タグ別アーカイブ: black metal

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【SVARTBY】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH GIFTSVAMP AND LINDWURM OF SVARTBY!!

sv10414600_10152445283400901_4495433551372607925_n

RUSSIAN FOLK/FAIRLY-TALE METAL, SVARTBY SET TO RELEASE THEIR NEWEST ALBUMS “SWAMP, MY NEIGHBOUR” IN AUTUMN !!

sv11350653_10153223190940901_3433945352801747355_n

ロシアの妖精フォークメタル、SVARTBY が待望の新作 “SWAMP, MY NEIGHBOUR” を秋にリリースします。フォーキーなメロディーを伴った煌びやかなキーボードとへヴィーなリフワーク。一見パーティメタルのように思えますが、楽曲の構成は見事に考え抜かれていてプログレッシブ。 FINNTROLL や EQUILIBRIUM、果てはCHILDREN OF BODOM を想起させる彼らの音楽はもっと多くの人たちの耳に届くべきだと思います。ロシアの音楽はヨーロッパやアメリカに比べて情報が少なく日本にも上陸しにくい現状ですが、素晴らしい音楽を生み出しているアーティストは多く存在します。弊誌で扱う事でそのギャップが少しでも埋められたらと感じていますし、今回、バンドの創立メンバー GIFTSVAMP と LINDWURM 二人がインタビューに応じてくれた事からもロシアからの熱気が伝わるのではないでしょうか?

YOU CAN LISTEN TO NEW SONG “CLOCK TOWER” HERE !!

続きを読む PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【SVARTBY】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ARCTURUS : ARCTURIAN】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ICS VORTEX OF ARCTURUS!!

arctumblr_n2fjb0QpPm1ru8367o6_500

NORWEGIAN LEGEND IS BACK!! ARCTURUS HAS JUST RELEASED ULTRA COSMIC ALBUM “ARCTURIAN”!!

ノルウェーが誇るアヴァン・プログ・シンフォニック・ブラックメタル ARCTURUS。2007年の解散を経て2011年に再結成、今年遂に2005年の “SIDESHOW SYMPHONIES” 以来10年ぶりの新作 “ARCTURIAN” をリリースしました。彼らにしか作り得ない暗黒宇宙絵巻で実に素晴らしい作品だと思います。
そもそも EMPEROR や ULVER といったブラックメタルのメンバーが集結したスーパーバンド的立ち位置だった ARCTURUS ですが、アルバムを重ねる毎に既存のブラックメタルから脱却。前作の “SIDESHOW SYMPHONIES” ではボーカルがやや猟奇的な GARM から、同様にオペラティックながらよりメロディックに歌い上げる ICS VORTEX に代わったこともあり、独自の”宇宙メタル”は浮遊感とキャッチーさを併せ持った形で完結したように思えました。
ただ、前衛性や奇怪さを極めた2nd “LA MASQUERADE INFELNAL” や、インダストリアル/エレクトロニカ風味が強く感じられるアヴァン・プログ・シンフォニック・ブラックメタル史に残る大名盤である3rd “THE SHAM MIRRORS” も勿論素晴らしかった訳で、彼らが再び集結してどのような方向性に進むのか、長いインターバルを経た新作” Arcturian” には大きな注目が集まっていたのです。
結論から言うと3rdから前作への流れをそのまま踏襲した正統進化盤だと感じました。アルバム1枚がまるで1曲のような統一感。大まかに記すと2ndのオペラ感覚、3rdのインダストリアル/エレクトロニカ、前作のキャッチーさといった各作品の特徴を見事に抽出して、宇宙の果てでレコーディングしたような傑作です。
特に ICS VORTEX の歌唱は白眉。作品のドラマ性を高めることに大きく寄与しています。ICS VORTEX はもちろん ex-DIMMU BOUGIR で BORKNAGAR にも所属するノルウェー界隈では超売れっ子シンガー。まだまだ日本ではその実力に見合った評価を得られていないような気がします。
快くインタビューを引き受けていただいたのでソロキャリア、そして IHSAHN, TRYM,その他ノルウェーのビッグネームたちが集結したプロジェクト GOD OF ATHEISTS の予定も尋ねてみました。どうぞ!!

arcturus_arcturian

YOU CAN STREAM AND BUY “ARUTURIAN” HERE !!

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ARCTURUS : ARCTURIAN】

WORLD PREMIERE: “CRUSHING THE HUMAN SKULL” 【VOID PARADIGM】


WORLD PREMIERE: NEW SONG !!”CRUSHING THE HUMAN SKULL” OF VOID PARADIGM !!

