy to it, as opposed to black, that is so commonly used by metal bands. Pazuzu we chose to represent the dark side.

Q3: バンド結成の経緯を教えていただけますか? ORANSSI PAZUZU というバンド名の由来も気になります。

【ONTTO】: 僕たちはバンドを始める前からすでに友達だったから、お互いをよく知っていたし、最初のラインナップ全員と別のグループで共にプレイしたこともあったね。だからバンドを組もうと思った時、声をかける人を選ぶのは簡単だった。 誰もがすぐに了承したね。
ただ、Moit は最初のジャムセッションの直前に腕を骨折していたけど。彼はギブスをはめていて、ギターの代わりに片手でシンセサイザーを演奏していたよ。かなり面白い最初の練習だったね。だけど僕たちの良いケミストリーはすぐに発揮され始めたよ。
ORANSSI PAZUZU という名前は、僕たちの音楽に存在する二元的な性質を表すため選んだんだ。サイケデリックなサウンドと70年代スタイルのジャムベースなクラウトロックの探検を、ブラックメタルに取り入れたかったからね。
僕の考えでは、Oranssi, オレンジという色には宇宙的なエネルギーが宿っているよね。メタルバンドで一般的に使用されている黒とは対照的にね。だからダークサイドを表すために PAZUZU を選択したのさ。

Q4: OK, let’s talk about newest record “Mestarin Kynsi”. Actually, from the album and song titles, I imagine there are some religious themes in this record. Do you agree that?

【ONTTO】: It is true in a way. It’s a loose theme album lyrically, about a cult leader, who is using occult religion to hypnotize masses. The opening song sees him rise from a swamp. In the closing song he takes you to the endless white light. I think the religious imagery fitted nicely to our idea that the sounds would be controlling the listener also.

Q4: では最新作 “Mestarin Kynsi” について話しましょう。アルバムや楽曲のタイトルから、宗教的な背景を感じたのですが?

【ONTTO】: ある意味それは正しいね。まあアルバムのテーマは歌詞の面では様々な解釈が可能なんだけど、大まかに言えばオカルトの宗教を道具に大衆に催眠術をかけるカルトのリーダーについてかな。
オープニングソングでカルトリーダーは沼から立ち上がり、最後の曲で彼はリスナーを無限の白い光に包んで連れていくんだ。その宗教的なイメージは、音がリスナーをコントロールするという僕たちのアイデアにもうまくフィットしたと思うな。

Q5: I haven’t heard such a eclectic record in my life. If I compare, it’s like mixing of whole rock/metal history in one record. What’s your perspective about the opinion?

【ONTTO】: Yeah there definitely are a lot of different things going on in there. However, the idea is not to stuff as many influences in there as possible, but since all of the band members are into various kinds of music and art generally, it is natural that the music also has varied influences. We don’t see reason to be too careful about it. Paint it with a big brush, just throw in there anything we like. But only if it fits the song. Atmosphere comes first, and our purpose is to serve that. We think of genres mostly just as sound examples that we can manipulate into a desired direction.

Q5: それにしても、これほど多様な作品は前代未聞ですよ。例えるなら、ロックやメタルの歴史を集積したようなレコードではないでしょうか?

【ONTTO】: うん、確かにこのアルバムではたくさん異なることが起こっているよね。 ただ、できるだけ数多くの影響を詰め込むことが目標ではなかったんだ。
バンドメンバー全員が概して様々な音楽やアートに没頭しているから、僕たちの音楽にも様々な影響が存在するのは自然なことだよね。だからそこに注目しすぎるのはどうなんだろう。
僕たちは大きなブラシでペイントし、ただ好きなものを投げ入れるだけだよ。ただしその要素が楽曲に合う場合のみね。まずはアトモスフィアが湧いてきて、僕たちの目的はそれに従うことなんだ。
組み込まれる様々なジャンルは、たいていの場合、音楽を望ましい方向に操作するための適切な道具だと考えているよ。

Q6: Compared your previous works, definitely there is more experiment with synthesizers and electronic stuff in this record, and that makes this record more cinematic, right? Also, Japan is big video game country. Is there any influence from game soundtracks?

【EVILL】: I agree that it’s more cinematic in many ways. The focus being more in synthesizers is one thing. Also we were going for a more intense presence with the whole structure.
Game soundtracks definitely have their place in influences. We communicate a lot by visualizing landscapes and events. Sometimes we even refer to specific momentums of a game. Personally one of my first big idols was Nobuo Uematsu composing Final Fantasy saga. I still find myself being influenced by his brilliant approanching with harmonics and emotions. For that matter FFVII is where my sense of epicness was pretty much born.

