18485645_10154764206899037_1562780883955892576_n-3

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ORIGIN : UNPARALLELED UNIVERSE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH PAUL RYAN OF ORIGIN !!

Origin-Band-Photo-Spring-2017

The Originatior Of Technical Death Metal From Kansas, Origin Introduces Blasting Metallic And Technical Chaos With Their Newest Record “Unparalleled Universe” !!

DISC REVIEW “UNPARALLELED UNIVERSE”

テクニカルデスメタルの 象徴にして “起源”。貫禄と威信の US フォーピース ORIGIN が、バンドの宇宙を拡充する新作 “Unparalleled Universe” をリリースしました!!コントラストや政治性という新要素にフォーカスした作品は、まさしく “未曾有の” 第二章の幕開けを告げています。
ORIGIN は1997年に結成され、今年20周年を迎えたデスメタルのイノベーター。鬼神のようなハイテクニックと、獰猛なるブルータリティーを共存させた “ニュースクールデスメタル” の筆頭格だと言えるでしょう。「今日のキッズは色々なラベルをデスメタルに加えているね。ただ、僕は ORIGIN こそがデスメタルのサウンドを変えたと強く感じているんだよ。」 と語る孤高のギタープレイヤー Paul Ryan の言葉には、例えば DYING FETUS, NECROPHAGIST, VITAL REMAINS NILE などと共にシーンを牽引してきた当事者だからこその凄みとリアリティーが内包されています。
バンドとして初めて前作と同様のメンバーで制作した “Unparalleled Universe”。しかしフックに欠けるなどとの意見もあった前作 “Omnipresent” とは対照的に、ORIGIN の新たなる “比類なき世界” は魅力的なアイデアとリピートを誘うフックに満ちた実に創造的なレコードとなりました。
異世界のスイーピングで幕を開けるアルバムオープナー、”Infinitesimal to the infinite” は ORIGIN の残虐性が未だに一級品であることを伝えます。圧倒的な音の密度と生まれくるカオスは “無限に” リスナーの聴覚を襲い、参加2作目となるボーカル ex-SKINLESS の Jason Kayser も前作より遥かに堂にいったグロウルを披露しています。
何より、メカニカルかつファストな楽曲を牽引する超人 John Longstreth の、Flo Mounier にも比肩し得るスピードと正確性はバンドのストロングポイントとして強い光彩を放っていますね。
“Cascading Failuers, Diminishing Returns” はバンドが新たな領域へと進出した確かな証です。インタビューで、初期のアルバムをアクション映画に例えたバンドが “Unparalleled Universe” で見せつけたのは、抜群のインテリジェンスと多様な構成力でした。
無慈悲なブラスト一辺倒ではなく、起伏に富んだテンポコントロールで予想もつかない展開を構築するリズムセクション。シュレッドを効果的に盛り込みながら、時に激烈に、時にメロディアスに攻め立てるギターアンサンブル。トラディショナルなテクニカルデスメタルのように、音符を詰め込むだけの方法論では決して辿り着けない境地がここには存在しています。楽曲終盤に見せるアトモスフェリックとさえ表現可能な壮美で幽玄なムードは、まさにそれを象徴していると言えるでしょう。
“Invariance Under Transformation” はバンド史上最もスロウな楽曲かも知れません。グルーヴィーなベースラインと冷酷なまでに難解なパーカッションに刻まれるギターリフは、CANNIBAL CORPSE や SUFFOCATION を想起させるほどにプリミティブでオールドスクール。全てがタイトに一体化したバンドのパフォーマンスは、ブラックホールの質量を纏ってリスナーに激越なグラビティーの洗礼を浴びせます。
“Burden of Prescience” にも言えますが、地獄の罰 “火盆処” の如くジリジリと骨の髄まで焼き尽くすようなローテンポで、しかし重厚な責め苦のサウンドスケープは、バンドのファストな王道と見事にコントラストを描き、ORIGIN の新たなるトレードマークを誕生させているのです。
「現在のアメリカ政治がいかに厄災であるかを顧みれば、政治的な楽曲を収録する正しいタイミングだと感じたんだよ。僕は自分の国を恥ずかしく思っているんだ。」 これまで政治的なオピニオンを決して楽曲には取り入れてこなかったバンドを触発したのがトランプ政権であることは明らかですし、”ろくでなしの政府、全ての革命を目覚めさせる” と歌った BRUJERIA のカバー “Revolución” はまさに ORIGIN の主張を見事に代弁した楽曲だったのでしょう。
今回弊誌では、バンドのマスターマインド Paul Ryan にインタビューを行うことが出来ました!「最近のキッズは CD に合わせてプレイしているけど、僕たちは全くそんなことはしないよ。」 痺れます。どうぞ!!

