NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SCALE THE SUMMIT : V】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CHRIS LETCHFORD OF SCALE THE SUMMIT !!

11075167_567170806718837_5895959050362557921_n

HUSTON’S INSTRU-METAL MAESTRO, SCALE THE SUMMIT HAS JUST RELASED MELODIC, CATCHY, TECHNICAL, AND PROGRESSIVE RECORD “V” !! IT MUST BE REMAINED IN INSTRU-METAL HISTORY!!

ANIMALS AS LEADERS の登場でにわかに注目を集めるようになったモダンプログシーンのインストゥルメンタル部門。彼らの音楽は非常にテクニカルでありながら耳を捉えて離さないキャッチーさも共存していて、それが DJENTY な新しさも伴って人気を集めているのだと思います。今回取り上げる SCALE THE SUMMIT はそういったバンドたちの先駆け的存在です。結成は2004年ですからもう10年選手。2009年には MIKE PORTNOY に認められ DREAM THEATER の PROG NATION ツアーに招かれるなど、4枚の作品をリリースし徐々に人気を高めて来ましたが、記念すべき5作目の新作、その名も “V” が遂にリリースされました!内容的には成功を収めた “THE COLLECTIVE” のメロウでダークな雰囲気と前作 “THE MIGRATION” のメジャー感、プログレッシブさを併せ持ったような作品に仕上がったと感じました。確実にキャリアで最も優れたレコードでしょう。アルバムの大半はヘヴィーでグルーヴィーな演奏に CHRIS LETCHFORD と TRAVIS LEVIER の時にメロディアスで時に驚異的なシュレッドが乗るというスタイル。AAL ほど DJENTY ではなく、CYNIC, DREAM THEATER のようなプログメタルらしい雰囲気も多分に残しているのがポイントです。ただ、このレコードを傑出した出来にしているのは、”SORIA MORIA” と “OORT CLOUD” の2曲です。AAL のデビュー作にも “SORAYA” というメロウでアダルトな魅力を持った1曲が収録されていましたが、まさにそういった役割を果たす優れた2曲です。CHRIS は昨年 “LIGHTBOX” という味わい深いジャズ/フュージョン寄りのソロ作品をリリースしましたがその影響もあるのでしょうか。実に良いアクセントになっていますね。優れた楽曲群の中でも “PONTUS EUSINIS” はヘヴィーなグルーヴとメロウさ、そして複雑な構成を巧みに合わせ込んでいて、今後の彼らにとっても重要な意味を持つ1曲のような気がします。とにかく、表情豊かで聴き所が満載のギタープレイ、楽曲が見事で”インストゥル-メタル”アルバムということを忘れるくらいエモーションに満ちていますね。今回弊誌では、バンドの創立メンバーでモダンプログ界隈で最も注目されるギタリストの1人 CHRIS LETCHFORD にインタビューを行うことが出来ました。8歳からギターを始め、MIとバークリーで学んだ秀才です。エンドース契約を結んでいる新進気鋭のヘッドレスギターメーカー STRANDBERG の使い手としても知られていますね。どうぞ!!

YOU CAN STREAM AND BUY “V” HERE !!

11836668_614796118622972_2051705542921482481_n

MMM RATING⭐️

SCALE THE SUMMIT “V” : 9/10

【INTERVIEW WITH CHRIS LETCHFORD】

10308945_510635785705673_6647007993644644056_n

Q1: This is our first interview with you. So, at first, could you tell us about the band? How did the band start? And what’s the meaning of band name SCALE THE SUMMIT?

【CHRIS】: Travis (other guitarist) and I formed the band while attending Musicians Institute going on almost 10 years ago now. We have known each other since elementary school, but didn’t start playing music together until 18 years old. Its weird how things come together. Since then we have changed bassist and drummer once, and its looking like we have the strongest and most permanent line up now, thats here to stay. Scale The Summit’s name was really just a name. Travis was reading through a photography book and looked over and said “how about Scale The Summit for the band name?”. Done.

