NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NE OBLIVISCARIS : CITADEL】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TIM CHARLES (VIOLIN/CLEAN VOCAL) OF NE OBLIVISCARIS !!

noNe_Obliviscaris_CITADEL_1_2(c)Svartwerk

AUSTRALIAN PROG METAL BAND, NE OBLIVISCARIS WILL COME TO JAPAN IN JUNE !! DON’T MISS THEIR BEAUTIFUL MELODY, INTELIGENCE SOUND, AND AWESOME PERFORMANCE !!

2012年にデビュー作にして傑作、”PORTAL OF I” で彗星の如くシーンに登場したオーストラリアのプログメタルバンド NE OBLIVISCARIS。彼らの勢いは止まる所を知りません。2013年には早くも日本ツアーを成功させ、昨年は 2nd アルバム “CITADEL” をリリース。一部で「舌出る」と呼ばれ親しまれたこの作品、2枚目のジンクスなどどこ吹く風で弊サイトのリーダーズポールでも上位に入った他、海外の権威あるFBのライク何万系のサイトでも軒並み高評価を獲得しました。彼らの素晴らしさはまず楽曲が10分を超えても決して長いと思わせないその構成力。クリーンボーカル、ヴァイオリンを駆使した静と動の駆け引きにメロディーの素晴らしさが相俟って唯一無二の世界観を構築しています。加えて時折顔を覗かせる DJENT やモダンでアトモスフェリックなプログメタルからの影響が白眉で、時代の寵児感と舌が出まくっていますね。6月に行われる2度目の来日公演は見逃せないものになるでしょう。海外の権威あるFBのライク何万系サイトからの取材が殺到したため掲載が遅れてしまいましたが(これはマジです)バンドの要、ヴァイオリン/クリーンボーカルの TIM CHARLES です。どうぞ。

no10605995_10152592277479898_6748307934585965047_n

【ABOUT “CITADEL”】

Q1: Thanks a lot for accepting our interview. At first, how was Japan tour of last year?

【TIM】: It was absolutely incredible. It was actually our first shows ever outside of Australia and we were blown away by the passion our Japanese fans had for our music. Our show in Tokyo sold out and we had a great time. We are also excited to say that we are coming back playing shows in Osaka and Tokyo next June with Fleshgod Apocalypse! We can’t wait to return.

Q1: 前回の来日公演はどうでしたか?

【TIM】: まったく信じられない体験だったよ。実際、オーストラリアの外でやる初めてのライブだったんだけど、日本のファンが僕達の音楽に持つ情熱に圧倒されたね。東京公演は売り切れだったし最高の時間を過ごしたよ。そして FLESHGOD APOCALYPSE とのライブで6月に大阪と東京に戻れる事が決まって興奮しているんだ!待ちきれないよ。

Q2: Your 2nd album “Citadel” launched on 11/7. Is there any conceptual story? If so, please talk about the conceptual story, the album title and beautiful artwork.

【TIM】: The story, title and artwork were all done by our vocalist Xenoyr, and we feel very fortunate to have someone of his talent handling our artwork and words for the band. The theme of the album is the ‘Citadel’ which is used to represent the human form and our different conditions. ‘Painters of the Tempest’ is essentially an anti-war song, Pyrrhic is about the struggle for perfection in something and the sacrifices that have been made to reach it and ‘Devour Me, Colossus’ explores the battle of psychological issues.

Q2: 2nd アルバム “CITADEL” が11月にリリースされました。アルバムのコンセプトやタイトル、美しいアートワークについて話して頂けますか?

【TIM】:  物語、タイトル、アートワークは全てボーカルの XENOYR が手掛けたんだ。アートワークや歌詞をバンドのために手掛けられる彼のような才能のある人物がいてとても幸せだね。アルバムのテーマである “CITADEL” とは人類の姿と我々の異なる環境を表現している。”PAINTERS OF THE TEMPEST” は不可欠な反戦ソング。”PYRRHIC” は理想を追い求める事とそれに伴う犠牲について。”DEVOUR ME, COLOSSUS” は戦いにおける心理的問題の探求だね。 no10428542_10152856675334898_3266138390323087669_n

Q3: What is the difference between “Citadel” and “Portal of I”? How have you “progressed”?

【TIM】: I think for us it was just a natural progression that occurs due to our ever present desire to experiment with sounds and keep moving forward as a band. Citadel is probably more extreme, but also more melodic and progressive and so we’ve really just taken things even further in all directions. It wasn’t really by design though it was just how it happened to come out when writing this time around. Portal of I was written over the course of many years and some songs were written a very long time ago, whereas Citadel was written mainly in 6-9 months and so I think that resulted in a more focused album this time around.

