NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【GOOD TIGER : WE WILL ALL BE GONE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH DERYA NAGLE OF GOOD TIGER !!

good-tiger_photo03

“Some Kind Of Rock” Super Group, Good Tiger Shows their High-level Talent And Splendid Chemistry With Newest Record, Statement of Evolution “We Will All Be Gone” !!

DISC REVIEW “WE WILL ALL BE GONE”

TesseracT, THE FACELESS, THE SAFETY FIRE。コンテンポラリーなプログレッシブワールドを象徴する三傑から雄飛せし5人の寵児が集結したスーパーバンド GOOD TIGER が、確かな飛躍の証 “We Will All Be Gone” をリリースしました!!ウルトラキャッチーでエモーショナル、ハイパーテクニカルで、しかし素晴らしくコンパクトに設計されたレコードは、精強なる “雄々しき猛虎” の降臨を世界へと知らしめるでしょう。
2015年に “A Head Full Of Moonlight” で月光の下華麗に登壇した GOOD TIGER は、”Some Kind of Rock” “何かしらのロック” を指標し、その出自であるプログレッシブな感覚と共にポストハードコアのエモーションを枢軸としたモダンな多様性を披露し注目を集めて来ました。
PERIPHERY, VEIL OF MAYA, AUGUST BURNS RED, BETWEEN THE BURIED AND ME, DANCE GAVIN DANCE といったシーンを牽引するビッグアクトとのツアー、さらには古豪 Metal Blade Record との契約はその事実を端的に物語っているはずです。
追い風を受けリリースされた3年振りの新作 “We Will All Be Gone” は、そしてその大きな期待に真っ向から応え全ての面でスケールアップを果たした快作に仕上がりました。眩いメロディーは Elliot の透き通る詩情と共に磨き上げられ総天然色の輝きを放ち、侘び寂びを湛えた美しき至高のコードヴォイシング、思考の粋を尽くしたインストルメンタルパッセージを携えてリスナーに37分の “瞬間的な” カタルシスを届けるのです。
同時に、デビュー作に存在した Djent の潮流、プログレッシブの波動はよりナチュラルにまるで “痕跡” のように楽曲へと吸収され、成熟を果たした猛虎の今を伝えます。
あまりにソリッドでフックに満ちたアルバムオープナー “The Devil Thinks I’m Sinking” は進化の象徴です。CHON を想起させる甘やかなコードの響きに、エンジェリックな Elliot のファルセットが溶け合い昇華するアトモスフィアの洪水は、実にモダンなワイドスクリーン。一方、Alex Rüdinger はその広大かつ傑出したアビリティーで、ロックのグルーヴと的確なアクセント、そしてプロギーで複雑なタイム感とフィルインを司り楽曲を見事にドライブへと誘います。
実際、このプリティーで現代的なコードプログレス、クリーンで繊細なプロダクション、幾重にもレイヤーされた有機的なコーラスとギターの饗宴をプログメタルと称することは、時にその “痕跡”が素晴らしき隠し味、グルーヴのストライドとして見え隠れするにしても、些か的外れにも思えます。
むしろ、インタビューで Derya も認めているように、HAIL THE SUN, STOLAS, SIANVAR, そして何より Blue Swan ロースターの首領でもある DANCE GAVIN DANCE といったポストハードコアの文脈で語られるほうが、今作の感情とテクニックの爆発的なモメンタムを示すにはよりシックリとくるのではないでしょうか。
とは言え、バンドが一般的な “ポストハードコア” の狭い枠へと収まらないことも確かです。”Blueshift” や “Cherry Lemon” で提示したエレクトロニカの儚い響きとデジタルビートをフィジカルで再現する試みは楽曲のメランコリーや郷愁を想像以上に際立たせていますし、時には PINEGROVE をさえ思わせるチル感までをも創出し、さらにアルバムを締めくくる “I’ll Finish This Book Later” では Prince を愛する Derya の魂が R&B の風となり Robert Glasper とも共鳴しながら嫋やかに吹き抜けて行くのですから。
「GOOD TIGER は様々な形で理解され楽しんでもらうことが出来るバンドだと確信しているよ。そしておそらく、僕たちは自らをそれ故に “Some Kind Of Rock” “何かしらのロック” と呼んでいるんだと思うな。」 この刹那を喚起する瞬間の美学は、ジャンルもスタイルも飛び越えて”Some Kind of Important” 重要な何かをシーンに突きつけているのかも知れませんね。
Forrester Savell (KARNIVOOL, DEAD LETTER CIRCUS), Adam “Nolly” Getgood (PERIPHERY, AAL) が残した驚異的にクリアーなサウンドプロダクションの妙も付け加えておきましょう。
今回弊誌では、Derya Nagle にインタビューを行うことが出来ました!2度目の登場となります。「ありがたいことに、僕たちはある特定のジャンルに従う必要もないから、とにかく好きなことをやりたいようにやっているだけさ!」 どうぞ!!

