NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ROLO TOMASSI : GRIEVANCES】JAPAN TOUR 2016 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JAMES SPENCE OF ROLO TOMASSI !!

Rolo-Tomassi-Greivances

UK Experimental / Mathcore Titan, Rolo Tomassi Is Going To Come Back To Japan On September! Don’t Miss Their New Sounds From New Record “Grievances” !!

DISC REVIEW “GRIEVANCES”

9/27に Realising Media の招聘で1夜限りの来日公演が決定した、UK シェフィールドが生んだエクレクティックな5人組 ROLO TOMMASI。紅一点、ボーカル Eva Spence のエモーショナルなクリーンボイス、そしてその麗しい外見からは想像もつかないような迫力のあるグロウルを武器に、マスコアからエレクトロニカまで取り入れた実験的な音楽性が高く評価されているバンドです。そして彼らの最新作 “Grievances” は、さらにそのサウンドの領域を広げ、新しい境地に達したエポックメイキングなレコードとなりました。
“Raumdeuter” は彼らの新しいチャレンジを象徴するような楽曲です。Eva の美しいクリーンボーカルにトレモロリフまでフィーチャーしたこの曲は、Post-Black, さらには Shoegaze まで取り入れたアトモスフェリックなサウンドスケープが実に印象的。そこに彼ら特有のエレクトロニカ要素を融合させることで、より荘厳で優美な楽曲となっているその手法はまるで魔法のようにも思えますね。
“Prelude III: Phantoms” から “Opalescent” の流れはアルバムで最もメロディーにフォーカスした瞬間です 。幽玄なピアノの旋律をバックに、朗々と歌い紡ぐ Eva と James のデュエットのプレリュードは、美しく絡まり合い溶け合いながら プログレッシブな “Opalescent” を導きます。様々にアーティキュレーションを施した Jazz のようにスウィングする 6/8拍子を、ピアノとギターが時にダイナミックに、時に繊細に紡いでいく様はまさにカタルシス。Eva のアンニュイなボーカルも実にハマっていますね。
TOOL のようにインタルードを見事に活用したアルバムの中で、同様にペアとなる“Crystal Cascades” “Chandelier Shiver” では、アンビエントなピアノとストリングスが非常に効果的で、GODSPEED YOU! BLACK EMPEROR すら想起させる美麗なサウンドスケープ、世界観が創出されています。
とは言え、アルバムには勿論、オープナー “Estranged” や “The Emberes”, “Funereal” のように THE DILLINGER ESCAPE PLAN 由来のカオティックでアグレッシブな要素を反映した楽曲も収録されており、結果として新機軸、美麗なストリングスの導入は、バンド本来のブルータルな要素を対比により強く際立たせる効果ももたらしていますね。
クラシカルで壮大なエピック “All That Has Gone Before” で幕を閉じるまで、作品は生々しいエモーションを放ちながら、目まぐるしくも整合感を伴ってリスナーの耳を捉え続けます。ダークでエモーショナルな一本の名作映画を観終わった時のような感動を与える作品だと感じました。
今回弊誌では、ボーカルとシンセサイザーを担当するバンドの中心人物 James Spence にインタビューを行うことが出来ました。Eva ちゃんとは兄弟なのでご安心を。どうぞ!!

2aab2dc2-44f0-4d69-8842-776ebf8da406

ROLO TOMASSI “GRIEVANCES” : 9.8/10

【INTERVIEW WITH JAMES SPENCE】

12672027_10153545991183049_5481262009704427442_o

Q1:Your Japan Tour is just announced !! How are you feeling now?

【JAMES】: We’re delighted to have the chance to come back over. We had an incredible time during our first visit to Japan and can’t wait to play in Tokyo again.

Q1: 9月の日本公演が発表されましたね!今はどういったお気持ちですか?

【JAMES】: また日本に戻る機会を得られて嬉しいよ。最初の来日では、信じられないくらい素晴らしい時間を過ごしたからね。また東京でプレイするのが待ちきれないよ。

Q2: So, This is our first interview with you. So, could you tell us about your band? How did Rolo Tomassi come to be? And What’s the meaning behind your band name “RoloTomassi”?