FRENCH BLACK METAL SUPER GROUP VOID PARADIGM SET TO RELEASE THEIR 2nd ALBUM EARTH’S DISEASE !!

Band picture

以前 8bit/EDM を取り入れたオーサムなフレンチプロジェクトPRYAPISME を紹介しましたが、彼らのレーベル APATHIA RECORDS からフランスのブラックメタルスーパーグループがセカンドアルバム  “EARTH’S DISEASE” をリリースします。ATARAXIE, SORDIDE の JULIEN PAYAN, 同じく ATARAXIE の JONATHAN THERY, そして PIN UP WENT DOWN の ALEXIS DAMIEN というフレンチブラックの猛者たちが集い発信するサウンドは実にインテリジェンスでヒプノティックでストレンジ。それでいてブラックメタルの持つ”危険なにおい”も存分に発する素晴らしいアルバムです。特にIHSAHN, DEATHSPELL OMEGA, VED BUENS ENDE のファンにオススメです。

vp10947286_716853041756150_9062442861351995882_n

– Void Paradigm’s website: http://www.voidparadigm.com/
– Void Paradigm’s Facebook: https://www.facebook.com/voidparadigm
– Apathia Records’ website: http://www.apathiarecords.com
– Apathia Records’ Facebook: https://www.facebook.com/apathiarecords

PICK UP ARTIST + PRE-REVIEW: “GRAVEWARD” 【SIGH】


LEGENDARY JAPANESE “CINEMATIC HORROR METAL” BAND, SIGH SET TO RELEASE MASTERPIECE “GRAVEWARD” ON 4/27 !!

sighPromoImage

NEW SONG !! “OUT OF THE GRAVE” !!

【ABOUT GRAVEWARD】

2 and a half years were required to finish up Sigh’s 10th studio full-length album “Graveward”, which embraces everything from vintage keyboards such as Minimoog and Fender Rhodes to real orchestral instruments. Each song ended up in having more than 100 tracks and the total amount of the sound data exceeded 100GB. “Cinematic Horror Metal” should be the best phrase to describe this most layered grandiose album in Sigh’s history.

SIGH 10枚目のフルアルバム、”GRAVEWARD” は完成に2年と半年を要しました。ミニムーグ、フェンダーローズといったヴィンテージキーボードから本物のオーケストラの楽器まで全てが含まれたアルバムです。どの楽曲も 100 トラック以上を有し、サウンドデータの総計は 100 GB を超えました。SIGH の歴史において、”CINEMATIC HORROR METAL” というフレーズはまさしくこの雄大に幾重にも重ねられたアルバムを表現するのに相応しいと言えます。

sigh1505143_10153196887164276_1420742581416335254_n

【INFLUENCES】

Inspired by a little chat with Fabio Frizzi, well-known for his legendary works for Lucio Fulci’s movies like”The Gates of Hell” and “The Beyond”, “Graveward” was composed as a homage to Italian zombie flick classics, Hammer Horror Films, and King Diamond. Of course the musical influence is as wide as ever including aforementioned horror soundtrack composers (Fabio Frizzi, Goblin, James Bernard, Jerry Gold Smith, and John Carpenter), and their roots (Schoenberg, Webern, Stravinsky, Bartok, and Charles Ives), left-of-center rock / metal artists (Celtic Frost, King Diamond, The Beach Boys, Magma and Frank Zappa), Free Jazz (Sun Ra, Albert Ayler, and Peter Brotzmann) and some Central Asian traditional music.

“THE GATES OF HELL”, “THE BEYOND” といった LUCIO FULCI の映画への仕事でよく知られるボローニャのコンポーザー、FABIO FRIZZI との会話から着想を得て、”GRAVEWARD” はイタリアゾンビ映画の名作たち、HAMMER HORROR FILMS, そして KING DIAMOND へのオマージュとして製作されました。勿論、音楽的影響は多岐に渡ります。前述のホラーサウンドトラックコンポーザーたち (FABIO FRIZZI, GOBLIN, JAMES BERNARD, JERRY GOLD SMITH, JOHN CARPENTER), そして彼らのルーツ (SCHOENBERG, WEBERN, STRAVINSKY, BARTOK, CHARLES IVES), 中道左派のロック/メタルアーティストたち (CELTIC FROST, KING DIAMOND, THE BEACH BOYS, MAGMA, FRANK ZAPPA), フリージャズ (SUN RA, ALBERT AYLER, PETER BROTZMANN), そして中央アジアのトラディショナルミュージックに影響を受けています。

