CHEETO’S MAGAZINE>>>Boiling Fowls


a0411864842_2

【THE HUMOR SIDE OF PROG】

 
artworkproductiontechnicoriginalitymusictotal
8/108/1017/2024/3024/3081/100

Review in Japanese>>>スペインから突如現れたごった煮プログロックバンド。ジャケはほとんどお菓子の包装紙だし一曲目が25分という時点で出落ち感満載というか色物臭がプンプンなのだがそれは彼ら流ユーモアの一端に過ぎない。

まずボーカルがすぐおちょける。かなりの実力派で普通に歌えばフレディー・マーキュリーみたいなのに突如ファルセットかましてThe Darknessやったりそこから発展して叫んだりスキャッたりしてマイク・パットンにさえなる(最終的にはエフェクトかけてダフト・パンクに昇華)。まあおちょけられるのはその受け皿があるから。まるでSpock’s Beardな大仰なテーマを持った25分の大曲が実は一番まとも。残りのコンパクトな曲たちはQueen,Gentle GiantといったオールドロックからFaith No More,Daft Punk、時にスゥイングし時にロックし時にエレクトロするという闇鍋ぶり。ただ実力の裏づけがありプログという本線は壊さず真剣におちょけている(たぶん)から嫌味がなくどんどん彼らのおもちゃ箱を開けてしまう。ワタシには最終的にオルタナなNaughty Boyとダフト・パンクなDriver Frenchが一番のおもちゃになったようだ。

Review in English>>>A hotchpotch Prog-rock band from Spain. Artwork looks like a package of candy. And the first song is 25 minutes long. Are you kidding me?

The vocalist is a man with a sence of humor. Naturaly,he is very good singer like Fredy Mercury. But sometimes he uses Falsetto like The Darkness or does shout and scat like Mike Patton. Even he uses effective vocal like Daft Punk!! Why? Because the band make a lot of nice strange songs. 25 minutes song has epic theme like Spock’s Beard. It’s the most “Prog-like” song in their album. The other compact songs is like a toy box. I can find music of Rock’n Roll,Jazz,Alternative,from their toy box. But it’s important they are prog basis and good musicians. Anyway,my favorite toys are Alternative/Jazzy”Naughty boy” and Daft Punky “Driver French”.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です