Homey-3

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CHON : HOMEY】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ERICK HANSEL OF CHON !!

18341830_1709318155759985_2866650410712777792_n

California Based, Incredible Jazz-Math Rock Trio, Chon Advance Into New Realm With The Masterpiece “Homey” !!

DISC REVIEW “HOMEY”

インストゥルメンタルミュージックの未来を切り開く時代の寵児。サンディエゴのジャズ/マスロックトリオ CHON が、シーンの輿望を担う最新作 “Homey” をリリースしました!!バンドの “ホーミー” である南カリフォルニアの太陽、空気、夏の匂いを一身に浴び、望外なまでにチルアウトしたレコードは、ジャンルに海風という新風を吹き込んでいます。
CHON が2015年にリリースしたファーストフルレングス、 “Grow” はバンドのユニークな才能や感受性を見せつける素晴らしきショーケースとなりました。ソフトでカラフルなコードワーク、デリケートでピクチャレスクなリードプレイ、ダイナミックに研ぎ澄まされたバンドサウンド。高度な知性と屈託のない無邪気さが同居する、オーガニックかつテクニカルなその世界観はまさしく唯一無二で、スメリアンの秘蔵っ子から一躍シーンのサウンドアイコンへと飛躍を果たすことになったのです。
バンドのホームタウン、カリフォルニアにインスパイアされ制作された最新作 “Homey” は、”Grow” で見せた圧倒的な光彩はそのままに、その鋭敏な感性が掴まえたエレクトロニカ、アンビエント、ハウスなど所謂チル系のトレンドを大胆に咀嚼し、トロピカルで新鮮なムードとテクニカルなマスロックを共存させることに成功していますね。
アルバムオープナー、”Sleepy Tea” は、インタビューにもあるように、驚異的なまでに進化した CHON のインストゥルメンタルワークを堪能出来る楽曲です。猫の目のように変化する細やかなリズムアプローチは、Mario と Erick のギターチームがダンスを踊る最高の舞台。時に奔放に、時に精巧に、極上のメロディーとエキサイトメントを運ぶニ人の複雑で甘い関係は、奇跡の距離感で音のユーフォリアを紡いで行きます。
CHON の豊潤なる味わい深さの一端は、モダンの中に見せるオールドスクールな部分かも知れません。特に今作では、フュージョンと言うよりもビバップやモダンジャズのスウィング、ツーファイブ、フォービート、フレージング、シンコペーションが丹念に織り込まれており、得も言われぬコントラストを創出しています。例えば、”Checkpoint” などはマスロックの顔をしたジャズスタンダードのナンバーだと言えるかも知れませんね。
当然、手数とグルーヴを両立させた Nathan Camarena のドラム捌きも卓越しており、突っこみ気味でバンドを牽引するそのエナジーは圧倒的。ゲストに迎えた Brian Evans のパーカッション、有機的でムーヴアラウンドな Anthony Crawford のベースラインとも相俟って、型破りでマスロックの可能性を再定義するようなデザインをアルバムを通して描いていますね。
同じくサンディエゴを拠点に活躍する、ビートメーカー/ジャズギタリスト Go Yama をフィーチャーした “Berry Streets” は CHON の新たな冒険を象徴する楽曲です。現在進行形のトレンドであるトロピカルハウスを主軸としたトラックは、あまりにノスタルジックでアンビエント。カリフォルニアのビーチで沈みゆく夕日を惜しみつつ聴くために作られたかのような至高のチルウェイブに仕上がっています。
同時に CHON のジャジーなインストゥルメンタルワークも効果的に挿入されており、Erick がインタビューで語ってくれた通り、結果として二つのジャンル、二つの才能が見事に融合し開花した独創的で至妙な世界観を構築することに成功しているのです。
新進気鋭の シンガー/サックス奏者 Masego を起用した “Nayhoo” もコラボレートの成果が際立って実を結んだ一曲です。ソウル/エレクトロジャズの領域へと踏み込んだ楽曲は、Masego のエモーショナルなボーカルを芯柱とし、匂い立つような色気、スイートな瞬間をアルバムへもたらしていますね。勿論、Thundercat や、FLYING LOTUS がフェイバリットに挙がっている事実を知るまでもなく、ここで彼らが、Jazz の領域を拡大する Robert Glasper と “Jazz The New Chapter” のフロンティア精神を意識したことは明らかです。
「自分たちが気に入るサウンドの楽曲を書き続けて、叶うならファンも僕たちの音楽を好きになり続けてくれることだね。その過程で、さらに新たなファンも開拓出来たら良いな。」
世界最高峰のエレクトロポップを創造するビートメーカー、Giraffage A.K.A. Charlie Yin との共演にも言えますが、既存のファン層からある程度の反発を見越しても、より幅広いマスリスナーへとアピールし、音楽的なチャレンジを続けることこそがバンドのゴールだと Erick は認めています。そして CHON の掲げる、その本来の意味でのロックスピリットは必ず報われるべきだと感じました。
今回弊誌では、ギタリストの一人 Erick Hansel にインタビューを行うことが出来ました。もし、”Homey” のムードやスピリットが気に入ったなら、Jakub Zytecki の最新ソロEP “Feather Bed” や、先日弊誌でも特集を組んだ ichika の新プロジェクト AMONG THE SLEEP へと歩みを進めてみるのも一興です。どうぞ!!