sigh10917867_10153104637504276_3590264796710286098_n

【NEW FACTOR】

 ”Graveward” is a big step forward from Sigh’s past albums in every aspect. The biggest evolution was brought by You Oshima, who joined Sigh as a new guitarist in 2014. He is known for his own project “Kadenzza”, who released two albums via France’s Holy Records so far. What he brought to Sigh is not only the new dimension of the guitar playing but his outstanding skill of mixing the songs. As he has his own studio, we were able to take whole three months to mix up those hundreds of tracks properly.

“GRAVEWARD” は SIGH の過去のアルバムたちに比べて全ての面で大きく前進しています。最大の進化は 2014 年からバンドに加入した新ギタリスト YOU OSHIMA によってもたらされました。”KADENZZA” という彼自身のプロジェクトでも知られていて、今までにフランスの HOLY RECORDS から2枚のアルバムをリリースしています。彼は新機軸のギタープレイだけでなく、際立った楽曲のミキシングスキルもバンドにもたらしました。彼は自分のスタジオを所有しているので、3ヵ月間まるまるこれら何100ものトラックを適正にミックスする事が出来たのです。

【GUEST APPEARANCES】

“Graveward” welcomes various guest musicians including Matthew Heafy from Trivium, Fred Leclercq from DragonForce, Niklas Kvarforth from Shining (Sweden) Sakis Tolis from Rotting Christ, Metatron from The Meads of Asphodel and so on. The cover artwork was done by Costin Chioreanu, who worked with Ihsahn, At the Gates, Deicide and Ulver.

“GRAVEWARD” には様々なゲストが参加しています。MATTHEW HEAHY (TRIVIUM), FRED LECLERCQ (DRAGONFORCE), NIKLAS KVARFORTH (SHINING), THE MEADS OF ASPHODEL などなど。アートワークは IHSAHN, AT THE GATES, DEICIDE, ULVER との仕事で知られる COSTIN CHIOREANU 氏が手掛けています。

sighhPromoImage

 

続きを読む PICK UP ARTIST + PRE-REVIEW: “GRAVEWARD” 【SIGH】

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【SHINING】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JØRGEN MUNKEBY OF SHINING !! 

shKim_Erlandsen_Topp20_1

ONE OF THE MOST IMPORTANT PERSON OF MODERN METAL !! JØRGEN MUNKEBY TALKS ABOUT NEW ALBUM (WOW!!), MUSICAL INTEREST, PAST WORKS, AND MORE. YES !! JØRGEN ADMIT RELEASING NEW SHINING ALBUM SOON !!

JØRGEN MONKEBY。MODERN METAL 最重要人物の一人。ノルウェーのアヴァンジャズブラックメタル、SHINING のフロントマン。まず何と言っても絵になります。スタイリッシュで FUCKIN’ COOOOL!! どの写真を使っても大丈夫です!音楽は勿論、アートワーク、マーチ、全てがオシャレでアーティスティック。サックス、ギター、そしてボーカルまでこなすマルチな才能。MARTY FRIEDMAN, IHSAHN, DEVIN TOWNSEND, などなど引く手あまたなカリスマ性。彼のようなスマートな人物こそ MODERN METAL のバンデイラになるべきだと強く思っていたところ、その想いが通じたのか新作のファイナルミックスと DEVIN TOWNSEND, PERIPHERY との豪華すぎるユーロツアーの準備で大変お忙しい中インタビューを快諾して頂きました。そう、SHINING の新作です!!”BLACKJAZZ” で文字通り BLACK METAL と JAZZ の狂気を孕んだ練成に成功し、現代の KING CRIMSON, AVANT-METAL の究極形との評価を欲しいままにした直後の最新作 “ONE ONE ONE” ではロックの原衝動に立ち返ったようなシンプルでダイレクトなマテリアルを提示した予測不能なノルウェーの奇才達ですがさて次に彼らが向かう先は・・・現在話せる限りで新作について語ってくれました。独占インタビューです。どうぞ。

sh1002551_10151862900353714_1766043947_n

【SHINING SET TO RELEASE NEW ALBUM !!】

Q1: You said you are finalizing new album. Would you talk about that as far as you can? About when can we listen to that?

