NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ULTHAR : PROVIDENCE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SHELBY LERMO OF ULTHAR !!

“None Of Our Lyrics Are Actually About H.P. Lovecraft, To Call The Album That Too. I Think There’s a Little Bit Of Lovecraft Influence In The Patterns Of Our Lyrics, But At This Point, I Think People Kind Of Assume We Are This “Lovecraft Band”, When Really, We Don’t Have That Much Attachment.”

DISC REVIEW “PROVIDENCE”

「ある意味面白いよね。だって僕たちの歌詞は、アルバムにしたって Lovecraft についてのものはないんだから。歌詞のパターンに少し Lovecraft の影響があるかもしれないけど、みんなが僕らを “ラブクラフトバンド” と確信しているのは驚きだよ。」
名状し難きアートワーク、著作 “The Cats of Ulthar”, 出身地 “Providence”。点と点を結び合せ、誰もが “ラヴクラフトメタル” の新境地と心躍らせた ULTHAR。しかし、ギタリスト Shelby Lermo はバンドとラヴクラフトの密接な繋がりを否定してみせました。それは、文豪が心に秘めた真なるホラー、人間の偏見や差別こそが狂気の最高峰という想いに奇しくもシンクロした結果なのかもしれません。
MASTERY, VASTUM, MUTILATION RITES。カルトでカオスなブラック/デスメタルの異能が集結した ULTHAR が、シーンの注目を集めたのはある種の必然と言えました。何より、2018年のデビュー作 “Cosmovore” には、野生的で生々しく、しかしメロディックかつテクニカルな “ブラッケンドデスメタル” の魅力が存分に注入されていましたから。
特筆すべきは、伝統と実験性の巧みなバランスが彼らの異端を現実という鏡に映し出している点でしょう。複雑怪奇を極めながら耳に馴染む絶佳の宇宙。さながら百鬼夜行のような 20 Back Spin レーベルにおいても、ULTHAR の奇妙は現実に根ざしていて、じわじわと冷や汗が吹き出すようなサイコホラーを演出しています。
「審美的に、僕たちの音楽にとてもマッチしているのは確かだよ。グロテスクで、煩雑で、複雑で、奇妙だよね。」
そうしてカオスとアトモスフィアをより深く探求し、ホラー映画のメタルを突き詰めた進化の一枚こそ最新作 “Providence” でしょう。一切妥協を許さない成功緻密な凶美のカバーアートは、アルバムの音の葉を厳かに暗示しています。
ULTHAR の三者がシンセやエフェクト、エレクトロニックなアプローチに障壁を築かなかったことも、メタルのホラー映画をよりシネマティックでドラマティックな狂気へと近づけました。不吉極まるアンビエンスとエイリアンの蠢きに端を発する “Through Downward Dynasties” を聴けば、ANAAL NATHRAKH のクロスオーバーな遺伝子を着実に受け継いだ地獄の蜃気楼を目にするはずです。
“Undying Spear” はより鮮明にラブクラフトの情景を宿します。得体の知れないグロテスクな毒ほど人の心を惹きつけます。仏教的な諸行無常の響きを忍ばせたアルバムで、中央アジアの喉歌をイントロに抱く楽曲は、神秘と怪奇を壮大なエピックとして描き出していきます。
テクニカルかつプログレッシブなアコースティックの死の舞踏、おどろおどろしいファンファーレ、ブラッケンドデスメタルの猛攻、ドゥームの奈落。あまりに絶対的な不死の武具は、絶え間なくその姿を変えながらただリスナーの胸を貫いて不吉な場所に制止し続けるのです。
GORGUTS から DEATH へと病巣が移り行くリフマッドネスの中、シアトリカルなボーカルの奔放で狂った天啓を導く “Providence”、CELTIC FROST と MAYHEM の凶暴なキメラ “Furnace Hibernation” と、混沌や残虐、変拍子に不協和音さえ魂を揺さぶり記憶に残る ULTHAR の台本はすでに “真なるホラー” の領域に達しているはずです。
今回弊誌では、Shelby Lermo にインタビューを行うことが出来ました。「明らかにブラックメタルやデスメタルのサウンドは多いから、それが関連しているんだろうな。でも、他にもたくさんの要素があるんだ。 全体として、僕らは ULTHAR のように聞こえるだけだと思うんだけど、人々はラベルを付ける必要があるし、”ブラッケンドデスメタル “というのは一定の効果があると思うよ。」 どうぞ!!

ULTHAR “PROVIDENCE” : 9.9/10

INTERVIEW WITH SHELBY LERMO

Q1: First of all, it’s really hard time now due to corona virus, especially musical industry. And recently, BLM movement is spreading from US. What’s your thoughts on the current US or global situation?

