16938515_1433301400027093_5552512882354525535_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【FULL OF HELL : TRUMPETING ECSTASY】JAPAN TOUR SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SPENCER & DYLAN OF FULL OF HELL !!

Full-of-Hell-2017

Maryland / Pennsylvania Quartet, Full OF Hell Has Just Released The Newest Album “Trumpeting Ecstasy”!! Diverse, But More Into Extreme Metal Realms!

DISC REVIEW “TRUMPETING ECSTASY”

メリーランド、ペンシルベニアのカルテット、破壊者 FULL OF HELL がフルアルバムとしては2013年の “Rudiments of Mutilation” 以来となる新作 “Trumpeting Ecstasy” をリリースしました!!日本が誇るノイズゴッド MERZBOW, アヴァンギャルドノイズデュオ THE BODY とのコラボレート、さらには NAILS, PSYWARFARE とのスプリットを血肉としてリリースした作品は、要となる自身のルーツを軸としつつ、同時にエクストリームミュージックの領域を一際押し広げる重要なレコードとなりました。
CODE ORANGE, 日本の ENDON と並んで FULL OF HELL はハードコアとノイズ要素を融合させるアプローチの先端に立つアーティスト。もはやハードコアの大家となった感のある CONVERGE の Kurt Ballou が斬新なその三者全ての新作を手がけることとなったのも偶然ではないでしょう。
実験的な作風にシフトするかとも思われた “Trumpeting Ecstasy” は、意外にもストレートな楽曲が軸となり押し寄せる暗く激しい11曲23分となりました。インタビューにもあるように、サウンド、リフワークなど、確かにバンドはよりメタルの領域に接近したようにも思えますし、楽曲が”密着”していると語るのも頷けます。
しかし、勿論彼らの野心が一所に留まるはずもなく、レコードは同時にパワーバイオレンス、ノイズ、スラッジ、インダストリアルといった多様なアイデアを見事に昇華しコンテンポラリーなブルータリティーを散りばめたハイブリッドなエクストリームミュージックとして仕上がったのです。
“木々も鳥たちも悲しみに満ちている。彼らは歌っているんじゃない。ただ悲鳴をあげているんだ。” ニュージャーマンシネマの巨匠 Werner Herzog の言葉で幕を開けるアルバムオープナー “Deluminate” は文字通り世界の悲惨さ、絶望感の象徴です。不協和音をスクラッチする悪夢のデスメタルライクなリフワークと、疾走する巧みで手数の多い狂気のドラミングは無慈悲にもリスナーに地獄絵図を投下して行きます。”人間は地球の顔に出来た膿だ” と喉が張り裂けるほどシャウトする Dylan の苦痛を伴う憤怒は即ちハードコアのリアルで、聴く者に畏敬の念さえ感じさせますね。
禍々しい何かを引き摺るようにスローダウンする、スラッジーな “Gnawed Flesh” はまさに FULL OF HELL の真骨頂。脱退したベーシスト Brandon Brown のデモニックなガテラルは、Dylan の鋭いスクリームと凶悪なインタープレイを繰り広げバンドの顔となっていましたが、新たに加わった Sam DiGristine もしっかりとその伝統を引き継ぎ、自身のハラワタに宿した魑魅魍魎を地の底でスラッジパートに全てぶつけています。
さらに “Crawling Back to God” には ex-ISIS の Aaron Turner が、”At the Cauldron’s Bottom” には CONVERGE の Nate Newton がそれぞれボーカルでゲスト参加し、様々な声を得た作品は実に多様な色を加えているのです。
GRIMES のレーベルに所属するカナダのアーティスト Nicole Dollanganger の声を得たタイトルトラック “Trumpeting Ecstasy” はバンドが経てきたコラボレートの旅が結実した成果だと言えるでしょう。THE BODY の Lee Buford が生み出すビートと Nicole の天上の歌声は、不穏なノイズを宿した惨忍なバンドの暴虐と溶け合うこともなく、奇妙な二分法のまま冷やかなまでに無機質に進行して行きます。
インタビューで Dylan は、”Trumpeting Ecstacy” というタイトルが「他人の不幸は蜜の味」といった意味を持つと語ってくれましたが、この純美と非業、”喜び”と”悲しみ”の奇妙な共存はそのまま彼の語る人間の心の最も醜く陰湿な場所を映し出しているように感じました。
今回弊誌では、フロントマン Dylan とギタリスト Spencer にインタビューを行うことが出来ました!8月には THE BODY, FRIENDSHIP と回る日本ツアーも決定しています。どうぞ!!