21314644_1930203660578062_7430279026719449797_n-2

GOOD TIGER “WE WILL ALL BE GONE” : 9.8/10

INTERVIEW WITH DERYA NAGLE

23416753_297915554052268_7365806416570875904_n

Q1: Three years have passed since I had an interview with Derya. In the interval, Good Tiger becomes Bigger Tiger, you have stepped up steadily. Contract with Metal Blade seems to be one of the proof of that, right?

【DERYA】: Hello again! It’s been a wild ride, and a very exciting one. We have been very lucky to play a number of amazing places, and our music is being heard by more people more than ever. I think in this day and age a record label isn’t necessarily the most important thing, but with Metal Blade, the fact they exist as an independent label after 30+ years with all the changes that have occured over the years, it’s hard to ignore, and it’s such a pleasure working with everyone there.

Q1: GOOD TIGER に世界初インタビューを行ったのは弊誌でした。それから3年が経ちますが、バンドは順調にステップアップを果たしているようですね? Metal Blade Records との契約はまさにその事実を物語ります。

【DERYA】: やあ、久しぶり!なかなか激しい冒険で、とてもエキサイティングな日々だったね。幸運なことに多くの場所でプレイすることが出来て、僕たちの音楽もこれまで以上に沢山の人たちが聴いてくれるようになったんだ。
今日の音楽業界で、レコードレーベルはもはや最重要の不可欠なものではなくなっていると思うんだ。だけど、Metal Blade Records は30年以上に渡り様々な変化の中で生き残って来たレーベルなんだよ。この事実を無視することは出来ないね。だから、このレーベルの全員と働くことが出来てとても嬉しいよ。

Q2: Good Tiger is consisted by three different ex-band members, from TesseracT, The Faceless, and The Safety Fire. That means, there are three pretty different musical backgrounds. How did you develop Good Tiger’s trademark sound?

【DERYA】: I think all of us were looking for something new and while we played in a variety of different bands, we definitely had bands that we all agreed upon and enjoyed. It took some time exploring and seeing what worked, but it was mainly time and having the freedom to write more music and explore from there.

Q2: GOOD TIGER は TesseracT, THE FACELESS, THE SAFETY FIRE という3つの大きく異なるバックグラウンドを持つバンドの集合体とも言えますね。バンドのトレードマークとも言えるサウンドを築き上げた過程はどのようなものでしたか?

【DERYA】: 僕たちは全員が何か新しいサウンドを模索していたように思うんだ。それぞれが異なるバックグラウンドを持つ昔のバンドでプレイしていた間もね。
間違いなく、僕たちは全員が納得し、楽しめるようにバンドを結成したんだ。勿論、どんなサウンドが上手くいくのか試行錯誤し探るのに時間はかかったけど、それはそこからもっと自由に音楽を書き探求するために要した時間だったように思うね。

Q3: So, we’d love to know about your musical background. What kind of music were you listening to, when you were growing up? Who was your musical hero at that time?

