12631400_1116666321699204_1568467047627401089_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【MOON TOOTH : CHROMAPARAGON】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NICK LEE OF MOON TOOTH & RIOT !!

12278938_1076812802351223_2191697537066466141_n

Aggressive Progressive, From Prog to Sludge!! Eclectic Talented band from NYC, MOON TOOTH has just released their incredible debut full-length “Chromaparagon” !!

NYC からまたカラフルで一風変わった音楽性の素晴らしいバンドが現れました!MOON TOOTH がリリースしたデビューフルレングス “Chromaparagon” のプログレッシブでアグレッシブなサウンドは多くのロックファンを惹き付けることでしょう。
バンドを率いるギタリストの Nick はあの RIOT が亡き Mark Reale の後任として指名した新たな才能でもあります。しかし、MOON TOOTH の音楽は RIOT のトラディショナルなメタルとは大きく異なります。
アルバムオープナーの”QUEEN WOLF”を聴けば、彼らのモダンで自由なコンポジションに圧倒されるでしょう。Mathy & Heavy で実にインテレクチュアルなリフの洪水に、PEARL JAM の Eddie Vedder を髣髴とさせる表情豊かな John のボーカルが乗る楽曲は、近年のプログロックシーンでも一際異彩を放っていますね。
畳み掛けるように “Offered Blood” がアルバムの世界観を確立します。MASTODON をさらにプログレッシブにしたかのようなヘヴィーでテクニカルなリフと、時にスポークン・ワードまで駆使する John のボーカルが生み出す個性は強烈で唯一無二。この楽曲での Nick のギタープレイ、またそれに呼応する手数の多い Ray のドラムスは本当に驚異的ですね。
同時に “Little Witch”, “Chorma” のようなストレートでパンキッシュな楽曲は彼らの多彩さを物語ります。その一癖も二癖もあるオルタナティブなキャッチーさは INCUBAS を想起させますね。
また組曲となっている “Vesvius Ⅰ” “Vesvius Ⅱ” の前衛的なポストハードコアサウンドは THE MARS VOLTA の精神性と近いものを感じさせます。
アルバムを通してリズムへの拘り、複雑で大胆なアプローチはバンドの一体感を伴って MOON TOOTH のアイデンティティになっていると感じました。そして Prog-Sludge を軸としながらもその枠には一切収まりきらないエクレクティックなサウンドは見事としか言いようがないですね。
今回弊誌では Nick に MOON TOOTH, そして RIOT について語っていただきました。Shine On!!

12631400_1116666321699204_1568467047627401089_n

MMM RATING IS…

MOON TOOTH “CHROMAPARAGON” : 9.5/10

【INTERVIEW WITH NICK LEE】

12289632_10153821259492774_4120848525729431978_n

Q1: Hi, Nick! How was Loud Park 2014? In fact, I was there, and RIOT did amazing performance in Japan!

【NICK】: Thanks! Loud Park 2014 was absolutely insane and surreal! It was a whirlwind for me. We took the 14 hour flight, landed, caught the last two seconds of Arch Enemy, got some hot sake, passed out, woke up, played to the biggest crowd I had ever played to at that point, watched Dream Theater, slept, and I was on a plane home the next morning to play CMJ with Moon Tooth! I spent more time on the flights than I actually did in Japan that time and it was exhausting but so awesome! I was happy Riot got to go back last September and I got to spend a full week in Japan. I love it there!

Q1: Loud Park 2014 はどうでしたか?RIOT, 素晴らしいパフォーマンスでしたね!

【NICK】: ありがとう!実はあの Loud Park は僕にとって非現実的なスケジュールだったんだ。慌しかったね。
14時間のフライトの末、日本に着いて ARCH ENEMY の最後の2秒だけ見られたんだ。それから意識を失うくらい熱燗を飲んで、起きたら今までで一番の大観衆の前でプレイしたんだからね。その後、DREAM THEATER を見て寝たら今度は MOON TOOTH のショーのために帰りの飛行機に乗っていたよ!あの時は日本にいるよりも飛行機の時間の方が長かったんじゃないかな。めちゃくちゃ疲れたけど最高だったね!
だから去年の9月に RIOT でまた日本に戻って一週間過ごせて嬉しかったよ。日本が大好きなんだ!

Q2:So, this is the first interview with you. So, at first, could you tell us about the band? How did Moon Tooth come to be? And what’s the meaning behind your band name “Moon Tooth”?