【SHELBY】: It’s fucking crazy. But in a way, we’re lucky a global pandemic didn’t happen earlier. We’ve been destroying the planet and each other for so long, we were overdue. The BLM movement is inspiring, it’s too bad it came so late. I feel like America is already fucked, there’s not any chance for redemption.

Q1: アメリカ、ひいては世界はコロナ禍から BLM と激動の時を迎えていますね?

【SHELBY】: 本当にクレイジーだよね。だけどある意味、これまで世界的なパンデミックが起きなかったのがラッキーだったのかもしれないよね。だって僕たちはこの地球を壊し続けてきたからね。僕たちは限界を超えてしまったんだ。
BLM ムーブメントにはインスパイアされるよ。起こるのが遅すぎたムーブメントだよね。僕はもうアメリカはダメだと思う。贖罪のチャンスはないね。

Q2: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about the band and yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【SHELBY】: I’m 41 years old, the oldest guy in Ulthar. I grew up listening to punk first, then moved on to metal in the mid 90’s. Death metal has always been my preference, Steve and Justin gravitate a little more toward black metal I think. I moved to San Francisco around 2005, and started Ulthar after moving to Oakland around 2014.

Q2: 本誌初登場です。まずは、あなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【SHELBY】: 僕は今41歳で、ULTHAR で一番年上なんだ。だからまずパンクを聴いて育ち、それから90年代の中盤にメタルを聴くようになったね。僕にとっては、デスメタルがいつも一番だった。Steve と Justin はもうちょっとブラックメタルに惹かれていると思うね。
2005年にサンフランシスコに引っ越して、それから2014年にオークランドへ引っ越した。ULTHAR を始めたのはその時だよ。

Q3: Mutilation Rites, Mastery, Vastum. Ulthar is kind of a super group of extreme metal. How did it come to be?

【SHELBY】: Pretty simple story. I knew Justin, our drummer, through booking shows and stuff with his band Mutilation Rites. I knew their bass player Laurie, who was a previous resident of San Francisco. Anyways, Justin moved out to the Bay Area, and I just knew we should play music together. We did, and shortly after added Steve on bass, who I knew from his other band, Pale Chalice. It was the right fit, and we wrote and recorded our first demo not long after that.

Q3: MUTILATION RITES, MASTERY, VASTUM。ULTHAR はカルトなエクストリームメタルのスーパーグループとも言えますね。どのような経緯で結成に至ったんでしょうか?

【SHELBY】: とても単純なストーリーさ。僕はドラマーの Justin を前から知っていてね。彼のバンド MUTILATION RITES のブッキングやスタッフを通してね。ベーシストの Laurie が以前サンフランシスコに住んでいて知り合いだったんだ。
とにかく、Justin がベイエリアに越してきたとき、何か一緒にやるべきだと思ったわけさ。そのあと、すぐにベーシストの Steve が加入したよ。PALE CHALICE の活動を通して知っていたからね。素晴らしくフィットしたから、すぐにデモを制作したわけさ。

Q4: It seems you took your name from H.P. Lovecraft’s short story “The Cats of Ulthar”. And your newest record “Providence” is named for Lovecraft’s hometown, right? Why are you so attracted to lovecraft and mix it to metal?

【SHELBY】: “Providence”isn’t actually named after Lovecraft’s hometown, it’s kind of a joke. Like the song itself is about the idea of “providence”, or protection by God. I thought it would be kind of funny, because none of our lyrics are actually about H.P. Lovecraft, to call the album that too. I think there’s a little bit of Lovecraft influence in the patterns of our lyrics, but at this point, I think people kind of assume we are this “Lovecraft band”, when really, we don’t have that much attachment. We mostly picked the name “Ulthar” because, at the time, there were no other band s that had used it (there are now).

Q4: バンド名 ULTHAR は H.P. Lovecraft の物語 “The Cats of Ulthar” からとったものですよね? さらに最新作 “Providence” は、Lovecraft の故郷でもありますが?

【SHELBY】: 実は、”Providence” は Lovecraft の故郷に因んだわけではないんだよ。ちょっとしたジョークなんだ。あの楽曲自体が、”Providence” “天意” とか、神に守られることを基にしているんだ。
ある意味面白いよね。だって僕たちの歌詞は、アルバムにしたって Lovecraft についてのものはないんだから。歌詞のパターンに少し Lovecraft の影響があるかもしれないけど、みんなが僕らを “ラヴクラフトバンド” と確信しているのは驚きだよ。実際は、そんなに関係ないんだから。
ULTHAR って名前だって、あの時その名を使っているバンドがいなかったから選んだだけなんだ。

Q5: The artwork of “Providence” is really ominous but beautiful. Does it relate to the concept or lyrical themes of this record?

【SHELBY】: Not really. The art was pre-existing, and we licensed it from the artist. I feel like aesthetically it matches the music well, it’s grotesque, busy, complicated, weird. But besides that there are no real connections between the lyrics and artistic themes.