【DERYA】: When I grew up I listened to a lot of Prince, Peter Gabriel, Soundgarden and all the other grunge bands of that era. From the age of about 7 I was shown a variety of different music from my parents and brother from 70s and 80s pop to thrash metal. I think Prince was an early favourite of mine, and still is to this day.

Q3: では、あなたの音楽的なバックグラウンドや当時のヒーローについてお聞きしたいのですが?

【DERYA】: 子供のころに良く聴いていたのは Prince, Peter Gabriel, SOUNDGARDEN それに当時流行っていた多くのグランジバンドだね。
7歳くらいのころから、両親や兄の影響で70’s、80年代のポップスやスラッシュメタルにも触れ、多様な音楽性を身につけていったんだよ。ただ、Prince は最も初期のフェイバリットで、それは今日でも変わっていないんだ。

Q4: Let’s talk about your newest record “We Will All Be Gone”. First of all, could you tell us about the concept or lyrical themes of this record? What’s the meaning behind this title?

【DERYA】: The title is open to interpretation, but it isn’t something to be taken as wholly negative. It’s more an acceptance of how transient life is, and enjoying what you have in front of you. Lyrically the album follows similar themes exploring existential ideas, mindfulness and generally the human condition.

Q4: 最新作 “We Will All Be Gone” について話しましょう。まずはタイトルや歌詞のテーマについて話していただけますか?

【DERYA】: このタイトルはどのように解釈してもらっても構わないよ。ただ、完全にネガティブな何かを指している訳ではないんだ。
“僕たちはみんなすぐに死ぬ” ってタイトルは、つまり人生が如何に瞬間的でつかの間のものかを理解し受け入れるための言葉なんだよ。そうすることで、君たちが今向かい合っている物事をより楽しむことが出来るはずだからね。
歌詞に関しても、アルバムはこのタイトルとテーマに準じていて、存在の意味やマインドフルネス、一般的な人間の条件なんかについて掘り下げているんだ。

20933910_1921793191419109_7317386817793976230_o

Q5: I really love “We Will All Be Gone”, because it’s definitely ultra-catchy and emotional record with full of intelligence. So, the running time is very short, 37 minutes, but really impressive. Did you intend the catchy and compact design from the beginning?

【DERYA】: Thank you very much! I’m glad you enjoyed it. There was no intent beforehand, but when we had that collection of songs, we felt that things were right and didn’t think about it much more than that. I do think that the way most people engage with music is very quick and fleeting so maybe that was part of our collective subconcious.

Q5: 瞬間的と言えば、このウルトラキャッチーでエモーショナルなレコードは37分という実に短いランニングタイムで、しかしとても印象的です。

【DERYA】: どうもありがとう!君が楽しんでくれて嬉しいよ。もともと、初めからこういったコンパクトなデザインにしようと考えていた訳ではないんだけど、いざ完成した楽曲を集めてみるとこの形態が正しいと感じたし、それ以上考えることはなかったね。
僕はほとんどの人にとって音楽との出会いはとても性急かつ瞬間的なものだと信じていて、おそらくはその考え方が僕たち全員の無意識的な集団の意思として存在し作用したんだろうね。

Q6: Lot’s of Japanese fans seem to love this new record. But I saw the reactions like “I really love this record, but I want to listen to lead guitars more!”, in my SNS. Actually, there are few lead guitars, or guitar shreddings in this record. What’s the reason of that?

【DERYA】: No real reason, but there was also no real point for the guitar to take that role. I would rather not have a solo than force one in because that is what is expected. If something calls for a guitar solo then I will happily do so!

Q6: SNS で見る限り、日本のファンもこの作品をとても気に入っているようです。ただ、リードギターやシュレッドがもっと聴きたかったという意見もあるようですね。

【DERYA】: それに関しては特別な理由は存在しないんだ。ただ、ギターがその役割を果たすための具体的な理由も存在しなかったんだ。
つまり、強いられてギターソロを収録するくらいなら、プレイしない方がマシだと感じた訳さ。それこそが期待されているはずだからね。もし、ギターソロが必要な何かを感じれば、喜んでプレイするよ!!

