maxresdefault-9

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SAOR : GUARDIANS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ANDY MARSHALL OF SAOR !!

13701102_608385996010912_8102886586933055750_o

Scottish Pride Is Here! Pioneer Of Mixing Celtic Folk Music And Post Rock / Metal, SAOR Has Just Released Definitely Epic New Album “Guardians”!! 

DISC REVIEW “GUARDIANS”

ボーカルも担当するマルチプレイヤー Andy Marshall の DIY プロジェクト SAOR がスコットランドのプライドをかけた最新作 “Guardians” をリリースしました!!ケルトの響きと Metal, Post 系の音楽を見事に融合した佳麗で雄大な作品は、シーンに大きな衝撃を与えています!
バンドのマイルストーンとなった前作 “Aura” から磨き上げられ、お馴染みのフィドル、バグパイプ、ストリングスといったケルトの民族楽器がよりクリアーでストレートに使用されたという “Guardians”。確かに、全5曲、全てが10分以上というエピックの極みを体現したかのようなアルバムを聴けば、リスナーはスコットランドへと旅することが可能です。
眼下に広がるのは、雄々しくも鮮やかな彼の地の景色かも知れませんし、独立のために誇り高く戦うハイランドの戦士たちかも知れません。ただ、間違いなく聴く者をスコットランドと結びつけ、その場所、文化、歴史から何かを強く喚起させる作品であることは確かですね。
インタビューで Andy は Black Metal のみにカテゴライズされることに嫌悪感を表していますが、とは言え、”Guardians” の神秘的、瞑想的な至上の美を際立たせているのが、鋭利なトレモロリフと猛々しくもダークな激情のボーカルにあることも事実でしょう。その感情のコントラスト、波打つようなアトモスフィア、音楽的多様性は彼の巧みな演奏とコンポジションの技術によって生み出されているのです。
注意深く “Autum Rain” を聴けば、彼の独特なギターの使用法を感じることが出来るでしょう。冒頭からストリングスの優美な響きが支配する楽曲において、Andy のリードギターは寸分の違和感もなく、まるで第1バイオリンのようにオーケストラに参入します。決して圧倒せず、主役になることもなく、自然にアンサンブルへと調和するこのロックを代表する楽器によって、アルバムにはクラッシックでも既存のロック/メタルでもない前衛的な美しさが生まれているのです。
また、モチーフの展開にも彼独特の方法論が活用されています。10分を超える楽曲群には、当然同じメロディーが何度か現れるのですが、Andy はそのモチーフを決して2度同じアンサンブルで奏でることはありません。楽器の数、種類、そしてダイナミズムを見事に操りながら、交響曲のように楽曲に表情を生んでいきます。
ボーカル、ギター、ドラムス、フルート、バグパイプ、フィドル、バイオリンといったマキシマムな楽器陣で圧倒したかと思えば、一方でピアノやドラムスとリード楽器のみでミニマムな静寂の世界を演出。その対比の妙は、ケルトの魅力的なメロディーと相まってアルバムを実にカラフルに磨き上げています。
そして勿論、インタビューでも語ってくれた通り、使用される民族楽器がデジタルではなく、全てリアルに演奏されている事実がより作品を本物にしていることは明らかですね。
“Hearth” に象徴されるように、今作で実に多彩なバリエーションを見せるようになったドラムスのフィルインやリズムワークを基にしたプログレッシブなアプローチも “Guardians” を際立たせていることを付け加えておきましょう。
今回弊誌では、SAOR の首謀者 Andy Marshall にインタビューを行うことが出来ました。映画 “Braveheart” を想起させるまさにシネマティックな音楽世界。ALCEST のファンは勿論、MOONSORROW や SIGUR ROS のファンにもぜひ聴いていただきたい1枚です。どうぞ!!

14079673_627895920726586_1965108407290021928_n

SAOR “GUARDIANS” : 10/10

【INTERVIEW WITH ANDY MARSHALL】

13731855_608386012677577_4707951866017603597_o

Q1: Hi, Andy! This is our first interview with you. So, at first, could you tell us about Saor? What inspired you to start Saor?