18485645_10154764206899037_1562780883955892576_n-2

ORIGIN “UNPARALLELED UNIVERSE” : 9.6/10

INTERVIEW WITH PAUL RYAN

14911982525_a824f9b655_b

Q1: First of all, how is Summer Slaughter 2017? You know, it’s the tour with new generation, Deathcore acts like Slaughter to Prevail, Rings of Saturn. What’s your perspective about them?

【PAUL】: It’s our 4th summer slaughter appearance (2001 2009 2014 2017) so we kinda know what we were getting into with various styles. We just do our thing. No backing tracks real tube amplifiers etc. the kids these days are playing along to their cds which we are totally not about .

Q1: まず、Summer Slaughter 2017 について聞かせてください。ORIGIN や DYING FETUS といった古兵と共に、SLAUGHTER TO PREVAIL, RINGS OF SATURN など新世代のデスコアバンドも参戦していますね。

【PAUL】: 2001, 2009, 2014, 2017。これで4回目の Summer Slaughter になるね。だから様々なスタイルが存在するこのイベントには慣れているんだよ。
僕たちは自分たちのやるべき事をやるだけさ。バッキングトラックなしでリアルなチューブアンプを使うんだ。最近のキッズは CD に合わせてプレイしているけど、僕たちは全くそんなことはしないよ。

Q2: So, it’s 20th anniversary of the band this year. What’s the most impressive thing in this 20 years? Are you thinking of something special for celebration?

【PAUL】: Origin formed in 1997. After summer slaughter we will be doing a headlining run playing music from our entire discography…. I’m gonna leave the rest up to your imagination as we are still working on details for the tour.

Q2: 今年はバンド結成20周年に当たりますよね?何かアニバーサリーを計画していますか?

【PAUL】: ORIGIN は1997年に結成されたんだ。Summer Slaughter の後、僕たちは全てのアルバムからプレイするヘッドラインツアーを行うよ。ツアーの詳細に関しては、今詰めているところだから、後は君たちの想像に任せるよ。

Q3: Regarding Deathcore, I think your music has influenced lot’s of new generations. Looking back now, your own style, brutal death metal meets fast technical shredding was definitely one and only. What inspired you to start music like this?

【PAUL】: When I first started playing music I wanted to play fast. It was just called death metal then. We didn’t record stuff prior to origin as we felt people would copy our ideas and or style. I feel like we were correct. It’s just how I play. The kids today have added the other labels to it but I do feel like Origin has changed the sound of death metal.

Q3: ブルータルデスメタルにテクニカルでファストなシュレッドを存分に加えるあなた達の音楽は実に独特で、新世代のデスコアやテクデスバンドにも大きな影響を与えています。当時、こういった音楽を始めたきっかけは何だったのでしょう?

【PAUL】: 僕が音楽を始めた時は、とにかくファストにプレイしたかったんだ。当時はただデスメタルと呼ばれていたね。
ORIGIN としてリリースするより前に何かをレコーディングすることは無かったね。というのも、僕たちは他のバンドがアイデアやスタイルをコピーしてしまうと感じたからなんだ。僕たちは正しかったと思っているよ。とにかくそうやって僕たちの音楽を始めたんだ。
今日のキッズは色々なラベルをデスメタルに加えているね。ただ、僕は ORIGIN こそがデスメタルのサウンドを変えたと強く感じているんだよ。

Q4: Let’s talk about your newest album “Unparalleled Universe”. The title seems to reflect what Origin is now. You expand your “universe”, in other words, another dimension in this album. Do you think it’s the beginning of your second chapter?

【PAUL】: Before we had a title we wanted to to use the letter U then we elaborated together on that idea and since it was the first album to have a consecutive lineup from the previous album to the next we decided that a 2 word title (something we have never done before either ) with the letters UU was appropriate. We kept throwing words around and Unparalleled Universe just stuck.

Q4: では、最新作 “Unparalleled Universe” について話しましょう。タイトルはまさに現在の ORIGIN を反映しているように感じます。バンドはその宇宙、世界をこの作品でさらに押し広げていますよね?

【PAUL】: 僕たちはタイトルを付ける前に、Uという文字を使いたいと思っていたんだ。そこからアイデアを話し合って行ったんだけど、前のアルバムから同じメンバーで作った作品は初めてだったから、単語二つのタイトルにしようと決めたのさ。というのも、単語二つのタイトルもこれまでに無かったからなんだけどね。
結果として、頭文字 UU が適当だと思ったんだ。そこから様々な単語を挙げて行って、”Unparalleled Universe” がピタリとハマったんだよ。

1492555523908-2

Q5: Definitely, there is something more depth, dynamics in “Unparalleled Universe”. I mean, I said about the songs like “Cascading Failures”, “Burden of Prescience”, or “Uneqivocal”. The album is definitely strong, but it’s not overly fast, and also sometimes has a slow nice atmosphere. That creates amazing contrast in the album, isn’t it?