【JORGEN】: Yes, I just sent all the songs for mix a few days ago. Now I’m just working on the album track sequence and a few transitions. It’s going to be a very varied album, with some of the sinister darkness from Blackjazz on a few songs, some of the more organized catchiness from One One One on others. We also have a ballad on this one, so I’m looking forward to releasing it!

Q1: 新作の最終作業中と伺いました。出来る限りで構わないので話して頂けますか?

【JORGEN】: そうなんだ。何日か前に全ての曲をミックスに送ったところだよ。今は収録曲の繋がりやちょっとした変化について作業しているんだ。とてもバラエティーに富んだアルバムになるよ。”BLACKJAZZ” のような邪悪でダークな曲も数曲あるし、”ONE ONE ONE” のようにもっとオーガナイズされたキャッチーな曲も数曲あるよ。今回はバラードも収録されているしリリースが待ちきれないよ!!

sh1002173_10151928102488714_450259167_n

Q2: “Blackjazz” was extreme form of the avant-garde metal meets jazz, I think. “One One One” was more simple, direct, and we can feel even punk or hardcore feelings from that. Why were these two album so different?

【JORGEN】: Personally I actually was a bit worried that the two albums was going to be too similar when I was about to release One One One. But like you say, a lot of people felt that they were very different, which surprised me a bit. But I can understand why, since if you compare them side by side, and not look at our earlier releases, they are indeed a bit different. But if you compare the difference between Blackjazz and One One One to our older material, then the difference to our older material is much bigger.
But in general, I always just make the kind of music I personally would like to make at the time, and that seems to change along with how my own taste and life changes. But the interesting thing now is that I feel our new album is a mix between the best parts of Blackjazz and the best parts of One One One. I hope others will agree when it finally comes out!

Q2: “BLACKJAZZ” は文字通り JAZZ を取り入れた AVANT-METAL の究極形といったアルバムでしたね。対して “ONE ONE ONE” はよりシンプル、ダイレクトで PUNK や HARDCORE の感覚さえありました。なぜこの2枚はそこまで違ったのでしょう?

【JORGEN】: 個人的には、正直”ONE ONE ONE” をリリースする際にこの2枚が似すぎているって言われたらどうしようって心配していたんだ。だけど君が言うとおり、多くの人はとても違うと感じたようだね。ちょっとした驚きだったよ。なぜだかは分かるよ。確かに以前のアルバムを考慮しないでその2枚を比較すると少し違うかもしれないね。ただ “BLACKJAZZ” と “ONE ONE ONE” の違いはそれ以前のアルバムとその2枚との違いに比べたらそこまで大きくないんだ。概して僕はその時作りたい音楽を作っているんだ。そしてそれは自分の趣向や人生と共に移り変わっているように思うね。今の興味の対象だけど、つまり新作は “BLACKJAZZ” の最高の部分と “ONE ONE ONE” の最高の部分を合せたような感じなんだ。リリースされてみんなが同意してくれるといいね。

Blackjazz-cover

Q3: So, it’s not easy for us to predict your interest about music or art now. Would you tell us about that?

【JORGEN】: During the last year I have been touring and writing non stop, and in such periods I don’t get to listen to as much music as in less busy periods, so it’s hard for me to pinpoint exactly what I’m into at the moment. I seem to check out everything that comes out, from Slipknot to Sia. I also have a slight re-ignition of interest in jazz again, which is probably why there are two instrumental and semi improvised tracks on the album. One as a short album intro, and one as a longer transition between to songs.

Q3: そういう意味ではあなたの音楽やアートについての興味の対象を知る事が重要ですね。

【JORGEN】: 去年はツアーと作曲を休みなく行っていたから忙しくない時期に比べるとあまり音楽を聴けなかったね。だから現時点でピンポイントで名指しする事は難しいな。ただ SLIPKNOT から SIA までリリースされたものはチェックしているよ。同時に JAZZ についても熱がまた高まってきたね。それもあって新作には2曲のセミインプロヴァイズで製作されたインスト曲が収録されているよ1曲は短いアルバムのイントロでもう1曲は曲と曲との長いつなぎのような感じだね。

Q4: Speaking of art, Shining was named after movie “The Shining”. Recently, which movie are you inspired?

【JORGEN】: I love movies, and I also get very inspired by movies. The latest amazing movies I’ve seen are Interstellar, Birdman, Edge Of Tomorrow and The Imitation Game. I am also very much looking forward to the new Mad Max movie!