16938515_1433301400027093_5552512882354525535_n-2

FULL OF HELL “TRUMPETING ECSTASY” : 9.8/10

INTERVIEW WITH DYLAN & SPENCER

13006478_1155157871174782_863251292989194880_n

Q1: First of all, your Japan Tour 2017 is just announced! How do you feel now? You’ve come to Japan in 2015. What’s your impression of Japan?

【SPENCER】: Very excited to come back. Japan is truly a magical place.

【DYLAN】: Definitely our favorite place on Earth to visit and tour. The people are very kind, art is very extreme and potent and the food is excellent.

Q1: 8月の日本ツアーがアナウンスされましたね!今のお気持ちを聞かせてください。2015年にも一度来日を果たしていますが、日本についてはどういった印象をお持ちですか?

【SPENCER】: 日本に戻れることが決まってとても興奮しているよ。日本は本当に魔法のような場所なんだ。

【DYLAN】: 間違いなく、ツアーで訪れる場所としては、地球上で一番大好きだよ。日本人はとても親切だし、アートは実に先鋭的で勢いがあるし、食べ物も美味しいからね。

Q2: Off course, you played with Friendship last time, and you collaborated with The Body in “One Day You Will Ache Like I Ache”. What kind of impression do you have about The Body, Frendship, co-starring?

【SPENCER】: The Body are seriously some of our best friends and going to exotic places with them is very special and a unique bonding experience. We played with Friendship last time we came to Japan and they were awesome. Good band and super friendly people. I have checked out their new record yet but I heard from multiple people that it rips.

Q2: 日本で共演予定の THE BODY, FRIENDSHIP についてはどういった印象をお持ちですか?勿論、FRIENDSHIP とは前回も共演し、THE BODY とは “One Day You Will Ache Like I Ache” でコラボレートを果たしている訳ですが。

【SPENCER】: THE BODY は真面目に、僕たちのベストフレンドだし、彼らとエキゾチックな場所へ赴くのは、とてもスペシャルでユニークな体験なんだよ。
FRIENDSHIP は前回来日した時も共演したね。素晴らしかったよ。良いバンドだし、とてもフレンドリーな人たちなんだ。まだ彼らの新作はチェックしていないんだけど、何人かから最高だと聞いているよ。

Q3: Your band name, “Full of Hell” is very sensational. What made you choose it?

【SPENCER】: When we started the band years ago we were very much into ‘Wolverine Blues’ by Entombed. Our sound at that point was very much inspired by that album and bands like Crowbar/Eyehategod. I think as we have evolved as a band the name has taken on a new meaning.

Q3: それにしても、FULL OF HELL というバンド名は実にセンセーショナルですね。

【SPENCER】: 何年か前にバンドを始めた頃、僕たちは ENTOMBED の “Wolverine Blues” にどハマりしていたんだ。(Full of Hell というトラックが収録) あの時点では、僕たちのサウンドはあのアルバム、そして CROWBAR や EYEHATEGOD といったバンドにとてもインスパイアされていたんだよ。
それから僕たちはバンドとして進化を遂げたと思うから、バンド名は新たな意味を持つようになったね。

Q4: Anyway, let’s talk about your newest album “Trumpeting Ecstasy”. “Trumpeting Ecstasy” is really cool term, but what’s the meaning behind it? Does it relate to the impressive artwork by Mark McCoy?

【DYLAN】: I sent Mark all of the lyrics for the album so that he could create his visual interpretation of the entire body of work. Trumpeting Ecstasy is metaphorical for the feeling of rapturous joy in the face of human failure, death and non-existence.

Q4: では最新作 “Trumpeting Ecstasy” について話しましょう。非常にクールなタイトルですが、どういった意味が込められていますか? Mark McCoy の手によるアートワークとも関連しているのでしょうか?

【DYLAN】: 僕は Mark にアルバム全ての歌詞を送ったんだ。だから彼は作品全体を解釈してアートワークを制作することが出来たんだよ。”Trumpeting Ecstacy” とは、人間が他人の失敗、死、非存在化に直面した時、猛烈な喜びを感じることを比喩しているのさ。

Q5: This masterpiece starts with a quotes from Werner Herzog, “Of course, there’s a lot of misery. But it is the same misery that is all around us. The trees here are in misery, and the birds are in misery. I don’t think they sing. They just screech in pain.” What made you start the record like this?