【NICK】: Moon Tooth’s drummer Ray Marte and I have been best friends since we were twelve years old. We met in middle school and started playing music together almost immediately. After seven years and the disbanding of our first project Exemption in 2012, we immediately went to work on Moon Tooth. We were already close friends with John Cabone (vocals) and Vin Romanelli (bass) so it really didn’t take long to get things moving. We played our first show in December of 2012, played over a hundred shows and put out our “Freaks” EP in 2013. In 2014 we continued to play as many shows as possible and started recording “Chromaparagon.” In 2015 we played SXSW, shared stages with GWAR, Dillinger Escape Plan, Mutoid Man, Weedeater, Veil of Maya, KEN Mode, & King Parrot, among others. We put the finished the record and just put it out yesterday 2/5/16! The name Moon Tooth just came to us when we were brainstorming names. “Moon” representing our spaciness and “Tooth” representing out aggressiveness.

Q2: 初インタビューなので、まずは MOON TOOTH について教えて下さい。

【NICK】: MOON TOOTH のドラマー Ray Marte と僕は12歳からの親友なんだ。ミドルスクールで出会って、ほとんどすぐに一緒にプレイし始めたんだよ。7年経って、2012年に僕たちの最初のプロジェクト EXEMPTION は解散したんだけど、2人ですぐ MOON TOOTH を結成したんだ。その時にはボーカルの John Cabone, ベースの Vin Romanelli と仲良くなっていたから、そんなに時間はかからなかったよ。
2012年の12月に最初のショーを行ってから100以上のステージをこなしてきたね。2013年には “Freak EP” をリリースしたよ。2014年には出来るだけ多くのライブを行いながら、”Chromaparagon” のレコーディングを開始したんだ。2015年には SXSW にも出演して、GWAR, THE DILLINGER ESCAPE PLAN, MUTOID MAN, WEEDEATER, VEIL OF MAYA, KEN MODE, KING PARROT なんかと共演したよ。そして遂にレコーディングを終えて、昨日、2016年2/5に “Chromaparagon” をリリースしたんだ。
MOON TOOTH って名前は、集まって名前を考えている時に思いついたんだ。”MOON” は僕たちの スペイシーな部分を、”TOOTH” はアグレッシブな部分を表しているよ。

12651296_1112100832155753_4796600528624860690_n

Q3: Your first full-length album “Chromaparagon” is just out now! How are you feeling now? And how are the reactions so far?

【NICK】: Reaction has been overwhelmingly positive! Press has been very kind to us, we came close to selling out Saint Vitus Bar for our record release party, and we did a few hundred pre-orders which for a DIY band, we are very proud of!

Q3: お話にも出ましたが、MOON TOOTH のデビューフルレングス “Chromaparagon” がリリースされましたね!反響はいかがですか?

【NICK】: 想像以上に素晴らしいよ!プレスからの評判も良いし、Saint Vitus Bar でのリリースパーティーもほとんどソールドアウトだったんだ。DIYバンドにもかかわらず数百のプレオーダーも入ったからね。誇らしいよ。

Q4: When you named this great album as “Chromaparagon”, What was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of “Chromaparagon”?

【NICK】: “Chroma” means the purest form of a color while “paragon” means the truest example of something so I just looked at it as a way of saying we are showing our true colors and our pure uncontrived vision with this album. Lyrical themes vary from song to song but on the whole the most reoccurring themes are the “call to adventure” and the encouragement of listeners to be inspired to seek out what they really want in life and obtain it. Don’t settle for less than what you dream of. Don’t accept mediocrity as an inevitability. Dig deeper and pull what you want out of your life.

Q4: “Chromaparagon” というタイトルにはどういった意味が込められていますか?アルバムのコンセプトを教えて下さい。

【NICK】: “Chroma” は色彩の最も純粋な形、”Paragon” は何かの見本、真の姿といった意味があるね。だから僕はこの造語で、アルバムに込められた僕たちの真の色合いと、飾りのない純粋なビジョンを表現したかったんだ。
歌詞のテーマは楽曲によって様々だよ。だけどアルバム全体の最も重要なテーマは「冒険への誘い」。リスナーのみんなに、人生で本当に欲っするものを探求して、得て欲しいんだよ。夢を諦めて妥協しないで。平凡でいることを当たり前だと思わないで。君が人生に望むものを深く掘り下げるべきだよ。

Q5: As artwork represents, “Chromaparagon” is really colorful, eclectic album. There are lot’s of influences like Prog, Post-Hardcore, Sludge, Metal, Jazz, and even Funk. Why do you mix such a numerous aspects? What’s your background?