Q6: 以前の作品と比較して、明らかにシンセサイザーやエレクトロニカの実験が増えていますよね?実にシネマティックだとも感じます。
ご存知のように、日本はゲームやそのサウンドトラックにかんして一つの文化を生み出してきました。

【EVILL】: うん、様々な点でよりシネマティックだよね。たしかに、シンセサイザーへよりフォーカスしたよ。同時に全体の構造のインテンスをより高めたんだ。
ゲームのサウンドトラックからは間違いなく影響を受けているね。その風景やイベントを視覚化し参照することについては、バンド内で多くのコミュニケーションをとっているんだ。時には、特定のゲームのシーンについても言及しながらね。
個人的に最初のビッグアイドルの1人は、ファイナルファンタジーサーガの音楽を創生した植松伸夫氏だったんだ。今でも彼のハーモニーやエモーションの素晴らしきアプローチに影響を受けていることに気づかされるね。”FF VII” は僕のエピカルで壮大な感覚が生まれた場所なんだ。

Q7: Regarding cinema and it’s soundtrack, your music sometimes reminds me Pink Floyd, Magma, Can, Univers Zero, and 70’s psychedelic prog. Do you think you are “prog” band to some extent?

【ONTTO】: Yes. I’m pretty sure we are philosophically more close to the progressive bands you mentioned, than to most metal bands. Although there are many good bands that do both. When I say progressive, I mean that in the literal sense, thinking about music that has the idea of exploration at heart. We are not doing a prog tribute. Not following anyone else’s path, but making your own path. So for us it is not about being true to any genre, but rather travelling through the genres and into a new sonic dimension. I’m pretty sure those bands had similar ideas in their time and I admire the creativeness they had, and in some cases they still have.

Q7: シネマティックと言えば、PINK FLOYD, MAGMA, CAN, UNIVERS ZERO, 70年代のサイケデリックプログを想起させる瞬間も多いですね。ある意味では、ORANSSI PAZUZU は “プログバンド” だと言えるでしょうか?

【ONTTO】: そう思うよ。僕たちは哲学的には、ほとんどのメタルバンドよりも君が挙げたプログバンドに近いと確信しているんだ。 もちろん、その両方を融合させている良いバンドはたくさんあるけどね。
僕はプログレッシブとは文字通り、探究心のある音楽を考案するという意味だと捉えている。だからプログのトリビュートをやっているつもりはないんだよ。他人の道をたどるのではなく、自分の道を作ることが重要だから。
そういう意味で僕たちにとって、プログとは1つのジャンルに誠実でいることではなく、ジャンルを旅して新たな音の次元へと進んでいくことなんだ。そして僕はプログの巨人たちが、当時同じようなアイデアを持っていたと確信しているんだよ。
彼らが持っていた創造性に感心するね。場合によっては今でも創造的な人たちさえいるんだから。

Q8: I really love Waste Of Space Orchestra. That was collaboration with Dark Buddha Rising. Musically, what’s the difference with Oranssi Pazuzu for you? Is there any possibility to continue that project?

【ONTTO】: That is cool to hear. We put so much effort into that, and the whole experience was a very special thing for us. WOSO is a different beast, just because the sheer amount of noise and multiple musicians alone is something that we cannot match with just the five of us. In a way the new album is a reaction to that experience. I think of it as a mothership, that is huge but it turns a bit slow. With Oranssi Pazuzu we are able to make things maybe more flexible and maintain a different focus on certain atmospheric things, while with WOSO there it is this huge wall of sound. I hope that at some point we could do another album, but right now both bands are focusing on their own music.

Q8: 昨年、DARK BUDDAH RISING とコラボレートしてリリースした WASTE OF SPACE ORCHESTRA も私のお気に入りです。ORANSSI PAZUZU との違いについてお話ししていただけますか?

【ONTTO】: クールだね。あの作品に多くの力を注いだし、あの経験全てが僕たちにとって実に特別なものとなったね。
WASTE OF SPACE ORCHESTRA は別のビーストだと言えるだろうね。なぜなら、あれだけのノイズの量と複数のミュージシャンシップに対して、僕たち5人だけでは対応できないからね。だからある意味、ニューアルバムはあの経験に対するリアクションなんだ。
僕は WOSO を母船と考えているんだ。巨大だけど、少し行動が遅くなるようなね。ORANSSI PAZUZU でなら、より柔軟に特定のアトモスフィアに対して別の焦点を当てることができるんだ。WOSO なら、この巨大な音の壁を生み出せる。
いつか WOSO で別のアルバムを作れるといいんだけど、今は両方のバンドが自分たちの音楽に力を入れているんだ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ONTTO’S LIFE

Here’s a list of 5 albums that have made an unforgettable impact on my musical thinking, and which I still listen to from time to time.

CIRCLE “TAANTUMUS”

DARKTHRONE “PANZERFAUST”

SONIC YOUTH “DAYDREAM NATION”

BOREDOMS “VISION CREATION NEWSUN”

SWANS “THE SEER”

MESSAGE FOR JAPAN

Looking forward to sharing an event with you someday! Be safe! 

Honoured to hear there are people listening to our music over there. I wouldn’t have imagined that when we started. Hoping to be able to play there someday. All the best! Thank you for the interview!

いつか君たちとイベントを共有できればいいね!BE SAFE!

遠い日本でも聴いてくれているなんて光栄だよ。このバンドをはじめた頃には想像もしていなかったね。いつか君たちの国でプレイできればいいな。インタビューをありがとう!

EVILL & ONTTO

ORANSSI PAZUZU Facebook
ORANSSI PAZUZU Official
NUCLEAR BLAST

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です