【ANDY】: When I was growing up there were so many bands around Europe mixing together elements of their traditional folk music and metal and I was always puzzled as to why there were no bands like this in Scotland. We have a wonderful cultural heritage, a diverse and epic history, breathtaking nature and scenery – all the perfect ingredients for a metal band to use in their lyrics and themes. I have always been interested in my country’s past and growing up I was surrounded by traditional music, so creating Saor was quite a natural thing for me.

Q1: 本誌初登場です!まずは SAOR を始めたきっかけを教えていただけますか?

【ANDY】: 僕が成長期のころ、ヨーロッパの周辺にはトラディショナルなフォークミュージックとメタル要素を融合させたバンドが沢山存在したんだ。僕はスコットランドにそうしたバンドが居ないことをいつも不可解に思っていたんだよ。ここには素晴らしい文化遺産、多様でエピカルな歴史、息を呑むような自然や景色が存在するからね。メタルバンドにとって、全てがまさに完璧な歌詞やテーマの素材だよ。
僕はずっと自分の国の過去に興味を持ってきたし、伝統的な音楽に囲まれて育ったんだ。だから SAOR を立ち上げたのは実に自然なことだったのさ。

Q2: Off course, Saor is your one man project. You are playing all the instruments (except for some guest appearance) and singing all the vocal part. That’s really…incredible! But what made you so? And what’s your thought about live performance of Saor?

【ANDY】: Saor is very personal to me and I prefer writing everything myself and working with friends and session musicians. Too many people = too many problems. As the old saying goes: “Too many cooks spoil the broth”.
I played with a live band during 2015-16. We played various support slots, festivals and even sold out a headline show in Glasgow, Scotland. By the end of this year I was getting really bored of playing live and I wasn’t enjoying it. Maybe I just need a break from it for a while. I’ll never rule out playing live in the future again.

Q2: 勿論、SAOR はあなた1人のバンドで、ゲストは迎えるものの基本的な楽器、ボーカルもすべて1人でこなしていますよね?ライブパフォーマンスはどのような形で行うのですか?

【ANDY】: SAOR は僕にとってとてもパーソナルなもので、全てを1人で作曲し、友人やセッションミュージシャンを起用する方法が気に入っているんだよ。かかわる人が増えるほど、問題も増えるからね。”船頭多くして船山に登る”という古い諺にもあるようにね。
2015〜2016年はライブバンドとプレイしたんだ。サポート、フェスティバル、そしてスコットランドのグラスゴーではソールドアウトのヘッドラインショーをも行ったんだよ。今年の終わりが近づくにつれて、僕は本当にライブでプレイすることに飽きてしまって、楽しめなくなったんだ。おそらくはしばしの休息が必要なだけだろう。将来的にまた再開する可能性はあるよ。

Q3: Saor seems to be inspired by Scottish independent motto “Saor Alba”.You know, that means “Free Scotland”. So, do you think Scotland have to be Independent of UK?

【ANDY】: Saor basically means “free” and “unconstrained”. I think it suits the music and themes of the project pretty well. I have always been a supporter of Scottish Independence and always will be. I don’t like to mix politics and music but I do find the fight for independence throughout the ages of Scotland to be inspirational.

Q3: SAOR という名前は、スコットランド独立のモットー “Saor Alba” (Free Scotland) に関係しているのでしょうか?

【ANDY】: “Saor” とは “自由”、”拘束されない” という意味なんだ。このプロジェクトの音楽やテーマにピッタリだと思うな。僕はいつだってスコットランド独立運動のサポーターだし、これからもそうだよ。
個人的に政治と音楽をミックスするのはあまり好きではないんだけど、長年に渡るスコットランドの独立に向かう戦いがインスピレーションになっていることは間違いないね。

Q4: I really love your Celtic-infused black metal.Your melodies and resonances are remarkable, invoke our emotions. Actually, when I’m hearing your music, as if I’m in Scotland. I can see the Scottish highlands. Was that natural to use fiddles, bagpipes, bodhran, and strings in your black metal?

