23004525_689217731263810_1562076178658174391_o

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【INTO THE GREAT DIVIDE : INTO THE GREAT DIVIDE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ZACK ZALON OF INTO THE GREAT DIVIDE !!

into-the-great-divide

Incredible Multi-instrumental Player, Zack Zalon Creates Pure Prog-metal Epic “Into The Great Divide” With Dream Theater’s Maestro Mike Mangini !!

DISC REVIEW “INTO THE GREAT DIVIDE”

マルチインストゥルメンタリスト、伏竜 Zack Zalon が提唱し、Mike Mangini, Richard Chycki の DREAM THEATER 人脈が入眼へと導いた “ロックノベル” プロジェクト INTO THE GREAT DIVIDE が渾身のデビュー作をリリースしました!!プログメタルのレガシーを存分に咀嚼し忠実に新構築する彼らの純粋なる流儀は、細分化極まるモダンメタルの風土へ却って新鮮な風を運びます。
プログロックの中でも特に RUSH や YES の持つエピカルなメロディー、繊細なテクニック、数学的な変拍子、壮大なオーケストレーションをメタルと融合させたプログメタル。DREAM THEATER, FATES WARNING の二大巨頭を始祖とするジャンルは黎明期から様々にユニークなバンドを多く輩出しています。
SHADOW GALLERY, LIQUID TENSION EXPERIMENT, MAGELLAN, ICE AGE, DALI’S DILEMMA。プログメタル、シュレッドに特化した偉大な Magna Carta, Shrapnel 両レーベルが残した遺産は決して安易に風化させてしまうべきではないはずです。(余談ながら ICE AGE デビュー作のタイトルは奇しくも “The Great Divide”。)
「これは疑いようもなくプログミュージックだよ。自分自身で聴きたいような作品を作ることに決めたんだ。だから、ある意味この作品は僕が聴いて育ったバンドたちへのオマージュの意味も持つわけさ。」 Zack が語るように、INTO THE GREAT DIVIDE は確かにプログメタルの原点とも言えるトラディショナルなポリリズム、クラッシックロックのメロディー、フラッシーなギターとエピックなキーボードに彩られ、無類の遺産を相続するに相応しきヴィジョンを提示しています。
同時により洗練されたデリケートなアレンジメント、ピアノやストリングが生み出す静と動のダイナミックなコントラスト、幻想的でシネマティックなオーケストレーションは 「それでいてフレッシュで異なるものに仕上がっていればと思う。」 というマスターの言葉を裏付けますね。
オープナー、”The Crossing” や冒険へ誘う “A Call to Adventure” はまさにレガシーとコンテンポラリーが交差するグランドライン。Zack がドラムス以外全ての楽器を手がけることで、楽曲のデザインはより密にその完成度を高めます。
冒頭にピアノやギターで示される魅力的な楽曲のテーマが、リズムや音階を少しづつ変えながら優美に展開していく様は実に音楽的で圧巻。鬼才 Brendon Cassidy のオーケストラアレンジメントも呼応し溶け合い、プロジェクトが提唱する小説や映画のようなプログメタルは見事にリスナーの想像力を喚起するのです。
フレッシュと言えば、インストゥルメンタルでありながらアルバムに濃密なストーリーを抱かせる “ロックノベル” のアイデアに触れない訳にはいきませんね。楽曲毎に用意されたイントロダクション、ディープボイスのナレーションは雄弁にして簡潔に逆境に打ち勝つ勝利の道筋を語ります。確かに全曲に解説が付与されたインストルメンタルアルバムは前代未聞で、特に英語をネイティブとするリスナーにとっては画期的なコンセプトでしょう。
Zack の全く弾き控えしないシュレッドも本作の重要なセールスポイントです。Lukather や Huff にリスペクトを捧げる Zack。経過音を豊富に組み込んだリズミックでジャジーなマエストロの滑らかなギター捌きは真に卓越しています。
加えて、折に触れて出現する様々な Shrapnel ロースターをイメージさせる場面、パッセージも好き者には溜まりませんね。Petrucci は元より、Steve Morse や MacAlpine, ロマンチックなフレーズは Neil Zaza、さらには Michael Lee Firkins のカントリーテイストまで垣間見ることが出来るのですからあの時代を愛するリスナーにとっては堪えられない贈り物となるはずです。
“Challenge Accepted” で披露するトライバル&マシナリー、刻刻と移行する拍子の魔法を完全掌握した性格無比なプレイが代弁するように、クリエイティブかつ的確に楽曲を支える手数王の素晴らしさは最早語るまでもないでしょう。
今回弊誌では、Zack Zalon にインタビューを行うことが出来ました。「Mikeはプロジェクトの熱心な支持者として参加し、彼の並外れたスタイルと能力をアルバムにもたらしてくれたんだ。」 どうぞ!!

