13427958_1080045118728552_8019660587462427512_n-2

EXCLUSIVE INTERVIEW 【ANNA MURPHY : ex-ELUVEITIE, CELLAR DARLING】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ANNA MURPHY OF CELLAR DARLING !!

13416842_1079520155447715_5046874865134748142_o

Anna Murphy, Gorgeous Muse Talks About Her Ex-Band ELUVEITIE, New Band Cellar Darling, And Solo Project !!

スイスが誇る Folk / Melodic Death Metal バンド、ELUVEITIE。ヴァイオリン、バグパイプ、ホイッスル、ハーディー・ガーディーといった伝統楽器を大胆に取り入れ、ケルトの民族音楽とメロデスを見事に融合させた革新的な集団です。
2014年に日本公演も大成功させた、このインターナショナルなメジャーアクトに今年、大事件が勃発しました。2000年代前半から所属していた中心メンバー、ボーカル/ハーディー・ガーディー の Anna Murphy, ギタリスト Ivo Henzi, ドラマー Merlin Sutter が脱退してしまったのです。
元々、作品毎に音楽性が変わりやすく、メンバーチェンジの多いバンドであったことは確かです。しかし、特に Anna の美麗なボーカルと、ハーディー・ガーディーが紡ぐケルトの響きは間違いなく ELUVEITIE の顔であったため、多くのファンを失望させています。
弊誌では以前も Anna にインタビューを行っていますが、今回再度登場いただき、ことの顛末、ELUVEITIE への想い、脱退した3人が新たに結成した新バンド “Cellar Darling” などについてお話を伺う事が出来ました。
「結局 ELUVEITIE は Chrigel のバンドだから」 「ここ何年間も封印されていたクリエイティビティ」 などという言葉の端々から、この脱退劇がバンドの創立者 Chrigel Glanzmann との対立、意見の相違であったことは明らかでしょう。最新作 “Origins” で Anna のボーカルはさらに増える傾向にあったため、そのあたりが引き金だったのかも知れませんね。
勿論、残念ではありますが、ELUVEITIE は ELUVEITIE で、LEAVE’S EYES の Liv Kristine をゲストに迎えてツアーを行っていますし、インタビューで Anna が語っているように、好きなバンドが2つに増えたと思えば楽しみにもなります。また、彼女はソロアーティストとしても活動しており、新曲 “Mayday” をリリースしたばかり。こちらにも Ivo, Merlin が参加しているので少しややこしいですが、ぜひチェックしてみてくださいね!どうぞ!!

13900190_10157175044760447_7228967697832446490_n

【INTERVIEW WITH ANNA MURPHY】

14079474_10157206925900447_7125900025219168479_n

Q1: First of all, what happened to Eluveitie? Merlin, Ivo and you seemed to be core members of the band. Japanese fans are really disappointed about your split.

【ANNA】: We were, but Chrigel is still the main core of the band. I can guarantee you that he will continue to write great music, even if of course it will change due to the three of us leaving. I can understand that many fans are extremely disappointed by the split, but at this point I can only try and suggest to them to see the positive sides of it. If they like Ivo’s riffs (which there were a lot of in Eluveitie!), my vocals and Merlin’s kick-ass drumming, then they will like our new band. And then eventually one band will become two bands they now like. I hope .

Q1: まずは ELUVEITIE に何が起こったのか教えていただけますか? Merlin, Ivo, そしてあなたはバンドの中心人物だと感じていました。日本のファンも3人の脱退をとても残念に思っていますよ。

【ANNA】: そうね、私たちは確かにバンドの中心だった。だけど Chrigel がそれでもバンドの核なのよ。彼が素晴らしい音楽を作り続けることは保証するわ。勿論、私たち3人の離脱によって音楽性は変化するでしょうけど。
今回の脱退劇で多くのファンが究極に落胆しているのはわかるのよ。だけど現時点では、みんなに出来事のポジティブな1面を見て欲しいとしか言えないの。
もし Ivo のリフワーク(ELUVEITIE の楽曲に多く存在したわね!)、私のボーカル、Merlin のキック・アス・ドラミングが好きなら、きっと私たちの新しいバンドも気に入ると思うわ。最終的には、大好きなバンドが2つに増えたと思ってもらえたら嬉しいわね。

Q2: How was your last show with Eluveitie? Have you talked with the member of Eluveitie since then?