Q1: 初インタビューです。まずはバンドについて教えてください。結成の経緯、またバンド名 “SCALE THE SUMMIT” の由来について話していただけますか?

【CHRIS】: 今からほぼ10年くらい前かな、僕ともう1人のギタリスト TRAVIS が MUSICIANS INSTITUTE に通っている時に結成したんだ。僕らはお互い小学校から知っていたんだけど、18才になるまで音楽を一緒にプレイしたことはなかったんだ。一緒にやるとなった時は変な感じだったね。それからベーシストとドラマーを1度づつ変更して今に至る訳だけど、現在のラインナップが最強にしてパーマネントだと思えるね。SCALE THE SUMMIT という名前にはあまり意味はないんだ。TRAVIS がフォトブックを読んでいて見つけたんだよ。「SCALE THE SUMMIT をバンド名にするのはどうかな?」それで決まりだったね。

Q2: Anyway, your newest album “V” has just out now! Before the release, I was really surprised at your two PV with strange costumes, haha. How are the feeling now? And how are the reactions?

【CHRIS】: Feelings are great and the reaction has been better than all previous albums. We are looked at as very uptight and firm when it comes to band stuff which is not the case, but I think the two music videos really show our funny side, as we’re always joking around!
.

Q2: 新作”V”がリリースされましたね!リリース前に公開された PV はどちらも不思議な仮装をしていて驚きました(笑)今はどういったお気持ちですか?また反響はいかがですか?

【CHRIS】: 最高の気持ちだし、反響もこれまでの作品より良いんだよ。僕たちはなんと言うかお堅いバンドのように見られがちなんだけど、それは違う。このミュージックビデオ2作は僕たちの面白い面を実に良く表しているね。だって僕たちはいつもジョークを言っているんだから。

Q3: So, this is the fifth album of the band. Is that the reason of album title “V”? And from the viewpoint of music, song title, artwork, do you have the total concept of “V”?

【CHRIS】: Being that its our fifth album I really want to focus in on its importance as probably 90% of most bands now a days don’t make it to such a landmark album. So I decided to title it “V”, and then have a collage of all the songs worked into artwork, surrounding the Summit logo we have. Sort of a rebranding and establishing of Scale The Summit and what we’re all about. .

Q3: “V”はあなた達にとって5作目となります。それもあって”V”というタイトルに決めたのでしょうか?アートワークや音楽を含めたトータルのコンセプトはありますか?

【CHRIS】: 今回、5作目を作るにあたって、5枚目の重要性をどうしても強調したかったんだ。というのも、5作目という記念碑的な作品までたどり着ける最近のバンドは90%も居ないと思うからね。だから”V”に決めたんだよ。それからStSのロゴを囲む様にして、アルバムの全ての楽曲をアートワークに盛り込んだんだ。SCALE THE SUMMIT の新しいイメージを打ち出して、僕たちのことが全て分かるようにね。

Q4: How was the writing process? New drummer, J.C Bryant joined in the band. What did he bring to “V”?

【CHRIS】: I write all the guitars and structure for the songs and then send it all to the guys so they can write their parts. For the most part we’re all on the same page as the final goal of the record goes so it works out great. A lot of people are thrown off by this writing process, but the best thing about it, is we are never rushed when it comes to writing a record when we do it this way. We would have to take off a lot more time to write in a group setting, plus with those styles of writing so much time is wasting as everyone is making noise at the same time. It makes it hard to really get ideas out haha. JC came in kind of last minute, he actually wrote his drum parts for the entire record in a matter of just two weeks, says a lot about the type of player he is. We even changed a lot of stuff last minute in the studio while tracking drums, so it made for a lot of cool and unique ideas to come out. It was fun.

Q4: 作曲のプロセスはどうでしたか?新しいドラマー J.C. BRYANT が加入しましたが、彼がもたらしたものは何ですか?