Homey-2

CHON “HOMEY” : 10/10

INTERVIEW WITH ERICK HANSEL

16740669480_abf5a2f3d8_b

Q1: How was “The Homey Tour”? Actually, Japanese fans are really jealous of US fans. Off course, we are big fan of Chon. Adding that, Tera Melos, Covet, and Little Tybee are all amazing! haha.

【ERICK】: Yeah! The Homey Tour was mega sweet!

Q1: TERA MELOS, COVET, LITTLE TYBEE。”Homey” ツアーは素晴らしいメンツが集まりましたね?

【ERICK】: 本当に! “Homey” ツアーはメガスイートだよ!

Q2: Your merchandises, artist photos, and MVs are always stylish, lovely and cute. It’s very different from other usual bands. Who is making these ideas?

【ERICK】: We have the ideas for the merch and designs and hire artists to come up with the stuff. So far it’s been chill!

Q2: CHON のアー写、マーチや MV はスタイリッシュでキュートですよね?一般的なロックバンドとはイメージがとても異なります。

【ERICK】: 僕たちはマーチとデザインに確固としたアイデアを持っていて、アーティストを雇ってそれらを考え出しているんだよ。今のところ、楽しんでやれているね!

Q3: Is there any specific meaning behind the name Chon?

【ERICK】: The basic 4 elements in every living thing. Carbon, Hydrogen, Oxygen, Nitrogen. From science channel, haha.

Q3: CHON というバンド名の由来について話していただけますか?

【ERICK】: CHON という名前は、生きるために不可欠である全ての基本的な4要素から来ているんだ。Carbon (炭素), Hydrogen (水素), Oxygen (酸素), Nitrogen (窒素)。サイエンスチャンネルからの受け売りさ!(笑)

Q4: Anyway, has Esiah returned to the band? It’s very rare case that three brothers are in the same band, isn’t it?

【ERICK】: Esiah has just been touring with us as of now.

Q4: Esiah Camarena もバンドに復帰したんですよね?それにしても、同じバンドに三兄弟が所属しているというケースは珍しいですよね?

【ERICK】: いや、Esiah は今だけ期間限定で、僕たちとツアーをしているだけなんだ。

19222729_1760430063982127_9010162141474272235_o

Q5: Your newest record “Homey” is out now! I feel, your previous record “Grow” showed literary Chon’s phase of “Growing up”. So, how have you evolved since then? I mean, “Homey” seems to be relaxed, and natural, organic record. It has wonderful feeling of driving down a sunny beach with a cone of ice cream in hand, right? haha.

【ERICK】: Yeah! I feel this album is our best work yet. And we’re better at our instruments now than before. It’s moving in the right direction.