24129497_700469106805339_4569290642884705455_n-2

INTO THE GREAT DIVIDE “INTO THE GREAT DIVIDE” : 9.7/10

INTERVIEW WITH ZACK ZALON

ITGD_ZackZalon_Main_2017-Photo-by-Dove-Shore

Q1: This is our first interview with you. So, first of all, could you tell us about yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【ZACK】: Well, I listened to a ton of different music, lots of musical styles. I loved prog rock, bands like Rush and Kansas, but I also listened to metal like Ozzy, Iron Maiden, and Judas Priest. And I was totally into Billy Joel as a songwriter and pianist, and I think that really influenced me as well.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話いただけますか?

【ZACK】: そうだね、僕は本当に多くの異なる音楽、そしてジャンルを聴いて育ったんだ。特に RUSH や KANSAS のようなプログロックは大好きだったね。
だけど同時に Ozzy, IRON MAIDEN, JUDAS PRIEST のようなメタルも聴いていたんだよ。それに、ソングライター、ピアニストとして僕は完全に Billy Joel に入れ込んでいたんだ。彼からの影響も同様に大きいと思うな。

Q2: You are splendid multi-instrumentalist. So, what inspired you to start playing lot’s of instruments and composing? Who was your musical hero at that time?

【ZACK】: Thanks! I’ve always played a lot of instruments – guitar has been my main instrument since I was pretty young, but I played piano when I was growing up and I’ve always had a piano or keyboard in my house, which I guess has kept me somewhat up-to- speed. For the album I played most of the instruments more out of necessity than anything else, I recorded most of the album at home, so it made more sense for me to lay down all of the tracks myself. Now to your question of my music heroes, I’d say that for the guitar it was guys like Steve Lukather and Dann Huff – they take solos to a whole new level, and I was incredibly influenced by them. I also loved more traditional guitar-hero types like Satriani and Vai, and of course Hendrix has always been a go-to for me.

Q2: あなたのマルチインストルメンタル奏者としての輝かしい才能は、INTO THE GREAT DIVIDE で証明されましたね?

【ZACK】: ありがとう!僕はいつも沢山の楽器を演奏しているんだけど、ギターがとても若いころからメインの楽器なんだ。同時に、ピアノもプレイしながら育ったから家にはピアノやキーボードが常にあったんだよ。それがいくらかは楽器に精通する助けとなったね。
このアルバムでは、必要に駆られて僕はほとんどの楽器をプレイしたんだ。というのも、このアルバムは大部分を自宅で録音したから、自分自身でパッセージをレイヤーして行くほうが無駄がなかったんだよ。
楽曲を初めたころ、ギターヒーローは Steve Lukather や Dann Huff のような人たちだったね。彼らはギターソロを全く新しいレベルにまで引き上げていて、僕は本当に影響されていたんだ。同時に、もっとトラディショナルなタイプのギターヒーロー、Steve Vai や Joe Satriani も大好きだったし、勿論、Jimi Hendrix はいつだって僕のお気に入りさ。

Q3: Anyway, Into The Great Divide is really imaginative instrumental project with Mike Mangini on drums, Richard Chycki as producer. Off course, they are know as member and producer of Dream Theater. How did this project come to be?