【PAUL】: This album has more musical plot twists than say the earlier stuff. I would consider our earlier material to be more like a action movie from start to finish. Still has a lot of turns but maybe not as many big changes. I used the contrast of different tempos to create more dynamics in UU. I also added some unexpected musical plot twists as well.

Q5: 間違いなく、”Unparalleled Universe” にはより深いダイナミズムが存在します。強力な楽曲群は過度にファスト一辺倒ではなく、スロウなアトモスフィアも垣間見せ、結果として素晴らしいコントラストが生まれていますね?

【PAUL】: このアルバムは、初期の作品に比べて、音楽的な “からくり” を持っているね。僕たちは初期の作品を、最初から最後までアクション映画のようだったと考えているんだ。大きな変化ではないかも知れないけれど、今では様々な仕掛けを持つようになったんだよ。
“Unparalleled Universe” では確かにコントラストを使用したね。異なるテンポでよりダイナミズムを生み出したんだ。加えて、予想外な仕掛けもいくつか付け加えているんだよ。

Q6: This is the second record with Jason Kayser. Actually, lot’s of singers have belonged to the band. What do you want for Origin’s voice?

【PAUL】: We only had 3 different vocalists for the albums.
Mark Manning 97-2000, James Lee 01-09, Micah Meneke 2010 live only, Jason Keyser 2011 – current.
It’s not just the voice. It’s about presentation. Jason brings a level of professionalism & enthusiasm that was not in the band in the past. The voice is important but if you can’t get the crowd into a frenzy who cares how talented you are.
All I can say is jason has a great stage presence and a desire to make the show both entertaining for the crowd as it is for us. Stage participation is encouraged.

Q6: ボーカリスト Jason Kayser とは二作目のアルバムとなります。バンドには何人かのシンガーが所属してきましたが、ORIGIN の声として求められることを教えてください。

【PAUL】: そうは言ってもアルバムでは3人のシンガーしか起用していないんだよ。
僕たちはシンガーをただ声で選んでいるというよりは、存在感で選んでいるんだ。Jason は過去のバンドにはなかったプロフェッショナリズムと熱意をもたらしてくれたんだ。確かに声は重要だけど、どんなに才能があったってオーディエンスを熱狂させることが出来なければ誰も認めてはくれないんだ。
僕に言えるのは、Jason は大きなステージでの存在感に加えて、自分たちもクラウドも楽しめるショウにしようという熱意があるね。いつも勇気づけられるよ。

Q7: Actually, I interviewed Colin Marston before. What did he bring to this record?

【PAUL】: He did the mastering on this album. He has done work for us before with Omnipresent & Entity.

Q7: Colin Marston の貢献はどのようなものでしたか?

【PAUL】: Colin はアルバムのマスタリングを手がけてくれたよ。”Omnipresent” と “Entity” でも仕事をしてくれたようにね。

Q8: It was a little surprise that you coverd Brujeria’s “Revolución”. What’s the reason of that?

【PAUL】: We all are fans of the band and we don’t use political songs in our music but the timing felt right especially with the disaster our American political system is in. I’m embarrassed of our country.

Q8: BRUJERIA の “Revolución” をカバーし収録したのは少々意外でした。なぜ彼らのこの楽曲を選んだのですか?

【PAUL】: 全員が BRUJERIA のファンなんだ。そして、僕たちは音楽に政治を取り入れて来なかったんだけど、現在のアメリカ政治がいかに厄災であるかを顧みれば、政治的な楽曲を収録する正しいタイミングだと感じたんだよ。
僕は自分の国を恥ずかしく思っているんだ。

ORIGIN-promo-photo

FIVE ALBUMS THAT CHANGED PAUL’S LIFE

SLAYER “REIGN IN BLOOD”

220px-Reign_in_blood

CELTIC FROST “MORBID TALES”

Morbid_Tales_-_Celtic_Frost

CRYPTIC SLAUGHTER “CONVICTED”

f81881734aeef743afd61619446119ff

VOIVOD “DIMENSION HATROSS”

Dimension_Hatross

KREATOR “TERRIBLE CERTAINTY”

Terrible_certainty

MESSAGE FOR JAPAN

origin-2017

I’ve been only fortunate to visit and perform your beautiful country once. I hope our music still resonates within our fans of Japan and hopefully someday we will return to your great country. The people of Japan were so kind and gracious to Origin and hopefully we can play again.

僕は幸運なことに、君たちの国を1度だけ訪れプレイする機会を得られたんだ。日本のファンに僕たちの音楽がまだ響いてくれていればいいな。また君たちの偉大な国に戻ってプレイしたいね。日本の人たちはとても親切でバンドを丁重に扱ってくれたんだ。

PAUL RYAN

ORIGIN Facebook Page
ORIGIN Official Site
ORIGIN Instagram
AGONIA RECORDS Facebook Page
AGONIA RECORDS Official Site
NUCLEAR BLAST RECORDS Facebook Page

 

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です