TACTUS>>>T


TACTUS

【DJENT+SAMBA=DJENBA?】

ArtworkProductionTechnicOriginalityMusicTotal
7/107/1018/2024/3024/3080/100

Review in Japanese>>> JazzやHip Hopの世界ではごく当たり前になっているブラジルの音楽との融合。メタルの世界でもそれを期待させる有望株が増えつつある。過去にはAngraやSepultura、そして現在Bossa Novaとメタルを融合させて日本に旋風を起こしつつあるHuaska。これらはブラジル産だがこのバンドはカナダ産というのがポイントだ。良くも悪くもブラジルのバンドにありがちな’いなたさ’がなく非常にソフィスティケートされている。基本は哀愁を織り交ぜたオリエンタルなプログメタル/Djent。だが時折挿入されるサンバのフレーズやリズムが非常に効果的でAtheistの’Elements’と比較したくなる。ジャケットは見開き5ページ。それぞれの美しいアートが曲毎に対応していて聴き手の想像力を掻き立てるのも良い。このままこのエピカルな”Djemba”路線を追求していって欲しいものだ。

Review in English>>> It’s natural to use Brasilian music for Jazz and Hip Hop. And Metal bands become to use it now a days. Off course,Brasilian metal bands like Angra and Sepultura did it. And Huaska fuse Metal and Bossa Nova in earnest. But this Tactus is from Canada. That’s  important. Tactus is very sophisticated band. Basically,they are oriental Prog-metal/Djent band. But sometimes they put rhythm and phrase of Samba in their music. That’s so effective and I remind ‘Elements’ of Atheist. I hope they purchase their epical “Djemba” music.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です