【ZACK】: I started with a couple of tracks on my own, but realized pretty quickly that it was going to take a team to finish an album of this magnitude. So I reached out directly to Rich, I’ve always loved the albums he’s produced or mixed, and I was hoping at first just to get some feedback from him. But he really liked what he heard, and so we had the chance to sit down in person and chat. As it turned out, we really saw things from the same perspective, we believed there was an opportunity to make an album that really stood out, and that stayed true to the influences that drove it while still being something completely new. From there, Rich went all-in, he was an incredible mentor and advocate as the album progressed. Once we were done with the primary tracking, Rich sent the tracks to Mike to see what he thought, and the feedback was incredibly positive. Just like with Rich, Mike came in as a passionate advocate for the project, and brought his unmatchable style and capability to the album.

Q3: “Into The Great Divide” には DREAM THEATER の Mike Mangini, それに彼らのプロデューサーでもある Richard Chycki が関わっていますよね?

【ZACK】: 最初は1人で完成させるつもりで何曲か書き始めたんだよ。だけどすぐに、この大作を完成させるためにはチームが必要だと悟ったんだ。それで Richard に直接連絡を取ってみたんだ。僕は常に彼がプロデュースやミキシングを手がけた作品が大好きだったからね。ただ、最初は何かしらのフィードバックだけあればと思っていたんだよ。だけど、彼は僕の送ったデモをとても気に入ってくれて、個人的にゆっくりチャットをする機会を得たんだよ。
それで分かったのは、僕たちは本当に同じような物の見方をしていて、アルバムを作るチャンスがあれば際立った物ができると信じるようになったのさ。その作品は、僕たちの受けた影響に忠実でありながら、全く新しい何かだとね。
そこから、Richard が完全に参加し、彼はアルバムが進歩するにつれて信じられないメンターと支持者となってくれたんだ。最初のトラッキングが完了した後、Richard は Mike にトラックを送って彼の考えを確認したんだけど、Mike からのフィードバックはとてもポジティブなものだったんだ。
リッチと同じように、Mikeはプロジェクトの熱心な支持者として参加し、彼の並外れたスタイルと能力をアルバムにもたらしてくれたんだよ。

Q4: “Into the Great Divide” has a spoken word intro with each every tracks. And that sets the tone and setting for the following instrumental track. Larry Davis did really good job. But, what made you design such a unique record?

【ZACK】: I wanted to tell a story with this album, but I wanted it to be instrumental and my experience with instrumental albums generally is that it’s difficult to understand what the composer is trying to get across. So that’s how I formed the idea for a narrator – someone to bring the story to life with chapters, and I then composed the music to fit each chapter, to bring the listener along a journey, where the music makes sense in the context of the story. It was a really interesting experience, because I’m not sure that this has ever been done before – in some ways we’ve created the concept of the Rock Novel, something entirely new!

Q4: “Into The Great Divide” は楽曲毎にスポークンワードのイントロが加えられていて、実にユニークな作品に仕上がっていますね?

【ZACK】: 僕はこのアルバムでストーリーを語りたかったんだけど、インストルメンタルの作品にもしたかったんだ。これまで僕の経験上、インストルメンタルアルバムは作者の意図が伝わりにくかったように思うんだ。それでナレーターというアイデアを思いついたんだよ。誰かが章ごとにストーリーに生命を吹き込んでくれるようなね。
それから僕は、リスナーを旅へと誘うため各章にフィットするよう音楽を制作し、ストーリーのコンテキストで音楽が意味をなすようにしたんだよ。
本当に興味深い体験だったね。というのも、確かではないけど、こんな試みはおそらく今まで誰もやった事がないはずだからね。つまり、僕たちは “ロックノベル” というある種完全に新たなコンセプトを生み出した訳さ。

Q5: So, this is instrumental record, but definitely have a story. This is not only the music record, but also novel, and movie. Could you tell us about a concept of “Into The Great Divide”?

【ZACK】: The story follows a ‘hero’ – someone who reflects so much of humanity in some ways. This hero chooses to venture out on a journey, to forge a new path and follow their dreams. Along the way there are pitfalls, and at one point the hero fails in his mission. But, like so many of us, he chooses to pick himself up, brush himself off, and gather the courage to fight again – and eventually to win. It’s a story of triumph over adversity, a story of how sometimes the things that defeat us are also the things that give us the strength to finally conquer whatever it is that we set out to do.