【ANDY】: Thanks! I don’t call my music “black” metal and I don’t really like it when others describe it as that. I think Saor is a mix of different metal styles, Celtic/Scottish folk and post-rock influences.
All of the folk instruments on “Guardians” are natural. I try to avoid digital sounds as much as possible. The fiddles were played by my friends Meri Tadic, bagpipes by Kevin Murphy, Bodhran by Reni McDonald Hill and strings by John Becker.

Q4: 実際、ケルトの影響を取り入れた SAOR の Black Metal は実に印象的で、特別な感情を喚起します。まるでスコットランドに居るかのように美しい景色が浮かんで来るのです。楽曲のフィドルやバグパイプ、ストリングスは全て生演奏ですよね?

【ANDY】: ありがとう!ただ、僕は SAOR の音楽を “Black” Metal とは呼ばないし、そう表現されるのもあまり好きではないんだよ。SAOR は様々なメタルのスタイルと、ケルト/スコットランドのフォーク、そして Post-Rock からの影響をミックスしたものだと思うな。
“Guardians” で聴ける全ての民族楽器は生演奏だよ。出来るだけデジタルなサウンドを排除しようとしたんだ。フィドルは友人の Meri Tadic, バグパイプは Kevin Murphy, バウロンは Reni Mcdonald, ストリングスは John Becker がプレイしているよ。

13043499_568699706646208_5417657936701067351_n

Q5: OK, let’s talk about your newest record “Guardians”. When you named the masterpiece “Guardians”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of the album?

【ANDY】: I never write albums with a concept in mind. I usually just record demos and then add the lyrics last. I thought “Guardians” was a pretty good name for the album because the traditional poems I use on the album talk about fallen warriors and other “Guardians” of Scotland.

Q5: その最新作 “Guardians” ですが、タイトルの由来は何ですか?併せてアルバムのコンセプトも教えてください。

【ANDY】: コンセプトを抱いてアルバムを書いたことはないんだよ。普段はまずデモをレコーディングして、最後に歌詞を乗せるからね。
“Guardians” は本当にアルバムにぴったりなタイトルだと思ったんだよ。というのも、アルバムに使用した伝統的な詩では、亡くなった戦士たちと、スコットランドの守護者たちについて語っているからね。

Q6: What was the musical goal of “Guardians”? How have you evolved since your milestone “Aura”?

【ANDY】: “Guardians” is the album I always wanted to write. I think you can listen to “Guardians” and know straight away that it’s a Scottish band. I think the folk elements are a lot clearer and upfront, the songs are more diverse and the album as a whole is less repetitive than the previous albums.
I don’t really like “Aura” to be honest. I think the tracks “Aura” and “Pillars of the Earth” are great but I think the production really sucks. I also feel that certain elements in the music don’t suit the sound I was going for and in the end it turned out to be a big mess.

Q6: SAOR のマイルストーンともなった “Aura” の後、”Guardians” の音楽的なゴールはどこに設定しましたか?

【ANDY】: “Guardians” はまさに僕がずっと書きたいと望んできたアルバムなんだ。”Guardians” を聴けばすぐにスコットランドのバンドだと分かるでしょ?フォーキーな要素が実にクリアで率直に、楽曲はより多様になり、アルバム全体としては前作に比べて反芻要素が少なくなっていると思うよ。
正直、”Aura” はあまり気に入っていないんだ。”Aura” も “Pillars of the Earth” も楽曲は素晴らしいんだけど、プロダクションが本当に良くないね。それに音楽的な要素にも目指していたサウンドとフィットしていないものがあるね。それが大きな混乱を招いたんだ。

a1739750011_16

Q7: Like Deafheaven, Alcest, Wolves In the Throne Room, Post-Black metal becomes one of the trend, new wave of heavy metal. Do you think you are involved in the scene? What’s your thought about atmosphere / beauty in the Black metal?