Q7: Usually, you are labeled as Prog metal act, but I think “We Will All Be Gone” has lot’s of the Post-hardcore influences like Dance Gavin Dance, Circa Survive as well as prog influences. Do you agree that?

【DERYA】: I could agree. I think ultimately when people listen to music it comes down to what resonates with them and the things they know and enjoy. We wanted to focus more on songwriting rather than specifically on any kind of factor, instrumentally or production-wise. We wanted the songs to speak, and everything we did was serving that purpose. Depending on who you talk to I’m sure you could see Good Tiger in many different ways, and is probably why we say our genre is ‘Some Kind Of Rock’..

Q7: 基本的に、GOOD TIGER はプログメタルに分類されていますが、特にこの新作からは DANCE GAVIN DANCE や CIRCA SURVIVE といったポストハードコアからの影響も強く感じられますよね?

【DERYA】: うん、確かにその意見には同意出来るね。僕は究極的には、まずは共鳴するからみんなはその音楽を聴き、そしてそこからリスナーは掘り下げ様々なことを知って楽しむんだと思うんだ。
今回僕たちは、楽器やプロダクションといった特定の分野よりもさらに作曲へと全てを注いだんだ。とにかく楽曲に語らせたかったし、全ての努力はその目的へと帰結した訳さ。
君が誰と話しているかにもよるけど、GOOD TIGER は様々な形で理解され楽しんでもらうことが出来るバンドだと確信しているよ。そしておそらく、僕たちは自らをそれ故に “Some Kind Of Rock” “何かしらのロック” と呼んでいるんだと思うな。

Q8: “Blueshift”, “I’ll Finish This Book Later” is typically, “We Will All Be Gone” is really eclectic, and has wide variety of influence from R&B, Electronica, or even Jazz the New Chapter thing like Robert Glasper, I think. What was the inspirations of this record?

【DERYA】: I think that is just a culmination of our influences and the sounds and styles that we enjoy. Thankfully we don’t have any exact genre to follow so we do what we like!

Q8: “Blueshift”, “I’ll Finish This Book Later” といった楽曲は象徴的ですが、多様な “We Will All Be Gone” からはエレクトロニカや R&B, Jazz the New Chapter といった他ジャンルとの邂逅も感じられますね?

【DERYA】: そうだね、まさにこのアルバムは僕たちの持つ影響が最高に集約したレコードだと言えるんだ。僕たちにとってこのサウンドもスタイルも完全に楽しめるものなんだよ。
ありがたいことに、僕たちはある特定のジャンルに従う必要もないから、とにかく好きなことをやりたいようにやっているだけさ!

DERYA’S RECENT FIVE FAVORITE ALBUMS

PINEGROVE “CARDINAL”

Cardinal_-_Pinegrove

HAIL THE SUN “SECRET WARS”

https---images.genius.com-c4c51fc06f020109a6a69f7cd79ffbb6.300x300x1

DANIEL CAESAR “FREUDIAN”

220px-Freudian_by_Daniel_Caesar

BORNS “BLUE MADONNA”

220px-Borns_-_Blue_Madonna

MAC DEMARCO “THIS OLD DOG”

This_Old_Dog_Mac_Demarco_cover

MESSAGE FOR JAPAN

good-tiger-20180220025256

Hello! Thanks for listening to our music, we really appreciate it and we can’t wait to come and play for you guys one day!

やあ、僕たちの音楽を聴いてくれてありがとう。本当に感謝しているし、君たちのためにいつか日本を訪れプレイするのが待ちきれないんだよ!

DERYA NAGLE

GOOD TIGER Facebook Page
GOOD TIGER YouTube
Metal Blade Records Facebook Page
Metal Blade Records Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です