【CHRIS】: 全てのギターパートと楽曲の構成は僕が書いてその後それらをメンバーに送ったんだ。それぞれのパートは彼らが書いているよ。ほとんどのパートで僕たちは同じページに居たと思う。つまり全員レコードが最終的に目指すゴールを理解していたからとても上手くいったよ。多くのアーティストは作曲過程に時間をかけたがらないよね。だけど僕たちはこの作業を決して急がないし自分たちのやり方でやるんだ。それが最良の方法だと思えるね。ただ僕たちはもっとバンドで作曲する時間をとった方が良いかも知れないね。まあそのやり方だと各自が同時にぺちゃくちゃ喋るからより時間がかかってしまうんだけど。だから実現するのは難しいかもね(笑)。JC は最終段階でバンドに加わったんだけど、全てのドラムパートをちょうど2週間で仕上げてしまったんだ。彼が加わったおかげでクールでユニークなアイデアが沢山浮かんできて、最終段階でいろいろと楽曲を弄ったくらいさ。楽しかったね。

10511284_527826477319937_7906291622276760452_n

Q5: “V” is absolutely outstanding! Every song is really melodic, catchy, technical, and progressive. I felt it has not only mellow & dark mood of “The Collective” but also progressiveness & Heaviness of “The Migration”. So, musically, what did you aim for in this album?

【CHRIS】: I never really aim for anything specific or plan to make changes with our overall sound, I just sit down and write and what comes out comes out. Sort of a natural evolution of our sound I guess. Just growing older, learning the instrument more, honing in on what I like and don’t like… and then fingers crossed our fans like it!

Q5: 実際 “V” は傑出したアルバムですね!全ての楽曲がメロディックでキャッチー、テクニカルでプログレッシブです。”THE COLLECTIVE” のメロウでダークなムードと、”THE MIGRATION” のプログレッシブなヘヴィーさを兼ね備えているように感じました。音楽的に “V” で目指したものは何ですか?

【CHRIS】: 特に何かを目指したり、サウンド全体を変えようと思ったことはないね。僕はただいつものように作曲をして浮かんできたものを完成させただけさ。ただ自然な進化は感じられるよね。年齢を重ねて、楽器についての理解も深まり、好きなもの嫌いなものについても判って来たんだ。だから…誓ってファンは気に入るだろうと言えるね。

Q6: I can’t believe this is all instrumental album. I think it’s really difficult to make such an emotional music without vocals. Have you ever thought adding vocals? And what do you think about compared with another instrumental giant, Animals as Leaders?

【CHRIS】: Yes, you are right. It definitely takes a lot more time and writing to really make a complete song without vocals and to be able to still push out some emotion. We thought about it after our very first album, but it would have required us to completely change the way we write songs and overall it just wouldn’t have been Scale The Summit anymore. Im glad we decided against it and now its not even a thought as we just released album #5. No sense in changing things now. Its great that there are other instrumental bands out there now, when we started touring there weren’t really any technical instrumental bands touring or even really existed. It was nice when AAL came about to really help open peoples eyes that there is an audience out there for this kind of music.

Q6: 今作もインストゥルメンタルアルバムですが、これだけエモーショナルな音楽をボーカルなしで作り上げるのは本当に難しいですよね?ボーカルを加えようと思ったことはありますか?また 現代のインストゥルメンタルジャイアント、ANIMALS AS LEADERS と比較されることについてはどうお考えですか?

【CHRIS】: うん、君は正しいね。ボーカルなしで完璧な曲に仕上げてさらにそこからエモーションを生み出すには、間違いなく作曲にとても時間がかかるんだよ。ボーカルを加えることについてはファーストアルバムがリリースされた後に考えていたんだけど、そうすると完全に作曲方法を変えなければならないんだよね。それはもはや SCALE THE SUMMIT とは呼べないと思ったんだ。だからボーカルを入れないで良かったと思うし、結果として5枚目のアルバムをリリース出来て嬉しいね。今となっては何かを変える意味はないと思う。最近は他にもインストゥルメンタルバンドが増えてきて素晴らしいね。僕たちがツアーを始めた頃は、ツアーを行っているテクニカルなインストゥルメンタルバンドなんて全くいなかったし、存在すらしていなかったんじゃないかな。ANIMALS AS LEADERS が現れて、こういった音楽のファンを開拓しているのは良いことだね。

11008535_568991129870138_2989392788783185431_o

Q7: You choose Jamie King as producer again. He is really popular producer in modern prog scene. What made you choose him?