【ANDY】: I don’t feel involved in any scene and I actively avoid being involved in one. I don’t want to be trapped in a certain genre or scene because I want my sound to evolve and expand with every album. This is why it kind of annoys me that Saor gets classed as “black” metal. I think some people expect me to write black metal-influenced music every album and that’s not going to happen.
I don’t really get the whole post-black metal thing. I think Alcest are great but I think a lot of their stuff has more in common with shoegaze and post-rock than black metal. Their EP “Le Secret” was a big influence on me. I’m not a huge fan of the other two bands but I’d say Deafheaven was more screamo/post-hardcore and Wolves In The Throne Room was simply “black metal” music.
I like some of the old black metal classics by Darkthrone, Burzum, Windir, Bathory etc. but I’m not a metalhead or a massive black metal enthusiast. There’s not many bands post-mid/late 90’s in that style that I really enjoy or care about. I’m a music fan and I like a lot of different styles..

Q7: DEAFHEAVEN, ALCEST, WOLVES IN THE THRONE ROOM といった所謂 “Post-Black” はメタルシーンのトレンドと言えます。あなたはそのムーブメントにかかわっていると考えていますか?

【ANDY】: 僕はどんなシーンにもかかわっているとは感じていないよ。出来るだけ1つのシーンにかかわらないよう活動しているとも言えるね。特定のジャンルやシーンに限定されたくないんだよ。それはサウンドを、アルバム毎に進化、拡大させたいからなんだけどね。
だから SAOR が “Black Metal” に分類されると憂鬱になるんだよ。どのアルバムでも、Black Metal に影響された音楽を書いて欲しいと望む人もいるけど、そうはならないだろう。
Post-Black Metal 全体にもそこまで入れ込んでいるわけじゃないんだよ。ALCEST は偉大だけど、彼らの音楽の大半は Black Metal よりも Shoegaze や Post-Rock の文脈で語られるべきだよ。僕は彼らの EP “Le Secret” から大きな影響を受けているんだ。
他の2つのバンドについては大ファンという訳ではないんだけど、DEAFHEAVEN は Screamo / Post-Hardcore よりで、WOLVES IN THE THRONE ROOM はシンプルに Black Metal だよね。
DARKTHRONE, BURZUM, BATHORY などオールドスクールな Black Metal で好きなものはあるよ。でも僕はメタルヘッドでもなければ熱狂的な Black Metal の信者でもないからね。そのスタイルの90年代中盤から後半のバンドで、本当に気に入っているものは多くはないよ。僕はただ音楽ファンで様々なスタイルのバンドを聴くだけなんだ。

Q8: You released another record as Fuath in this year. Fuath means “hate” in Gaelic. So, is the project closer to Primitive Norwegian black metal than Saor? Why did you separate Saor from Fuath?

【ANDY】: Fuath was meant to be more of a raw black metal style influenced by the 90’s black metal bands, but I think it kind of turned into an album of riffs and songs that didn’t fit the Saor albums. I don’t know if I’ll do much more with that project..

Q8:あなたは今年、 FUATH というプロジェクトでもアルバムをリリースしましたが、こちらはより Black Metal に近い作品でしたね?

【ANDY】: うん、FUATH はより生々しい90年代の Black Metal に影響されて作ったんだよ。SAOR には合わないと思ったリフや楽曲を使用したんだよ。このプロジェクトでさらにアルバムを作るかはわからないね。

12993430_566278126888366_1222508997709056986_n

【FIVE ALBUMS】

TWO ALBUMS THAT CHANGED ANDY’S LIFE!!

WINDIR “ARNTOR”

1346

ALCEST “LE SECRET”

ffee4d9c

That’s a hard question, there’s too many albums to list. I’d say that Windir – “Arntor” and Alcest – “Le Secret” really changed my life and inspired me. I also found lots of new bands and genres because of them.

【MESSAGE FOR JAPAN】

13413041_590960141086831_6309428550373132308_n

Thanks to all the Japanese fans who have supported me from the start. I love your country, it’s traditions and history. I hope to come and visit… maybe I’ll play live one day! Cheers!!

日本のファンのみなさん、僕を最初からサポートしてくれてありがとう!君たちの国、伝統、歴史を愛しているよ。いつか訪れたいと思っているし、ライブが出来たら最高だね!

ANDY MARSHALL

SAOR Facebook Page
SAOR Bandcamp Page
Northern Silence Productions

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です