Q4: アートと言えば SHINING のバンド名は映画 “THE SHINING” にちなんでつけられていますよね。最近インスパイアーされた映画を教えて下さい。

【JORGEN】: 映画は大好きだしとてもインスパイアーされているよ。最近感銘を受けたのは”インターステラー”、”バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)”、”オール・イズ・ユー・ニード・イズ・キル”、”イミテーション・ゲーム”だね。新しいマッドマックスもとても楽しみにしているんだ。

sh1176360_10151904032263714_1314741258_n

Q5: You also sax player and jazz musician. Recently, lot’s of Metal/Rock artists become using sax (Especially Norwegian artists). I love you and Kayo dot way. Do you think sax will be one of the main instruments in Metal/Rock?

【JORGEN】: Sax was definitely one of the most important and main instruments in rock music a few decades ago, so I wouldn’t be surprised if it became popular again. Metal music in general seem to be looking for fresh ideas, and using other instruments is a great way to expand and refresh an old sound.

Q5: あなたは SAX プレイヤーでしっかり教育を受けた JAZZ ミュージシャンでもあります。近年、メタルやロックの分野でもSAXを使用するバンドが増えてきましたがその分野でメイン楽器の一つになって行くと思いますか?

【JORGEN】: SAX は何十年か前には確実にロックにおいて最も重要でメイン楽器の一つだった。だからもしもう一度 SAX がポピュラーになっても驚きではないね。メタル界隈は概してフレッシュなアイデアを探しているように思えるから他の楽器を使って古いサウンドをリフレッシュし押し広げて行くのは良い方法だと思うよ。

Q6: You have collaborated with Marty Friedman, Devin Townsend and others. And that was awesome!! Except them, Who do you want to collaborate with?

【JORGEN】: Apart from Marty Friedman and Devin Townsend, I’ve also played on two albums with Ihsahn, frontman of Emperor. But I also have a history as a studio and freelance musician in Norway, and have played with all the big pop and rock artists in this country.

Q6: あなたは MARTY FRIEDMAN, DEVIN TOWNSEND, といったアーティストと共演してきましたがこれから共演したいアーティストはいますか?

【JORGEN】: MARTY FRIEDMAN, DEVIN TOWNSEND 以外でも2枚のアルバムを EMPEROR のフロントマン IHSAHN と製作したね。同時にノルウェーのスタジオミュージシャンやフリーランスのミュージシャンと共演してきたし、この国の全てのビッグな POP/ROCK ミュージシャンとも共演しているよ。

SHINING (NOR): Live at Øya Festival 2013 — Full Show”

ライブが COOL 過ぎるんです・・・ぜひ!!!

【FIVE ALBUMS】

JØRGEN MUNKEBY’S FIVE ALBUMS THAT CHANGED HIS LIFE !!

FREDERIK THORDENDAHL’S SPECIAL DEFECTS “SOL NIGER WITHIN”

sh51+jtGolLlL

JOHN COLTRANE “CRESCENT”

shohn-Coltrane-Crescent---180gm-508966

THE DILLINGER ESCAPE PLAN “MISS MACHINE”

sh513L1scpsrL

ENTOMBED “CLANDESTINE”

sh30867-500x500

DREAM THEATER “CHANGE OF SEASONS”

shA_Change_Of_Seasons

【MESSAGE FOR JAPAN】

sh1391839_10152061079368714_1352825772_n

Shining have played in Japan once, in Tokyo some time in 2008. But we’d love to come back to Japan very soon!

SHINING は一度だけ日本でプレイした事があるね。東京で2008年のいつかだった。ぜひまた日本に行ってプレイしたいよ、すぐにね!

JØRGEN MUNKEBY

EUROTOUR WITH DEVIN TOWNSEND & PERIPHERY ON MARCH !!

sh1621999_10153215503933714_3075686775344103982_n

SHINING FACEBOOK PAGE

SHINING HOMEPAGE

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ PUSH LIKE! ON OUR FB PAGE! THX!!

FULL ALBUM STREAM: “Ⅸ – EVERYONE, EVERYTHING, EVERYWHERE, END” 【SHINING】


FULL ALBUM STREAM: “Ⅸ – EVERYONE, EVERYTHING, EVERYWHERE, END” OF SHINING !!

WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “VILJA & DROM” OF SHINING !!