Q5: 不気味でしかしとても美しいアートワークですね。レコードの歌詞やコンセプトと関連しているのでしょうか?

【SHELBY】: どうなんだろうね。アートワークは以前から存在し、僕たちはアーティストからライセンスを買ったんだよ。
審美的に、僕たちの音楽にとてもマッチしているのは確かだよ。グロテスクで、煩雑で、複雑で、奇妙だよね。ただ、歌詞のテーマと直接繋がっているわけではないのさ。

Q6: It’s definitely raw and aggressive but also melodic and technical record to date. And I feel it becomes more “horror film” metal with foreboding ambiance and effects. Aesthetically and musically, how do you expand your sonic territory from your previous record “Cosmovore”?

【SHELBY】: I think it was a very natural progression. For the demo and the recording of the first album, Ulthar was a side-project for all of us, not our main focus as far as songwriting goes. So the band wasn’t getting the attention it deserved from us, I guess. We didn’t have the deal with 20 Buck Spin while we were recording “Cosmovore”, so we didn’t know who, if anyone, was going to put it out. Things got pretty crazy after they picked it up, and we followed the release of the album with a full US tour and a couple shorter tours. So the band got pretty serious pretty quick.”Providence” is just a reflection of that. That Ulthar is now our main thing, that more focus and more creative energy is flowing into the band.
.

Q6: 生々しい攻撃性を保ちつつ、実にメロディックでテクニカルな作品に仕上がりましたね?エフェクトやアンビエンスを伴って、以前よりも “ホラー映画” のメタル感が増しているように感じました。

【SHELBY】: とても自然な流れだったと思うよ。 デモやファーストアルバムのレコーディングでは、ULTHAR は僕ら全員のサイドプロジェクトで、ソングライティングに関してはメインの目的ではなかったんだ。だから、バンドは僕らにふさわしい注目を得られていなかったんだと思う。
“Cosmovore” をレコーディングしている間は 20 Buck Spin との契約がなかったから、誰が作品を出してくれるのかわからなかったんだ。彼らとの契約を手に入れた後は、かなりクレイジーに状況が変わり、アルバムのリリース後にはアメリカでのフルツアーと、いくつかの短いツアーを行ったんだよ。
“Providence” はそのことを反映したものだよ。ULTHAR が今の僕らのメインになって、より集中しているから、創造的なエネルギーが一層バンドに流れ込んできているんだ。

Q7: From Mayhem to Celtic Frost, “Providence” is kind of melting pot of extreme metal. Among them, it seems Death, Gorguts, Demigod, Convulsed, and Demilich influences are in the center of this record. You are often called as Blackend death metal. Do you feel comfortable about that tag?

【SHELBY】: I think that’s about as close as you can get. There’s obviously a lot of black metal and death metal in the sound, so that is the reference point. But there’s a lot of other shit in there too. All in all, I Think we just sound like Ulthar, but people need to attach labels, and I guess “blackened death metal” works.

Q7: MAYHEM から CELTIC FROST まで、”Providence” はエクストリームメタルのメルティングポットとも言えそうですね。そんな中でも、DEATH, GORGUTS, CONVULSED, DEMILICH といったバンドの影響が中央に位置しているよう感じました。
よくバンドが称される、ブラッケンドデスメタルのタグは的を得ているのでしょうか?

【SHELBY】: 非常に近いとは思うよ。明らかにブラックメタルやデスメタルのサウンドは多いから、それが関連しているんだろうな。でも、他にもたくさんの要素があるんだ。
全体として、僕らは ULTHAR のように聞こえるだけだと思うんだけど、人々はラベルを付ける必要があるし、”ブラッケンドデスメタル “というのは一定の効果があると思うよ。

Q8: 20 Buck Spin is one of the most exciting metal label now. Among the roster, are there any bands you empathize with?

【SHELBY】: I really like the new Voidceremony, and kind of the the weirder stuff on the label.

Q8: その 20 Buck Spin ですが、現在最もエキサイティングなメタルレーベルの一つでしょうね。ロースターで共感を覚えるバンドはいますか?

【SHELBY】: 新しい VOIDCEREMONY のアルバムが本当に好きなんだ。あれはこのレーベルでも最も変わった作品の一つだよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED SHELBY’S LIFE

CANNIBAL CORPSE “BUTCHERERD AT BIRTH”

DEICIDE “LEGION”

“GUMMO” SOUNDTRACK

DISSECTION “STORM OF THE LIGHT’S BANE”

DEFEATED SANITY “CHAPTERS OF REPUGNANCE”

MESSAGE FOR JAPAN

Hang in there, stay healthy, be nice to each other. Ulthar hopes to come visit someday!

Stay Healthy! 互いに優しくあろう。ULTHAR はいつか日本に行きたいよ!

SHELBY LERMO

ULTHAR Facebook
ULTHAR Bandcamp
20 BUCK SPIN

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です