Q5: 前作 “Grow” は文字通り CHON の成長過程を投影していたように感じました。最新作 “Homey” もタイトルを反映し、よりオーガニックでリラックスした作品に仕上がったのではないでしょうか?

【ERICK】: そうだね!僕はこのアルバムを最高傑作だと感じているんだ。
何より、以前より楽器の演奏が良くなっているね。それはすなわち、バンドが正しい方向へ進んでいるという証なんだ。

Q6: You step in to experiment further with the enormous potential of sound design coupled with musical technicality in “Homey”. “Berry Streets” features some ambient and electronic, “Chill out” elements without missing your mellow, warm and happy sounds. What inspired you to open the new realm with Go Yama?

【ERICK】: We already listen to Go Yama and ROM and stuff so we thought making a song together would be dope. Turned out really well.

Q6: “Homey” では新たなサウンドデザインも堪能することが出来ますね。Go Yama をフィーチャーした “Berry Streets” では、バンドのメロウでウォーム、ハッピーなサウンドを保ちながら、アンビエントやエレクトロニカ、所謂チルアウトな領域へと歩みを進めていますよね?

【ERICK】: Go Yama と ROM については、すでに僕たちは彼らの音楽を聴いていて、楽曲を共作出来たらヤバイと思ったんだよ。結果は最高のものになったよね。

Q7: “Nayhoo” features Lophile and Masego, and has soul, electro-jazz sound. I feel Chon is jumping on the bandwagon. That’s your strong point. I mean, you can make something new and interesting mixing trend and your own colors. There is no limits, no boundaries. Do you agree that?

【ERICK】: Being able to take the music you make. Give it to another person who makes their own style of music to combine the two. And somehow make it sound great. As you say, there’s really no limits, and that’s rad.

Q7: さらに、Masego & Lophile をフィーチャーした “Nayhoo” ではソウルやエレクトロジャズサウンドに接近していますね。トレンドを積極的に取り入れ、自身の色と融合させる CHON の方法論は実に魅力的で、バンドには限界などないように感じます。

【ERICK】: 君たちが作った音楽だって取り入れることが出来るよ。独自の音楽スタイルを持つ別のアーティストと共作することで、二つのサウンドが融合するんだよ。たいてい、そういったチャレンジは素晴らしいサウンドを生むんだ。
君が言うように、バンドに限界は全くないよ。そしてクールな試みだと思うな。

Q8: What’s the goal of Chon? Technical, Progressive Jazzy-Math-rock instrumental band? Trendy, top of Billboard chart band? Which one do you want to focus on?

【ERICK】: Keep writing stuff that sounds good to us and hopefully the fans keep digging it. And gain new fans in the process.

Q8: では CHON の目指すゴールとは何でしょう?インストゥルメンタルを極めることですか?それともビルボードの上位に切れ込むことですか?

【ERICK】: 僕たちの目標は、自分たちが気に入るサウンドの楽曲を書き続けて、叶うならファンも僕たちの音楽を好きになり続けてくれることだね。その過程で、さらに新たなファンも開拓出来たら良いな。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ERICK’S LIFE

THUNDERCAT “THE GOLDEN AGE OF APOCALYPSE”

61NWhJs24aL._SY355_

ESTARADASPHERE “IT’S UNDERSTOOD”

318KE29KKPL

MESHUGGAH “CATCH THIRTYTHREE”

Meshuggah_-_Catch_Thirtythree_-_cover-2

FLYING LOTUS “COSMOGRAMMA”

220px-WARPCD195Packshot_480

NECROPHAGIST “EPITAPH”

Epitaph_cover

MESSAGE FOR JAPAN

fd950aed40dd43aa9cb014c211e7eca2v1

Thanks for your support! See you soon !!

サポートをありがとう!すぐに会えるさ!

ERICK HANSEL

CHON Facebook Page
CHON Official Site
CHON Instagram
CHON Youtube
Sumerian Records Facebook Page
Sumerian Records Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です