【CHRIS】: We self produced with our friend Jeff Penalber for this album, Jamie just edited, mixed and mastered the record. Working with Jamie on The Migration was awesome, really helped us capture the raw/organic sound we wanted. So it was fitting to have him help us out with the mixing of this album as well.

Q7: 今回も JAMIE KING をプロデューサーに起用しましたね。彼は BETWEEN THE BURIED AND ME なども手がけるモダンプログシーンきっての人気プロデューサーですが、彼を起用した理由を教えてください。

【CHRIS】: 今回は古い友達の JEFF PENALBER と共にセルフプロデュースで制作したんだ。今回 JAMIE は編集とミックス、マスターを行っただけだよ。”THE MIGRATION” で JAMIE と働けたのは素晴らしかったね。生のオーガニックなサウンドを捕まえる手助けをしてくれたよ。今回も同様にミックスで助けになってくれたね。

Q8: Last year, you released your great solo album “Lightbox”. It was more jazz/fusion style record. I felt Pat Metheny feeling from that. How do you separate SCALE THE SUMMIT from your solo work? And do you want to continue both?

【CHRIS】: Thanks a lot! That was one of the most fun records I have done. Collaborating with the different players was a lot of fun. Hoping to do another “Lightbox” album in a few years. I of course want the same guys to play on the album so I have to make sure they are all available when the time comes. I have another solo project coming out thats all acoustic guitar with electronic backing music called “islnds”, should be out next summer, so keep an eye out for that. Scale The Summit is definitely the priority so solo albums will always have to wait, but I plan on releasing one a year starting with “islnds” next year.

Q8: 昨年あなたは素晴らしいソロアルバム “LIGHTBOX” もリリースしましたね。ジャズ/フュージョン寄りのアルバムで PAT METHENY を思い出しましたよ。バンドとソロ活動はどう区別していますか?これからも並行して続ける予定なのでしょうか?

【CHRIS】: ありがとう!”LIGHTBOX” は僕が作ったレコードの中でも最も楽しめたものだったね。様々なプレイヤーとコラボレートするのはとても楽しいよ。数年の内に次の “LIGHTBOX” を作れたら良いね。そのアルバムでは勿論 “LIGHTBOX” と同じ人たちにプレイして貰いたいから、その時が来たら彼らがやってくれるか確かめなければならないね。あと他にも別のソロプロジェクトを進めているんだ。エレクトロニックなバッキングの上に全てアコースティックギターでプレイされる音楽で、”ISLAND” と呼んでいるよ。来年の夏にはリリース出来ると思う。注目していて欲しいな。勿論 SCALE THE SUMMIT がプライオリティだから、ソロプロジェクトはいつも待たなければならないけど、”ISLAND” がスタートして1年、来年にはリリースしたいね。

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED CHRIS’S LIFE!!

GUTHRIE GOVAN “EROTIC CAKES”

510oayZZfHL._SL500_AA280_

LIQUID TENSION EXPERIMENT “1”

61qFPqnwtSL

MESHUGGAH “NOTHING”

Meshuggah-Nothing

NECROPHASIST “EPITAPH”

614GOiUufYL

DENNIS CHAMBERS “FRONT PAGE”

MI0001504274

【MESSAGE FOR JAPAN】

11695006_606715869430997_4605642256130462220_n-2

I think our first time ever coming to Japan will likely be next year actually! Keep an eye out!

僕たちの記念すべき日本での初めてのライブは来年実現出来ると思うよ!チェックしていて欲しい!

CHRIS LETCHFORD

SCALE THE SUMMIT FACEBOOK PAGE
CHRIS LETCHFORD FACEBOOK PAGE
www.scalethesummitstore.com
http://www.scalethesummit.com/

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です