【ANNA】: The last show was very painful and hard to play. I went through all kinds of emotions and even cried a little, heh. But it’s good, that’s the way it’s supposed to be. We are currently not speaking much, no.

Q2: ELUVEITIE での最後のショーはどうでしたか?それから ELUVEITIE のメンバーと話す機会はありましたか?

【ANNA】: 最後のショーはとても苦しくて、プレイするのが大変だったわね。全ての感情が流れ込んで来て、少し泣いてしまったの(笑)
でも別に構わないの。そうなると思っていたから。現在、メンバーとはほとんど話していないわ。全然かも。

Q3: What’s Eluveitie to you now? Do you want to play Eluveitie’s song in your solo career or “Cellar Darling”?

【ANNA】: Eluveitie was and will always be a huge part of my life. I spent over ten years in this band and it shaped me and helped me to grow as a musician and especially as a songwriter. I don’t even know if I would have discovered half of the things about myself without Eluveitie, so I can look back with a lot of great memories. I wouldn’t mind playing songs that I wrote or co-wrote, but it’s not something that is an absolute “must”. I’d rather play new songs .

Q3: では、今現在、あなたにとって ELUVEITIE とはどういった存在ですか?これからのキャリアでも ELUVEITIE の楽曲をプレイして行きますか?

【ANNA】: ELUVEITIE は今までもこれからも、常に私の人生の大きな部分であり続けるわ。10年以上このバンドにいたのよ。今の私を形成し、ミュージシャン、特にソングライターとして成長する助けにもなったわね。
ELUVEITIE が無ければ、今の私の半分も見つけられていたかさえ分からないわ。だから沢山の素晴らしい思い出を振り返ることが出来るの。
私が作曲、もしくは共作した楽曲に関してはプレイすることに躊躇いはないんだけど、それは必ず演奏しなくてはならないという訳ではないわね。それなら新しい曲をプレイするわ。

Q4: So, could you tell us about your new band “Cellar Darling”? When you three decided to leave Eluveitie, was that natural to get together for Merlin, Ivo, and you?

【ANNA】: We actually have been wanting to form a band together since a long time, so that’s not a new idea. But now it became much more important very quickly. It’s exciting, I love the material we wrote so far. 

Q4: ではあなたの新しい挑戦、CELLAR DARLING について話しましょう。ELUVEITIE を離れると決めてから、3人でバンドを結成するのは自然な成り行きでしたか?

【ANNA】: 実は、私たちは長い間3人でバンドをやりたいと思っていたのよ。だから新しいアイデアという訳では無いの。ただすごく早く、とても重要な存在になったわね。エキサイティングよ。これまでに書いたマテリアルをとても気に入っているの。

13411800_1079520182114379_2056417467855299067_o

Q5: “Cellar Darling” is also the title of your solo album. What made you name it for the new band?

【ANNA】: We all thought it was a great band name. We had a few options, but this one just stood out somehow. It is also pretty meaningful, a lot of our creative ideas were kept in a kind of mental cellar over the past few years because we didn’t have the opportunity to realize all of them. This has now changed….

Q5: “Cellar Darling” はあなたのソロアルバムのタイトルでもありますね?

【ANNA】: 私たちはバンド名にもピッタリだと思ったのよ。いくつか候補はあったんだけど、この名前が際立っていたのよ。
すごく深い意味もあって、ここ何年間かは、私たちのクリエイティブなアイデアは心の “Cellar” (地下室) に仕舞い込まれていたの。それらを具現化する機会に恵まれなかったからよ。やっと今、日の目を見るの…

Q6: It seems that you are making debut record. What kind of album will it be? Does it take over the music of Eluveitie somewhat? Or something that is very new to us?

【ANNA】: There will be a lot of familiar elements (the hurdy-gurdy, some folkish influence here and there perhaps, my voice, Ivo’s riffs and Merlin’s hard drumming), but it will be new and unique music. We don’t want to create Eluveitie 2.0, that is Chrigel’s thing and he does it so good already that there doesn’t need to be another one.
We already finished two songs and we absolutely love them, they’re a perfect blend of us three (very different and individual) characters .

Q6: お話にも出ましたが、現在 Cellar Darling のデビュー作を制作中のようですね。どのようなレコードになるのでしょう?ELUVEITIE の音楽性をいくらかは引き継いだものになるのでしょうか?