Q3: “CITADEL” と “PORTAL OF I” の違いは何でしょう。どのように進化しましたか?

【TIM】: 実験的なサウンドを生み出したい、バンドとして前進したいと常に思っているから僕達にとって進化は自然な事だったんだ。”CITADEL” はおそらくよりエクストリームになっていると同時によりメロディックでプログレッシブにもなっているね。つまり僕達は本当にあらゆる方向で前進出来たんだ。それは全く意図されたものではなく今回製作中に自然に起こった進化なんだけどね。”PORTAL OF I” は何年にも渡って書かれ、中には遥か昔に書かれた曲もあった。対して”CITADEL” はほぼ6~9ヶ月で書かれたから結果としてより焦点の定まったアルバムになったんだと思うよ。

Q4: I feel the part of beautiful violin become more important in “Citadel”. How about that?

【TIM】: Well thank you for the kind words. I think we just try and let the songs develop naturally and whatever instrument works best for each part is what we go with. Everyone gets their chance to shine and I’m very fortunate to play in a band with so many great musicians as my band mates.

Q4: “CITADEL” ではさらにヴァイオリンの美しさ、重要性が増していると思いました。

【TIM】: ありがとう。僕達はただ自然に曲を進化させようとしている。どの楽器であれそのパートで最高の働きが出来るかどうかは僕達次第なんだ。全員が輝くチャンスを掴むし、僕のバンドメンバーのような偉大なミュージシャン達とプレイ出来てとても幸運だね。

no581016_10151187650944898_45241970_n

Q5: For me, “Pyrrhic” is perfect 10 minutes. It has everything I want. Modern heaviness, intelligence, beautiful atmosphere, awesome technics. Do you think you are “Future of Metal”?

【TIM】: Well things like that are for others to say. We are just being ourselves. Every musician is a unique individual with a unique approach to life and music and so we just try and ensure that comes through in our music. We just want to be ourselves regardless of what others think and if people connect with that strongly that is an incredible thing to achieve. We are very grateful for all the support we are getting right now and have received over the years.

Q5: “PYRRHIC” は完璧な10分間ですね。モダンなヘヴィネス、知性、美しいアトモスフィア、卓越したテクニック。全てが詰まっています。あなた達を “FUTURE OF METAL” とメディアが称するのも納得です。

【TIM】: うーん、そういった呼称は他の人達のためにあるんじゃないかな。僕達はただ僕達になりたいだけなんだよ。それぞれのミュージシャンには個性があって人生や音楽にその個性を向けている。僕達はただ音楽を通してそれを表現しようとしているだけなんだ。他人がどう思おうと僕達は僕達でいたい。何年にも渡って受けてきた、そして今受けている全てのサポートにとても感謝しているよ。

【ABOUT NE OBLIVISCARIS】

Q1: Would you tell us your musical upbringings?

【TIM】: From a very young age of 6 I played the violin and studied classical violin by the Japanese Suzuki Method. Violin was a very important part of my life with practice a daily occurrence and lots of concerts and youth orchestra’s and summer schools and other such things. When I was 17 I decided that I wanted to be a professional classical violinist and tour the world performing and went to a music conservatorium here in Melbourne Australia after I finished high school. However, during my university years I joined Ne Obliviscaris and slowly bit by bit got distracted from my classical music goals and instead here I am touring the world playing violin in a metal band and I wouldn’t have it any other way! I’ve always been a huge metal fan for many years and so it’s an amazing thing to be able to combine my passion for intense metal with my passion for playing the violin.

Q1: 音楽的背景を教えて下さい。

【TIM】: 6歳の頃にヴァイオリンを始めて日本のスズキメソッドでクラッシックヴァイオリンを学んだんだ。ヴァイオリンは人生の一番重要な部分を占めていたよ。日々の練習、多くのコンサート、ユースオーケストラ、サマースクールなんかでね。17の時にプロのクラッシックヴァイオリニストになりたい、世界中をツアーしたい、高校を卒業したらメルボルンのコンセルヴァトワールに行きたいと思ったんだ。だけど大学時代に NE OBLIVISCARIS に加入してゆっくりと徐々にではあるけれどクラッシックの目標への興味が薄れて行き、代わりに今ここにいてメタルバンドでヴァイオリンをプレイし世界を回っている。他の道は考えられないね!何年もメタルの大ファンだったからメタルへの情熱とヴァイオリンへの情熱を共存させられているなんて最高だよ!