Q5: ではその “ロックノベル” のストーリーについてお話いただけますか?

【ZACK】: アルバムのストーリーは、”ヒーロー” についてなんだ。多くの人間性を反映したようなね。
このヒーローは旅に出て、新しい道を築き、夢を追いかけることを選ぶんだ。途中で “落とし穴”があって、ある時点で主人公は彼の使命に失敗するんだよ。だけど、私たちの多くと同じように、彼は自分自身を奮い立たせ、払拭し、再び戦うために勇気を集めることを選択し、最終的には勝利を収めるのさ。
これは逆境に対する勝利の話なんだ。時には私たちを踏みにじるものが、それが何であれ、逆にそれを征服する強さを与えてくれるんだよ。

Q6: Musically, “Into The Great Divide” reminds me sometimes Dream Theater. And also, it has good old Magna Carta, Shrapnel mood, feeling. Actually, I really love this record because it’s pure prog metal record with odd time structure, technical shredding, dynamic riffs, and great melodies. Do you agree that?

【ZACK】: For sure – it is unabashedly prog. I never wanted to ‘soften’ the music that I love, so I set out to make the album that I wanted to hear for myself. It’s the purest expression of what I set out to deliver… in some ways it pays homage to the bands I grew up listening to, and in some ways I hope that it’s something fresh and different.

Q6: 音楽的にこの作品は、DREAM THEATER や時には Magna Carta, Shrapnel ロースターの雰囲気を感じさせてくれますね。変拍子やテクニカルなシュレッド、素晴らしいメロディーを伴ったピュアなプログメタルです。

【ZACK】: 確かにその通りだよ。これは疑いようもなくプログミュージックだよ。僕は自分の愛する音楽を貶めるようなことはしたくなかったから、自分自身で聴きたいような作品を作ることに決めたんだ。僕が創作出来る最もピュアな表現方法だよね。
だから、ある意味この作品は僕が聴いて育ったバンドたちへのオマージュの意味も持つわけさ。それでいてフレッシュで異なるものに仕上がっていればと思うよ。

Q7: How was working with amazing Mike Mangini? What did he bring to the record?

【ZACK】: He was amazing. He is so professional, so prepared, and so ridiculously talented. He truly elevated the music to an entirely new level, and delivered what I think is one of the most epic drum performances I’ve ever heard.

Q7: マエストロ、Mike Mangini との仕事はいかがでしたか?

【ZACK】: 彼はただ素晴らしかったよ。とてもプロフェッショナルで用意周到。その才能は疑う余地もないよね。確実に彼は僕の音楽を真に全く新たなレベルへと押し上げてくれたんだ。
そして、僕が聴いた中でも最もエピックなドラムパフォーマンスを披露してくれたよ。

59B5615A-dream-theater-drummer-mike-mangini-talks-replacing-mike-portnoy-my-experience-with-steve-vai-helped-me-in-playing-what-was-needed-image

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ZACK’S LIFE

RUSH “MOVING PICTURES”

220px-Moving_Pictures

KANSAS “POINT OF KNOW RETURN”

220px-Kansas_-_Point_of_Know_Return

OZZY OSBOURNE “BLIZZARD OF OZZ”

220px-Blizzard_of_ozz

ERIC JOHNSON “AH VIA MUSICOM”

220px-Eric_Johson_Ah_Via_Musicom

TOTO “Ⅳ”

220px-Toto_Toto_IV

MESSAGE FOR JAPAN

23004525_689217731263810_1562076178658174391_o-2

My message is simple: keep rocking! You guys have some of the best music fans in the world – never give up that passion and spirit!!!

僕のメッセージはシンプルだよ。Keep Rocking! 君たちは世界でも最高の音楽ファンだよ。情熱とスピリットを諦めないで!

ZACK ZALON

INTO THE GREAT DIVIDE Facebook Page
INTO THE GREAT DIVIDE Twitter
INTO THE GREAT DIVIDE Official Site
MIKE MANGINI Facebook Page

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です