【DYLAN】: We wanted an audio sample that encompassed the feeling of man being at odds with the natural world. Unable to come to terms or understand it, and being unable to coexist within it.

13343139_1186998331324069_5685979960885944671_n

Q5: アルバムはニュージャーマンシネマの代表的な監督 Werner Herzog の引用から幕を開けますね?

【DYLAN】: 僕たちは、自然界に調和しない人間の感情を内包したオーディオサンプルが欲しかったんだ。自然と折り合いを付けることも、理解することも、そして共存することも出来ないようなね。

Q6: How was the experience of working with Kurt Ballou? What did he bring to the record?

【SPENCER】: Recording with Kurt was a great experience. I think being in the studio with him brought us a new sense of confidence and drive. We knew we liked all of these songs and he didn’t really have any input on the songs except maybe giving him a tighter take. It was also intimidating working with such a legend, so it gave us the sense that we needed to go in there and play as best as we possibly could with every take.

Q6: Kurt Ballou との仕事はいかがでしたか?

【SPENCER】: Kurt との仕事は素晴らしい体験だったね。彼とスタジオに居ることで、新たな自信やエナジーといった感覚が湧いてきたんだからね。僕たちはアルバム全ての楽曲を気に入っていたから、よりタイトなテイクを録音すること以外で彼から特別なインプットはなかったんだけどね。
やはり彼はレジェンドだからオーラが凄かったんだよ。おかげで、全てのテイクで全力を尽くすことが求められ実現した訳さ。

a1935757465_10

Q7: “Trumpeting Ecstasy” seems to be best “Hybrid Extreme” record. You know, Mixing your Hardcore & death metal influences with grind, powerviolence, noise and industrial. I think it’s the best work of “Contemporary Brutal”. What is the best thing to call this record for you?

【SPENCER】: We have always just considered ourselves a hardcore band without of outside influence and I don’t think think this record any different except maybe more of an emphasis on the metal aspect. I feel as though these songs are much more cohesive and flow better compared to everything else we have done. I also don’t feel like combining elements of other “extreme” genres is anything new so it’s surprising when people point that out. Tons of bands we are influenced by have done similar things like having elements of sludge or industrial. I mean look at Napalm Death’s ‘Utopia Banished’ and Brutal Truth’s ‘Need to Control’ and other bands we’re influenced by like Man is the Bastard,Gasp and The Endless Blockade.

Q7: “Trumpeting Ecstasy” は “Hybrid Extreme” における最高のアルバムにも思えます。Death metal, Hardcore, Grindcore を軸にして、Powerviolence, Sludge, Noise, Industrial を見事にミックスした作品はまさにコンテンポラリーなブルータルミュージックの最高峰だと感じました。

【SPENCER】: 僕たちはいつも自分たちをただハードコアバンドとして見ているよ。外部の影響のないね。このレコードだって普段と別段変わった点はないよ。少しメタル要素を強調しているかも知れないけど。ただ言えるのは、このアルバムの楽曲は今までの作品に比べて、より密着していて良い流れを生んでいるということだね。
あと、他の “エクストリーム” なジャンルのエレメントをミックスすることが別に新しいとも思わないね。だからみんながそこを指摘するのは逆に驚きだったんだよ。僕たちが影響を受けている山ほどあるバンドたちがすでに似たようなことをしているんだからね。スラッジやインダストリアルの要素を加えるようなことだよ。
つまり、NAPALM DEATH の “Utopia Banished”、 BRUTAL TRUTH の “Need to Control” 他にも MAN IS THE BASTARD, GASP, THE ENDLESS BLOCKADE を聴いてみれば分かるでしょ?

Q8: You’ve done many collaborative works. Especially, we Japanese, are very proud of “Full of Hell & Merzbow”. What’s Masami Akita to you? And what made you collaborate with other artists?

【SPENCER】: Collaborating with Merzbow was seriously a dream come true. Looking back now there are things I would change about the collab records, but still being able to perform with him live is very surreal. I think collaborating with other artists lets us create music outside or our comfort zone and lets us create with a complete different mindset.