【NICK】: Every one of us has a different range of influences. Ray and I grew up on Metallica, Slayer, Pantera, Sabbath, Zeppelin and moved onto Mastodon, Mars Volta, Meshuggah, Torche to name a new as we got older. John digs heavy music but is more so influenced by soul and blues music. He loves Otis Redding, Muddy Waters, Howling Wolf, any of those guys. Vin loves a lot of newer progressive death metal and hardcore. Personally I have gotten really into noise rock, doom, sludge, grind, post-metal and really any weird music I can get my hands on. The Melvins have been one of my biggest influences in recent years. We very rarely listen to the same thing twice in the van. We’ll go from Napalm Death to John Coltrane to Chet Atkins to Thin Lizzy and no one will bat an eye.

Q5: 色彩と言えば、アートワークも実にカラフルで、MOON TOOTH のエクレクティックで多彩な音楽性を表現していますね。

【NICK】: バンドのメンバー全員が異なった背景を持っているんだ。Ray と僕は METALLICA, SLAYER, PANTERA, SABBATH, ZEPPELIN で育って、成長するにつれ新しいバンド、MASTODON, THE MARS VOLTA, MESHUGGAH, TORCHE といったものを聴くようになったんだ。
John もヘヴィーな音楽は好きだけど、それ以上にソウルやブルースから影響を受けているね。Otis Redding, MUDDY WATERS, Howling Wolf, そういった人たちさ。Vin は新しいプログデスやハードコアを愛しているよ。
個人的にはノイズロック、Doom, Sludge, Grind, Post-Metal, 他にも変わった音楽にハマって来たんだ。ここ何年かだと MELVINS から最も大きい影響を受けているね。
僕たちがツアーバスで同じ音楽を2回かけることはほとんどないくらいなんだよ。NAPALM DEATH からコルトレーン、Chet Atkins から THIN LIZZY まで瞬きも出来ないくらいさ。

Q6: So, Prog-Sludge is one of the trend of Rock scene. Off course, Mastodon, Baroness, and Ken Mode are pioneer of the genre. What do you think about you are compared with them? Do you think you are involved that movement?

【NICK】: I love all three of those bands so I’m happy to be associated with them in anyway but we are definitely not trying to be “Prog-sludge.” We just think of ourselves as a straight up rock and roll band that is influenced by a lot of different music and aspects of life and humanity. We want to be free to express ourselves in anyway we see fit and we don’t want to be stuck in any box. That being said, we still do love those bands so if people want to make comparisons, we won’t complain!

Q6: Prog-Sludge というジャンルはシーンのトレンドの1つです。MASTODON, BARONESS, KEN MODE は勿論その分野のパイオニアですが、彼らと比較されることについてはどう思いますか?

【NICK】: その3バンドは全て大好きだから、どんな形であれ比較されるのは嬉しいよ。ただ別に僕たちが “Prog-Sludge” を指標している訳では全くないんだ。自分たちでは本当にただのロックバンドだと考えているからね。多くのジャンルや、人生、人間性に影響を受けているだけさ。自由に自分たちを表現したいし、狭い箱に収まりたくはないんだ。つまり、彼らは大好きだから、比較されても不満はないよってことさ(笑)

12650905_1113511678681335_9160467948455063307_n

Q7:You are from NYC. There are lot’s of talented new waves like Kayo Dot, Krallice, Jolly, Liturgy, etc etc. How is the scene? Do you have connections with them?

【NICK】: Well we are actually from Long Island, NY about an hour from the city but we play in Brooklyn often. We don’t know any of those bands you mentioned personally but some of my favorite bands between Brooklyn & Long Island are Netherlands, Godmaker, Cryptodira, Meek is Murder, Give Up The Goods, So Hideous, Tiger Flowers, Bangladeafy, Beast Modulus, Dead Empires, and It’s Not Night: It’s Space just to name a few off the top of my head. I think the scene between all of these bands is super friendly and supportive. I feel like sometimes there is this misconception that the Brooklyn metal scene is very elitist and stuck up but in our experience we have MOSTLY just met the nicest most awesome people who we enjoy working with.

Q7: MOON TOOTH は NYC のバンドです。NY のシーンは最近 KAYO DOT, KRALLICE, JOLLY, LITURGY といった一風変わった素晴らしいバンドを輩出していますが、繋がりはありますか?