THIS IS THE NIKLAS KVARFORTH’S MUSICAL EVOLUTION AND EXPERIENCE SO FAR! SWEDISH SHINING RETURN WITH THEIR NINTH RECORD “Ⅸ – EVERYONE, EVERYTHING, EVERYWHERE, END” ON 4/20!!

snKvarforthPromo2

先日初来日を果たしたスウェーデンの所謂 SUICIDAL BLACK METAL、SHINING。ディプレッシブとプログブラックのちょうど中間のような物哀しく知的な音像はここ日本でもファンが多いですね。意外にツインリードなんかはメタルメタルしてて聴きやすかったりもしますが何と言っても狂気をはらんだ天才、NIKLAS のロッカーとしてのカッコよさ、刹那な雰囲気が彼らを唯一無二のバンドにしている気がします。今回弊WEBZINEでは 4/20 にSoMから発売される新作 “Ⅸ- EVERYONE, EVERYTHING, EVERYWHERE, END” からコロコロと猫の目のようにその展開を変える素晴らしい新曲 “VILJA & DROM” を世界初公開致します!!

SOM350-Shining-500X500px-72dpi-RGB

His ninth album, ‘IX – Everyone, Everything, Everywhere, Ends’ is another excellent example of Niklas’ genius. Reaching back to their black metal roots, SHINING simultaneously melt eclectic influences from progressive rock, jazz, even pop and more into deeply emotional laments from the dark side of the soul. Niklas’ vocals come in an even greater variety of expressions which few would suspect in a singer coming from the extreme metal scene. 

新作は彼らのブラックメタルのルーツに立ち返りながらもプログロック、ジャズ、ポップでさえも取り込んで魂のダークサイドに深く、エモーショナルに語りかけるような作品になるそうです。二クラスのボーカルもとてもエクストリームメタルとは思えないほどに表現力を増しているようですよ。


www.facebook.com/shiningofficial
www.facebook.com/seasonofmistofficial
http://shop.season-of-mist.com/predefined-search?id_list=90

WORLD PREMIERE: FULL STREAM “THIS IS NO FAIRYTALE” 【CARACH ANGREN】


WORLD PREMIERE: FULL STREAM !! “THIS IS NO FAIRYTALE” OF CARCH ANGREN !!

CARACH ANGREN SET TO RELEASE THEIR FORTHCOMING ALBUM “THIS IS NO FAIRYTALE” ON 2/23 !!

ca10730979_10152998028801834_2196343252248437716_n

オランダのシンフォニックでシアトリカルな BLACK METAL, CARACH ANGREN の新作 “THIS IS NO FAIRYTALE” 。2/23のリリースを目前に控え、今回世界初公開でアルバムのフルストリームを行います!!

ca10649526_10152836249436834_7046665200111355703_n

 carach_angren_this_is_no_fariytale_e88986dbe4

www.facebook.com/carachangren

www.facebook.com/seasonofmistofficial

http://shop.season-of-mist.com/predefined-search?id_list=78

WORLD PREMIERE: NEW VIDEO !! “THERE’S NO PLACE LIKE HOME”OF CARACH ANGREN

ca10687146_10152913122891834_2487629023779588226_n

オランダ産 SYMPHONIC BLACK METAL, CARACH ANGREN の新譜タイトルと発売日が決定致しました!タイトルは “THERE IS NO FAIRYTALE”。来年の 2/23 に発売です。今回公開する非常にアーティスティックなPVを見て待ちましょう!!

 

THERE’S NO PLACE LIKE HOME

                    BY CARACH ANGREN

MARUNOUCH MUZIK MAGAZINE PRESENTS WORLD PREMIERE OF CARCH AGREN

オランダのSYMPHONIC BLACK METAL、CARACH ANGREN。SEASON OF MISTから来春発売予定、タイトルすら未定の新作から新曲を世界初公開です!!

ca10623677_10152825605891834_2440197284778996037_o

現在行われている、DEICIDE, SEPTICFLESH, INQUISITION, ABYSMAL DAWNとのツアーをプッシュする為前倒しで公開に至りました。昨年MARDUK, TAAKEとの来日公演でその実力を披露し日本での知名度を大きく高めた彼らの新曲は不穏で美しく、邪悪で荘厳なまさにシンフォブラックかくあるべしといった秀曲に仕上がっていると思います。前述の大御所達と比較しても全く遜色ないですね。

こちらは前作から。この強烈なドラマ性、本当に癖になります。DIMMU BOUGIRのファンはきっと気に入るでしょうね。彼らのFBページもこちらからぜひチェックしてみて下さい。

www.facebook.com/carachangren
www.facebook.com/seasonofmistofficial
http://shop.season-of-mist.com/catalogsearch/result/?q=Carach+Angren