【JAMES】: The band was formed 11 years ago while we were at high school. We started getting into heavier and more left-field music and wanted to start a band that reflected our developing tastes. The name is taken from the film LA Confidential. The first time I watched it I made a note of the name ‘Rolo Tomassi’ thinking it sounded like a cool band name. It was a purely superficial choice. There’s not real meaning behind the name!

Q2: 弊誌初登場です!まずはバンド結成の経緯と、”Rolo Tomassi”というバンド名の由来を教えていただけますか?

【JAMES】: バンドは11年前、高校時代に結成されたんだ。僕たちはヘヴィーで主流から離れた音楽にのめり込み始めていたね。そういった革新性を反映したバンドを結成したかったんだ。
バンド名は映画 “LA Confidential” から取ったんだよ。あの映画を最初に見た時に、”Rolo Tomassi” という名前をメモしたんだ。バンド名にしたらクールだと思ったのさ。純粋に響きだけで決めた訳だよ。だから名前自体に特別な意味はないんだ。

Q3: You are still mid-twenties, but having over ten years career. There is no other bands like you. Looking back now, how did you make the record although you are still teenager?

【JAMES】: Its not really something I’ve ever thought about. We had been a band for three years before we recorded the first full length and by that point we had already released several EPs and singles. I think the natural trajectory following that is to work on something bigger so in a way, we had already prepared ourselves for it by doing the smaller releases first.

Q3: メンバーはまだ20代ですが、すでに10年以上のキャリアを誇る訳ですよね?振り返ってみて、当時10代でアルバムをリリースすることはチャレンジングでしたか?

【JAMES】: 別に大したことじゃないと思うよ。ファーストフルをレコーディングする前から、3年ほどバンドとして続けていた訳だからね。その時点で EP やシングルをリリースしていたんだ。だからアルバムをリリースするのも自然な道のりだった訳さ。まずは少ない曲数のマテリアルをリリースして、準備を整えていたんだ。

Q4: Let’s talk about your newest album “Grievances”. When you named this great album as “Grievances”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of the album?

【JAMES】: Its probably the most honest and personal record that we’ve written. Certainly from a lyrical and thematic perspective. Its about shame, guilt and regret. I had a fairly bad year personally and a lot of it was down to my own choices. I made a list of everything I was unhappy with and Grievances seemed like the right word to tie it all together. Thats not to say its just a record about being miserable though. I felt that if I were to get this all of my chest and almost have the album as a monument to the disappointment I felt in myself, it would help me to feel better. And it has.

Q4: では、最新作 “Grievances” の話をしましょう。タイトルを “Grievances” に決めた理由、併せてアルバムのコンセプトも教えてください。

【JAMES】: この作品は、おそらく僕たちが書いた中でも最も正直でパーソナルなレコードだと思う。歌詞やテーマの見地からは確実にそうだね。恥、罪、後悔について扱っているよ。
個人的に、最悪な年を過ごしてね。僕は不幸せな理由を全てリストにしてみたんだ。そして “Grievances” (不平不満) はそれら全てを結びつけるにピッタリな言葉だと思ったんだよ。
けれども、これはただ惨めになるレコードという訳ではないよ。もし僕の胸の内を全て晒したら、もし自身に感じる失望の記念碑的アルバムを作ったら、心の状態が改善するだろうと思ったんだよ。そして実際そうなったね。

10380430_10153434283608049_1223464640228374741_o

Q5: I think “Grievances” is definitely your masterpiece, and also probably this is the darkest record you’ve made so far. I was surprised because your previous release “Astraea” had positive vibe. Do you agree that? Where did the dark inspiration come from?

【JAMES】: I was listening to a lot of different music. We also set out with the intention of making something that directly contrasted with Astraea, an album that was largely positive in its themes. I found artists like Grouper, Nils Frahm, Planning For Burial and Wreck and Reference to be really influential during the writing process. Not always in wanting to make the music sound like theres but to create the kind of emotional response their music made me feel.

Q5: 仰る通り、”Grievances” は音楽的にも非常にダークなレコードとなりました。前作 “Astraea” がポジティブなヴァイブを纏っていただけに驚きでしたが、このレコードの音楽的なインスピレーションはどういったものでしたか?