【DYLAN】: Yeah, I agree on all points. It was such a huge deal for us. Like anything else, there are always things we’d have done a little differently, but Masami was pleased and we are still very proud of what we’ve done with him.

Q8: FULL OF HELL は様々なコラボレーションを行ってきましたが、特に MERZBOW とのコラボレートは私たち日本人にととてとても誇らしい出来事でした。こういったコラボレーションがバンドの作品にも生かされているようですね?

【SPENCER】: MERZBOW とのコラボレートは真面目に夢が叶った瞬間だったよ。今振り返ってみると、あのコラボレートレコードには変更したい点が幾つかあるんだけど、それでも彼とライブで共演出来たことはとてもシュールで非現実的な感じがするね。
他のアーティストとコラボレートすることは、僕たちをクリエイティブなコンフォートゾーンの外へと導いてくれると思うんだ。完全に異なる心境で制作出来るしね。

【DYLAN】: 全くその通りだね。MERZBOW とのコラボレーションは僕たちにとって本当に大きな意味があったんだ。他のコラボレート作品と同様に、僕たちは少し違ったことをしているんだけど、Masami は喜んでくれたし、今でも彼と成し遂げたことをとても誇りに思っているんだよ。

a2883873483_10

FIVE ALBUMS THAT CHANGED SPENCER & DYLAN’S LIFE

INSECT WARFARE “WORLD EXTERMINATION”

170603

THE ENDLESS BLOCKADE “PRIMITIVE”

spin019_blockade_400_1200x

GASP “DROME TRILER OF PUZZLE ZOO PEOPLE”

R-1524334-1225999795.jpeg

WEEZER “PINKERTON”

Pinkerton_cover

DISCORDANCE AXIS “THE INALIENABLE DREAMLESS”

Discordance_Axis_-_The_Inalienable_Dreamless

(SPENCER)

GASP “AN EARWIG’S GUIDE TO TRAVELING”

3874823

GODSPEED YOU! BLACK EMPEROR “F# A# ∞”

F_sharp_a_sharp_infinity_vinyl_cover_street_sighn

SILVER MOUNT ZION “BORN INTO TROUBLE AS THE SPARKS FLY UPWARD”

220px-Born_into_Trouble_as_the_Sparks_Fly_Upward

CRYPTOPSY “NONE SO VILE”

NoneSoVile

JOANNA NEWSOM “Ys”

Ys_cover

(DYLAN)

MESSAGE FOR JAPAN

1119

See you soon!! Ready to rage.

すぐに会おう!!暴れる用意をしておけよ。

SPENCER & DYLAN

FULL OF HELL / THE BODY / FRIENDSHIP JAPAN TOUR 2017

mig

08/23(水)東京: 小岩Bush Bash w/ FRIENDSHIP, 黒電話666 (w/o ENDON)
open 18:30 / start 19:00
前売 3,000yen / 当日 3,500yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Bush Bash 03-6657-9939
08/24(木)愛知: 名古屋今池Huck Finn w/ BLACK GANION
open 18:30 / start 19:00
前売 3,500yen / 当日 4,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Huck Finn 052-733-8347
08/25(金)岡山: 岡山Pepper Land w/ DEATH DUST EXTRACTOR, DESERVE TO DIE, ilska
open 18:30 / start 19:00
前売 2,500yen / 当日 3,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Pepper Land 086-253-9758
08/26(土)大阪: 東心斎橋Conpass w/ SWARRRM
open 18:00 / start 18:30
前売 3,500yen / 当日 4,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Conpass 06-6243-1666
08/27(日)東京: 新代田Fever w/ ENDON, ENDZWECK
open 17:30 / start 18:00
前売 3,500yen / 当日 4,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Fever 03-6304-7899

<TICKET>
5/27(土)より下記にて発売
東京/小岩: 会場、Daymare Recordings (daymarerecordings@gmail.com)
名古屋: ぴあ(P: 332-414)、e+、会場
岡山: 会場、Darkside oyc (darksideoyc@gmail.com)、Daymare Recordings (daymarerecordings@gmail.com)
大阪: ぴあ(P: 332-725)、ローソン(L: 54110)、e+、会場
東京/新代田: ぴあ(P: 332-334)、ローソン(L: 72880)、e+、会場

詳細はこちら Daymare Recordings
FULL OF HELL Facebook Page
FULL OF HELL Official Site
FULL OF HELL Bandcamp
PROFOUND LORE RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です