【ANNA】: 今までの馴染み深い要素も沢山あるわ。ハーディー・ガーディー、フォーク音楽からの影響はおそらく、そこかしこに存在するし、私のボーカル、Ivo のリフワーク、Merlin のドラミングもね。
でもこれは新しくてユニークな音楽よ。ELUVEITIE パート2を作るつもりはないの。あれは Chrigel のもので、すでに彼が上手くやっているから代役は必要ないのよ。
私たちはすでに2曲完成させていて、とても気に入っているのよ。とても異なる3人の個性が完璧にブレンドされているわ。

Q7: About when will the debut record of Cellar Darling be released? And how many members do you want to add the band?

【ANNA】: We don’t want to set a date just yet. We’re very creative and working very fast, but we’ll take our time and achieve the best results possible. But at this rate we’ll definitely finish writing it this year. The core of the band will be limited to us three for the time being, we function so well together and Ivo will play the bass for the albums anyways. He’s a brilliant bass player and already recorded bass for almost all the Eluveitie records as well, so there is no need to get someone else on board. Live is a different story though, we’ll need to get a session bassist of course. .

Q7: アルバムはいつ頃リリースになりますか?また、これから新たにメンバーを加える計画はありますか?

【ANNA】: 期限を設定したくはないのよ。私たちは今、とてもクリエイティブで作業も素晴らしく早いわ。だけど、時間をかけて出来るだけ良いものを作りたいのよ。ただ、今のペースだと、間違いなく今年中に作曲は終わるわね。
当面は、バンドの核は私たち3人に限られるわ。それでとても良く機能しているし、アルバムでは Ivo がベースもプレイするの。彼は素晴らしいベーシストでもあって、ほとんど全ての ELUVEITIE のアルバムでもベースをプレイしているのよ。だから誰かを加える必要はないのよ。ライブになると話は別ね。勿論、セッションベーシストを雇う必要があるわね。

Q8: You’ve just released solo single “Mayday”. The song also features Ivo and Merlin. How do you separate your solo project from Cellar Darling? Is your solo project more “Eclectic”?

【ANNA】: Yes, eclectic is the perfect word. I would say Anna Murphy has even less boundaries than Cellar Darling. This is only me doing whatever I wish, from acoustic to electronic to random noise. If I want to record an album only with trumpets or fart noises, then I can do that (doesn’t mean that I will… or let’s hope so at least).

Q8: あなたはソロとしても、シングル曲”Mayday” をリリースしたばかりです。この楽曲にも Ivo と Merlin をフィーチャーしていますね?ソロの方がよりエクレクティックな音楽性だと感じましたが、Cellar Darling をどのように区別していますか?

【ANNA】: そうね。エクレクティックは完璧な言葉ね。私のソロは Cellar Darling より幅広いのよ。
私1人だから、アコースティックからエレクトロニック、ノイズまでやりたいことを何でも出来るのよ。望めばトランペットだけだったり、不快なノイズだけのアルバムさえ作れるの。それをやるという意味ではないけれど…そうならないことを祈りましょう(笑)。

01

Q9: Could you give some advice to the fans who wants to start playing Hurdy-Gurdy?

【ANNA】: You need a lot of patience and nerves. Good luck and have fun tuning the damned thing!
Seriously, don’t do it it’s a bad idea.
No, just kidding it’s awesome of course. I can recommend instruments by Sebastian Hilsmann if you want to get one, he also ships overseas and is a great dude. 

Q9: 最後に、ハーディーガーディーを始めたいというファンにアドバイスをお願いします。

【ANNA】: ナーバスになるし沢山の忍耐が必要ね。チューニングがどうしようもなく合わないけど頑張って!真面目な話、やめた方がいいわ、バッドアイデアよ。
なんてウソ。勿論素晴らしい楽器よ。Sebastian Hilsmann のものをオススメするわ。彼は海外にも輸出しているし、信頼出来る人よ。

12003412_10155975376070447_4938228261203936991_n

【MESSAGE FOR JAPAN】

11659294_10155725164390447_547562152149126648_n

Japan, I seriously love you. Such a beautiful country with beautiful people, it’s one of the first places I hope to return to soon!

日本が本当に大好きなの。美しい国、美しい人たち。最も早く戻りたい国の一つよ!

ANNA MURPHY

ANNA MURPHY Facebook Page
ANNA MURPHY Bandcamp
ANNA MURPHY Official Site
CELLAR DARLING Facebook Page

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です