【JAMES】: 僕は様々な異なる音楽を聴いていたんだ。同時に “Astraea” と直接対比出来るような何かを作ろうと意図していたね。あのアルバムは非常にポジティブなテーマを持っていたからね。
ライティングプロセスの間に、GROUPER, NILS FRAHM, PLANNING FOR BURIAL, WRECK AND REFERENCE といったバンドを発見し、本当に影響を受けたね。いつも彼らのような音楽を作りたいという訳じゃないけど、そういったエモーショナルなサウンドを制作することには共感出来るね。

Q6: Musically, “Grievances” is very progressive and eclectic record. Even there are beautiful strings on some songs. I think that kind of strings arrangement is new thing and challenge for you. What made you use them? For example, are you influenced by composer like Hans Zimmer?

【JAMES】: I have wanted to use strings on a record for a long time! Like you said, it was a challenge and I liked that. I think it helps with the flow of the record as a whole piece. The album was sequenced in a way that tries to make it one continuous track or at least a journey and the strings, for me, help with that. Hans Zimmer is awesome but I was more influenced by Johann Johannson and The Album Leaf.

Q6: “Grievances” は非常にエクレクティックなレコードでもあります。新しいチャレンジとして、美しいストリングスが使用されていますね?例えば、Hans Zimmer のようなコンポーザーからの影響もありますか?

【JAMES】: 僕は長い間、ストリングスをアルバムに取り入れたかったんだ!君が言うように、それはチャレンジングだったし、そうするのが好きなんだよ。ストリングスを使用したおかげで、アルバム全体が1つのピースとして流れるようになったね。このアルバムは1つの繋がった楽曲になるよう配列しようとしたんだよ。少なくとも、僕にとってはストリングスがその助けになったね。
Hans Zimmer は素晴らしいね。だけど僕がより影響を受けたのは THE ALBUM LEAF の Johann Johannson なんだ。

Q7: Second member change happened, and remaining original member is only James and Eva. I feel Rolo Tomassi changed musical style from your earlier works called “Nintendocore” . Does the change relate to the leaving of original three members?

【JAMES】: I always hated the tag Nintendocore and it was never something we outwardly called ourselves. The change in musical style was something that was inevitable as we got older and started listening to different styles of music.

Q7: オリジナルメンバーはあなたと Eva だけになりましたね。ROLO TOMASSI は初期には NintendoCore などと称されていましたが、今では大きくスタイルを変えています。メンバーチェンジはその音楽性の変化と関係がありますか?

【JAMES】: 僕はずっと NintendoCore というタグを嫌ってきたんだ。僕たち自身でそう呼んだことは決してないね。音楽性の変化は、僕たちが年齢を重ね様々な音楽を聴き始めたことによる避け難い出来事だったんだよ。

Q8: Eva is very popular in Japanese music fans because of her splendid voice and “Kawaii”ness. Did you know that? haha.

【JAMES】: Haha, we didn’t know that but she said she’s flattered.

Q8: Eva さんはその素晴らしいボーカルと、可愛さで日本のファンにとても人気がありますよ(笑) ご存知でしたか?

【JAMES】: はは(笑) 知らなかったけど、彼女は嬉しいと言っていたよ。

rolo_tomassi26_website_index_wlvx_wuxga

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED JAMES’S LIFE!!

AT THE DRIVE-IN “THE RELATIONSHIP OF COMMAND”

220px-At_the_Drive-In_-_Relationship_of_Command_cover

CONVERGE “JANE DOE”

Converge-JaneDoe

M83 “BEFORE THE DAWN HEALS US”

M83-Before_the_Dawn_Heals_Us

THE DILLINGER ESCAPE PLAN “CALCULATING INFINITY”

220px-CalculatingInfinity-2

DON CABALLERO “AMERICAN DON”

AmericanDon

【MESSAGE FOR JAPAN】

12928225_10153698750713049_7216186585196959993_n

We can’t wait to see you in September! Be sure to listen to Grievances before we come over. Take care!

9月にみんなに会えるのが待ちきれないね! “Grievances” を聴いて待っていて欲しいな。ありがとう!

JAMES SPENCE

13413006_10153857270183049_2384067052900427969_n

ROLO TOMASSI Facebook Page
ROLO TOMASSI Bandcamp Page
Realising Media Facebook Page
チケットのご購入はこちらから

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です