Q2: It’s not popular to use violin for metal bands. Why did you decide using that?

【TIM】: I happened by chance to meet our vocalist Xenoyr in 2003 and he was starting a new band and was interested in having a violinist. I decided to give it a try and loved the challenge of trying to make the violin work in metal and slowly over time developed the sound I have today.

Q2: ヴァイオリンを使用するメタルバンドは珍しいですよね。

【TIM】: ボーカルの XENOYR に会ったのは 2003 年の事だった。彼は新バンドを始めようとしていてヴァイオリニストを加える事に興味を持っていたんだ。僕はメタルにヴァイオリンを導入するというチャレンジが気に入ってやってみようと決めたんだ。ゆっくりと時間をかけてサウンドを進化させ今に至るんだよ。

no10488014_10152890603349898_5634390811633115502_n

Q3: We, Japanese, are hard to pronounce your band name “Ne Obliviscaris”. Do you have any good idea to call your band for Japanese?

【TIM】: It is pronounced Nay Ob-liv-is-car-iss. However many of our fans just call us “NeO” which is fine also!

Q3: 特に我々日本人は NE OBLIVISCARIS というバンド名を発音するのが難しいです。何か良い呼び方はありませんか?

【TIM】: ネイ オブ・リヴ・イス・カー・イス って発音するんだ。だけど多くのファンはただネオって呼ぶよね。それでもいいと思うよ!

no10384750_10152862851509898_5511229911241003975_n

【FIVE ALBUMS】

TIM CHARLES’S FIVE ALBUS THAT CHANGED HIS LIFE !!

OPETH “BLACKWATER PARK”

no無題

– When this album came out I had never heard any band do anything remotely like their mix of progressive death metal with acoustic sections and 10min+ songs. This album really opened my eyes to just how broad you could be with the sounds you could incorporate as part of being in a metal band and definitely had a strong influence on the way I approached writing for Ne Obliviscaris when we first started.

このアルバムが発売されるまでプログデスメタルとアコースティックのセクションを組み合わせて10分以上の曲を作るバンドなんて聴いたことがなかったよ。このアルバムには本当に目を見開かされたね。なんて幅広いサウンドなんだろう。こういうやり方なら僕もメタルバンドの一部になれるってね。バンドを始めた時このやり方には確実に強い影響を受けたね。

JOHN COLTRANE “A LOVE SUPREME”

no51fNjQrG-aL

– In my opinion the greatest Jazz album of all time from one of the greatest musicians of all time. The way Coltrane improvises so freely continues to inspire me to keep getting better every day forever more.

の考えでは史上最高のジャズアルバムで史上最高のミュージシャンの一人だね。彼のインプロヴァイゼーションはとても自由で、毎日毎日僕が向上するようインスパイアし続けてくれるね。

SIGUR ROS “( )”

no2無題

– Another of my all time favourite albums. This album really opened my eyes to the beauty of simplicity.

僕のフェイバリットの一つ。単純に美しすぎて目を見開かざるを得ない。

STRAPPING YOUNG LAD “CITY”

no3無題

This is still to this day one of my favourite albums. Just the intensity of this record blew my mind and put me onto the amazing Devin Townsend who I’ve been listening to ever since.

未だに僕のフェイバリットの一つ。このレコードの緊張感にはただただ圧倒されるし僕が聴き続けている DEVIN の驚くべき世界そのものだね。

SOILWORK “CHAINHEART MACHINE”

no4無題

– This was the first ever European metal band I fell in love with. I had first discovered metal through US bands such as Deftones/Pantera/Machine Head and so for me their sound was something so fresh and interesting and as a result of discovering Soilwork I then discovered a whole host of great European bands shortly after such as Opeth, In Flames, Dark Tranquility, Immortal & many more.

最初にハマったヨーロッパのメタルバンド。最初は DEFTONES, PANTERA, MACHINE HEAD なんかのUSバンドを見つけて聴いていたんだけど SOILWORK は新鮮で興味深かった。それ以降すぐに OPETH, IN FLAMES, DARK TRANQUILITY, IMMORTAL なんかのヨーロッパのバンドを発見する事となった。

【MESSAGE FOR JAPAN】

no1606841_10152136490779898_1328828724_n

Thank you Japan for all your support! We are coming back in June on tour so hopefully we will see you there!
全てのサポートをありがとう日本!6月にツアーで戻るからその時また会おう!
www.facebook.com/NeObliviscarisBand
www.facebook.com/seasonofmistofficial
http://smarturl.it/NeOeshop

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ PUSH LIKE! OUR FB PAGE!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です