【NICK】: 実は僕たちはロングアイランド出身だから、ブルックリンまでは1時間くらいかかるんだけど、よくプレイしているよ。個人的に君が挙げたバンドは知らないんだけど、パッと浮かぶだけでも NETHERLANDS, GODMAKER, CPYPTODIRA, MEEK IS MURDER, GIVE UP THE GOODS, SO HIDEOUS, TIGER FLOWERS, BANGLADEAFY, BEAST MODULUS, DEAD EMPIRES, IT’S NOT NIGHT: IT’S SPACE といったブルックリンやロングアイランドのバンドは大好きだよ。
今挙げたようなNYシーンのバンドはとてもフレンドリーで協力的だと思う。時々感じるんだけど、ブルックリンのメタルシーンはエリート意識を持っていてお高くとまっているみたいな誤解を受けているよね。だけど、僕の経験では、会った人のほとんどが一緒に働くのに最高の、素晴らしい人たちなんだよ。

Q8: Anyway, Moon Tooth is very different from your other band Riot. What inspired you to join Riot? And how do you separate these two bands?

【NICK】: My guitar teacher for ten years growing up was Mike Flyntz who has played guitar for Riot since 1989. I’ve known him almost my entire life now. When those guys decided they were going to reunite, after the tragic passing of Mark Reale, Mike asked me if I’d be willing to play his parts as he took on all of Mark’s parts. We did our first tour together at the beginning of 2014 and it went well so they kept me on board, let me play on “Unleash The Fire,” and have taken me around the world several times over. It’s been an incredible experience! The only problem is that now that Moon Tooth is starting to take off it is becoming harder and harder to book tours for either band but we have made it work so far! I hope to be able to do both bands for as long as I can or they will have me.

Q8: MOON TOOTH と RIOT の音楽性はかなり違いますよね?あなたはどういった経緯で RIOT に加入したのですか?

【NICK】: 僕の10年来のギターの先生が 1989年から RIOT でプレイしている Mike Flyntz だったんだよ。彼のことは僕が幼い時からずっと知っているんだ。
Mark Reale の悲劇的な死から、彼らが前に進むと決めた時、Mike が僕に Mark のパートをプレイする気はないか訊ねてくれたんだ。彼のおかげで全て上手く運んで、僕はバンドに加わり “Unleash The Fire” でプレイし、世界を何度か回る事が出来たね。信じられない経験だよ!
唯一の問題は、MOON TOOTH の活動が本格化したことで、両方のツアーをブッキングするのが難しくなっていることなんだ。だけどいまのところ、上手くやれているよ!僕が難しくなるか、RIOT が僕を必要としなくなるかまでは、両方を出来るだけ長く続けたいね。

10552533_10152579970549914_8139298769261619312_n

Q9:About when will Riot’s next album be? Do you think you are going to join their writing process much more

【NICK】: Well we are demoing separately now. We all live in different parts of the country so we have to demo our stuff separately and send it around. I only got to write my own solos on “Unleash The Fire” but I have a song written for this next one I am still working on. Everyone in that band is a songwriter though and I respect their taste and their legacy so it’s really up to them. Too early to say when it will be released!

Q9: RIOT の次のアルバムはいつ頃になりますか?あなたの貢献は増えるのでしょうか?

【NICK】: 今、僕たちは別々にデモを作っているところなんだ。メンバーは全員、USの様々な地域に住んでいるから別々にデモを作って送り合う必要があるんだよ。
“Unleash The Fire” では自分のソロパートを書いただけだったけど、次のアルバムには今取り掛かっている僕の楽曲を用意しているよ。バンドの全員がソングライターなんだけど、僕は彼らのテイストや遺産をリスペクトしているから、僕の楽曲を使うかどうかは本当に彼ら次第なんだよ。いつリリースされるか話すのはちょっと早すぎるね!

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED NICK’S LIFE!!

METALLICA “MASTER OF PUPPETS”

Metallica_-_Master_of_Puppets_cover

BLACK SABBATH “WE SOLD OUR SOULS FOR ROCK & ROLL”

2177wQ3NMtL

PANTERA “FAR BEYOND DRIVEN”

1551589_10152187827044697_1368118280_n

JIMI HENDRIX EXPERIENCE “ARE YOU EXPERIENCED?”

51in64jyXLL-2

MASTODON “LEVIATHAN”

Leviathan_special_edition_cover

【MESSAGE FOR JAPAN】

1653833_1091646020867901_8810112246710444565_n

I hope I see you all again soon! Thanks for the support! Moon Tooth would love to come out at some point and I’m sure Riot will be back soon! Shine on!

また日本のみんなにすぐ会えるといいな!サポートをありがとう!MOON TOOTH でもいつか行きたいし、勿論 RIOT はまたすぐに日本に戻るよ!SHINE ON!

NICK LEE

MOON TOOTH FACEBOOK PAGE
moontooth.org
RIOT FACEBOOK PAGE

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です