tr10940548_10152518968041770_8350016540351720500_n

WORLD PREMIERE: WHO’S FOOLING WHO? 【THOMAS LARSSON】


WORLD PREMIERE: YOU CAN LISTEN TO THREE SONGS FROM THOMAS LARSSON’S LATEST ALBUM “WHO’S FOOLING WHO?” !!

 iTUNES: WHO’S FOOLING WHO?

ONE OF THE GREATEST SWEDISH GUITAR PLAYER THOMAS LARSSON (GLENN HUGHES, BALTIMOORE, SIX FEET UNDER, YEAH BOP STATION) IS BACK !! 

tr249979_191188987598133_3089918_n

 THOMAS LARSSON。YEAH BOP STATION, BALTIMOORE, SIX FEET UNDER, などで北欧ハードロック栄光の80~90年代を駆け抜け、あの GLENN HUGHES に抜擢されアルバムを製作。続いて参加した日本公演を収めたライブアルバム “BURNING JAPAN LIVE” は絶好調の GLENN と彼を支える北欧の若手プレイヤーの好演で今でも語り継がれる大名盤です。THOMAS の美しいトーンは当時から KEE MARCELLO と並んで群を抜いていました。今回2006年のソロアルバム “HARMONIC PASSION” 以来8年ぶりの復活作 “WHO’S FOOLING WHO?” がリリースされるにあたり弊紙ではその新作からPVとアルバムから2曲、合計3曲を独占公開することができました。彼の持ち味であるブルージーなフィーリングと素晴らしいトーン。自らボーカルも兼任しそれも非常にハマっていますね。バックボーカルは GORAN EDMAN が担当。都会的で洗練された大人のロックを聴かせてくれています。

THOMAS IS BACK IN BUSINESS. I HOPE I WILL COME TO JAPAN SOON AGAIN !!

THOMAS LARSSON

tr411516_10150984124446905_1155216110_o

 【WORKS FROM PAST】

GLENN HUGHES “FROM NOW ON”

完全に人間を辞めていた感のある80年代を終えクリーンにディスタイムアラウンドしたグレン・ヒューズのソロ2作目。トーマス他 EUROPE のメンバーなど北欧人脈でバックを固め非常に優れたハードロックアルバムとなりました。変なモヒカンにして若作りしてるしもうこんな音楽はやらないんだろうな。

 THOMAS LARSSON “HARMONIC PASSION”

一つ前のソロアルバム。トーンの美しさと技術の正確さには本当に舌を巻きます。多様な音楽を取り入れたギターインスト作品。AXE-fxを使用した試奏動画。上手い・・・

 BALTIMOORE

SIX FEET UNDER 時代からの盟友 BJORN LORDI のバンドに参加したりしなかったりのトーマスさん。地味な存在ですが名曲たくさん持っていますよ。”MY BLUE MOON” “BALLERINA” なんかは必聴の部類かと。

THOMAS LARSSON HP

THOMAS LARSSON FACEBOOK PAGE

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ PUSH LIKE! OUR FB PAGE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です